九想話

ブログ以前から書き始めて、21年目になります。



新しい生活

2009年02月28日 | Weblog

いよいよ3月から長野暮らしが始まる。
新しい職場と住環境、ほとんど初対面の人たちと生活をすることになる。
緊張と不安がいっぱいです。
それ以上のよろこびもあります。

でも最近、関東地方から離れるさびしさがあることに気づいた。
10年ほど前に山梨に単身赴任を1年間したことはあるが、
それ以外は、茨城、東京、埼玉に住んでいた。

「ひとり暮らしになるのはさびしいね」
そんなことを女房もいう。
あのフラメンコまっしぐらの彼女が!!

それはそれとして、新しい生活が始まる。
この気分はいいですね。
九想話に、長野での生活や自然のことをたくさん書きたいです。
しばらくネット環境がないので、また携帯電話での書き込みになります。
早く、長野での暮らしに慣れたいと思っています。

-----------------------------------------------------------------------
2/1   麦とホップ             妻とゆく思い出多き冬の街
2/2   命の選択             死を選ぶ生き方もある冬木立
2/3   オフィス移転           隅田川向こうとこっちの冬景色
2/4   浅間山噴火
2/5   タコの足
2/5   キャンプ情報          それぞれの思いをこめてキャンプイン
2/6   どうして?
2/7   トロンボーン            トロンボーンスゥイングする春隣
2/8   タブラオ               冬萌やこんな夫婦が三十年
2/9   多摩テック             ゆるくない多摩テックの閉鎖かな
2/10  どぶ汁                鮟鱇はどぶ汁にして叶うなら
2/11  息子の死
2/12  貧乏ゆすり            炬燵ごし貧乏ゆすりすみません
2/13  マイホーム
2/14  暖冬
2/15  祝婚歌               春の昼ゆったりと聴く祝婚歌
2/16  中川財務相釈明
2/16  目で見たことしか信じない
2/17  2年ぶりの作業所       春の風けじめをつけて次の道
2/18  最後の散髪    
2/19  百年の孤独           百年の孤独を想う春の夜
2/20  望郷シントコ            シントコは望郷酒場別れ霜
2/21  壁と卵                春雨や本態的に弱い吾
2/22  さよなら新所沢         春浅し新所沢さようなら
2/23  1月の句会の結果
2/24  軽井沢の雪    
2/25  なたねづゆ
2/26  祝儀                  貧乏人金はないけど意地はある
2/27  ETC車載器            冴え返る高速道路ひた走る
2/28  新しい生活             暗かった暮らしとともに二月去る

           

コメント (4)

ETC車載器

2009年02月27日 | Weblog
一昨日、ETC車載器を車につけた。
1月に、私はオートバックスに行ってある程度調べていた。
本体とアンテナを1筐体のなかに収めた2ピースタイプと
分離した3ピースタイプがある。
一体型は、ETC車載器が目障りな感じだが、本体が6000円ほどで安い。
分離したものはダッシュボード上には小型のアンテナだけを取り付け、
本体はETCカードの着脱に支障がなければ、
車内のどこへでも自由に設置することができるので、
見た目にすっきりしている。本体が12000円ほどで、
取り付け工賃とセットアップ代で合計2万円前後ということだった。

ネットでいろいろ調べるともっと安い物があったが、
取り付けとセットアップはどこかでしなければならない。
それにETC車載器が届くのに時間がかかる。
私としては3月1日に長野に行くときから使いたい。
もっと早く取り付けていれば安くできたのだろう。
ケチな私は、一般道で長野と東京を往復しようと考えていた。
しかし、どう考えても高速道路を使った方がいい。
休日昼間割引 、通勤割引を使うと100km以内なら半額になる。
東松山ICと碓氷軽井沢ICまでが91.7kmで、
私はこの区間を利用するようになるだろう。

私は、オートバックスで、アンテナと本体が分離した
3ピースタイプを買うことにした。
本体、取り付け工賃、セットアップの合計で、20675円だった。
支払いをすませて、取り付け、セットアップの時間で1時間ほど待たされた。
これから、高速道路に乗らないのにエンジンをかけるたびに、
「ETCカードを入れてください」といわれるのがわずらわしい。

心配性の私は、明後日、ETCレーンを通過するとき、
開閉バーが開かなかったらどうしょう、なんて心配しています。

コメント

祝儀

2009年02月26日 | Weblog
私たち夫婦は、息子のUの結婚式にご祝儀を持って行ってない。
女房が、「現金を持って行くのは面倒だからあとで振り込むよ」
といっていたからだ。

