♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

新しい技

2018年02月15日 | 
           大根煮る最新時短も母の味


         (だいこにるさいしんじたんもははのあじ)


昨夕は タラと豆腐で 鍋をしました
どうしても 大根おろしは 必須アイテムです
主人に一っ走り買って来てもらいました
上半分カットので ええよって言ってあったのに
1本まるまる買って来てしまいました

今日は お揚げと煮ようと思っているところに 
今朝 kebaさんの記事に再び 彼女なりの 簡単技が 紹介されていました
以前 冷凍しておくって教えて頂きました
今日は 新しい技を 試してみることにいたしました

     * 大根が 沢山あって食べきれない時は 冷凍し、調理する時 チン
        直ぐ料理する時は チンってことですわね


kebaさんに断りも無く 勝手にリンクはらせて頂きました

レンジで チン
今日の嵩からして 600wで10分
その後 昆布と鶏肉で味をとったお出汁でお揚げと煮ました
食材に味が しみるのは、 料理が 冷めていく間だと云うことです
ただ今そのしみタイムです
お箸で触れると ポロッと壊れるほどに 大根が やわらかくなりました
実家の畑から穫れたての大根を煮たのと 何ら遜色ありません



むかって 左奥にご覧いただけるのは キウィに浸けておいたすじ肉で作った土手焼きです
こちらも 硬いすじ肉が ホロッホロッ
人気の炉端焼き屋さんのそれくらいの仕上がりとなりました
食べる前に白味噌を足して 軽く一煮立ちさせ、葱を散らせます
この煮込んだコンニャクが 好きなんですよねぇ


コメント (14)

菜の花

2018年02月08日 | 
         春を食うちょっぴり苦いは罰の味


        (はるをくうちょっぴりにがいはばつのあじ)


連日の極寒のニュースが 溢れる中でも、ブログ友さんの記事には、
春の味の記事を見ることが出来る今日この頃です

今日関西ローカルで 面白いニュースが あったので ご紹介しましょう
歴史小説で知られる 司馬遼太郎さんです

作品は、読みました
ドラマ化されたものも観ました

もう亡くなられて22年が 経ったそうな

お住まいが 東大阪市にあり、朝 奥様とお二人で ご近所の純喫茶店で
モーニングを召し上がっていたと
仲睦まじいご様子をTVで拝見したことも ありました


東大阪市では、ご自宅の隣に司馬遼太郎記念館が、オープンしています

ご命日は 2月12日
その日が 「菜の花忌」と呼ばれるほど 菜の花が お好きだった司馬さん

今月1日のこと
ボランティアの方が 記念館の周囲に菜の花を 飾って命日を迎えんとするばかり
ところが、その菜の花、 蕾の所から切り取られてしまっていたのです
その数なんと 770本
確かに 蕾の所が 美味しい

犯人は誰だ


何にも考えない 大阪のおばちゃんの お腹に入っちゃったんでしょうか ?
それにしても 770本

冷凍して 何度にも分けて食べるんだろうな


一度ボツになった写真を 取り出してきてのupです


春の味の多くには 苦味や えぐ味が あるものです
お前たち 人間は 植物の命を食べているんだぞと 思い知らされているように感じる



 
コメント (16)

寒仕込み

2018年02月02日 | 
          寒仕込み味噌材料は間に合わせ


       (かんじこみみそざいりょうはまにあわせ )


先日、ようさんのブログで おから味噌が紹介されていました
材料も揃えられそうだし 「寒」だし 作ってみようかな

ところが いざとなると 使い慣れた麹も 肝心のおからが、スーパーでは
見つからない
この「うの花」でも 大丈夫かしら
田舎のスーパーだと あるんだけど

ダメだったら コチジャン風に アレンジするとして

厳密に”寒”仕込みになるかどうか 微妙なスケジュールです


 「麹」と「糀」
レシピには 米麹とあります
糀では あかんの ??
「麹」は米、麦、大豆 全般で 出来た麹
「糀」は 米で出来た麹だそうです
これは 問題なさぞう

味噌作り スタートから勉強し直しだ




恐るべし キウイパワー
先日 TVから (だったと思う)
「固いお肉もおろしキウィに漬けておくと やわらかくなる」って聞こえて来ました


実験的に 焼肉用の肉を 漬けこんでみたところ
感動的にホロホロに

そして 豚肉の場合は ??

