九想話

ブログ以前から書き始めて、21年目になります。



女房に負けた日

2007年09月23日 | Weblog
鍜地陽子フラメンコ教室の発表会が、
新宿エル・フラメンコで午後1時に開演した。
おれは店の中央の通路に臨時におかれたイスに坐っていた。
女房から、ステージに向かって正面の席に坐るようにいわれていた。

おれが家を出たのが11時だった。
11時半にはエル・フラメンコに着きたいと考えていたが、
なんだかんだで遅くなってしまった。
12時10分に着き、並んでいる客の列の最後は4階だった。
エル・フラメンコは6階にある。
ヤバイ、これじゃいい席はとれないなとあきらめていたが、
なんとか正面には坐れた。
しかし、前にテーブルはない。
ビール頼んだが、小瓶とグラスは手に持っているほかなかった。
ほんのり酔ったときにステージは始まった。

カンテ(歌)は女性と男性が2人、ギターは1人(先生のご主人)、
パカッション(カホーン)1人がステージに入る。
(カンテの横に1人女性がいた)
おれは、カホーンを注目して見ていた。
いつかはおれもフラメンコでカホーンを叩いてみたい。
できることならギターで女房の伴奏をしたいと考えている。

プログラムの2番目の「ファンダンゴス」に女房は登場。
3人で踊った。女房がフラメンコ衣装を着て輝いていた。
髪の毛は今朝、義母の団地のともだちが家に着て結わいてくれた。
おれは、そんな女房を観ていて目頭が熱くなった。

これまでのいろんな女房との暮らしを思った。
息子たちを育てるためにともに苦労をしてきた。
今年はじめ、作業所を辞めたときのこと、
膝を傷めて足場の会社を退社することになったこと、
昨夜、仕事から帰って、今の仕事が続けられないと話したこと、
ああ…、おれはどうしょうもない宿六だ。
人生の敗北者だ。

踊る彼女を観ていて涙がにじんできた。
そのうちあふれ出てきた。
ハンカチで拭かないと前が見えなくなった。

次はプログラムの6番目に踊った。
「ガロティン」
女房は自信たっぷりに踊っていた。
9月はじめ、膝を仕事で傷めたのに治ってよかった。
写真を撮りたかったが、撮影禁止なのでできなかった。
おれは、やっぱり涙なくして観ていられなかった。

休憩時間、おれは息子を探したが見つけられなかった。
女房の会社の同僚、フラメンコ仲間と会う。
席に戻り、またビールを注文する。
後半では女房は踊らなかった。

「ブレリアス」のとき、カンテの横に坐っていた女性が立って踊り始めた。
それまで手拍子やハレオをかけていた人だ。
うまい、と思った。
最後に、鍜地陽子が「アレグリアス」をソロで踊った。
それで分かったのだが、さっき、うまいと思った女性が先生だった。
さすがだ、これなら観ていていいなと思った。

女房がフラメンコを初めてどのぐらいたつのだろう。
10年以上は過ぎているはずだ。
今日の彼女の踊りを観てうまくなったものだな、と思った。
亭主のおれがいうのもおかしいが、ほんとによかった。
これまでは足の動きなどにとらわれていたと思う。
今日は、手の動きがよかった。
フラメンコらしいあでやかさがあった。

発表会が終わって店の外の通路で女房に会う。
彼女の荷物を持って帰るのがおれの本日の重要な役目だ。
そのとき、「Uに会ったよ。彼女はいい感じのコだったよ」という。
「おれは会ってないよ。探したんだけどな」
なんでUはおれを探してくれなかったのかな。
それともおれを避けたのか?
ちょっと不満だった。
帰り、紀伊国屋書店に寄った。
久しぶりだが、今の心境では本を見る気もない。
新宿をぶらぶらしたかったが、女房の重い荷物を持っていてはかったるい。
そのままおとなしく電車に乗った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 開演前 | トップ | ロック・クラシックス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事