九想話

日々想うことを書いてます。

九想庵で生きる観葉植物

2021年10月27日 | 植物・花



私の家で暮らす観葉植物たちです。
大きなものは、テレビ東京の番組「インテリア日和」の撮影のときにいただいたものです。
(私の家の家計では、こんな高価なものは買えません)
小さなのはホームセンターなどで買ったものです。
私には、こういう趣味はありません。
すべて妻が購入したものです。
ですから、彼ら(?)の世話をしているのは女房です。
それはもう、亭主の世話をするより大切に可愛がっています。
私の居場所なんて・・・。











  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2年連続最下位から栄冠

2021年10月27日 | スポーツ


gooニュース
https://news.goo.ne.jp/article/sanspo/sports/sanspo-_sports_baseball_npb_JRHNHRIYJBOHLOKHGARUYDDDHY


>2位ロッテが楽天に敗れたため、オリックスの25年ぶり13度目となる
>リーグ優勝が27日、決定した。今季就任した中嶋聡監督(52)は2年
>連続最下位に低迷していたチームを優勝に導いた。2年連続最下位からの
>栄冠は今季のセを制したヤクルトと同じ。

オリックス・ヤクルト、リーグ優勝おめでとうございます。
今年の活躍は素晴らしかったです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウォーキングで財布を拾う

2021年10月26日 | 暮らし

ウォーキングでいつものように、スーパーの近くにある公園のトイレに行った。
そこは私のウォーキングコースの中間にあるのでいつも利用している。
トイレから出てシラサギのいる池のほうに行こうとすると、
ベンチの上に財布が落ちていた。
中を見るとマイナンバーカードなどがあった。
お金は…、多くはなく、千円札と小銭があった。
交番に届けようと思って交番に行ったが警官がいない。
この交番には、警官がいることがめずらしい。
しょうがないのでカードに書いてある住所で家を探して、
ポストにでも入れておこうと考えた。
なかなか家が見つからなかった。
やっと見つけたら家から高校生が出てきて自転車に乗った。
その子に「ここの家の人?」と聞くと「はい」という。
私は財布を見せて「これ公園で拾ったんだけど」というと、
「あ、自分のです」と笑顔で応えてくれた。
マイナンバーカードの写真と同じ顔だった。
私が財布をその子に渡すと「ありがとうございます」と頭を下げた。
財布を持ち主に返せてよかった。
男の子の笑顔がよかった。

この花は、家の花壇のバラから女房がつぼみを取ってきてコップに活けたものです。
花壇ではそれほど目立たないバラですが、家の中で咲くとキレイです。













 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソファーの足下を替える

2021年10月25日 | リフォーム

この夏、テレビ東京の番組「インテリア日和」で設置してくれたリビングのラグを夏向けの涼しげなものに替えた。
それをいつの日か元のラグに戻さなくてはと考えていた。
今日、それを仕事の休みの女房とやりました。



夏用のものを取り外すために、テーブルとソファーをどかす。
これが重くて苦労した。
私は20代からの腰痛持ちで、慎重に物を持たなくてはすぐ腰が痛くなる。
このテーブルは特別に重く、ソファーも重かった。
女房と2人でゆっくり移動しました。
ソファーを動かすと、これまでの時間にたまったゴミと汚れがあった。
それを取り除きフローリングウェットシートで床を拭いた。
キレイにしてからソファーを戻し、2階に置いていたラグを持ってきて敷いた。
ラグをバランスのいい場所に置くのに苦労した。
いろいろ動かしてなんとか2人の納得いく位置にラグを敷いた。
ラグの交換を終えて女房と意見が一致した。
来年の夏は、「このままでいこう、ラグを替えるのはそよう」となった。
そういう結論になったのは、あまりにもテーブルとソファーが重かったからです。
来年私は70歳、妻は65歳になり、老体にはもうこの作業はムリです。
「インテリア日和」でこのソファー・テーブル・ラグにしてくれたことがよかった。
プロのインテリアコーディネーターが選んでくれたものは、素晴らしいものだとあらためて思いました。












