虫干し映画MEMO

映画と本の備忘録みたいなものです
映画も本もクラシックが多いです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガス人間第1号 (1960/日)

2005年02月26日 | 映画感想か行
監督: 本多猪四郎
特技監督: 円谷英二
出演: 土屋嘉男 三橋達也 八千草薫 左卜全 佐多契子

 銀行での連続強盗殺人を捜査する岡本警部補は、容疑者として落ち目の日本舞踊の家元・藤千代を逮捕する。しかし彼女は無実で、自在に身体を気体化できる能力を持った男が真犯人だった。

 東宝変身人間シリーズ。これも怖いです。特撮で、ガス人間が風で拡散したらとか、事件を解決しようとする警察の対応なんかは「?」マークが飛び交うけど、ストーリーはまったく大人向けの深刻なメロドラマ。
 マッドサイエンティストの人体実験で身体をガス化する特殊能力を持った人間が、愛する舞踊家元のために銀行強盗で金を作り盛り立てようとする。それで、その舞踊家元も、事情を知り、彼の心に応えて悲しい決断をするというもの。
 ガス人間の土屋嘉男の世をすねた感じも名演。
 「マタンゴ」の方が怖さとおかしさ混在のギャップが大きくて、こちらは怖さとドラマの悲しさで、あまり古くておかしく思えるところは少ない。ガス人間製造マシンがオモチャっぽくて笑えるくらい。
 
 それに、なんと悲恋物語だったりもして、八千草薫さんがスレンダーでめちゃくちゃ美しい。これを見てNHKの「武蔵」で感じていた違和感が納得できる。やはり着物美人は幽玄なる柳腰でなくてはいけない。最近のタレントはナイスバディすぎて着物に身体ががおさまらない感じがする。

余談…この映画はキャバレーシーンが出てこないので、うちの高校生がとても残念がっていた。やたら昔のそういうシーンや昔のネオンサインが好きなヤツなので。でも、とても狭い国道を見て、ボンネットトラックや古い車を見て面白がっていた。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 分解 | トップ | オペラ座の怪人 2回目 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (samurai-kyousuke)
2005-02-27 19:54:21
東宝怪奇人間シリーズ来たー!!

「美女と液体人間」と「ガス人間第一号」は良く出来ておりますねー。

八千草薫さんは可憐でした。最近では「サトラレ」の演技が印象的でございました。
怪奇人間 (ningyo)
2005-02-28 17:50:07
変身でなく、「怪奇人間」だったのですか!

このシリーズを見る前は

特撮=子どもメインのご家族向け

みたいな変な思い込みがありました。

それが実に怖いまっとうなホラーサスペンスでびっくりだったのでした。

(でも時代の違いか、なんとなくおかしいのですが)



八千草薫さん、ほんとに美しいです!
TB送らせていただきました。 (ぺぺ山田)
2005-04-11 20:33:01
予想と反して、意外と大人映画?でした。(タイトルから、お子様向けと思ってしまったので)

八千草さん、ほんとに綺麗で可愛らしかったです。

マッドサイエンティストの特殊装置が胡散臭くって、楽しかったです。

こんにちは (ningyo)
2005-04-12 08:26:59
TBありがとうございました。

こちらからも送らせていただきました。

東宝の特撮はなんだかんだ突っ込みつつ大好きで

当時の日本を見るのも楽しみにしています。
科学犯罪もの (arudenteな米)
2005-09-07 12:09:52
東宝・円谷の昔の作品は科学と犯罪のドラマが多くていいですね。

TVでも怪奇大作戦や緊急連絡10-4-10-10とか。



東映は仮面ライダーシリーズに面影がありましたが戦隊モノのような東映やくざシリーズやプレイガールを子供向けにした路線だと自分は思っています。



この映画は真っ当な犯罪と哀のドラマでした。
緊急連絡10-4-10-10 (ningyo)
2005-09-07 18:15:59
それ、知りませんでした。

ビデオ出ているでしょうか?

見た覚えがないのですが・・・

またリストが増えました。



本当にサスペンスで、哀しいドラマでした。

映画感想か行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

『ガス人間第一号』 (ぺぺのつぶやき)
1960年 日本 92分 監督 本多猪四郎 特技監督 円谷英二 脚本 木村武 撮影 小泉一 出演 三橋達也、八千草薫、土屋嘉男 、佐多契子、伊藤久哉、田島義文 、小杉義男、村上冬樹、左卜全 ストーリー ある発明家の実験台になり、その実験が失敗...
ガス人間第一号 (arudenteな米)
円谷お家芸 ガス人間第一号 監督 本多猪四郎 主演 三橋達也 佐多契子 八千草薫 土屋嘉男 有名なSF邦画○○人間シリーズ(電送人間 液体人間 ガス人間)の中で自分が一番基本的だと思っている作品 手堅いとかマンネリとかでなく円谷はやはり犯罪と科学という透明
ガス人間第1号 (カフェビショップ)
ガス人間第1号 題名がちょっとあれなんで、あれな映画みたいに見えるんだけど、 最初はクライムサスペンスな雰囲気。 続発する銀行強盗。犯人は謎。どのように犯行が行われたのかさえわからない。 あやしい車が、ある屋敷の近所で乗り捨てられたことから、 刑事、三橋
ガス人間第一号 (昭和35年・1960) (Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters)
ガス人間第一号本多猪四郎 三橋達也 佐多契子 東宝 2002-01-25 胸をえぐる白いガス、科学が生んだの未曽有の恐怖 満都を恐怖のどん底に叩き込んだ姿なき人影 ガスマン!  第1作『ゴジラ』と同...
●美女と液体人間/三億円・偽白バイ検証 2 (アナロ-ブログ)
MOVIE      ★暗黒街アダルト特撮        白川由美の美しさが光る!      美女と液体人間   ●「ガス人間第一号」、「電送人間」、それに「マタンゴ」を含めて   「東宝変身人間シリーズ」と称される中の一作。完璧に大人向け。   このうち....
ガス人間第1号 07105 (猫姫じゃ)
ガス人間第1号 1960年   本多猪四郎 監督  円谷英二 特技監督  田中友幸 制作東宝スコープ &パースペクタ・ステレオフォニック・サウンド三橋達也 八千草薫 土屋嘉男 佐多契子 左卜全 松村達雄 塩沢とき この映画をどうして、「美女と」ガス...