金吾激闘記~違うぞ!金吾

シミュレーションゲームの対戦記録を中心とした
つれづれごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

PURSUIT OF GROLY  6/16 千葉会

2013-06-24 17:45:44 | PURSUIT OF GLORY
千葉会にお邪魔してYAGIさんとパシュグロ。
カードドリブンは好きなジャンルなんですがなかなか相手が見つからず。
ミドルでカードドリブンをプレイするといえば鮫さんと麿支部長くらい?
ましてやこのパシュグロはけっこう細かい特別ルールが多くて対戦予定を
きめてからちょっと準備期間が必要。

陣営はまたまたAPをやらせていただく。
というかCP側の研究まで進んでおらず。

今回は
①海上進攻はサロニカのみにして後は通常増援でだす
②ロシア革命を遅らすためにロシアでVP都市を取りに行くとともにロシアLCUユニットを積極的に作る
③部族はしょうがないとしても地域蜂起がおきないようにジハードレベルを保つ
あたりを思ってスタート。
中立ギリシアを攻撃して相手陣営にやってもアテネの支配をとって補給をつなげるというのも
考えてみたがギリシアは崩壊しないうえに再建はギリシア国内ならどこでもOKなので手をださないようにする

前半は何回かやった経験でうまくまわせたが中盤以降がまだまだで結局CPに押し切られる。
会場オープンからスタートして21時までプレイして最終ターンまで行き休戦の結果CPの実質的勝利だった。
後半とにかく最終ターンまで行くために駆け足的なプレイになった感もあったが両陣営とも手詰まり感があったのも事実。
それでも最後までやれてまた研究材料が増えた。

いままでのプレイで感じたAP側のゲーム方針
ペルシャ方面 
SRなどで兵力を集め何回もグダット方面を狙ってみたが厳しい地形と部族にはばまれバグダット進攻はほぼ不可能。
ロシアを南下させ中立ペルシャのVPをロシア支配にしてその後そのスペースの守りにつくのが良しか。
地域の防御もかねて。
バルカン
意外とゲームのKEYエリア?ブルガリアとルーマニアのどちらが先に参戦するかで
展開がけっこう変わってくる。ルーマニアが先に参戦できれば準備ができる。
ギリシアはカードによる参戦はまずありえないのでサロニカから上陸した英仏がカギ
シリア パレスチナ
ここもガザを力押しでぬくのはなかなかむずかしい。特に塹壕無効のCCカードが使用後除去カード
なので攻勢が1回頓挫すると厳しい。上陸侵攻、アラブ反乱兵との組み合わせ
上陸侵攻
上陸侵攻はやるやるとみせかけて守備兵を拘束するという考え方もあるが実際上陸侵攻されたほうが
CPはいやなんじゃないかな。やるとするならCPがSRした後とかいろいろ考えることはまだありそう。
上陸進攻をしないと戦争状態のあがりが遅くなる。今回はLIMITEDもTOTALもCPに先に入られた。

とにかくAPはロシアの脱落を遅くすることが第一。ジハードレベルの上昇による部族地域反乱を注意。
恒に戦争状態を先行させつつTU-Aの弱体化をねらう。

まだまだこれからですな。




コメント

パウルス第6軍 5/26ミドル例会

2013-06-02 17:18:05 | パウルス第6軍
普段参加させていただいているサークルはミドルアース東京支部と千葉会の2つ。
両方とも良き対戦相手に恵まれ非常に満足しております。
その千葉会の主宰をされているのがYAGIさんこと岩永氏。
酒のハナシではいろいろあるようですがことゲーム関連ではリスペクトしております。
まあ酒のハナシでは私もあまり人のコトは言えないし。
しかし最近の若いヒトは飲まないねえ。
量を飲まないというのもあるけど飲みに行く機会ももたないという感じ。

前の仕事では若いバイトの人も職場にいたので飲みに誘うと
最初から「カラオケに行きましょう」とか言う。
カラオケなんて普通居酒屋とかで飲んだあとだろというと
「だってアルコール入ったら歌がうまく歌えないじゃないですか」
ま、そりゃそうかも知れんが。
だから飲んでハナシもあんまりしないらしい。
「だって普段話してますし」
そりゃそうなんだけど。飲んだ席でしかしないハナシもあるだろう。
例えばOKH(陸軍総司令部)の最大の失敗はとか直江状ってホントはなかったらしいよとか。
皆さんも酒の席でそういうハナシしますよねえ?。あっしませんか。

あとこういう子もいた。
「お酒飲むと酔っぱらうじゃないですか。それが嫌なんですよねえ」
ま確かにアルコールが入ってくるとだんだんグダグダになってくるけど
それがいいと思うんだが。酒が入って酔わなかったらそれこそ長屋の花見だよ。
坪内祐三に言わせると酒を飲み続けた男の顔は最終的に全員バカボンのパパみたいな顔に
なるという。まあだらしない顔になっちゃうわけだ。
それでいいじゃないですか。おれは飲み続けてバカボンのパパになるよ。
「バカボンのパパに・・俺はなるっ!」←ルフィの声でお願いします。

ハナシがだいぶそれた。
そのYAGIさんが千葉会のブログでGWにプレイされたフラットトップの記事を書かれていた。
それを読んでやっぱりキャンペーンはいいねと思う。
あの記事のすばらしいところは最後までプレイしてきっちり勝敗がついているところで
それがあるから日米両陣営に満足感があるわけだ。

それでこっちも勝敗がきっちりつくまで記録をとってやるということで
再び庭猟師さんとパウルス第6軍。
「らっきー!スターリングラードができる。これをわれわれの業界ではらき☆すた
という。グラッチェ」←ケーシー高峰の声でお願いします。

陣営は前回と一緒。
少し研究してみて
①HQと補給物資については攻撃参加兵力が減少しても守備重視
②ハイオッズで攻撃するより包囲にとどめる
③戦闘より前進して河、大河にとりつく。

3ターンまで進んで時間切れ。
①~③については概ね守れた気がする。記録とる。
1GAと5TAでチル川にとりつきつつカラチをめざす
進みすぎて戦車軍団2ユニットの補給が切れてますが大丈夫?

ゲームのハナシでなく酒のハナシばかり?
すいません日曜の夜でバカボンのパパ化しているものですから。








コメント