♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

マジッ??

2019年02月18日 | 花、実
         さねかずら裸の王のたたずまい


      さねかずらはだかのおうのたたずまい 


マジか ょ !
16日のお昼のニュースに 思わず突っ込んだ

非常事態宣言を発動したトランプさんが、安×さんから
ノーベル委員会へ送られた推薦状のコピーを受け取ったと宣もうた

はぁ



トランプさんが ノーベル平和賞にふさわしいってか 

あの人なら そんな判断もするかもしれないけど・・・

その後のニュースでも真偽のほどは、 分からず
それこそ フェイクニュースかと思ったりして

そしたら17日のニュースによると
政府も その事実を認めたって


呆れるやら 恥ずかしいやら
多分、このことを知った世界の首脳は、プッと吹き出したことでしょう

そんなこと 国民を代表してしたためて欲しくはありません
手紙の 主語は 「I」か 「We」か
”日本国民を代表して私”となっていたそうだが
代表は おかしいでしょ
多分 その意見に同意する人は、極僅かだと思います
少なくても 私の周囲には おりません 


さて今回のケース

  □ 安×さんもスタッフも至って本気だった

  □ スタッフは、 違和感を持ったけれど、安×さんには逆らえなかった

  □ 安×さんも アメリカ政府に頼まれて拒否できなかった

いずれの状況だったのでしょうか ?

北朝鮮との交渉で 何か具体的な成果得ましたか ?
アメリカ国内も不安定です
トランプさんは、アメリカ第一主義で差別的、何処が、「平和」でしょうか、

翻って、トランプさんが、ノーベル平和賞にふさわしいとして東アジアに平和が 訪れたってことですから
ミサイル防衛体制は 不要ってことですよね
不要な出費は 抑えられるんでしょうね

一応 今晩のニュースでは、北朝鮮との関係は「未だ 正常では無い」と言明したそうですが、
とにかく拉致被害者を一刻でも早く帰国させることにまい進して欲しい

安×さん 本当にトランプさんのこと わかっているのでしょうか
アメリカに恩義を感じるDNAが受け継がれているのか
それとも、アメリカおよび世界の状況をしっかり分析できない人なのでしょうか
<ニュース見ない ?>
短慮の極み

3期目 これが最後となると好き放題、やり散らかす心算なんでしょうか
これが、日本のリーダーとは、悲しいと言うか 残念というか 


                   


サネカズラ(美男葛)

この時期になると周囲のプチプチとした実を啄まれて、身ぐるみ剥された状態です
きれいな花が 咲くそうですが、一度も見たことありません
季語としては、赤い実の生る”秋”だそうです
藤の蔓に絡まって、余計にややこしい



コメント (8)

アケビとムベ

2015年04月12日 | 花、実
      春選挙上手くあやつる二枚舌


       ( はるせんきょうまくあやつるにまいじた )


公園の西側の裏口へ向かう路肩にアケビの花が、咲きます
もう何年も見ていますが、実が生ったことは、ありません
ブルーベリーと同じで、結実させるためには、異品種の混植が必要なのだそうです



雄花と雌花が、あります

  





こちらはアケビと似た実のなるムベ(郁子) では、ありませんか
お初にお目にかかりました

こちらは、もう1本別の木が、なくても受粉して結実するそうです
さあ、実を見ることが出来るかしら
(前から木はあったようだけど・・・)

こちらは、雌雄は、無いようです

ワクワク 

・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・ 

いよいよ 今日は、統一地方選投票日です
昨日の朝、選挙カーの候補者は声をひっくり返すようにして、行き交います
取ってつけような台詞が、空々しい
日頃見たことも、声を聞いたことも無い人が、必死で叫んでいるのですから
少々滑稽でもある

