泣き笑い人生のつれづれに

足をのばせば田舎が一杯。散歩の道すがら見たこと聞いたこと気づいたこと、時には歌などできたら、お話したいと思います。

空高く泳ぐ鯉

2017-04-24 20:12:22 | 自然 お出かけ

 ここ数日、日中は晴れで気持ちいい。

 今日は、暑いくらいで風も春の風、気持ちいい。

 午後、街を流れる川の堤に行って見た。

 案の定、例年通り、多くの鯉のぼりが並んでいた。

 何処の施設か分からないが、グループホームと書いてある車で、鯉のぼりを見に来ている人たちもいた。

 戸外に出るのも、心地いい季節になった。

 ではまた、お会いしましょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭木の消毒

2017-04-23 14:41:25 | Weblog

昨日からいいお天気。

今朝は、知らない番号から電話が鳴る。どうしようか、一瞬考えたが電話にでる。

「紅さんですか、庭木の消毒に行っていいですか?」誰?すぐにはピンと来なかった。

お話を聞いているうちに、昨年11月に選定を頼んだ時、虫がついているので、消毒したほうがいいと助言され、剪定の方のお知り合いに連絡を取ってもらっていたことを思い出した。

苔も生えているので、取ってくださいとお願いして来てもらった。

朝から仕事に取り掛かってもらって午後3時前には終わった。わずか数本の木だから当たり前だろう。

気の勢いが衰えに傾いているのがあったので、良かった。

写真を撮っておこうと思った時には、もう仕事は終わるところだった。

コメント欄は閉じています。

ではまた、お会いしましょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜と母子

2017-04-17 15:15:17 | 独り言

花フェスタに出かけた日より前の12日、街の背後にある寺山に上った。桜は、もう満開、チョット過ぎたところと言った方がいいかくらいだった。

桜とその下に菜の花が咲いていた。

道端に車を止めて、構えていると、流石に雨続きだったので桜を待ち焦がれた人たちが上っていく。

駐車場まで行き見回すと、家族連れや友達と来ている人たち、お弁当を広げている人たちと人出は多かった。

母子で写真を撮ってる一組を見つけた。とてもかわいい母子連れ。

初めは坊やにカメラを向けて「撮らせていただきました」とご挨拶。

「いいですよ」と快諾。見ると、ミラーレスのカメラを持っていらっしゃる。

そのカメラで、写してくださいとのことで、写したけれど、うまくいかない。

私のカメラで、また写させてもらったのがこの一枚。↓

いい感じに写せたと、自然な感じで母と子が撮れて自己満足する。

昨日は、電話で聞いた家まで届けに行ったら、「今出かけているのでちょっと待ってて! 紅さんに渡したいものがあります」とのことで、待って写真を渡した。

喜んでくださって、<私に渡したいものがある>とは、街では有名店のお菓子だった。和菓子がいいか洋菓子がいいか分からなかったので両方少しずつと、両方くださって、ア~なんだか気の毒。高くつきましたねと笑いあう。

このお母さん曰く、私も写真を撮られる時は、いつもポーズをとっちゃうんですよ。自然な感じが欲しいのに、何故かポーズをとってしまう。だから、嬉しいとのことだった。

若い良い方と知り合いになれた。私の電話番号も登録してもらいお別れしてきた。

ではまた、お会いしましょう

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

花フェスタ

2017-04-14 22:44:22 | 自然 お出かけ

長島町で花フェスタをしていると聞いたので、出かけてみることにして9時過ぎに家を出た。

国道3号線を北上、阿久根市街を通り抜け西へ向かう。

やがて、1に玄海、2に遠江、3に薩摩の黒の瀬戸と言われた潮の早いところに橋が架かり、長島は地続きになって、もう何年になるだろう。私が20歳代のころにできたものだ。

