九想話

ブログ以前から書き始めて、21年目になります。



液体ミルク発売

2019年03月18日 | Weblog

日本でも液体ミルクが発売されることになった。
今日、ニュースなどでそれを歓迎する声が流れていた。
私もいいことだと思う。
そのニュースを見ていて、少し気になることがあった。
赤ちゃんのいる両親がいっていた。
「子どもがお腹を空かして、泣き始める。それからお湯を沸かす。
 なので時間がかかる。やっとミルクを作っても、
 赤ちゃんがそのときは寝ているときがある。
 そのミルクは捨ててしまうのでもったいない。
 液体ミルクが発売されて助かります」
お腹が空いて泣き出した赤ちゃんが、ミルクを作るのに時間がかかったから寝てしまう、
こんなことはありません。
お腹が空いて泣き出した赤ちゃんは、お腹がいっぱいにならなければ寝ません。
私のところは双子だった。
生まれた頃は母乳で育てていた。
そのうち2人の息子たちには、女房の母乳だけでは足りなくなった。
赤ちゃんの頃は3時間ごとにミルクを飲む。
双子の息子たちが同じくお腹が空くことは少ない。
ずれると1時間半ごとに起きて泣いた。
おれと女房は必死になってミルクを作って息子たちに飲ませた。
女房は昼間、そんなことを1人でやっていて疲れ切っていたから、
夜中、息子たちが泣いても起きられない。
残業して夜の9時ぐらいに帰ってきたおれが夜中はやりました。
さきほどの夫婦がいっていた。
お湯を沸かしてミルクを作って、それを40℃まで温度を下げると時間がかかる。
時間がかかると赤ちゃんが寝てしまう。
くどいようですが、お腹の空いた赤ちゃんは寝ません。
おれたちは、そりゃ哺乳瓶も熱湯煮沸したかった。
100℃に近いお湯でミルクを作りたかった。
しかし、そんなことははじめだけで、現実的にはやってられなかった。
哺乳瓶は水でバシャバシャ洗って、お湯は40℃ぐらいのをポットに入れておいた。
それじゃなかったら泣き叫ぶ双子に、すぐミルクを与えられなかった。
ほんとにあの頃は毎日が戦争でした。
おれも女房も、毎日睡眠不足でボヤーっと生きていた。
(チコちゃんに叱られそうです)
そんなふうにして双子の息子たちを育てました。
今考えれば、よく病気にもならずに育ってくれたと思う。
息子たちに感謝です。
液体ミルクが発売されて、これからは衛生的になるでしょうね。

コメント

親睦会

2019年03月17日 | Weblog

昨日の午後12時半からそれは始まる予定だった。
前回1月にあった新年会で私は、12時半ぎりぎりで行った。
1月はじめに電話で知らされていたけど、その人たちのことを私は分からない。
いや、去年12月の忘年会で飲んでいるが、顔を覚えていなかった。
私としては、昨日が2回目だった。
何年か前からこの親睦会はあったようです。
私としては楽しみにしていた。
昨日の参加人数は6名でした。
みんなアルコールの好きな人間のようです。
私もそれには負けません。
それぞれが日々1人で仕事をしている。
そういう人が、たまに酒を飲んで日頃のことを話す親睦会、救われます。
管理員という仕事は、特殊です。
多くは、1人で仕事をしている。
管理員という名前の職業ですが、多くはマンションのゴミ担当、清掃人です。
マンション住人の一部の心ない人が捨てたゴミの再分別をする。
マンションのあちこちをキレイに清掃する。
しかし、それをしていても感謝されることは少ない、
そういうことをするのが管理員の仕事なのです。
また明日から仕事です。