と 煮豚を 作ってみることに

一晩 おろしキウィに漬けて置いた
焼く前、漬け汁(うまみ醤油 葱、ショウガ)に暫し漬けこむ

ブロック肉の周囲に焼き目をつけて
そこへ 上記の漬け汁酒を加えます

圧力鍋も使わず 火が 通ったところで ガスを止め
そのまま 放置

ホロホロの煮豚が 出来ました


リンゴや 梨でも 同様の効果は 得られますが、キウィの効果は 絶大です





もう2月
税金の仕上げをしなければ なりません
マイナンバーを記入する枠が、あります

当市の場合 区役所の自動交付械で申請書類を受け取れるシステムのカードが、使用不可になり
マイナンバーカードを利用して コンビニで 受け取れるようになります
これって便利になるってこと?
お勤めしている方は、仕方ないか 
わたくし 人生で 後何度 申請書類必要でしょうか 

じわじわ マイナンバーカードを作れ!!ムードが 侵食してきた感があります





コメント (21)

ブリ大根

2017年12月26日 | 
         ブリ大根わたし失敗しないです


       (ぶりだいこんわたししっぱいしないです )


年末 田舎で母を手伝う予定です
先程の電話では、 寒くて買い物に行きたくないって
食べる物あるの ?って尋ねたら う~~ンって悲しい声
野菜とお米は 売るほどあるから飢えの心配はございません
卵とハムでもあれば 何とかなるでしょう
この前缶詰も買ったしね

私は、冷蔵庫の整理です
スーパーで見つけた天然ブリ つい買い過ぎてしまいました
好きなんです わたし
つけ焼きやらアラを大根と煮つけたり
明日も鰤オンパレードになるでしょう

最近 冊で売っていることが あるので 嬉しいです
天然と言っても 氷見のでは ありませんけどね


写真に”しずる感”を出そうと 湯気の立つところを撮りましたが
カメラのレンズが真っ白になってしまいます 
なかなか思うように上手く行かないものです

それに 色が 薄いですが 味は しっかり滲みています


「わたし 失敗しませんから」有名な女医さんの台詞です(TVドラマ)
あの自信は 凄い
わたしなら そんな大口叩いた後は プレッシャーで 夜も眠れないだろうと思う

575:  私の味を習得出来る程 年季を積んだ そんな年齢になったんだなぁってことです
      実家の大根はトロトロに煮あがります
 

北の方では爆弾低気圧で凄い荒れ模様とのこと お見舞い申し上げます

こちらは、天気予報の割に 外に出ても風も無いし・・・なんて思っておりましたら
午後 時雨れて グッと寒くなりました
こんな寒い日は 近所の スパにでも行きたい気分です
風呂嫌いの連れ合いは 家で充分だそうです 




コメント (12)

いかなごのくぎ煮

2014年04月05日 | 
      おんな力見え隠れするいかなご煮


 ( おんなりょくみえかくれするいかなごに )


「いかなご」

皆さんの地方では、何と呼ばれているのでしょう
東日本では、「コウナゴ」、西日本で「シンコ(新子)」。
成長したものは北海道で「オオナゴ(大女子)」、東北で「メロウド(女郎人)」、
西日本では「フルセ (古背)」、「カマスゴ(加末須古)」、「カナギ(金釘)」などと呼ばれる
スズキ目 ワニギス亜目イカナゴ科の魚 とウキペディアにありました

田舎では、春の食卓には、欠かせないものです
子供の頃は、釜揚げのものばかりでした
分葱の酢味噌和えに散らしたり、ポン酢で頂きました
最近は、島の北の方や神戸で郷土料理として、昔から親しまれた佃煮風の物が、ポピュラーになりました

デパートでも、獲れたての物を、予約して購入出来ます

年々、価格が、上がります
今年は、如何かしら
漁獲量も増えたかしら?



写真のは、神戸に住まう従兄の奥さんから頂いた「いかなごのくぎ煮」
解禁になると、各家庭の味の「くぎ煮」が、届きます
実家では、もっぱら頂くばかりです

作るのが、大変なのです
凄い力仕事

大きなお鍋にいかなご1kg程を入れて、水分が、無くなるまで、煮込みます
何せ小さな軟らかい魚ですから、お箸やお玉で混ぜるなど、もってのほか
間で、お鍋の持ち手を持って、バッサ、 バッサと上下を反すのです
(調味料の割合に関しては、お好きなレシピを、お探し下さいませね)

私は、おろし生姜の利いたちょっと甘いくぎ煮が、好きです
   
長さ10cm程の大きないかなごを、火でさっと炙って食べるのも乙なものです
生姜醤油で如何でしょうか?
コレステロールを心配しなければ、ならない人には、数量制限ですよ