橋を渡るとそこは長島で、流石に花フェスタをする町だ。橋を渡る時から花の公園が見えた。

だが、停車してる暇はない。フェスタ会場まで急ぐ。沿道には、可愛い丈の低い花がずっと植えられていて、それらの花に誘われながら会場についた。

小高くなった丘に花畑のようになっていた。

広い会場では、混ざってる雑草などとり、手入れをしている人たちもいらした。

お花を撮ろうとするが、風に邪魔される。しかし、暖かい日で、気持ちのいい風ではある。

風よ!チョッと止まってよ。

こんな大きな自転車の形も作っておいてあった。

工事の人は、じっと待っていてくださった。

花のをマクロで撮る練習もした。きりがないのでアップは遠慮しよう。

駐車場からは、目の前に天草が見えた。白く見えるのが牛深市だ。↓

街の左に細長く見えるのは、ハンヤ大橋だ。今日から明日まで牛深ハンヤ祭りが行われているそうだ。写真が暗かった。モニターを見ることもなく、すぐ帰ったので失敗だった。

ではまた、お会いしましょう

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

マクロに挑戦

2017-04-11 15:07:40 | その他 世間話

写真塾には籍を置いていながら、日光角化症が分かってから、写真撮りに外に出ることを控えてきた。最近は半年に1回の割合で受診すればいいとなっているので、気が楽になり、またカメラを手にしようかなと思えるようになった。

マクロレンズも持ってなかったので、<どんな写真も技術とカメラだ>と聞いたことがあるから買おうかなと思い、塾の講師に相談した。

インターネットで買った方がいいよと、注文してもらった。早いこと翌日午前には届いた。

今日は、あるスーパーで講師と会って、使い方も教えてもらった。

雨が、その時は上がっていたが、また降ってきた。降ったら駄目だけど曇っていた方が逆光がないからいいというので、早速隣の花にレンズを向けた。

初め白っぽく写ったのでF値、ホワイトバランス、補正を変えてみた。

この辺の、扱い方がまだ良くわからない。

コメント欄は閉めますね。

ではまた、お会いしましょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元気度アップスタンプ

2017-04-08 22:01:29 | その他 世間話

昨日も今日も雨、今日は大雨警報が出たほど。

昨日は朝7時前に病院へ行った。薬を出してもらい血液検査もする日だったので朝食抜きで出かけた。丁度雨の一番ひどい時だった。

病院についたのは7時5分過ぎ。お天気のいい日なら、もう10名くらいは来ている時間だったが、流石に大雨と世間が薄暗かったので男性が一人だった。それから10分ほどの間に15名くらい並んだ。

いつも、患者の多いところで、玄関を開けてもらうのが待ち遠しかった。

9時には診察も終わって、薬をもらって帰りついたのは9時半ごろだった。早く行っても2時間はかかるということ。それでも早く行かないと、もっと時間がかかるので、病院は頑張って早起きして、行くことにしている。

                     

サテ、その後、元気度アップスタンプを持って市役所に行き、ポイント転換利用券をもらって来よう、今日のようなお天気の日なら人も少ないかも知れない。そう思って行って見たら、同じ考えの人も多く、結構待った。

 ポイント転換利用券5千円分をいただいた。

 私のポイントは介護予防元気度アップ参加型だけだが、高齢者支援型というスタンプを持っている人たちもかなりいて、そちらも満杯だと5千円分になるようだった。

 ボランティアに行ったりすると、高齢者支援型のカードにスタンプがもらえるらしい。

 芸無しの紅で、施設の慰問なんてできないが、施設でお手伝いくらいはできるかもとの思いで、登録した。

 今年度は月一度くらいはボランティアができるかしら? できそうでないことは、断っても良いそうだ。

 それで、今年度のスタンプカード2冊(参加型と高齢者支援型)と、はり・灸・マッサージ等施術受診券を貰って来た。

 今年も頑張ってスタンプをためよう。

 ではまた、お会いしましょう

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

やっと桜の開花宣言

2017-04-05 20:46:43 | その他 世間話

やっと桜の開花宣言があった。標本木に5輪咲いているのが確認されたと発表された。

昭和28年に観測を始めて以来最も遅く、平年より10日、昨年より9日遅い開花宣言だということだ。

別に何時でも良いようなものだが、あちこちの桜は咲いているのに鹿児島は取り残されているようで、寂しい思いがあった。

4月になり、入学式や入社式など春らしい華やかなニュースをめにする。初々しい表情、爽やかな挨拶など、春は気持ちも軽やかになる。

私の行動範囲に桜がありませぬ。代わりにネ、買い物の途中、道端に健気に咲いていました。

ではまた、お会いしましょう

 