コメント

今朝の人身事故

2019年03月16日 | Weblog

今朝、仕事に行くために東武東上線の○○駅に行くと、電車が動かない。
「下赤塚駅で人身事故が発生したためにしばらく、この電車は停車します」
と車内放送があった。
時計を見ると7時50分だった。
私は頭の中でいろいろ考えた。
考えても仕方のないことです。
電車が動かないのですから。
しばらくすると、
「この電車は、川越市駅まで行きます」という。
ということは、川越市駅で電車を降りて8分ほど歩いて、
西武新宿線の本川越駅まで行って電車に乗って、
所沢駅で西武池袋線に乗り換えて、秋津駅で電車を降り、
JR武蔵野線の新秋津駅まで10分ほど歩いて、電車に乗って行けば
職場のある××駅までは行ける、と思った。
でもそうしても仕事の始業時間の9時までには間に合わない。
ぐだぐだ考えていても、なかなか電車は動かない。
とりあえず私は、私の会社の担当者にメールを書いた。
書いたが、担当者は土曜日は休みなので今日は読まない。
月曜日に彼が読むことを考えてメールを書いた。
ある駅まで電車は動いてそこでまた10分以上停車した。
川越市駅には8時40分ぐらいに着いた。
そこから地下鉄有楽町線が和光市まで行くからそれに乗換えて下さい、と車内放送。
私は乗り換えた。
いや、ほとんどの人が乗り換えた。
池袋駅まで東武東上線は行かないが、和光市駅から別れる有楽町線は動くということだった。
電車は駅に着くたびにすごい人が乗ってきた。
車内の混雑は並大抵のものではなかった。
私の職場のある××駅に9時に着いた。
職場に着いたのが9時5分だった。
私は、5分の遅刻になった。
頭も身体も疲れて、とんだ土曜日の出勤だった。
人身事故は困ります。

コメント

桜の開花予想

2019年03月15日 | Weblog

サクラの開花予想 来週にも各地で開花か 

私の住む埼玉県もあたたかくなってきました。
今週は、ダウンを着ないで出勤していた。
来週には桜が咲くと民間の気象会社などが発表した。
これまでだったら私はこのことを喜ぶのですが、今年は少し違う。
私の勤務するマンションの隣に公園があります。
その公園には桜の木が沢山ある。
私はその桜の葉っぱを昨年の11月まで箒とチリトリで掃き集めていた。
桜が咲く季節は、桜の花びらで苦労するそうです。
今年の桜への想いは、微妙です。

コメント

NHK俳句

2019年03月14日 | Weblog

4月から選者が替わり、第2週の選者が長嶋有になった。
このことを私は1月に知った。
NHK俳句のサイトを見てみると投句を募集している。
第2週 選者: 長嶋 有 の題は「マーガレット」3月25日必着です。
NHK俳句はメールで投稿出来る。
これは助かります。
朝日俳壇はハガキで投句しなければなりません。
(じつは、先週久しぶりに投句した)
しかし、題は「マーガレット」、まったくイメージがわきません。

マーガレット の俳句

よき朝がマーガレットに来てをりし 篠原樹風
ファウストのマーガレットに又会ひし 星野 椿
マーガレットそれより白き産着干す 対馬康子 愛国
マーガレット主の椅子を犬が占め 中村汀女
マーガレット何処にも咲いて蝦夷も奥 高浜年尾
マーガレット夕昏れ収め切れずをり 小笠原てい
マーガレット山雲は野に翼垂れ 有働亨 汐路
マーガレット東京の空よごれたり 阿波野青畝
マーガレット氷河への径石ころ径 有働亨 汐路
マーガレット猫額の庭満たしけり 中村汀女「芽木威あり」
マーガレット眩しき島のチャペルかな 岩崎照子
人去れりマーガレットの白さわぐ 阿部みどり女
兎波マーガレットに駈け寄りぬ 高澤良一 さざなみやつこ
子の瞳マーガレットに囲まれて 山下亜紀
蝦夷に咲くマーガレットは野の花よ 稲畑汀子
門入ればマーガレットの咲いてをり 星野 椿
陶乾くマーガレットの風たえず 江口竹亭
風白しマーガレットを野に置きて 稲畑汀子
風眩しマーガレットの果は海 水田むつみ
髪黒くマーガレットの中に立つ 高浜虚子

