♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

オシドリ

2019年01月31日 | ひとり言
        調子よし男とながむ鴛の池


       ちょうしよしおとことながむをしのいけ


帰省する人を待つかのように 毎年気になるオシドリたち
御陵のお濠に集っていました

ただ、 数が少ないのが、気になりました
雌 居ますかな ?
なにせ遠いので はっきりしません

不思議なのが このお濠 天敵のオオタカが 住むこともあるんです
ここ2年ほど お見かけしませんが


さて、タイミングを逸した感はありますが
ゴーンさんにひと言

なんかねぇ~~

拘留期間が、長すぎるとの批判も 理解出来ます
彼の場合、超セレブライフを謳歌していたのですから
狭い留置場で 畳に布団の毎日は さぞ辛いことでしょう
(特別室に入っているって噂も聞きましたけど)
しかし中国を含む他のアジアの国では、もっと劣悪な環境もあるのですから・・・
日本の法律にのっとってなら 仕方ありません

まあ、証拠隠滅の恐れは、充分想像出来ますから
 

日産の復活を成し遂げたことは、拍手です
しかし、
彼の導いたリストラの影響を身近に感じています

自宅の裏のご夫婦
まさにご主人が リストラされました
それだけでは 無いでしょうが 奥様が 体調を壊されて
今も元の奥さまには戻っていらっしゃいません
生真面目な方だから、相当ショックだったようです

友人の父親も下請けの会社を閉めました
身を切って痛みを伴ったのは、日産、日産関連企業の社員です

ですから ゴンさんの行状が 明らかになった時は 忸怩たる思いにかられたものでした


ゴーンさんの日産から引き出した金額が、正当に理由のつくものであれば
納得できますが、
個人の為の支出であったと推察します
幾ら功労者だと言っても行き過ぎです

もしあの告発が、 無ければ日産が、日本の企業で、なくなったかも知れないとなると
避けては通れない流れだったのでしょう
フランス ルノー社で同様の支出を行っていないのであれば
悪い事としりつつの行為であったとも言えましょう

まさか不起訴になったりしないですよね
そんなことになったら日本の検察 面目丸つぶれです








コメント (8)

なおみさん

2019年01月29日 | ひとり言
        梅の花復活めざす息吹かな


      うめのはなふっかつめざすいぶきかな 


大坂なおみさん U.S.オープンに続き 全豪オープン優勝おめでとうございます

日本人として 興奮しつつ応援しました

ただ、 日本人、日本選手って盛り上がるのに、申し訳ないと感じていた
ハイチの国に
フィジカルな点では、身長、筋肉 日本人的では無く、やはり父上の遺伝子を濃く受けているでしょう

   何でも、彼女はアメリカと日本に国籍を有していた当時、どちらの国で選手登録するか考えて居た時
   アメリカは 彼女に対して熱心ではなかったとか
   で、 なおみさんは 日本で選手登録するに至ったと云うことです
   アメリカのテニス協会は 悔やんでいることでしょう   お気の毒
 
でも、 今回 やはり日本人の血が流れていると認識を新たに致しました

はにかんだコメント
おちょぼ口で可愛い
ちょっとジョークをからませるのは 大阪くらしのせいか

そして根室のおじいさんが 登場するに至って、おじいちゃん似だと判明

彼女は、日本人のメンタリティをしっかり持っているのだ
ネバリ強い試合姿勢、謙虚なスピーチ、好感を持ちます


最近の若い日本人アスリートの好成績
驚くばかりです
何が こんな結果を導き出しているのでしょう
昨日のサッカーも 良かった
もっとも後半戦を待っている間に しちゃったけど 


                        


久しぶりに公園へ行ってみました
公園の樹木の台風被害は 大きかった
前回行った時より 余計に感じる

元々弱った樹をマークして伐採作業のただなかの台風襲来でした

梅、桜、プラタナス、エゴノキ 等々

東側の梅林では紅梅の1本がほぼ満開
こちらは バズーカカメラマンが 大挙してカメラを構えていました
珍しい鳥が 居るのでしょう
でも、鳴き声も聞こえず、 わたしは、そのグループには 近づかす 

西寄りにある梅林は 被害が 多かった
僅かに花を咲かせている木
幹は こんな状態です




「桜伐る馬鹿梅伐らぬ馬鹿」って諺が ありますから
梅はきっと復活してくれるでしょう

近所の桜並木では 例年、蝉の羽化を観察することが出来ます
その辺りの木は 相当傷んで伐採されているのも、ありました
そうなると 昨年産み付けられた卵は どうなった ??
今年その幹を伝って地上に出るべく心算している
蝉の幼虫は どうなるのだろうか ?
気になりました












コメント (8)

かん袋

2019年01月24日 | ひとり言
        風邪流行る見舞いに届く老舗菓子


      かぜはやるみまいにとどくしにせかし 


かねてよりご紹介したいと考えていた堺の銘菓のひとつです
   ※ upしたことあるかもと、念の為 過去の記事を検索しましたが、形跡は ありませんでした

かん袋

堺にある、鎌倉時代創業の老舗のくるみ(久留美)餅です
”くるみ”は ”包む”に由来、”胡桃”ではございません
お餅を ずんだ餅の餡のもっときめ細かいので包んだあるって感じ

