Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

にっぽん女優列伝(164)大家由祐子

2020-02-08 00:10:00 | コラム
71年8月9日生まれ・48歳。
高知出身。

公式プロフィール

ずっとずっと、大家(おおや)さんだと思ってました、大家さんごめんなさい!
という大家さんの読みは、大家由祐子(だいけ・ゆうこ)さんでした。

「中期」北野映画の常連さん。
ピンときやすいのは『キッズ・リターン』(96)の、気弱な学生が恋心を抱く喫茶店のウェイトレスでしょうかね。



このころの・・・というのは表現としては好きじゃないのだけれども、ほんとうに、このころの北野映画は、ワンショットワンショットに、映像の力が漲っていた。



<経歴>

17歳のころ、『美感少女コンテスト』(フジテレビ主催)でグランプリを受賞する。
平成に入ってからの『オールナイトフジ』(フジテレビ)の司会を務めていたので、自分の世代はなんとなくその時代を覚えているかもしれません。

映画俳優デビュー作は、前述した『キッズ・リターン』。
北野映画のヒロインですよ、これほど幸運なデビューはそうそうありません。

以降も北野映画に連続出演し・・・

『HANA-BI』(97)では殉職した刑事の妻を、
『菊次郎の夏』(99)では少年の母親を好演、
『Dolls』(2002)や『座頭市』(2003)にも顔を出しています。

ので、北野映画ファンにはよく知られた存在です。

逆にいえば。
北野映画を除くとキャリア的に弱く、ゆえにあまり知られていないのですよね。

『D坂の殺人事件』(97)、『ラストシーン』(2002)、『君のままで』(2003)、『シルバー假面』(2006)、『茶々 天涯の貴妃』(2007)、『14才のハラワタ』(2009)くらいですもの。




一般のかたと結婚したようで、テレビドラマにはちょっとだけ顔を出すものの、映画には10年以上出演していません。

北野映画を観返す度、あぁ大家さん元気しているのかな、、、などと思っています。

って、ほんの少し前まで、大家(おおや)さんだと信じて疑わなかったのですけど笑笑

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『にっぽん女優列伝(165)平愛梨』
コメント