今朝ちゃんと行って参りました

選挙権を得てからもう何度投票に行ったのだろう
小さな1票が、活かされているって感じることは、無いんだなぁ~~

もうあと、暫くで結果が、出る



ところで勝敗を付けることを、どうして「雌雄を決する」 って言うのでしょう
中国の史記に由来する言葉だそうです
「雄」は強さを表し、「雌」は、弱いことを表しているとある
概ね、動物は、そのように思われているが、ライオンなど、産後2か月は雌が1頭で子供を、育てるそうだ
(先週の"ダーウィンが来た"から)
雄のパワーを持ち合わせていないライオンの雄は、苦労するらしい

それに、今どきの日本、そんな事を大ぴらに云うと、モラハラでつるしあげられちゃうわね
例の草食やら絶食男子についても、通じない言葉と思うが




コメント (12)

2015年04月02日 | 花、実
      艶めかし風呂敷ほどく花見かな


       ( なまめかしふろしきほどくはなみかな )


履中陵の桜並木です
満開直前の見頃です



近所の保育所の児童や、サンデー毎日のおじさんやおばあさんが、花を愛でています
小さいお弁当らしき包を持って歩く二人連れ
カメラマンも多い
スマフォカメラマンも

公園に行ったらもっと立派なカメラを携えた人が、集まって枝垂れ桜をカシャッと

仁徳陵から履中陵、近くにあって、本当にと毎年思う春です





昨日は、エイプリルフールでした

如何にセンス良く嘘をつくことが、つけるか ?
が腕の見せ所です

わたしは、こう云う類いのイベントが、苦手だ
勤めている時は、騙されないよう緊張の1日だった

わたくし、本気の嘘も、楽しい嘘もつけない
しかし、嘘が、苦手かと言うと、方便の嘘は、シラ~~と付ける方かもしれない
知っていることも、知らないと言う  そんな程度
聞いたことも、聞いて無いと、云う

大体、嘘って分かってしまうものだ
だから、余程賢い人でなければ、嘘は見破られるものと思っている

今、姑がお世話になっている病院で義妹がトラブルを起こさないよう隠し事もある
義妹が、機嫌を損なわないように、言い方を変えたりは、する・・・
だから義妹と話す時、凄く神経を遣うのである。 ストレス

自分の周囲にも怪しい嘘をつく人は、居ます

思い出すそういう癖のある人と言えば、
小学校の頃二人いました
一人は、昔同窓会のあと、お金を借りに来た例の彼女、A子さん
もう一人は、今は、消息が、全く分からないB子さんです

A子さんが、嘘をつく人だと、当時 殆どの生徒は、気が付いて無かったと思う
成績もトップクラスだったから
でも、 わたしは、時々 「アレッ」って思っていた

B子さん、当時、 全く知りませんでしたが
家庭に複雑な事情が、あったようです
わたしは、今でも彼女のことを殆ど知らない

「平気でうそをつく人たち」って本を読んだことがあります
色々原因は、あるそうだが、
自己顕示欲が強いとか
現実の自分に不満な人が、嘘をつく傾向にあると書いてあったと思う

IQの低い人も、どうして良いか分からず、嘘に逃げるってこともあるらしい

又、子供の頃、何事につけても、親から反対されるから、嘘をついたり、隠し事をするようになるともあった

世の中には、必要な嘘もあるし、悲しい嘘もあるものだ



先日、ひまわりさんがupなさっていたムラサキサギゴケ、ふとした偶然で見つけました
可愛いですね



コメント (8)

水仙

2015年02月22日 | 花、実
      泉州も歳時記めくる春日和


       ( せんしゅうもさいじきめくるはるびより )


ひっさしぶりの晴天らしい晴天
青い空が雲に覆われることも無く、1日が、暮れました
洗濯物だって、すっかり乾いて、満足、満足

小さな、あすなろの木の鉢植えが、あります
雑草を抜いた後、窮屈そうなので、一回り大きな鉢に植え替えた
時期に問題あるだろうか
我流の盆栽モドキで世話をしている松を剪定したり、外で過ごす
これがもう手に負えないのだ
難しい

