♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

五月の風

2019年05月17日 | 
        巣の内に声おし殺し燕の子


           すのうちにこえおしころしつばめのこ


先週 田舎に戻って来ました
早生の玉葱を収穫しなければなりません
さすがの母も玉葱小屋(風通しを考え、壁の無い倉庫)の棚に大きく生った玉葱を架けるのは、無理と申しますので

今年の玉葱の大きなこと
例年の1,5倍以上の大きさです
幸い味は 同じです

昨年は 不作だったので 堺のご近所さんに配る量は、確保出来ず
今年は、「持って帰ってもらってありがとう」って言いたい程
 
実家の燕の子も 3羽 羽化して 巣立ちを間近にしています
昨年は 5月の末、カラスにやられました  親鳥までも 
今年 黒糸の張り方を変更、今のところ襲われず無事なんですが・・・
巣の下でカラスが、この様子をジッと見上げています
ツバメの仲間が 来て、追い払われている
兎に角、最大の敵は カラスよ


ツバメのお父さん、午後の休憩らしい       お母さんかな ?
意外と逞しい目力では ありませんか ?
休憩しているようでちゃんと巣の様子は観察できる位置です

何故、この鳥に人間との距離を近くにして子育てしようとする知恵が ついたんでしょう ?
昔はのべつ幕なしにピーピー鳴いていたと思える燕の子
ここ何年か、親が戻って来ないうちは、居るのか居ないのか分からな程 巣の中で身を潜めている
これもカラスから身を守るすべとして学習したのだろうか

今年は、カラスに打ち勝って巣立ってほしいものです

                        

田舎に帰る前は 連れ合いの為の保存食(箸休め程度)をザッと準備
戻って来ると、溜まっている洗濯物を片付けて、貰って来た野菜を処理したり
ご近所に配ったり
そして 溜まっていた家業の用事を処理と
3日帰省しただけでも、前後けっこう時間を取られる


連れ合いは、仕事をするだけで、お金の管理とか全然出来ません
私に尋ねない  やる気は 無い
今回は 大津での大きな事故の後
「無事帰って来られるかな ~~ ?」とても心配になりました
で、月半ばの支払いも振替日を定める方法でネットバンキングで済ませてから帰りました
現金相手の支払いも 準備して
これからは 何かあるかもしれないから って考えてしまいました
日々心細くなる 今日この頃です



今日、割れたお皿の処理をしようと古新聞で包んでいたら

ドリスデイさんの死亡記事が 目に飛び込んで来ました 

97歳だったそうです・・・ご健在とは知ら無かった
母が 初めて自分の為にに買ったレコードが、「ケ・セラ・セラ」
って言うか、婦人会で踊るペギー葉山さんの「南国土佐を後にして」のb面が、ケセラセラだった(多分)
仲間が集まって 祖父の蓄音機を鳴らして練習していた
音が間延びしてくるとハンドルを回すのが 私の役目でした  古い話

ドリス・デイの映画 観たことあるけど、タイトルは思い出せない
TVでも番組なかったっけ 
明るくチャーミングで 好きな女優さんでした
 


コメント (12)

事情

2018年01月18日 | 
          靴下の忌々しきは砂ひとつ


         (くつしたのいまいましきはすなひとつ )


分厚いソックスを履いています
先日 小さな石というよりは 砂
一つが 左足親指辺りに当たります
気になる~~
脱いで、裏返して 払うのだけれど 一向に取れない
3度ほど繰り返して やっと 消えたようだった



今日は 寒中にしては 穏やかな1日でした
久しぶりに 公園へ

まずは、履中陵のお濠を観察できるポイントへ
途中 バズーカ砲カメラマンの集まる地点に 誰も居なかったから
鳥 いないのかなぁ

居るには 居るけど、遠くて数が 少ない

カメラを構えたおじさんが 「水鳥 少ないヨ」って

何処も そう云う傾向にあるそうです

はて その原因は ?

そのおじさん 鳥博士 ??
ひと時 講義を伺う

特に鴨について云えば

ここ何年か 御陵のお濠では、水を抜いて 濠や御陵の調査が、行われています
(一応 手を加えないことには なっているようですが)

その時 お濠の水草や 藻を すっかり 取り除いているので
水鳥たちの餌になる物が 復活してないらしく
水中に潜水して草や藻を食む鴨(お尻だけ出して潜る可愛い鴨)には 暮らし難くなっているとか

一方 嘴を水面にやや沈めて、掬うように餌を獲る鴨には、そう環境の変化には、支障が無いってことですわね

大阪でも 神戸あたりでも ヒドリガモやハシビロガモが 増えている印象なのは
そんな理由があるのかもしれません

他の野鳥は 全く見かけませんでした
(スズメや ヒヨドリを除く)