Kは結婚式を挙げてないので、
Kが暮らしている家にお金を持っていった。
女房の話だと20万円渡したという。
それでは、Uにも同じ額をあげようと決めていた。

ところが、Uはなかなか銀行の口座を教えてくれない。
3日前、Uに私がメールを書いた。
結婚の祝い金を送るので口座番号を教えてくれ、と。

すると本日、Uから返事がきた。
「お金はいいや、必要ないよ」と。
Uらしいな、と思った。
じゃまにならないのだからもらっておけばいいものを、
いらない、という。

そりゃ、貯金の少ない私たちにとってそれはありがたい。
しかし、双子の息子たちに平等に接したい、
と考えてきた私たちの気持ちがすまない。
孫が生まれたら、そのとき、まとめて多めにあげよう、
そんなことを夫婦で決めました。

コメント

なたねづゆ

2009年02月25日 | Weblog
このところよく雨が降っている。
朝、ラジオで森田正光さんが、
「例年は、3月にある、なたねづゆが、
 今年は2週間早くきている」
といっていた。
暖冬のせいかな?
コメント

軽井沢の雪

2009年02月24日 | Weblog
今朝、軽井沢には雪が降っていた。
私の車は凍っていた。
車に乗る前に、フロントガラスなどの氷を、
削りとらなければ運転できなかった。

昨日、私は女房と長野に行きました。
こんど入社する会社の社長と会うためです。
将来、女房も長野で暮らせるようにと、
就職のお願いをした。
しかし、長野では、女房が希望するような就職先は、
なかなかないようです。

碓氷峠をノーマルタイヤで下るのは怖いので、高速道路を走った。
しかし、松井田妙義ICで降りた。
高速代を節約するためです。
休みやすみ車に乗っていたので、家に着いたのが午後4時前だった。
7時間ほど運転していたことになります。

ETCをつけようと思う。
日にちや時間を選べば割引がある。
やっぱり高速道路が楽ですね。
時間の節約にもなります。
一般道を走るのは疲れました。

浅間山は、雲におおわれていて見えなかった。
3月1日から私は長野で暮らします。

コメント

1月の句会の結果

2009年02月23日 | Weblog
1月に私は、ふたつの句会に参加した。
「和句輪句 新年&冬句会」と「わいわい雑俳塾」です。
あいかわらず低調です。
長野に行って、生活が安定したらじっくり俳句を勉強したいです。

「和句輪句の会」の参加者は何人なのかな。
10人ぐらいですかね?
右の数字が選句してくれた人数です。
新年の季語で一句、
冬の生き物で一句、あとは当季雑詠ということだった。

 初風をうけて小型車田舎道        1

 この時間半額になる鮪買う

 花持たずきょうだいで行く冬の墓     2

 引越や友のトラック冬の街         1

 冬枯れの心並べて酒を呑む

「わいわい雑俳塾」の参加者は10人でした。
題は、「冬薔薇」「春隣」 <“酒”しばり>です。
7位でした。

  新郎の父胸に似合わぬ冬の薔薇    1
 
  春隣バス待つひとの背中かな       5
 
  半額のびんちょう鮪酒旨し         1

コメント

さよなら新所沢

2009年02月22日 | Weblog
今日、見納めと思ってシントコに行った。
みっちやん、しんちゃんに連絡すると、
昨日飲みすぎたので、今日はつきあえないという。
それでも、私としては今日ぐらいしか行けないので行った。

女房もタブラオのために練習したいからといって、
シントコの昔習っていたスタジオに行くという。
女房はフラメンコ、亭主は居酒屋。
8時半にシントコを出ようという約束をして駅で別れる。

私が住んでいた家に行く。
まだ新しい人は住んでいなかった。
近くの「幸」に行くと、今日は閉店していた。
「肴や」も営業していない。
しかたがないので駅のほうに行き、
「旬菜愛花」に行った。
いろいろマスターと語った。

帰りの電車で女房と、
「これでシントコともお別れだね」と話した。
ほんとにホントに、これでお別れだ。
さよなら新所沢

コメント (6)