 歩道沿いの花壇、小さな小さな梅の木もちゃんと花を咲かせています



公園への遊歩道にある水仙
田舎だと、年末から咲き始める水仙
こちらの水仙は、遅い
やっと咲き始めた
蕾を付けていない水仙群も多い

                           


昼間は、春めいた温かさを感じるけれど、日が暮れると、ぐっと冷え込む

昨日の夕方、気が付けば5時半にもなっていて、
つい先頃までは、日暮れて暗くなっていたのに・・・
まさに「日脚伸ぶ」でした


幾つもの春の季語を感じつつ
春兆す大阪泉州地方です

ちなみに水仙は、冬の季語でございます
黄水仙とかラッパ水仙となると春の季語だそう
未だ未だ勉強することは多い

今頃の季語って難しい
春の季語だと思ったら、冬だったり
わたしが、持っているイメージとは、違っていたりする
一応確かめて使うようにしている・・・のですが、未だに思い込みもあります



コメント (8)

寒梅

2015年02月03日 | 花、実
      先行きの見えぬさだめに寒の梅 


       ( さきゆきのみえぬさだめにかんのうめ )



南の方から金縷梅が、咲いたとの記事が、届きます
こちらのは??と出かけてみた
残念ながら、蕾も固かった
今週末には、咲くだろうか



公園の梅が、咲き初めました
未だ未だ雪の降る日が、あるかもしれませんが、
僅かに暦の上の春になるより先に咲く梅を見つけると 心が浮き立つものだ



今日の575は、俳句とは言い難いだろうな
写生句では、無い
けれど、梅を見つつ、浮かんだ心情なのです



またまた、後藤さんのことでしつこいですが、
彼は、梅、桜 何度日本でゆっくり楽しんだのでしょう
日本の四季を鑑賞する時間もあったのだろうかと思う

中東で「平和」も知らず過ごしている子供たちにも
見せてあげたいと思ったことだろう




オマケ:


シジュウガラが、綺麗に取れました
ちょっと思いつかない色の組み合わせです

                        

2月2日:ツインテールの日(髪の毛を二つ結いに・和製英語だそうです)  
NHKのNews WEBって言ってました
30組ほどのキャピキャピした女の子のグループが、髪の毛をツインテールにしてイベントをしたのですって
「30組のアーティスとが、・・・」って言っていた
わたし、あのアーティストって言葉に
アーティストってぽっと出のジャリタレには、ふさわしい表現とは、思いません

演歌やポップス歌手が、自分で自分を「アーティストとしては、・・・」って言うひとも、
何も、クラッシックだったら良いって意味では、無いですよ
アーティストって、鑑賞する人が、そうだと認める人を言う言葉では、ないでしょうか
感性、技術、年期など、トータルで、人々が、認めるもの
海外で、こんな言葉を使われたら、通訳の人も 「グェッ 」となるだろうなと思う
コメント (10)

今頃 ??

2015年01月11日 | 花、実
      一服をこころ新たに大福茶


       ( いっぷくをこころあらたにおおぶくちゃ)


帰り花

初冬、小春日のころに返り咲く花をいう。とある
桜・桃・梨・山吹・つつじ、 などに多く見られる現象。
冬の季語です

先日見つけた季節外れの花たちです

オオデマリも、僅かに2輪
通常の半分くらいのサイズで花を咲かせていました





桐の花、裏の畑の若い樹に咲いているのを見つけた
前の週ならもっと鮮やかできれいな紫だったのに、残念

桐の樹ってとても成長が、早いのです
実家では、家の西側に1本、ありまして、夏の間は、大きな葉を日除けとして利用しています
秋に枝を刈り込んで、翌年の夏には、新しい枝が、2m以上も張り出してきます
この成長力なら、生まれた娘が、嫁に行く頃、箪笥の一棹くらい作れるって、ものです


その一方、大きくなっているのかなって思うのが、三椏
ルイコさんの記事の中のお写真を拝見して、思い出しました
実家のは観賞用の三椏らしく、で赤い花が、咲きます
今年も。蕾を沢山付けていました
もう、何年経つでしょうか
ずっと同じサイズ、全然大きくなりません

実家の三椏が、特別遅いのかしら ??