鳥が 来ないとなると、冬の写真ネタ 苦労しそう










コメント (18)

小春日和

2016年11月26日 | 
      小春日や紅白論んずおやじたち


       ( こはるびやこうはくろんずおやじたち )


久しぶりに 晴れ上がった小春日和でした

夜には 雨になる予報です
写真、余り良いのが、無いのです
午前中 ちょっと公園へ寄り道してから買い物に


鴨たちも大勢戻って来ていました
御陵のお濠も公園の池も、今年は ヒドリガモが、多いみたい





仁徳陵と狸の暮す御陵のお濠は マガモばかり

棲み分けが、あるようです





公園の池には 嘴が 長めの鴨も混ざっています
オナガモのメスかしら(図鑑によると)
先週撮った写真も調べてみましたが、
残念ながら オスを見つけることは 出来ませんでした

鳥は オスを見つけない事には、種類の判別は、難しいです






違った種類の鴨たちが、上手にすれ違って行きました
平和だヮ


                                        

朝の公園は 暇つぶしのおじさん達が 集っています

今日の話題は、紅白出場歌手のことらしい
郷ひろみさんの若き頃のことなど 興奮気味に声高に語り合っていました

ってことは、このおじさん達も同年代 ??
ひろみさんとの容姿の差って 
どちらが良いかとは、単純には言えませんが



コメント (10)

ミコアイサほか

2015年01月22日 | 
      水鳥のみなそろいおる平和かな


       ( みずとりのみなそろいおるへいわかな )


今日は、雨の1日になりました
昨日、写真を撮りに行っておいて、良かった~~

昨日は、天気予報では、写真日和ではないけれど、午前中、

行って来ました、カメラを持って

むっちゃんさんが、履中御陵の東や南側で、ミコアイサを見たっておっしゃっているし
そちらに廻ってみました
普段は、お濠の西側からが、わたしの撮影スポットです



良い場所を教えて貰いました
南や東側にあんなに鳥が、居るのを見たことが、ありませんでしたから

沢山、居ました
初めてみる数です





カンムリカイツブリも居ました

この御陵の周囲では、ミサゴやオオタカの食事する光景も
見られたのですが、最近は、飛んでいる姿も見なくなりました
どちらへ行ったのかしら

    ・
    ・
    ・


片や、遠い中東で人質として拘束されている人が、いるというのに
こんなお気楽なこと、不謹慎ですわね

あのジャーナリストとは、3ケ月ほど、連絡がとれてなかったようですね
ずっと拘束されていたのでしょうか ?
昨年末には、身代金要求のメールが、奥様に届いていたとか

奥さんもさぞかし、不安な日々をお過ごしのことと思います
彼も、用心に用心していたのに、コーディネーターに騙されたとも言われています

一体、あの人達、どんなものを食べて、どんな風に時間を過ごしているのでしょうか
人間らしく寝食出来ているのでしょうか

砂漠なんていったら、昼と夜で気温もグッと変化するし
緑も見られない生活なんて

わたしだったら、耐えられないだろうなって思う

あの法外な身代金
単にゼロの数を間違えたのでなければ
解放してくれる意図もあるのかと期待したい気持ちもあります

ああいうグループが、あそこまで、過激で軍事力を有するようになるまでに
対処法が、なかったのか
やはり、政情が、安定していないと、あんな風になってしまうのでしょうか・・・


もう2日が、経ちました




コメント (12)

2015年01月09日 | 
      初夢や世渡り上手くしておりぬ


       ( はつゆめやよわたりうまくしておりぬ )


昨年は、姑のことが、ございましたので
実家へ足を向けることが、少なくなりました
で、年末、29日から田舎に帰り、母と年越しの用意を致しました

母も、この方法が、楽で良いと嬉しそうでした

元日だけは、寝正月を楽しみ、2日からは、通常モード

余りゆっくりは、出来ませんでしたが
母共々、家族が、皆 健康で新年を迎えられて幸せでした

年明けも、雑用が続き、本日やっとPCの前にゆっくり座ることが
出来ました

この”♪句あれば 楽し♪♪”も、段々、記事upの間隔も広がり、間延びしたブログとなり果てました
大きな心で、時々お立ち寄り頂きましたら、嬉しく存じます
本年も宜しくお願い申し上げます 


先日、足を伸ばした御陵のお濠、ミコアイサ確認後
直ぐカメラを抱えて、訪れましたら、もう何処かへ
飛び立った後らしく、写真に収めることは、出来ませんでした
無念です