壁と卵

2009年02月21日 | Weblog

内田樹が彼のサイト(内田樹の研究室)の「壁と卵」(2/18)
村上春樹のエルサレム賞の受賞スピーチのことについて書いている。

> 非常にクリスプで、ユーモラスで、そして反骨の気合の入
> ったよいスピーチである。
(略)
> 「高く堅牢な壁とそれにぶつかって砕ける卵の間で、私は
> どんな場合でも卵の側につきます。そうです。壁がどれほ
> ど正しくても、卵がどれほど間違っていても、私は卵の味
> 方です。」
> このスピーチが興味深いのは「私は弱いものの味方である。
> なぜなら弱いものは正しいからだ」と言っていないことで
> ある。
> たとえ間違っていても私は弱いものの側につく、村上春樹
> はそう言う。
(略)
> 村上春樹が語っているのは、「正しさ」についてではなく、
> 人間を蝕む「本態的な弱さ」についてである。

私なりに抜粋しました。
できましたら全文を読んで下さい。
「壁と卵(つづき)」(2/20)も合わせて読んで下さい。

私はあらためて、村上春樹という小説家が好きになった。
昨秋から九想話に感想を書いてませんが、
村上春樹の小説を読んでます。
もっと読みたくなりました。

 

コメント

望郷シントコ

2009年02月20日 | Weblog
この団地に引っ越してから、外に飲みに行ってない。
近所に居酒屋はあるのだろうが、どこにあるかわからない。
あるとしても今の心境では知らないところに行く気はしない。

シントコの「肴や」にでも行きたいと思うのですが、
なにしろここからバスに乗って15分、
清瀬駅から新所沢駅まで20分はかかるだろう。
待ち時間や乗り換えなどを考えると、
へたすれば1時間近くはかかってしまう。
これで行く気がなくなる。

つくづくシントコでの暮らしはよかったな、と思う。
考えると新所沢には、ふるさとの茨城より長く暮らしていた。
私の第二のふるさとになってしまった。
歩いて5分のところに「肴や」があった。
2分のところに居酒屋「幸」があり、
ゆっくり行っても3分で「ブロックヘッズ」にたどり着けた。
駅のほうには「旬菜愛花」もあった。
この店などが私のテリトリーでした。

シントコには仲間がいる。
かんとく、浜さん、Aさん、みっちゃん、しんちゃん、かよちゃん、
Nパパ、Nママ、おっと、チーちゃん、このほかにも沢山いる。
会いたいな~。

コメント

百年の孤独

2009年02月19日 | Weblog
九想話は、九想庵のほかにASAHIネットの電子フォーラムのひとつの
「かしの木亭談話室」にも掲載している。
もともとがパソコン通信の頃、ここに書き始めたのです。

さきほど、かしの木亭を覗いたら
「かねか亭さん逝く・・・・」という書き込みがあった。
私は、それを読んで絶句した。

> 数年前に大腸癌が見付かり手術し、元気にしておられました。
> その後肝臓、肺臓への転移で、闘病生活をされていました。
> そんな『かねか亭』さんが、昨日昼過ぎに帰らぬ人になられました。
> 奥様からご連絡を頂いており、『かしの木』の皆様に悲しみのご連絡を
> している次第です。会社を定年退職され、故郷の宮崎県の日向市に戻られ、
> 自然に囲まれた素晴らしい生活をされておりましたのに、早すぎるご逝去に
> 言葉もありません。私がご紹介してこの『かしの木』に顔を出して貰って9年に
> なりますが、最近は闘病のお疲れか、とんとアップがなく案じておりました。

これは、teruoさんという方の書き込みの一部です。
かねか亭さんは、teruoさんと浜松で一緒の会社で働いていた。
定年退職をされてふるさとの宮崎に帰って、
畑など耕して、悠々自適の暮らしをしていた。
元気なときは、宮崎での暮らしの素晴らしさの自慢を、
かしの木亭に書き込んでいました。

あるとき(息子たちが大学生だったから7、8年前か?)、
この、かねか亭さんから宅配便が届いた。
ダンボール箱を開けると焼酎が入っていた。
「百年の孤独」というものでした。
「毎日、九想話を楽しく読ませてもらっているお礼に贈ります」
というようなことが、手紙に書いてあった。

「百年の孤独」という麦焼酎は、関東ではなかなか手に入らない、
宮崎県の酒造メーカー・黒木本店で造っている
有名な焼酎ということをあとで知った。
うまかった。
焼酎という感じではなく、まろやかな洋酒のようでした。

私は、かねか亭さんと“ナマ”でお付き合いをしたことはないのですが、
それ以上のありがたい方でした。
私の書く“情けない”九想話を読んで、
私という人間を理解してくれた人でした。
こんな生きることにヘタクソな九想を、
(人生いろいろあるよ、しょうがねえよ。楽しく生きましょう)
そんなふうに九想を応援してくれた人と私はうけとっています。

かねか亭さんのご冥福をお祈りします。

コメント (2)