金吾激闘記~違うぞ!金吾

シミュレーションゲームの対戦記録を中心とした
つれづれごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Roads to Moscow 2018-03-18 千葉会

2018-03-19 10:05:17 | ROADS TO M...
10年くらい前から休みを利用して旧街道を歩くという
年寄りくさいこと(いやホントにすれ違うのは年寄り夫婦か外人ばかり)をやっていたのだが所謂、五街道踏破にメドがついた(あと中山道の美濃太田以西のみ)ので、また新しいテーマをということで
去年末から日本の国宝を自分の眼で見るという
年寄りくさいことを始めてみた。
昔、城跡や古戦場を見に各地を回った際に近くの寺とか資料館とかも行ったので、実は相当数の国宝を見ている気もするんだが。

今、日本で国宝の指定を受けているものは1108点あるらしい。
できればその全部をとも思ったが刀剣等は個人所有のものも多く
むずかしそうなので丁度今刊行しているニッポンの国宝100という分冊
雑誌で取り上げられた100個がとりえすの目標。

で、先日、早春の梅の香りただよう熱海に行ってきた。
ここにあるMOA美術館で尾形光琳の国宝「紅白梅図屏風」が
公開されていたのだ。熱海には何回も来ているがここへ
行くのは初めて。知っている方もいると思うがここはある宗教団体が
管理しているが、さすが宗教、金のかけ方が半端ない。
建物自体が山の中腹にあり、入口のエントランスから展示室まで7つのエスカレーターを乗り継いでいく。
ここは江ノ島か。ちなみに江ノ島のアレはエスカレーターではなく
エスカーという。上りだけで下りがないのてこの名前らしい。
10へぇくらい?
最近へぇと思ったのは冬季オリンピックで有名になったカーリング。
あのひとつのレーンにはハウスと呼ばれるマトが両端2つあるの知ってました?ひとつのエンドが終わったら今度は逆方向に投げる。
テレビ中継だけみてると同じ方向に投げてるように見えますが実際は双方向に投げてます。考えてみればあの重いストーンをゲームのたびに戻してたら結構な手間だよ。30へぇ。

MOA美術館の何が良かったかといえば、自館所蔵品に限っては
写真撮影可ということ(ガラス越し、フラッシュ不可だけど)。
国宝級の仏像とかも、ホントは直にさわって感じたりしたいんだけど
それは無理だろうからせめて写真くらい撮らせてよと思ったりする。
C布にある(あれ?M鷹だったかな)Z大寺では最近一体の仏像が国宝に
なった途端撮影不可になったらしい。

そんな芸術的な春を迎える中千葉会にて
Roads to Moscow ムツェンスクをプレイ。お相手は西新宿鮫さん。
ドイツ軍担当。今回の方針は
①できるだけ機動シークエンスを使う。
②燃料補給は均等にわけず、軍に優先に使う。
要は敵の撃破より前進重視である。
結果、サイの目の不調により思ったより被害はうけたものの
VPヘクス占領のタイムスケジュールは高いレベルでクリアできた。
ただいつもの如く前半で時間ぎれになったのでvP上の勝敗的なものは
まったく掴めず。

ムツェンスクのシナリオ1を2回やった感想。
システムの習得のための練習シナリオみたいな感じ。
ソ連はスタックで守りオーバーランに対抗するか
ユニットで守って浸透に対抗しつつ、速やかに撤退。前進守備は破綻を
はやめる。抵抗しても序盤のvPヘクスは失うので強化ポイントであって
も開き直って無血放棄してユニットの温存もいいのかも。
ドイツはいかに一本しかない補給路を伸ばすか、戦闘せずに部隊を下げさせるかとなる。いかに機動シークエンス、オーバーラン、機動CRTが使えるかですかね。
もっと詳しい解説は是非とも鮫さんのブログて。