イメージのわかない題にたいしては、句が浮かびません。
正直、この「マーガレット」の題、私に何もわき上がるものがない。
私の友人に、長嶋有が選者のときには投句したい、とメールを書いたら、
マーガレットの俳句をいくつか書いてメールをくれた。
私を応援してくれているのだろう。
私はうれしくなりました。

私が40歳のとき、パソコン通信のASAHIネットの仲間と「第七句会」という句会をやっていた。
2週間に1度、やっていたと思う(いや、それも自信ないな)。
その中に長嶋有さん、川上弘美さんがいた。
そうなんです、第七句会から2人の芥川賞受賞者が生まれたのです。
通常はネット句会なので、メールで投句していた。
でもたまに東京のあるところに集まって句会をした。
そしてそのあとは酒場で飲んで反省会、これが楽しかったです。
長嶋有さんとは気が合って、よく話をした。
「ブラックジャック」をラジオドラマでやってたよ、というと、
次のときに長嶋有さんは、
「RADIOもいいけど原作もよいですよ。ゆうちゃんけいちゃんにもヨロシク!!」
というメッセージを書いた「ブラックジャック」のマンガのコピーをくれた。

川上弘美さんには逆選の嵐のときに、なぐさめのメールをいただきました。
だいたい句会は正選だけですが、第七句会は逆選があった。
まずい、へたな句にはマイナス点(逆選)がついたのです。
私の句は、逆選が多いときがありました。
そんなとき「九想さんの句を私は好きですよ」と川上弘美さんがメールをくれたのです。

長嶋有先生が選者のときに、毎回投句したい。
私のこと分かってくれるかな?
(九想という名前で投句すれば分かると思う?)
こんなことをしようとしている自分が情けないな。
小説を書いて勝負すればいいんですが、それが出来ません。
人生の終わりのころに、自分の才能の無さを知ってしまうとかなしいですね。

コメント (2)

ピエール瀧容疑者

2019年03月13日 | Weblog

ピエール瀧容疑者 麻薬取締官が去年秋から内偵捜査…父親は「法の裁きを受けて」 

昨夜、寝るために歯を磨いていたときにスマホが震えた。
なんだろう?と思いながら歯を磨き、寝床に行き寝る前のストレッチをした。
私は腰痛のためにこれを毎晩している。
ストレッチをしていると、少しは腰痛にいいようです。
布団に横になってスマホを見ると、「ピエール瀧薬物使用で逮捕」とあった。
あ・・・、またバカがいた、と思った。
おれは、このひとが好きだった。
いい演技する役者だなと思っていた。
先日、NHKのSONGSで電気グループを観た。
これだけのことをやってきたひとが、なんで、ああ~。
なに考えてんだろ。
もっと人生、まじめに生きろ。



コメント

カマキリの卵

2019年03月12日 | Weblog

 

3月10日の日曜日、おれと女房はあたたかくなってきたので庭の作業をした。
庭にある“畑”に生えているほうれん草と春菊を取って、苦土石灰をまき耕した。
4月になったらこの“畑”に、ジャガイモ、トマト、キュウリなどの苗を植えようと考えてます。
ひとつ心配なことは連作障害です。
小さな“畑”に同じ種類の野菜を育てています。
そうすると病気になったり、うまく育たなかったりするそうです。
しかし、おれたちにはこの“畑”しか野菜を育てるところはありません。
“畑”に苦土石灰をまき、耕した。
いい感じの“畑”になっています。
ところで庭の作業を始める前に、女房が大騒ぎをした。
「モッコウバラの中にカマキリの卵があるから捨てて」
あのひとは、虫が大っキライです。
私としてはカマキリの成長を見てみたい気持ちですが、しかたがないので近くの公園に置いてきました。
カマキリの卵をおれの生まれた茨城では、「カラスのきんたま」といっていた。
失礼しました。