お蔭さまで、姑は、今の病院を退院の後、系列の介護施設に
お世話になることが、出来るようです
あくまでも、予定ですが
認知症が、ございまして、聞き分けもなく、今でも、身体に繋がれて
チューブ等を引っ張り剥がすのです
むっくと上半身を起こしたりも致します
   腹筋のリハビリをなんて、トレーナーが、いらっしゃいますが
   そんなリハビリは、必要では、ありません

胃瘻からの栄養補給も未だ、安定しておりませんの、自宅での
介護は、無理だと思われます

姑には、寂しい処遇ですが、安全と云う点では、安心出来ることです

週末のビックリ:

     病室に居るとERのユニホームを着た女性スタッフが、入ってこられました
      何ごと
     「おかあさんに、良くない事でも ??」 
     姑は、爆睡しているのに・・・

     新人さんで、外来の患者さんの手当てが、早く終わったので
     身体をきれいにするナースのお手伝いに来ましたって
     
     な~~ぁんだ

     ああ、ビックリした



例年なら、近所のお花見だけですが、今年は、電車の窓からも、桜を楽しんでおります
病院への道沿いの公園でも、満開の桜を眺めることが、出来ます
お花見スポットを幾つか、新しく見つけました



公園の寒緋桜
これだけは、時間をやりくりして見てきました


コメント (10)

温かいスープ

2014年02月25日 | 
      春日向大窓からも三歩退き


 ( はるひなたおおまどからもさんぽひき )


飛んでいますよ~~
PM2.5

病院の休憩室からの眺めです
大阪湾を向いています
いつもなら ATCのビルは、もっと鮮明です
高速道路を走る車の影も見えるのに
冬の風のある日は、六甲山系の山並みも見ることが出来ます

天気予報では、大量のP.M.2.5が、日本に流れてきているって、報じていました

こんな空を見ると、それだけで喉が、イガイガしてします
目もショボショボ 

ところで、昨夜、一昨夜の夜空が、きれいだったのに、気が付かれましたか ?

姑は、元気になりました
昨日は、シャワーを浴びせさせて頂きました
ちょっと笑ったりもするようになりました

今日は、一気に気温が、上がって、窓の傍は、眩しくて暑かったです





先日、近所の量販店のセールに行きました
石臼式ジューサー、値段が、下がっているかな  ?
未だ、決心はつかないのですが

実際、ジューサーよりミキサーでスムージーを作る方が、多いのです
ジューサーって、繊維質を捨てちゃう(料理に、混ぜても使えますけどね)でしょ
勿体無くて、柑橘類を絞るくらいしか使いません
冬は、寒くてジュースなんて、飲みたくもないしね

店頭では、問題のジューサーに並んで、スープメーカーのキャンペーン中
ポタージュもお粥も出来るって

夏は、今あるジューサーとミキサーを使うとして
寒いシーズンは、これで暖かいスープ、ポタージュを作るのも手だわね

暖かいスープ、ホッコリしますよね

ミキサー機能も、あります

想定外、ジューサーじゃなくてスープメーカーを買ってしまいました


連れ合いは、ジャガイモのスープが、好き
最近、コーンポタージュにも目覚めました  今頃  ?

圧力鍋で、作りますが、 
ブログの記事を書いている間にポタージュも、出来るってそそられますよね

  今は、姑の付き添いに行くので、時間が無くて
  ササッとクッキングになってしまっております
  ゆっくり根菜類を使うことも、減ってます


小さく刻んだ野菜、スープの素を入れて、スープ or ポタージュのボタンを押して
スタート、気が付けば出来上がっています 
  一度 Onしたらこのメーカーを信じて、お任せです

途中、自動的にミキシングが、かかる
ガ、ガ~ッってすごい音が、します

お味は、その後、お好みで、仕上げます
*:お肉や鶏肉は、入れられませんが、ベーコンは、カットして、最初から野菜と一緒に入れられます

時間が、出来ると、作って冷蔵庫に保存
(一度に四食分くらい出来上がります)
小腹が空いたり、ホッコリしたい時、チンして頂きます
勿論、小鍋で温めるのが、更に良し

 仕上がり後、お好みで、ミキサー機能を使って、更になめらかにも出来ますが、
 熱いと、中身が、ボコボコして火傷しそうだから要注意

お味にコクが、物足りないかな?とも不安でしたが、そうでも、ないです
島の名産物の玉葱、芽を出し始めたのが、ありますから、それを贅沢に使います
こってりしたい時は、メルティングチーズを溶かしたりします 