近くのお濠を巡ってみました
ミコアイサは、見つかりませんでしたが、”バン”が、居ました
それも、タイミングよく、朽ちた桟橋の土台の石に上がってくれました
水鳥なのに、水掻きが、無いのを特徴とするバン
ウィキペディアには、ぎこちなく泳ぐなんて記載されていますが
なんのなんの、結構、スイスイ泳ぎますわよ

やっと足を見ることが、叶いました




水面を動く時は、太い首を盛んに動かして逞しく見えるのに
陸に上がると、華奢な足で内股で、頼りないのです 

今年の初納得でした

                         

今年見た夢は、変な夢でした
鴨の渡って来た湖の辺りをドライブしているのです
濃い藍色の湖に鮮やかな色の鴨たち
そのうち、わたしのクルマが、橋なりにその湖に入っていくって夢です

泳げない私が、何とか岸まで辿り着き、無事助かって夢から覚めるって夢でした

縁起が良いのか、悪いのか
何だか嫌な夢でしたね

連れ合いも、海で泳ぐ夢を見たのだそうです
大丈夫かしら ?? 我が家の平成27年は



コメント (22)

冬至  (野鳥)

2014年12月22日 | 
      小競り合い平穏に過ぎ冬至かな


       ( こぜりあいへいおんにすぎとうじかな )


冬至、それも、今日は、「朔旦冬至」と言うちょっとスペシャルな冬至だそうです
  詳しくは、 でお調べ下さい

つい先日は、ハロウィンだ
明後日は、クリスマスイブだと言って、西洋文化に浮きたっているかと思うと
朝から「柚子」だ、「カボチャ」だと賑やかなこと
日本って世界中で一番イベントの多い国と違うか~~


姑の病院スタッフと義妹の間で小さなトラブルが、続きます
大人のスタッフは、上手にあしらってくれますが
若くて真っ直ぐな気質のスタッフと、ちょっとね
姑には、長生きして欲しいけど、この神経に触る日々が、後 どれ程続くかと思うと  
病院側も、「おかあさんは、可愛くて何にも不満は、ありません。 が・・・」

そして、そんな日は、575が、上手く作れません 

・    ・    ・     ・    ・    ・    ・    ・    ・

御陵脇の桜並木
 小さな「コツコツ」の音
コゲラです
先日の鴨の渡りを見ることが出来たのも、この鳥のお蔭のようなものです

この鳥が空を見上げるので、 私も見上げたら
沢山の鴨が、飛んでいたのです

コゲラも、「ああ、鴨が、帰って来たなぁ」なんて
思っているのかしら

三点確保:岩登りする時の、基本中の基本
ひまわりさんの記事にもありました
コゲラも、握力の有る両足と尾との三点確保で、垂直な木の幹を上り下りしているのだそうです。
調べてみると、この記事の3枚目の写真が、強いて言えば、分かる写真かと



公園の池
珍しく鴨が、大きく鳴きました




鴨とカイツブリの間にに緊張感が、走っているように見えます

両方の鳥達にとって、充分広さのある池ですから、平和裏に問題は
解決されたようです
田舎の池のカイツブリは、300m以内に近づけませんが
この辺りのカイツブリは、人間を怖がりません






コメント (14)

野鳥

2014年11月29日 | 
 新しき暦に記す予定表まずは検査の病院予約


  ( あたらしきこよみにしるすよていひょうまずはけんさのびょういんよやく )


今日の一首、検査をするのは、義妹
彼女が、病院へ行く日は、 わたしが、必ず姑の所に行かねばなりませんから、 わたしの予定でもあるのです



11月も、あと二日を残すのみとなりました
来週は、師走です
ああ、気忙しいことです

大掃除第一弾、ラフに片付けました
寒くなってからでは、手抜きしたくなりますからね
行楽気分に背を向けて、頑張りました

今朝、久しぶりに、公園へ

こちらでは、マユミ(檀)の紅葉が、始まり、やっと実が、弾けだしました
実が、濃い牡丹色になってから、何日経ったか ?
全然、弾けませんでした

札幌にお住いのバジルさんのところでは、10月には、もう弾けていましたね





メジロの大好きな実のようです
今朝も夢中で、実を啄んでいました



公園からの帰り
ジョウビタキにも会いました




ところで、 先日のオリーブの実の生っている木の傍で
見つけました (御陵のお濠)



イチジクです

今頃 ??
これから、熟れてくるかしら ?