  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チューリップの球根の植えつけ

2021年10月25日 | 植物・花



先週、チューリップの球根は10月に植えるんだったな、と思い出した。
それで10/24(土)に球根をホームセンターで買った。
球根が25個で598円。
今朝、私は花壇に球根を植えた。
ネットで調べると、「チューリップを育てるための土づくり」なんてことが書いてある。
ズボラな私はそんなことはしないで、ただ花壇の土に穴を開けて植えた。
これまでも毎年そんなふうに花壇に球根を植えてきて、それなりに花は咲いてくれた。
さあ、来年はどうなりますか?












  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なんとかなる

2021年10月24日 | ラジオ

NHKの朝のラジオ「マイあさ!」を毎日聴いている。
土日は、キャスター が畠山智之さんと渡辺ひとみさん、気象予報士が黒木愛子さんです。
今年の4月からこの3人になった(のかな?)。
この番組をもう何十年も聴いているのですが、この3人になってから土日が楽しいです。
毎朝、今日のテーマとしてリスナーからメールやファックスを募集している。
今朝は、たしか…、次のようなことだった。
「友だちに何か相談か悩みごとを言われたとき、あなたはなんと応えますか?」
渡辺キャスターは、そういうときは「なんとかなる」と言うらしい。
1時間(?)ほどたった7時前、私がウォーキングをしているとき
畠山キャスターがリスナーからのファックスを読んだ。
「渡辺キャスターは、そんなときは『なんとかなる』と言うそうですが、
リスナーからこんなファックスをもらいました。

 一休さんは亡くなるときに一通の封書を寺の弟子たちに残しました。
「この先、ほんとうに困ることがあったら、これを開けなさい」と言い遺しました。
何年かたって、寺に大変な難問題が持ち上り、どうしようもないので、
弟子たちが集まって、その封書を開いてみると、
そこには「しんぱいするな、なんとかなる」と書いてありました。
とたんに弟子たち一同、大笑いの内に落ちつきと勇気と明るさを取戻し、
難しい問題を解決できた、という話です。
                  (「一休和尚の遺言」より)
歩いていた私は思わず笑ってしまった。
「なんとかなる」はいい言葉だな、私の座右の銘にしようかな、と思った。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋のヘブンリーブルー

2021年10月23日 | 植物・花

10月19日に咲いたヘブンリーブルーです。
それから咲いてないのでこれが今年最後の花ですかね。
今までの記憶では11月まで咲いていたんですがね。
ここ何日か11月のような寒い気温だと、テレビの天気予報で言っていた。

隣の写真は、自信はないのですがヘブンリーブルーの芽が出たものだと思う。
この近くには、この夏ヘブンリーブルーのプランターがあり花を咲かせていた。
そのタネが落ちて芽を出したものと思われる。
10月の初旬の頃はまるで夏のような気温だった。
それで地面に落ちたタネが春とかんちがいして、芽を出したのかなと思っています。
これはまったく私の想像です。
ちがっているかも知れません。
でも、ヘブンリーブルーの芽に似ているんだよな~。





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヤクルト・阪神Vは最短26日

2021年10月23日 | スポーツ


gooニュース
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/sports/mainichi-20211023k0000m050295000c


> プロ野球のセ・リーグは23日、首位のヤクルトが敗れ、2位・阪神が
>広島に引き分けたため、ヤクルトの優勝マジックは「3」のままとなった。
>6年ぶりとなるヤクルトの優勝は最短で26日。ヤクルト連敗、阪神連勝
>で阪神が26日に優勝する。