こんなに成長が遅くて、紙に漉くのに間に合うのでしょうか

ふと疑問に感じた次第です


 仕事仲間のおじさんから、彼の日頃からは、想像もつかない
「大福茶」のセットを頂きました
「適当に買って来た」ってつっけんどんに手渡された
開けてビックリ
嬉しいサプライズでした

コメント (14)

ラッパイチョウ

2014年08月20日 | 花、実
      何責める秋雨前線荒ぶれり


       ( なにせめるあきさめぜんせんあらぶれり )


今年の夏は、いったいどうなっているのでしょうか?
土石流や浸水の被害を受けなかった都道府県は、あるのでしょうか?
日本中が、豪雨被害に遭ったと感じます
今朝の広島の土砂災害のニュースには、足が震えるような恐ろしさでした
台風の時より大勢の方が、亡くなったとか

家ごと、流されてしまうのですから
如何に大きなエネルギーだったか
山間から流れ出て、平地を走る土石流を見たことは、ありますが
あんな急な山を下る土石流の恐ろしさは、想像を絶します
凄く大きな岩が、流されていましたね

行方不明の方が、早く救助されますようお祈り申し上げます

この暑い中、後始末も大変でしょう
こちらでは、今日は、日常生活を送るにも辛い暑さでした

お見舞いのことばも見つかりません










昨年の11月に枯れ葉をupしたラッパイチョウ
見て参りましたよ
背の高い木でよく見えませんでした
何枚か撮りましたが、まあ、これが精一杯ってとこ
バッチリ撮れたと思ったのに、 に取り込んだみたら、ありゃまぁでした

人間でいえば、「癖っ毛」みたいなものでしょうか?
葉の付け根、葉脈が広がり始める部分が、一般的なイチョウにない癖が、あるのでしょう
癖っ毛が、悩みの私の発想です


4月にひまわりさんが、upなさっていた利休梅に実が、生りました
亡き父が、好きで裏庭に植えた木です
今年は、姑のことが、あって花の頃に帰ることが、叶いませんでした








カクレミノ:




実家の周囲には、沢山あります
カクレミノって樹
背が高くなります
日蔭でも育ちますが、 太陽を求めてすくすく育つのか
とにかくでっかい木です
田んぼの神さんに、米粉を水で練ったものを、この葉に載せてお祀りします

今年、花を撮ることが、出来ました


コメント (8)

ホルトノキ

2014年07月22日 | 花、実
      うるさいと叱れば止んだ蝉の声


       ( うるさいとしかればやんだせみのこえ )


病院から出たところで、空模様を見る
傘が、必要か?
寄り道しても、天気は持つか
まず、空模様を見る

梅雨明け宣言と共に泣き始めた蝉の声が、賑やかです

    今朝も、「うるさくなるなぁ」って呟くと一斉に蝉が、泣き止んだ
    それも、気持ち悪くて、もう一度そのあたりを見回してしまった

そのようにして見上げた視線の先に小さな花を見つけました
その木の葉は、ヤマモモに似ています
??
適当に撮って、PCに取り込んでみると






な、な、なんと、短い木綿糸を集めたような花だったのです

こんな花を見たことありません
掲示板で名前をお尋ねしたら、「ホルトノキ」と教えて頂きました

更に調べてみると、本州の西側から台湾、インドシナ辺りに分布するとある
特に淡路島と明記してあります

淡路島で見たこと、ある ?
あるかな ??
きっとシーズンオフのヤマモモとしか思わなかったのでしょう

●    ●    ●    ●    ●    ●    ●    ●    ●    ●    ●    ●

昨日は、病院へ向かう、私鉄の最寄り駅で、鶴べさんをお見かけしました
反対側のホームにお連れの方と、静かに電車をお待ちでした
思わず、もう一組の有名人を探しました
「家族に乾杯」のロケかと思ったので
高野山へ向かう電車に乗って行かれました


