乙女高原フィールドノート

山梨県の北部,秩父山塊のふところにある小さな高原「乙女高原」(山梨市)での自然観察記。

マイヅルソウ咲いた

2018年05月27日 | 植物(草)

遊歩道「森のコース」で、たくさんのマイヅルソウの白い小さなかわいい花を見ることができます。

今年は特に多いような気がします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トチノキ

2018年05月27日 | 植物(木)

トチノキに花が咲きました。

この木の上空にドローンを飛ばせて、空撮してみたいな。

どなたか「こんなドローンを買うといいよ」といった情報を教えてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

背高スミレ

2018年05月27日 | 植物(草)

ほんと乙女高原のスミレたちはおもしろいと思います。

最後まで咲いているスミレは、このエゾノタチツボスミレ(これは、花が真っ白なので、シロバナエゾノタチツボスミレ)なのですが、他のスミレと違って、とても背高のっぽ。ほとんどのスミレは鉛筆と背比べしても負けてしまいますが,シロバナエゾノタチツボスミレは鉛筆2本分くらいの高さです。まわりの草が大きくなってくるころ、花を咲かせるからでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加