金吾激闘記~違うぞ!金吾

シミュレーションゲームの対戦記録を中心とした
つれづれごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DRIVE TO THE BALTIC 10/25ちはら会

2009-10-28 10:08:02 | DRIVE TO THE BALTIC
正月以来ちはら会へお邪魔する。
決して地の便のいい所ではないのに毎月例会を
開催されるMITSU様ご苦労様です。
今月は本家千葉会より参加者も多く
来月はひょっとしたら無料例会にできるかもとのこと。
盛況でなによりです。

でドラバルを対戦。
コマンドに作戦研究まで掲載されたYAGI師匠に序盤からの
流れを教わりに。
ソ連担当。左翼のドイツ第3装甲の対処が甘くするすると逃げられる。
全体的にユニットの拘束が甘くユニットを逃がしすぎの指摘。
前回SAMさんと対戦したときに思った<心が折れても攻撃>を実践し
リガストランド付近の海岸線が見えたとこまでいったが離脱したユニットに
しっかり戦線張られこりゃだめだろうと5ターン投了。
まあいろいろ教えていただきました。ありがとうございます。

早投了で少し時間が余ったのでYAGIさんがソ連担当して1~2ターンやって
みたがこっちはもうまるでダメダメ。快速部隊に縦横無尽に走りまわられ
前線ほとんど補給ぎれ。このゲームはユニットが移動したへクスは支配下になり
そこにはもう補給線が通せないし大河川も橋梁のところでしか通せないので
あっという間に補給切れになるのだ。

そうそうYAGIさんは常に補給きることを考えてるんだっけ。
昔、貴乃花(当時貴花田)がテレビのトーク番組に出ていたとき
子供のころはどんな子供でしたか?という質問に<小さいときから相撲の
ことばかり考えていました>という答えをしたら
やはりゲストだったおすぎかピーコのどっちかが<小さいときから人のフンドシ
つかむことばかり考えているなんていやらしい子供ねえ>と言い放ったのを
思い出した。YAGIさんも小さいころから人の補給をきることばかり考えていたに
違いない。いやらしい子供ねえ。








コメント (3)

DRIVE TO THE BALTIC 10/12越谷

2009-10-13 10:52:56 | DRIVE TO THE BALTIC
最近の日本人は休みすぎじゃないですかね。この前のシルバーウイークが終わったと思ったらもう3連休ですよ。あの祝日と日曜の間が休みになるなんてオセロみたいな法律のおかげで祝日のありがたみがなくなったような。中学時代の友達に藤田成人(なりと)君っていたんですがそれは彼が成人の日生まれだったからなんですがもう理由がなくなっちゃいました。たぶんそのうちクリスマスも祝日になって天皇誕生日とくっついて3連休になるね。
で何が言いたいのかというとうちらみたいなサービス業、営業は祝日が増えても忙しくなるだけで休めねーんだよということです。
3連休なんて正月にとった以来ないよ。

で方々で例会華やかに開かれてますがいけないのでやや同じ境遇にいるSAMさんを
例の拙マンションのスタディルームにつれこんでドライブトゥザバルティックをプレイ。
YAGIさんもどこかで書いてましたがC31システムの連作期待してたんだよな。東部戦線だし。でもい今このシステムって絶滅しちゃいましたね。どうですか龍虎さん、このシステムで新作前九年後三年の役あたりを。

でSAMさんドイツ軍。私赤軍担当。コマンドの付録ででた時分に2~3回やった記憶があってルールもよみかえしたんですがかなり間違ってプレイしていた。一番の
問題点は戦略移動したユニットが敵ZOCに入って同セグメント中に戦闘していたこと。戦略移動のスタートが接敵してたらダメで終わりは接敵しててもいいように
勘違いしてました。ターンが進むうちにルールとプレイ方針を思い出していくのに
攻勢は頓挫していくというつらい展開。スナフはしょうがないにしてもサイのかたよりもすごかったなあ。ほとんど7以下でしたよ。
それでもリガが望めるとこまできたけど6ターン時間切れ。リガもリガストランドもとれるけど増援に蹴散らされるという感じでしょう。

鮫さんのブログみたら次はコレだみたいなこと書いてあったし噂によると某有名ブロガー(気鋭の新進ゲームデザイナーでもある。早く○越夜襲商品化してくださいよ)もやりたがってるらしいのでちょっとミドル内ではやるかも知れません。

ひとつ質問なんですが戦力の倍化も重複するんですかね。たとえば戦車ボーナスを持つ攻撃力3の旅団戦車ユニットが対歩兵の包囲攻撃に参加してソ連邦英雄のチットをつけたら3X2X2X2で24戦力でいいんでしょうか





























コメント (2)

THE LEGEND BEGINS 4TH 9/23越谷

2009-10-13 09:51:12 | THE LEGEND BEGINS
今のマンションに住んでから7年くらい経つがマンションの1階に住民に共用スペースがあるのを最近知った。その中にスタディルームという部屋があって20畳くらいの広さにパソコンのラックみたいな机がならんでいて真ん中に大きな机が置いてあった。この大机がフルマップ2枚くらいおいてもまだチャートも置けますよというくらいで最近重宝している。一応自分の部屋はあるのだがとてもマップをひらいてソロプレイができる雰囲気ではないのでたまにそこでソロプレイをしている。
管理人に届けないといけないので深夜などには使えないが共用スペースなのにほかの住人にあったことがないので対戦もできるだろとへぼ2さんに来てもらいレジェンドの続きををプレイ。

前回かなり押し込まれて戦線がFuka~El Alamemまで来ている。未だバルディアもトブルクも守っているが両方とも包囲されているので戦線を打ち破りバルディア、トブルクを開放するクルセーダー作戦が今回のテーマ。しかしエルアラメインから始めるクルセーダーってどんだけ進めばいいのか。

DAKは1ユニットしかない88ミリをバルディアの機甲師団包囲に使っていてエルアラメイン付近の中心戦力はアリエテ師団を中心としたイタリア軍。これに前線に到着したドイツ15師団をふくめた3グループ構成。南は崖に守られ迂回できないのでこの3グループを正面撃破するしかなく、全部が強ZOCを持っているので一個を牽制の低比率攻撃にあて(ほとんどの場合インド師団があてられた)残りの全力で15師団をたたくという方式でいったんだけど、装甲値の逆修正もあって1.5:1か2:1で撃退含みのサイを振り続ける。マグニチュードは3とか4になりドイツ軍の戦術優勢でサイの振りなおしはあるしだったが運よく撃退サイがでなかったので攻勢を続ける。
ただ損害も半端ではないのであと一押しで15師団敗走というとこまで押しながら損害の多さにビビッて弱いイタリアを攻めたり攻勢を一旦躊躇したすきにうまく立ち直られてしまった。へぼ2さんもあそこが一番苦しかったと」いっているように自分が苦しいときは相手もくるしいんだよなあ。

トブルクはまだ落ちてないが外郭陣地は陥落したのでイタリア歩兵が東上してきた。
苦しい。この時期におよんでまだユニットの撤退はあるし。しかも飛行場が全部枢軸の手にあるので輸送の失敗がほとんどないのが大きいな。

41年のSEP1まで終了。全体でいうと25ターン目。史実だとこれからクルセーダーですね。
 
コメント