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

今は昔 田舎の列車

2017-04-04 17:54:07 | 思い出

昨日のNHK朝ドラを、昼に見た。何故、昼かは詮索しないほうがいい

ヒロインが友達と二人でバス停へ急ぎ、バスが待っていてくれた。

この場面を見て、自分の高校時代を思い出した。

私は家から駅まで歩いて約30分、汽車・ジーゼルに乗って40分くらいだったろうか、汽車通学をしていた。

毎日、それこそ家を出るなり走って、駅まで殆ど小走りにかけどおしだった。

それでも、汽車の方が早く駅につくことがしばしばで、真剣に走った。

駅の手前に橋があり、橋を渡るとそこから線路を息せききって走る。運転士さんは皆が乗るまで待っていてくれた。その汽車に乗り遅れると、2時間くらいは待つしかない。

半世紀以上も前の話だ。当時の田舎では珍しいことではなかった。大切な足だったのだ。

そんなことを思い出させたドラマの一場面だった。

ついでに言うと、汽車通学の思い出は沢山あるが、通学生には一体感があったように思う。汽車通同士の連帯感といっていいだろうか。

学年が違っても今でも年賀状でつながっている人もいる。石炭の煙で汚れたことも今は懐かしい思い出である。スエンと言っていたなー。

その懐かしい宮之城線は、昭和62年1月に廃線となった。今は線路跡が道路になったりしている。

ではまた、お会いしましょう

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

早や4月

2017-04-03 11:30:58 | 独り言

誕生月の3月は殆ど風邪で何もできなかった。

気が付けば早や4月。桜の頼りが届いてくる。鹿児島は一番遅いが、それでも昨日は、あちらこちらの桜の名所をテレビで紹介していた。

今日は、いいお花見日和とでも言おうか、良く晴れている。しかし、風は冷たい。

すっかり、出不精になった紅は背を丸めて篭っている。

 これではならじと、昨日はウオーキング4600歩強を歩いてきた。うっすらと汗をかいたが、風邪がぶり返してはたまらない、急いで温泉に行った。

 

 家に引きこもっている間に、近所の花たちは咲いたようで、木蓮はもう駄目。

 

 

 隣の岩躑躅と椿が残っていた。

 椿の花はあまりにピンボケ過ぎた。

 UPはやめにします。

 

 ではまた、お会いしましょう

 

 

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

チャレンジ委員会慰労会

2017-03-28 13:37:51 | チャレンジ委員会

昨夜は、チャレンジ委員会の打ち上げだった。

グループ6人18時半より食事をしながら、2年間を振り返り、楽しかったこと、大変だった時期など、それぞれの感想を話すことだった。

皆、特技があったり、実績があったり、凄いメンバーに恵まれていたと、今更ながらに思うことだった。

司法書士をしている方もいたが、肺を両親から分けてもらっているという話を聞いて吃驚そんな感じはしていなかったし、本人もおくびにも出してなかった。

右を3分の1、父から。左を3分の2だったかな?母からと。どっちがどっちだったか定かにないが、驚きが先で、誰から幾ら程度は覚えていない。

「じゃーどっちから切ったの?」ときいたら、自分は前からと言い、ご両親は後ろからで後ろに傷があるという。そんな手術をした人が、こんな身近に居たとは思いもよらぬことであった。聞けば双子で、妹さんはいたって健康だとのこと。そんなものかなー。

これまでできなかった、する時間もなかった生い立ちなども心開いて話してもらったり、ぐっと親近感も高まった。

字もうまいが水墨画もやっているという人がいらして、皆に、白地の扇子に絵や文字をかいてプレゼントしてくださった。これまた吃驚の大喜び。

一つ一つ絵は異なったが、We do ! の合言葉は皆同じ。細かい文字で綺麗に入れてくださってありがとうと感謝。

せっかくのご縁。これでお別れは寂しいと、年に2回くらいはこうやってお会いしましょうと約束して散会した。

ではまた、お会いしましょう

追記

朝の記事で行政書士と書きましたが、司法書士の誤りでした。

本文を訂正しました。

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加