コメント

illusions of glory 2018-02-18 千葉会

2018-03-03 14:23:06 | 第一次大戦
うちの嫁がいうには
「あなたのゲーム関連の知り合いはみんな眼鏡をかけているので区別がつきにくい」らしい。
まあ確かに多いわな。このブログを見てくださっている方の中にも
近視の方が多いと思いますがここで質問。
さて近視は病気でしょうか。病気じゃないでしょうか?
近視の治療には保険がきかないので病気ではないという
意見もありますがワタシは近視は間違いなく病気だと
思います。それはそのままにしておくと悪化するからです。
では、近視という病気は最終的にはどういう状態になるでしょう?
近視の方は最終的には100%失明します。
でも俺のまわりて近視で失明した人なんて聞いたことないよ、というアナタ。それは失明する前に皆、絶命しているからです。(韻をふんでるYO!)
人間の眼というのモノを見る道具であって実際は脳かモノを見ています。入ってきた映像を水晶体というレンズでピントを合わせ網膜というスクリーンに写しその信号を脳に送って脳か見たモノを感知するわけです。その時近視の人は網膜でピントを合わせることができずに網膜の前でピントが合ってしまうので網膜に映る時にはピンボケになるというのが近視の原理です。
で、ここからが問題なんですが、人間のカラダというのはスゴいもので合わないピントを合わせようと網膜を焦点に寄せてしまうらしい。
網膜剥離です。これで失明してしまう。
特に強度近視(0.1以下)や幼少期から(近視になってから40年以上)近視の方は絶命する前に失明する危険性が高いそうですので要注意。
ま、信じるか信じないかはあなた次第。

そんな中今回プレイしたのはGMTのIllusions of glory。
2回目の対戦プレイでお相手は西新宿鮫さん。
CPを担当。まあこのゲームでCPがめざすのはロシア革命になる。
革命にいたるまでのプロセスはいろいろあるが、ロシアのvPスペースを
占領し国家戦意を下げるのが当面の目標になる。ワルシャワ近辺の突出した3つのvPスペースを狙う。オーストリアはロシア方面では攻撃を受けつつ後退。バルカン方面ではセルビアを攻撃し崩壊させる。
その間ドイツは戦力を整えるべく増援カードをプレイ。バルカンが落ち着いたのでvPスペースの守りと上陸侵攻の備えを残しオーストリアもロシアへ矛先をむける。こうなるとロシアは辛い。
パスグロではドイツの東部戦線での攻撃を英仏が
西部戦線で攻勢に出ることにより牽制できたがこのゲームでは
それができない。牽制するとならばバルカンとイタリアだがイタリアは参戦はしたもののオーストリアにおさえられ、バルカンはカードの使用ミスでAP陣営は海上作戦がとれずにいた。
ブルガリアも参戦し、後はロシアVPスペースを抜くだけなのだが
これが抜けない。厳重な地形に守られている(要塞+塹壕+水障害はキツい)なのか攻勢が下手なのか。
しかしここで大問題発覚。オーストリア軍の薄灰色のユニットをロシア軍の白色と見間違え敵の軍隊だと思っていたのだ。
ワタシは近視の上に老眼でもあるがもう一つ目のトラブルを抱えていて
濃淡の淡、つまり薄い色が見えにくくなって困っている。
特にマップ上のヘクス番号は邪魔にならない様にわざと薄く書いてあるので全然見えずとにかくセットアップで苦労している。
一般的な白地に黒文字というのも黒文字の薄さによっては見ずらく本や
ルールブックを読むスピードも遅くなった。
一番見やすいのは黒地に白文字でユニット全部がSSユニットだと
視覚的にも戦力的にもありがたい。(一次大戦ならストストルッペンか)
まあそのあたりのことも書いてある西新宿鮫さんのブログも御覧ください(例によってリンクなし)

まだテストプレイ中のようなゲームという評価も納得できますが
決してつまらないとか破綻しているということはありません。
戦略の大筋もあっていると思うし(前作のPursuit of gloryは4回くらいプレイしたあと戦略の見当違いにうっすら気づいたがその後プレイする議会なし) 
まだまだやりたい(特にラストまで)んだけど.Yagiさんも
鮫さんもお腹一杯というかんじ?
まあ皆さん、眼だけは大切に。
コメント