赤福と同じで 出来立てを出来るだけ早く頂く程美味しい
お店で頂くか ? お持ち帰りだけです
通販なんて滅相も無いってこだわりです
夏このかん袋とかき氷をコラボさせたのが 大人気だそうです
わたしは 未だ 食したこと ございません

元は和泉屋という商号の餅屋でしたが、あることで豊臣秀吉が、店主のことを褒めて
「かん袋」と名乗れと命名したとのこと



堺には 幾つかのくるみ餅のお店は ありますが、 やはりかん袋のが、一番でしょう
製造過程は 門外不出
バイトさんも、 そうそう誰でもってことはないのだと聞きました

昨年末頂きました
連れ合いさんの大好物
「待て」でやっとお姿だけは カメラに収めたという次第でした


堺を散策なさる折は 是非ご賞味いただきたいところですが、 お休みを事前にチェック
頂かないと お休みってことが ございます

 



今年のインフルエンザ 怖いみたいですね
島の高齢者施設(複数)でも 亡くなった人が出ているとの報道です
ショック
タミフルを飲む前から異常行動をとるケースもあるとか

仕事に行っていた頃はインフルエンザにも人並みに掛かりました
熱と節々の痛みは 辛かったです
どうしても人混みに居ると貰ってしまいます

今日の575と写真は 全く関連が ございません
それに 二人とも未だインフルエンザには罹っておりません
油断もしてません




コメント (16)

川涸れる

2019年01月23日 | ひとり言
         川涸るる不運な魚の背びれかな


       かわかるるふうんなうおのせびれかな


良い天気続きで それは それでありがたいのだか
洗濯物なんて 午後1時過ぎには取り込めますから
その分、植木の方は カラッカラ

なんでも 静岡では 太平洋に流れ込む河川が 干上がったとか
鮎が 遡上できないって問題が 起きていると報道されていました

稀に 近所の小川の流れが消えて 大きな水溜りが 並ぶだけの状態になります

ボラが狭い水溜りの中で何匹も泳いでいたりする
その一方、1匹だけでゆったり泳いでいるボラもいる

何日この環境に耐えるのか?
1匹でいるのも不安だろうに

ボラは、予測できないのだろうか ?
気づいたらその水溜りより抜けられなくなってしまったってことかしら ?

鷺にとっては、千載一遇のチャンスなのでしょう
まさに入れ食い

気になって仕方がない光景です

今日なんて ヒーターを点けると暑すぎて消してました
おかしいよね
夏どれ程暑くなるのか ?



575にふさわしい写真が ございません
御陵のお濠で目のあったバンに登場してもらいます




コメント (8)

2019年01月17日 | ひとり言
         牡丹鍋罠にかからぬ旬の今


      ぼたんなべわなにかからぬしゅんのいま 



奥の灌漑池に繋がる道がコンクリートで舗装されたばかりです
立ち入り禁止となっております
猪が、出没する道です
果たして彼らが 立て看板を読めるのか
蝋梅の様子をみがてらに、行ってみました

ありました。 ありました。
ハリウッド、チャイニーズシアターの手形を気取ったか
ひづめの痕が

そろそろ 鍋のシーズンです
狩猟期前 あんなに罠に掛かった猪
全く 獲れないらしい

田畑を荒らしている気配はある
学習しているのか?
仲間内で情報交換?
何度か捕獲に成功した罠には 近づいてない様子

猪は 何処へ行った ??
来ないに越したことは、ないけれど


   猪の♂は、繁殖期(12月から1月頃)食欲を減退させ 発情した♀を
   探すことに集中するらしい
   ですから 今頃はやせ細って来るのだそうだ

   ってことは 美味しくないんだ


   冬眠はしないけれど 大人しくしているのかしら ??


コメント (10)

再開

2019年01月16日 | ひとり言
        なゐの島微かにきしむ水仙や


     ないのしまかすかにきしむすいせんや  


長いご無沙汰でした
昨年の9月の台風の後の喧噪も徐々に落ち着いてまいりました

近畿では 6月の地震の後片付けが残っている地区もあり、
その後の 9月の台風被災の復旧は 来年になることもあろうかと言う予想です
何より どちらさんも 資材不足と人手不足対策に苦労している現状です

わたくし共も 老夫婦が、細々営む家業で 徐々にフェードアウトする覚悟(後継者が居ない)でした。
身体も すっかりその調子に合わせていた頃の出来事で、
どうなるかと不安でしたが、二人ともダウンすることも無く無事営業が出来、ありがたいことです

ブログを再開したいと思うばかり、 なかなか 575モードが 復活してまいりません

ちょっと今日は肩慣らしのupです


実は、最近午後のTVの画面に「紀伊水道で震度2」などとしばしば速報が 出ます
少しは 気になります

今朝 母と電話で話しましたら 昨晩 夜11時頃 揺れを感じたと云うことです
とんと地震を感じにくい実家の地盤ですのに

なにせ 明日は 1月17日
あの阪神淡路大震災から24年です
「南海トラフ」の可能性が云々されて既に何年も経ちます
そして 寒だというのに グッと冷え込むことも、無く
身体を動かすと背中に 薄っすら汗をかいてしまう午後もある
母は、切り干し大根が 乾かないと嘆いている

こう云う気候って気味が悪い

島の黒岩水仙郷もシーズン真っ盛りなことでしょう
今年は 例年より開花が 2週間程早いそうです

新しい年は、平穏であるよう祈るばかりです






コメント (10)