 な買い物でした

本当はね、介護でいつか必要になる日もあるかもしれないと思ってね
今日のポタージュは、ジャガイモ、ニンジン、玉葱です



コメント (8)

便利グッズ

2013年12月03日 | 
      約束の人まだ来ずや冬日和


 ( やくそくのひとまだこずやふゆびより )


ひまわりさんが、以前パウチ入りの塩麹を記事にupされていました
同じものでは、ありませんが、スーパーで見つけたのを、使ってみました

お弁当に入れる鮭
焼く前にちょと塩麹をからめると、時間が経っても、身が、硬くなりません
生の鮭酒や、甘口のものなら、前日の夜、仕込んでおけば、
ほの塩が、効い
自分で作るより、塩分少な目かなって思えるので、最近は、もっぱら
これを利用しています



それと、もう一つ、便利に使っている「パン粉付けが、楽になるカツ揚げ粉」
余り、揚げ物をしない我が家です
量が、少ないので、小麦粉、溶き卵を普通に用意すると、余って不経済
だから、カツを揚げることは、滅多にありません

この水で解いて使う粉は、少ない量、お弁当に入れるくらいの量でも
揚げる事が、出来ます
水と粉の配分を軟らかめにすると、パン粉の量を少なく出来るので
カロリーダウン出来ると、自分では、感じています


大阪の串カツ屋さんでは、大きなソースの容器が、カウンターに置いてあり
「ソース二度つけ禁止」で、皆、それを使い回しします
ざっくり千切ったキャベツは、おかわり自由です


ちなみに、上記の塩麹シリーズに自然な甘さの「塩麹ジャム」があります
お味は、本物の甘酒(麹から作ったって意味)の塊って感じかな



ところで、皆さまのブログ、編集ページは、平穏ですか?
もうわたしは、凄くショックなことが、ありました
編集画面の「あなたのブログに関連するかも」ってブログの紹介で
とんでもないブログに出会ってしまいました

この歳になって、あんなもの見せられるとは、思ったこともござんせん 

こんなブログとわたしのブログのどこに関連があるのよ  って

それで、勇気を出して Gooにクレームを送りました

今日は、「あなたのブログに・・・」の枠が、消え、その嫌なブログの
痕跡も消えて、すっきりしました
この枠が消えたのは、私だけ??



約束の人、配達の人、やっと来ました 
「忘れてた」って
 ちょっとね
勿体無いお天気でした 






コメント (10)

秋の京都 その2

2013年11月11日 | 
      都路の味や深まり柿落葉


 ( みやこじのあじやふかまりかきおちば )


今日は、京都で頂いたお食事をご紹介しましょうね

八坂さんから歩いて3分ほどにある料理旅館でお昼を
いただきました。

広間で30人ほど、それぞれグループに分かれて
京懐石を頂きます

こんなに美しく盛り付けられるお料理、日本の他、何処の国にあるでしょう
芸術的です

料理って、科学であり、芸術であり



前菜:

さすが、京都の盛り付け
秋らしい食材とレイアウトです
なかなか こんなにきれいにはできません、素人のわたくしには

柿に見えるのは、サーモンで作られています

ナマコの霙和えの赤い器、素敵です

碗物は、蟹のしんじょでした
しんじょは、美味しく頂きました
ちょっとお汁の量が、多くて、それだけで、お腹が膨れてしまいそうでした
(写真は、ございません)





お造り: お刺身は、死後硬直のコリコリしたのより
     少し、身を熟成させた方が、美味しいと思います
     こちらvery

手前、小皿に細い細い千切りの昆布を添えてありました

配膳の女性が「昆布をおたいさんで巻いて、どうぞ」って言います
??
おたいさん
一瞬考えましたが、 わたしには、分かります
が、あちこちで「おたいさん??」って声が、あがります
そうです
「鯛の身」で昆布をクルッと巻いて、召し上がってってことです
お醤油をつけなくても、美味 






合肴は、茶わん蒸し 優雅にフカヒレが、一切れのっています

焼き物: 写真を撮るの失念しました






炊合せ : 手前は、合鴨の治部煮です
      この盛り付けも素敵


後は、もうカメラを持ち上げる余裕も無く  ひたすら頂きました

ご飯は、栗ごはん
デザート、柿と梨でした
どうして、こんなに味が、濃いのと思う程、甘くて美味しかったです

いつも、会食の折、写真を撮りたいのですが、周囲の人に遠慮して
撮れないものです
今回、 私たちは、お部屋の隅
みなさん、それどころでなく、お食事なさっておりました
で、 出来ました 





コメント (8)

大阪の人って塩昆布 大好きなの ??

