虫干し映画MEMO

映画と本の備忘録みたいなものです
映画も本もクラシックが多いです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

攻殻機動隊

2008年09月11日 | エンタテインメント
 7月から押井監督の新作情報を見ていたせいでしょうか、攻殻機動隊が時ならぬマイブームでした。今まで、テレビシリーズと「ゴースト・イン・ザ・シェル」「イノセンス」というアニメ化作品のみ見ておりましたが、このたび士郎正宗のコミックを買い込みまして3週間の他出の間に読むことにしました。
 
 攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL
 攻殻機動隊1.5 HUMAN-ERROR PROCESSER

 それに小説版
 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 虚夢回路

 もちろん、アニメのDVDも一緒です。
 コミック版のほうは、絵柄といい、枠外の細かい字の蘊蓄といい、なかなか手ごわいものでした。マンガは坂田靖子が日本一だと信じる余白の大きいのが大好きな私には、苦手な部類です。ちょっと非日常な時間の余裕ができたこんな機会でないと、なかなかまとめては読めなかったかもしれません。

 コミック・小説、それに劇場版とテレビシリーズのアニメの中で、やはり素直にすごい、と思うのは劇場版の質感と世界中にくまなく淀んでいるようにあふれる終末感(特に「イノセント」)。背中がすうっとするような変に寒々しい、でもみなぎっているような、本当に妙な感覚が体を這い上ってくるよう。病みつきになります。

 それで一番読み進むのに捗が行ってわかりやすいのは小説版でありました。でも、その妙な感覚があまりなくて。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 日本海大海戦(1969/日本) | トップ | 慟哭―小説・林郁夫裁判 /佐木... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好きです。 (samurai-kyousuke)
2008-09-13 00:57:13
映画、コミック、TVシリーズと網羅しておりますが、小説版は未読です。存在すら知りませんでした。
勉強不足でございます。(笑)
読んでみたいですね~。
私も (ningyo)
2008-09-13 07:21:23
テレビシリーズもいいですが、劇場版の映像の素晴らしさはいつ見ても瞠目ものです。
それに何といっても、全部のキャラが素敵です。特にバトーはひとつの理想像じゃないでしょうか。

エンタテインメント」カテゴリの最新記事

トラックバック

「イノセンス」 (samuraiの気になる映画)
「行けよ、ポイントマン。後ろは俺が固める。昔の様にな~」 「ビール瓶の栓を目にはめて、何やってるんですか。しかもその無理して出してる低音の声はかなり気持悪いですよ」 「ああっ、びっくりした。ジェイ君、いたのか。壁の影に隠れてちゃいかんよ。バトーだよ。...