金吾激闘記~違うぞ!金吾

シミュレーションゲームの対戦記録を中心とした
つれづれごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

 UKRAINE43 5/5 越谷

2012-05-28 08:27:14 | UKRAINE 43
そうですか。ワタシを関白に。ニヤニヤ。
そんなこんなでGWのラストはへぼへぼさんとUKRAINE43の続き。
最近お忙しいへぼへぼさんは実に久しぶりのゲームとのこと。
前回6ターンまですすんで今回は7ターンから。
盤上のイメージとしては北方は中央正面軍が前進しはじめたのでそろそろと後退。
南方はタガンログをまだ保持しているので少し余裕ありだが中央の突破にあわせてこちらもドニエプルへむかうタイミング。

そんななかハリコフーポルタワ間で主力の打撃軍が後ろに下がってできた薄い歩兵戦線の近くに砲兵がまとまっているのを航空偵察。これはやるべきでしょうと装甲軍団集めて攻撃するもしとめられず。一旦はあせりまくったへぼへぼソ連軍だがこの砲兵が攻撃されたショックで覚醒したらしく、オレは損害を恐れていた。消耗してナンボの赤軍じゃいと大反撃。打撃軍2スタックでドイツ装甲軍団を攻めマグニチュード3のジューコフつきで5:1の戦闘比を立てる。ひえー。ダイス目もよく3ステップの損害。タイガーがExの優先損耗以外でとんだの初めてだよー。
こうなるとそこに砲兵をあつめたのは実はワナなんですよと言い出す始末。
はいはいそういうことにしときましょ。そろそろ撤退の時期と見ていたがこの敗退で
全体でさがりはじめる。この撤退中に戦力回復を図りつつ目指せドニエプル。

終わってからいつものごとく居酒屋。
話がもりあがって店をでたとき時にはすでにスカイツリーラインの上りは終了。
ふっ越谷の遠さをなめたらいかんぜよ。松戸までタクシーで帰ると15000円くらいですよといわれて帰るのを断念したへぼへぼさんウチにお泊り。
泊まりといっても布団もしかずコンビにでさらに酒をかっての板間ザコ寝ですが。
そうだよへぼへぼさん!やっぱりALL QUIET ON THE WESTEN FRONT?を次回やりましょうよ。
コメント

WAVE OF TERROR 5/4 YSGA例会

2012-05-06 09:38:29 | アルデンヌ
今年のGWはでかける予定がなくミドルの有志がYSGAの例会にでかける
というのでワタシも参加させてもらいました。

ゲームクラブの雄YSGAにお邪魔させていただくのは初めて。
まあとにかく遠いですから。スカイツリーラインーメトロ日比谷線ー東急東横線と
乗り継いで約2時間。開港記念館といういかにもヨコハマらしい会場。

最初は3,4と両日参加の予定だったのですが3日に仕事が入って4日のみの参加。
プレイするゲームは再販なったウエイブオブテラー。3日のみの参加となったSAMさんの
後を引き継いで連合軍南部を担当。連合北部がAZATHOTHさん、ドイツ北部が庭猟師さん
ドイツ南部がゴリ子さん。

で到着してマップを俯瞰していると
「前任者からの伝言です。金吾さんごめんなさいとのこと」
ああそうですか。いきなりそうくるか。まあぼちぼちやりますよ。
ワタシ以外の3人は昨日も丸一日みっちりWoTをやっているので暖機も充分。対するこっちは訓練も不十分の新兵。パットンばりの反撃をみせてやろうとユニットを動かすも
ああZOCがないからこれ補給ぎれにならないじゃんとかそんなマグニチュードみたいな新ルールがあったじゃんとかでユニットが飛ぶ飛ぶ。こっちの担当分1日で31ユニットとんだよ。

飛んだ分だけ増援がやってきてなんとか戦線まがいのものを維持。補充がないのでドイツもステップロスユニットばかりで意外と苦しいのかと思っているうちに時間切れ。
とりあえず点数計算したら比率がドイツの1.54ぐらいでドイツの戦術的勝利。

ウエイブオブテラーの価値はフルマップ2枚のゲームがルールが簡単なので
手軽にできるところだと思います。再販売れてるみたいですね。

終わってから近くの居酒屋で吉川龍虎先生処女作発表パーティ。
テーブルのメンバーが庭猟師さん、西新宿鮫さん、吉川先生、ワタシだったもんで
また関ヶ原の話ばっかりしてた気が。途中で帰ってすみません。なにしろ越谷は遠い
もんで。


コメント (3)

ROADS TO LENINGRAD 4/30越谷

2012-05-01 13:19:39 | ROADS TO LENINGRAD
おっもうふかひれすーぷが更新されている!
月曜休日の30日に鮫さんに東武伊勢崎線改め東京スカイツリーラインにてまた越谷までおいでいただく。しかし東武鉄道もスカイツリー関連は必死ですよ。
もともとの業平橋駅が東京スカイツリー駅になったのはいいとして(でも業平橋も吾妻鏡からくる由緒ある名前ですよね。玉ノ井も東向島になっちゃったしそのうち曳舟も東京スカイツリー西とかなっちゃうんじゃないの?)スカイツリーラインはなあ。せめて浅草ー北千住間くらいならわかるんだが草加とか越谷とか全然関連ないし。

対戦はボリスのROADS TO LENINGRAD。
もうかなり前からやりましょうといってたゲーム。意外と所持している人は多いんだけどなかなか対戦までいかないゲーム。ワタシもかなり昔に今はなき篠原さんと一回だけ
しかやったことない。印象はとにかくオーバーランをバンバン。41年なんで装甲車とか自転車とかでもオーバーランしまくるという印象。

LENINGRADとあるがRENINGRADは全然でて来ずその前段階のソリツィでの戦闘。
ドイツは精鋭の快速部隊、ソ連は鈍重な歩兵部隊という構成がベースで
激マン、最マンのようにチット引いて動ける部隊が決まるけど独ソとも自分のチット
だけから順番にひくので片方だけが連続して行動することはない。ないんだけど
ドイツは第8装甲師団と第3自動車化師団の部隊数が多い2つがチット2枚でつまりターンに2回行動できるのに対しソ連は部隊数が少ない師団が多い上にチットが1枚しかないのでソ連がモタモタ行動している間にドイツが席捲する感じがよくでている。
ただソ連も増援がでてくるのでドイツも快速部隊が変に捕捉されると苦しい。

全体の5ターン目にあたる15日AMターンまでで時間切れ。
ドイツの攻勢がひとまず一息ついてソ連の反撃をどう捌くかというあたり。
鮫さんはソリツィ占領で一旦止ったけどソ連側としてはまだまだガンガン前進されていた方が怖かったかも。包囲されるのが怖いといってましたが歩兵はZOC侵入で停止ですが快速部隊は+1移動力でZOC-ZOC移動もできるユルユルZOCなので心配ないと思います。

戦闘時のサイコロ振りやDRM修正が多いのでとっつきわるいけど慣れれば苦になりません。面白いゲームだと思います。ボリスはシチリア侵攻作戦(CMJ/GMT)も面白いし
BARBAROSSAもやりたいなあ。


コメント