コメント

あの日から8年

2019年03月11日 | Weblog

先週から沢山の震災の番組を、テレビとラジオで観たり聴いたりした。
胸がつぶれるような思いで視聴していた。
あらためてたいへんな震災だったんだなと思う。

私は、8年前の3月11日、長野県佐久市にある長野県の施設で働いていた。
そのときはその施設を利用して活動している人たちの発表会だった。
私は、事務所に1人でいた。
午後2時46分過ぎ建物がものすごく揺れた。
思わず私は立ち上がって、玄関で受付をしている係の人に話しかけた。
「ものすごい揺れでしたね」
2人の女性は吃驚していた。
そのあと予定どうり午後5時までその展示会を開いていて、
私はそのあと10時過ぎまで仕事をして住まいのある軽井沢に帰った。
東京に住む女房となかなか連絡がとれなかった。
夜、やっと女房と携帯電話がつながった。
彼女は家に帰れなくて、会社に泊まるという。
東京もたいへんなことになっていたようだ。
3月11日に東日本大震災、12日未明に長野県北部で大きな地震があり、
12日のステージ発表は中止となった。
私は、その施設でホームページを担当していてブログを書いていた。
その日の九想話を読んで、そのときのことを思い出した。
ブログはありがたいと思った。

コメント

椎茸原木栽培

2019年03月10日 | Weblog

1月2日に茨城の友人から椎茸の原木をもらってきた。
それを家の裏の日の当たらないところに置いておいたのだが、
どうも午後に日光が当たることに気がついた。
それを友人にいうと、
「日よけシートをかけておけ」といわれた。
それは太陽の光を遮光して、雨水は通すものだという。
ネットで検索してみると「日よけシート」「遮光シート」というものがあった。
昨日、カインズホームに行って探してみると「遮光ネット」があった。
それを買ってきて昨日、椎茸の原木にかぶせた。
昨日、水道水をバケツに入れといた水を今朝、椎茸原木にかけた。
友人が原木に水をかけたほうがいいといったからです。
さあ、これで椎茸の芽が出るのでしょうか?
ネットに書いてあるものを見ると、夏を2回過ぎた10月頃に芽が出ると書いてあった。
ということは今年は椎茸が生えないのかな?
いろんなことが分からない。
ま、分からないなりにやってみよう。
椎茸の原木栽培、楽しみです。

 

コメント

藤圭子

2019年03月09日 | Weblog

昨夜8時10分前、翔空さんから
> 突然失礼!藤圭子興味ないですよね!BS7スペシャル
と、私のスマートフォンに“ライン”が入った。
> 今録画始めました。
> 8:00から「チコちゃん」を見ます。
> ありがとうございます。
と私は返事を書いた。
「チコちゃんに叱られる」を観たあと、
「武田鉄矢の昭和は輝いていた【絶唱!伝説の歌手・藤圭子2Hスペシャル】」を再生して観た。

九想話に以前書いたと思うのですが、私の20歳の頃、藤圭子をデパートの屋上で見た。
池袋の東武デパート(だと思うのですが)で歌っていたのを、私の2番目の姉と見た。
藤圭子は、背が小さく可愛いなと思った。
あんなに容姿端麗で歌がうまくでも、あまり幸せではなかったようですね。
> 1982年に、宇多田照實と再婚。以降、照實との間で7回の離婚・再婚を繰り返す。
> 2013年8月22日午前7時頃、東京都新宿区のマンションの前で倒れているのが発見され、
> 搬送先の病院で死亡が確認された。
とWikipediaに書いてあった。
あのデパートの屋上で見た可愛い歌手が、あのような生き方をするとは・・・。
あのひとのことを思うと、切なくなります。
私より1つ年上の歌のうまい歌手でした。

圭子の夢は夜ひらく/藤圭子

 

コメント