コメント (10)

青桐の花

2014年06月30日 | 花、実
      青桐やもとを正せば花ひとつ


       ( あおぎりやもとをただせばはなひとつ )


もう咲いているのだろうか? 青桐の花
ずっと、高い所に小さな花なので、私の目では、判断が、つきかねます
種も小さいけど、花も小っちゃい
小っちゃい花が、何年を経て、あんな見上げるような木になるのだろうか?

で、グッと背が高くなる木花や実ばかりに、関心が、行ってしまって、
もう一つの特徴、”幹もすがすがしい緑色をしている”をとらえた写真が、一枚も無いのに、気が付きました




やっと、青桐の花の写真を撮れただろうと 
気を良くして、帰路に着いた
急ぐ用事があったので、いつもと違うコースで帰ろうとしたところ

???




こんな所に、イスノキが
それに、実が、生っています

来る途中のイスノキに花も見たことは、無いし、実にも気づきませんでした

もう1カ所公園のイスノキを見に行きましたら
そこのイスノキにも実が、なっています

実は、この花を見たくて、公園に来る度、チェックしていたのです
花は、全く見てませんのに  
花の時期が、きわめて短いのかしら

イスノキは、虫えい(虫こぶ)が出来るのが、特徴の木です

   ※アブラムシ等の虫が、葉に卵を産み付けている  

余り沢山虫えいが、出来ている木には、実が、少ないようでした
写真も、見るに耐えられるものをupしました
なるべくなら、近づきたくない木なのです
でも、珍しい表情をいろいろ見せてくれるので、興味は尽きない木です

今日は、単に観察日記みたいな記事となりました

本日のおまけ: 三つ葉の花です
          撮影会をもう3日も試みましたが、これで精一杯です
          小さ過ぎる花です




コメント (8)

5月の花

2014年05月16日 | 花、実
      栴檀の花が産んだか風の吹く


 ( せんだんのはながうんだかかぜのふく )


久しぶりに!!の予報です
紫外線対策とか、熱中症予防を なんて、まるで盛夏のような
言葉が、並ぶ朝の天気予報でした


飛蚊症が、出てからは、日中、余り外出しないように
しています
出かけるなら、サングラス
帽子、完全武装で、出かけます
紫外線が、良くないらしいです  ホント?

今日は、まだ、涼しい間に公園へ行ってきました

遠足日和です
公園や公園へ向かう道には、遠足の子供たちが、何組も
ご近所の幼稚園も園児が、そろって散歩です
池の傍の丘には、賑やかな声が、弾んでいました
先生は、大変だわ


18日、日曜日は、ツアー・オブ・ジャパン  のサカイステージです
わたしが、日頃写真を撮りに行く公園を周回して、タイムトライアルで、競います
テントが、いくつも張られていました
お天気どうかしら?
どちらかと云うと、雨上がりや曇りの日になることが、多いようなのです

この時期、小さな花が、咲くものが、多い

 5月の好きな光景
栴檀の花が、風に揺れています

低い枝に花の咲く木、アテにしておりました
アラアラ、道に張り出した枝は、刈られて、結局グッと背丈の伸びた
枝しかありません


ハクチョウゲ:




白い花の沈丁花の隣に咲く花です
白丁花のネームプレートが、あります
てっきり、ネームプレートの位置が、間違っているのだと思いました
じっくり見ると、葉が、違うわね
垣根などで見ることが、ある木です
花の咲くのを待っておりましたら、微かにブルーがかって見える小さな花が、咲きました

一応 香りの良い樹木のコーナーにあります



↓ あの赤い実の生るの花が、咲きました





↓ エゴの木の花も残っていました
好きな花です







コメント (10)