渡り鳥を見る序でに、様子を観察しましょ

何方か、実の生る木を植えているのでしょうか
ここは、御陵の岸ですから、個人の物では、ない筈ですが

環境があえば、大きく育つぞ~~ 


※ 「質問」に関して、ご回答を頂きました
  驚きの情報でした
  興味のある方、是非、ご覧下さいますように
  




コメント (8)

鳥と狸

2014年01月16日 | 
      鳰の背やわたしの足は冷えており


 ( におのせやわたしのあしはひえており )


今年、水鳥も野鳥も、数が、少ない
公園の鳥の声は、雀かツグミ、ヒヨドリくらい
各お濠の鴨の数も、例年の三分の1から四分の1程

海辺や河口に暮しやすい場所が、広く確保されています
そちらに移って行ったのかしら
カイツブリは、寒かろうが、温かろうが、水の中
水辺に上がって、一服なんて姿は、見たことが、ありません
餌を狙っては、潜るのですから
小さい体で、やるもんだ

鷺だって、水に浸かったまま餌を探して、動かない
しかし、お腹が、膨れると、陸に上がります

もっと寒い地方、雪の中で暮らす鳥の足ってどうなっているのかしら
例えば、タンチョウなど
寒さを感じないように、神経が通ってないのかな
そんな筈ありませんね

寒くて堪らない日、ふと考えることもあります


ちなみに、カイツブリの足は、弁足と云う
木の葉状の水かきが、ついているのだそうです
もちろん、見たことは、ありません


遠い方の古墳のお濠
例の狸の居るところでも、鴨は、少ない
ちょっと水位も高いです

内気そうな鳥が、崩れた桟橋の石の陰に



何でしょうね  ?

バンの若鳥だそうです
あの逞しい首をすくめているので、分かりませんでした


鳥によっては、雌雄でも、色が、違うし、夏と冬、羽根の色が、違うので
名前を調べるのは、苦労です






人が来ると、奥の方から、リーダーらしき狸が、登場
餌をくれる人か、  そうではないか  品定めです
何故でしょうね、
いつも桟橋の向かって右隅でお座りをします






水辺を歩く狸には、初めて気が付きました
冬毛だから、太って見えるのかしら?

コメント (12)

コゲラ

2013年12月16日 | 
      逆風は背中で受けてとりあえず


 ( ぎゃくふうはせなかでうけてとりあえず )


さすが、師走でございます
何やかや、思うようには、時間を使えません

予定外の小さな事件が、積み重なって
こんなことしていては、時間が勿体無い

気ばかり、焦ってしまいます


公園のプラタナスの枯葉が、珍しい姿です
雨は、上がり、風もおさまった日の様子
全ての葉が、一定方向に流れています
ここまで、吹かれたら、散りそうなもんだが
雨にも負けず、風にも負けず
未だ散らないぞ~~
踏ん張り具合が、「根性枯れ葉」ってことですかな





コゲラが、戻ってきました
ナンキンハゼの傷のある木肌をつついています
仲良しのシジュウガラも見ることが、出来ましたが
こちらは、動きが、早くて






先日、ニュースステーションの古館さんの後ろに
ナンキンハゼの白い実を素敵に活けてあったので
白い実を撮ろうと、出かけたのだが、もう残っていなかった

コメント (8)

公園の鳥 その4

2013年02月06日 | 

 手に荷物胸に一物春浅し


( てににもつむねにいちもつはるあさし )


     

     やっちゃいました 

     ショック~~
     ブログを作ろうとして、やっと、気がつきました
     「啓蟄」は、3月です

     予定を書き込んでいるカレンダーが、めくられていました
     連れ合いさんが、来月の予定を書き込んだ時
     そうしたみたい
     2月の頁を隣に張って、2ケ月分を並べてある
     
     私は、いつものとおりカレンダーを見ていました
     2月と3月は、日にちと曜日が、一緒です
     何の疑いもしませんでした

     今年は、TVから「啓蟄」って言葉が、聞かれないなぁとは
     思いつつ、575を作りました

     ゆっくり見たら書き込んである予定の数が、少ないので
     気がつきそうなものですが

     未だに、敵さんの行動の予測がつかず、こんな失敗をやらかします
     
     昨日も男の脳と女の脳の働きが、違うと学んだばかり 
     ちゃらんぽらんなのは、うちの連れ合いだけかと思ったら  
     意外と同じような傾向のある旦那さんと理解しあえない
     奥さんも多いと知りました

     腹を立てないようにしようと決心したところでした
     まあ、今回の失敗は、私の不注意が、最大の原因でした

     おお 恥ずかしい 
  
     シロハラ:
     2011年の丁度、今頃、初めて出会ったのは、公園のお茶室の垣根でした
     落葉の裏に居るミミズとかを食べているのだそうです
     今年は、そこから溝を挟んだ木の枝で、私の頭の上
     ずっと、こうやってます
     私も、ちゃんと撮りたくて、幹の周りをしずかに巡る
     鳥も同じように枝でクルクル
     防寒は、バッチリ
     暖かそうなお腹です
コメント (6)