2013年08月17日 | 

 塩昆布をのせて茶漬けを残暑かな


( しおこぶをのせてちゃづけをざんしょかな )


     贅沢な塩昆布を戴きました
     
     我が家の冷蔵庫に、頂き物の塩昆布が、切れたことが、無い
     ちょっと「お礼」と言うと塩昆布が、集まってくる
     
     連れ合いさんは、好きみたいだから、ありがたい
     けどね・・・

     最近、塩昆布を混ぜ込んで、ササッと一品って流行っているのですね
    
     実家では、塩昆布を食べる習慣が、無いので、 私は、持て余してしまう
     塩昆布、1.5cm角位の大きさだと、味が、濃くて苦手です   

     私は、ふじっ子のゴマをまぶした細切りのが、好き
     お弁当のご飯の上に梅干とこれが、チョコッと載っていると、幸せ なのだ
     今ある塩昆布を食べきったら、ふじっ子を買うぞって、思っていると
     また、何処からか、塩昆布が、巡ってくる

     食事の最後にお茶漬け
     飲んだ〆にお茶漬を好む方、多いのでしょうか
     私、滅多に、お茶漬けってしませんが、
     食欲の無いとき、梅干1個、塩昆布少々、あれば霰も であっさりお茶漬けを
     用意します
     ちりめんが、あれば、言うことなし 
     
     おつまみのさきイカを、5本ほど入れて、約一杯分のお白湯を注ぎ
     出来れば、チンしてお茶漬けにかけると goodですわよ
     いい出汁が、出ます

                                 

  

     達筆の包装紙で包まれたお茶を、戴いた
     どれどれ、なんて書いてあるのか、読めないけど
     ゆっくり拝見と、その包装紙を解いてみると
     お茶に「ぐり茶」ってあります
     「ぐり茶」って何?



         ぐり茶とは、
         冬から春までの長い月日をかけて発芽した柔らかいヤブキタの葉だけを
         集めて作られた、緑茶
         ヤブキタとは、在来種のお茶より早く、4月下旬から5月にかけて
         一番茶の収穫が、
         出来るお茶の木だそうです


     心をこめて、淹れましょう
     いかに高価な高級なお茶の葉で、あろうとも、淹れる人の腕が、
     お粗末だと、お茶は、美味しくなりませんものね

コメント (8)

暑気払い

2013年07月28日 | 

 生ビール独りで飲めるようになり


( なまびーるひとりでのめるようになり )


     夏バテ 
     今のところ心配は、なさそう
     食欲も落ちてません

     先日、スーパーで赤身と脂の割合が、絶妙な国産豚のスペアリブを
     見つけました
     連れ合いさんは、肉の塊が、苦手ですから
     今まで買ったことは、ありませんでした
     でも、あっさりな食事ばかりでは、スタミナが切れますもんね

     レシピも見ずに、我流で、作ってみました、
     2度くらい、お湯でざっと洗って汚れを落とし
     フライパンで全体に焼きめをつける
     次に、肉、お酒、キザラ(砂糖)、黒酢、醤油、生姜を、、
       (唐辛子、にんにくは、お好みで適宜)を
     一斉に圧力鍋に入れ、火にかけます
     2,3度、冷めたり 温めたりを繰り返して
     お好みまで味が浸みるのを待つ
     超手抜きです
       
     骨から身は、ホロホロ外れますし、軟らかくて食べ易いです

     もう、1週間に二度も作りました
     麺類のトッピングにも、利用できます

     写真のビール
     頂き物に文句は、言えませんが、エビスの白い缶は、美味しいです
     出来れば、箱、全部白って無いのかしら? 

     575の気持ちは、また 今度
     今回も難産でした 
     

          
     花を活けてあるドット柄のメタリックな物、実は、ニトリで見つけた箸立てです。
     こんな大きな箸立て、だれが使うの?

     でも、小さな観葉植物の鉢や、花瓶のカバーに
     面白いのでは? と、大きなのを買ってきました
     
     とか言いながら、箸立てとしても、試しに使ってみました

     今までの洗って箸を入れておく道具は、小さなフォークが、穴から抜け落ちたり、
     穴に引っかかって、イライラしていました
     でも、この箸立ては、穴の大きさに工夫されていて
     そんなことは、起こりません
     それに、そのまま、食器乾燥機に入れられます
     箸立て、本来の使用目的にスリムなのを1個、買って来ました

     写真、サイズを間違えて、編集してしまった  
     インスタント・コーヒーの大きな瓶が、ピッタリ入ります

コメント (6)