虫干し映画MEMO

映画と本の備忘録みたいなものです
映画も本もクラシックが多いです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

化学調味料

2006年11月23日 | 日記・雑記
寒くなりまして、車のタイヤをスタッドレスに取り替えたりしてます。
それで久々に物置を覗いて、古物おきっぱなしの魔窟もちょっとだけ手をつけたりしたら、ひええ、またしてもとんでもないものが!

味の素の缶! たぶん30年位前の。

それにしてもこの大きさは何?

おそらくはご贈答品だけど一般家庭にこんな大量に化学調味料を贈る時代があったのか?!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 予言(2004/日本) | トップ | ブロークン・フラワーズ(2005... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子供の頃 (arudenteな米)
2006-11-23 23:38:05
化学調味料ブームというのが少しだけあって
「化学調味料を食べると頭が良くなる」なんて風説がありました。

刺身とかおひたしが白くなるほどかけられたり、白いご飯にかけたり常軌を少し逸していた記憶が少々。

しばらくしてから「チャイナシンドローム」といって外人が科学調味料の多いテイクアウト型の中華料理を取りすぎ頭が痛くなったり吐き気がしたりというのが出てきました。

自分はまったく駄目なので使いませんが家でなら少量補うには便利かとは思いますが「うまみ」だけって不気味な味だとは思います。
スーパーシーゾニング (ningyo)
2006-11-24 19:21:33
そういえば、「グルタミン酸=アタマを良くする」
と思われた時代があったと
なにかの本に書いてありました。

うちでは化学調味料を全く使っていません。
味の素1キロ缶というのは驚きで
「なにかのネタか?」と思ってしまいました。

一つでなく複数あるということは
お中元お歳暮カタログとか、デパートの棚に並んでたとか
そういうことですよね?
今考えるとかなり奇異な感じがします。
1キロ缶 (arudenteな米)
2006-11-24 20:29:49
実は今も1キロ缶は売られていますが業務用か大家族で無い限りは使わないかと。
一度ラーメン店でラー油・スープとかの一斗缶なんかと一緒にあってぞっとしました。

味の素・ほんだし・コンソメ・ハイミーなんかの詰め合わせとかが砂糖・塩、インスタントコーヒー・クリープレベルで送られていた時代のモノかと推測します

カップヌードルとかインスタントモノが流行った時代だから昭和50年前後かと
1キロ! (ningyo)
2006-11-25 19:08:53
検索してみたら、1キロ缶は出てきませんでしたが
1キロ袋詰めがヒットしました。
まだまだ生きてるんですねえ!
同じように・・・。 (satoshi)
2006-11-25 21:57:11
味の素の1キロ缶は昔、バイトで行っていたホテルで見たことがあるような?
多分、業務用?
ningyoさんちにあったんですね。
僕の家でも、10年前の缶詰とか、20年前のオイスターソースとか出てきたことがありますよ。
オイスターソースなんかはコクが出て美味しくなってるとか(^o^)丿
でもね。

このところ天気がイマイチだし本当に寒くなりましたね。
ningyoさん、お元気されてますか?
僕はいつものようにチョボチョボですよ。
最近、朝夕は家のあたりはかなりの濃霧になることが多いです。
家のそばには大きな川が流れていてこの季節はいつもなんですよ。

今は男子バレーボールを見ていました。
最初は見るつもりがあまりなかったけれど、結局、見てますよ。
でもなんか気迫が足りないと言おうかで今日も勝ったけれどヒヤヒヤものでしたよ。
そういっても決勝ラウンドに、そして少しでも順位を上を狙って欲しいです。
男子バレー (ningyo)
2006-11-27 20:36:23
私もけっこう見てます。
(でも女子のほうが面白いかも…などつい思ったりしてますが)
やっぱり見れば応援しちゃいますね。
オリンピックのメダル常連時代の応援はあんな棒は無かったんですよね、きっと。

味の素は、余りにも汚くてすぐに捨てましたが
ご贈答用の包装がされていました。
業務用で贈り物は無いと思います…今では考えられない贈り物ですよね~~~~

日記・雑記」カテゴリの最新記事