まだ阪神には優勝の希望がある。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

口呼吸から鼻呼吸へ

2021年10月22日 | 健康・病気

9月のある日、私が昼寝をしていたときに、
女房が私の寝顔をiPhoneで撮って、それをLINEで私のスマホに送ってきた。
彼女は、鬼の首を取ったように喜んでいた。
私は、その私の間抜けな寝顔の写真を見て、情けなくなった。
あぁ…、私はこんな顔していつも眠っているんだ、と哀しくなった。
私は、子どものときから鼻炎があるせいで鼻がつまっていて、口で呼吸していた。
起きているときはなるべく鼻で呼吸するようにしていたが、
寝ているときはおそらく口で呼吸をしているんですね。
その自分の救いようのない寝顔の写真を見て、あらためてそう思った。
そのせいか私は、目覚めたときに喉がガサガサしているときが多いです。

今年の5月の初旬、喉が痛くなり病院に行った。
そのときの内科の医師が、がんかもしれないからと耳鼻咽喉科を紹介してくれた。
私はその後紹介された耳鼻咽喉科に行き、内視鏡で診てもらってがんではないと言われた。
しかし喉は痛かったので、のどスプレーを買って1日数回喉に噴射塗布していた。
あのときはコロナにかかったのかな、と不安になった。
ただ熱は平熱だったので、コロナではないと思った。
熱があったら、町の内科にも診察してもらえなかっただろう。
そんなことがあり私は、寝ているときの口呼吸を鼻呼吸にしたいと思った。
しかし、どうしたら鼻呼吸になれるのか分からなかった。

昨日、たまたまテレビで「羽鳥慎一モーニングショー」を観ていたら、
口呼吸を改善できるマウステーピングについて話していた。
口呼吸が身体にいかに悪いか、鼻呼吸の素晴らしさをまず解説してから、
どうしたら鼻呼吸になれるのか説明してくれた。
私は、それから仕事の休みだった女房と買い物に出かけた。
食料品を買ったあとドラッグストアに行って、マウステーピングをするテープを探した。
ドラッグストアにそのテープはあったが、私の感覚としては価格が高いなァと思った。
24回分の口閉じテープが入っていて900円弱だった。
しかし、それがなければ口呼吸の治療ができないので、しかたなしに買った。
昨夜寝るときに、マウステーピングをして寝た。
少し口先に違和感を感じたが、何事もなく朝まで眠れた。
口を閉じて寝ていたので、喉にイガイガ感はなかった。
マウステーピングを続けようと思った。

口の体操「あいうべ」を行うと、舌や口の周りの筋肉が鍛えられることで、
口を閉じた状態を保て、鼻呼吸ができるようになります、なんてことも書いてあった。
>「あいうべ」のやり方はとても簡単です(^_^)
>①「あ-」と、口を大きく開く。
>②「い-」と、首に筋肉のすじが浮き出るぐらい、口を大きく横に広げる。
>③「うー」と、唇をとがらせて口を前に突き出す。
>④「べー」と、舌を思い切り突き出して下に伸ばす。
>大げさなくらい口を大きく動かしてゆっくりと行ってみてください。
一日30回を目安に行うといいですね。
               (藤沢歯科医院のホームページより)

明日から、これらを私はやっていこうと思います。
なんとか鼻呼吸にしたいです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「攻めのバトン」の真実

2021年10月21日 | スポーツ

WEB特集 第9レーン「攻めのバトン」の真実】というインタビュー記事を読んだ。

>東京オリンピック、無観客のなか静まりかえった国立競技場でそれは起きた。

>金メダルを狙うと誓った陸上男子400メートルリレーでの、まさかのバトンミス。
>考えうるシナリオの中では最悪の結末だった。

>歓喜の銀メダルから5年。
>9秒台のスプリンターを3人擁した“最強”チームは、わずか10秒で大会を終えた。

>あのとき何が起きていたのか、4人が初めて口を開いた。

>国立競技場の第9レーン「攻めのバトン」の真実だ。
>(スポーツニュース部記者 佐藤滋・小林達記)

なにげなくスマホで見つけて読んでみた記事だった。
長い記事だったが、だんだん引き込まれていった。
素晴らしいインタビュー記事だと思った。
ぜひもう一度、この4人で走る陸上男子400メートルリレーを見てみたいです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする