♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

河津桜

2019年02月26日 | カシャッと575
         終幕は桜をつなぎ平成や


       しゅうまくはさくらをつなぎへいせいや


ブルーメさんからは すでに川津桜開花の記事が upされました
公園にも 未だ若い木が 数本あります
過去のブログをめくってみたら、 公園にデビューして 8度目の春です
昨日今日 暖かくなりましたから もう少し咲いているでしょうね
一番先に春の訪れを実感させてくれる花です


寒緋桜が 咲くまでは 今暫く待たねばなりません

いよいよ、平成から次へ
退位と即位に連なるイベントの報道から 現実として感じるようになりました

いえね、 大したことではないのですが、あくまでも私見で

1月28日 天皇陛下のご臨席のもと、国会が 開会されました
その時の安×さんのコメントが、ちょっとね
「平成は、 災害も多かった
 大変だった

 次の元号の下では、前向きに 頑張ろう・・ 」的な言葉だったと思います

気持ちは 分かりますよ
でも何だか陛下が 聞いて どんなお気持ちだろうかとふと考えた
被災地を訪ねて 被災者をどんなに励ましてくださったか
ちょっと言及が あっても良かったんじゃないでしょうか
・・・ わたしも 端から端まで 聞いたわけでは、無いんですけど・・・
<TVでは、そういう風に切り取られていたかも知れません>

平成のいかなる時も、両陛下は、ご立派だった
政治が どうであれ、日本は、概ねしっかり動いているって、思います

思うに、今の天皇が ご退位なるに 5月って良かったかな
桜の花を見て 平成を振り返る
沖縄から北海道、様々の桜の種類を鑑賞して、5月ってことですわね
わたしなど、もう「平成最後の河津桜」なんてつぶやいている



じつは、 この1,2週間の間に 仕事で 関連のある人の おかあさん
年齢は、 70代後半から80歳代の方
お二人が、お風呂で 倒れたってことです
お一人は お風呂の中で

寒い夜、風呂嫌いの主人は、 「風呂で 死ぬ人はいるけれど、風呂に入らんと死ぬ人は おらん」
と豪語する

かもね  とも 考える今日この頃である

母にもくれぐれも注意するようにと電話した



 

  
コメント (10)

春めいて

2019年02月23日 | カシャッと575
         私だけあなたの良さがわかる春


      わたしだけあなたのよさがわかるはる 


日差しも春めいて、洗濯物を高い物干しに広げるようになりました
そこからあのオシドリが居る御陵を臨むことが出来ます
今までだと こんもり深い森が 黒く見えておりました
??
久しぶりに見ると その森が少し透けています


遠いスーパーに行きがてら 水鳥の様子を見に正面に廻ってみました

ビックリ 御陵の森、 木が倒れたり 岸が、崩れていたり

例年集っている ミコアイサや カンムリカイツブリの姿も消えていました

昨日、公園内の他の御陵も訪ねてみたら、殆どに倒木の被害が あったようです




公園のどら池に オオバンのカップル(多分)が
この池で オオバンを 見るのは 初めて
写真を見る限り そっくり
カップルになる相手を決めるポイントは、何処なんでしょうね

鳥は 同調性を重要視するそうですね
人間のように 真逆の性格(?)同士の結婚ってないのでしょう



言われてみれば 水かきが無い分、動きがぎこちない かも
逃げるって程ではないのですが、こちらをチラ見しながら、一応離れていこうとする
誰か 餌付けしたのかしら
間近で見ることが出来てラッキーでした

この鳥 氷の上を歩くのも得意だそうです
バンとオオバンの違いを確認していたら そんな記事を見つけました

バンの鼻筋(嘴から額)は、白くて 恋の季節だけ 赤になるのだと思っていました
共にバンで 形の大きなのが オオバンだと
しかし、正しくは、バンとオオバンは 違う物

って 言うことは
実家の下の池のは 鼻筋が 赤いそうですからバンなんですね
新婚の時 父が教えてくれたんだとか
母は バンの鼻筋は 赤だと頑なです
私は 未だ 鼻筋を確認するほど 近くで見たことは ありません







 


コメント (8)

桃の古木

2019年02月20日 | カシャッと575
         遅すぎた臥薪嘗胆桃の花


       おそすぎたがしんしょうたんもものはな


最近ブログupをお休みされたブログ友さん
長いお付き合いです

彼女は、ブログに臥龍梅を何度かupなさっていました
鹿児島県薩摩川内市の藤川天神にあるのだそうです
一度見たいなぁって思っていました
なんてったって、樹齢1000年を超え、菅原道真お手植えのものと伝わっています



実家の裏畑の片隅に桃の木が何本かあります
昔は 2月になると花屋さんが 活け花用に枝を持って帰ってました
曾祖母や祖母が世話をして、 わずかのお小遣いにしていました
勿論 私が生まれた頃には、既に ありましたから
樹齢は、 1000年には 及ばずとも、 相当重ねたものと思います

ついにそれらも寿命なのでしょうか
幹が傷んでまいりました




先日帰省した折 みましたら 倒れた木に寄りかかって
横たわった幹から、枝が伸びて蕾をつけていました
臥龍梅ならぬ臥龍桃って姿

しかし 根っこを見ると怪しいキノコも取りついて、いよいよ
弱って来た気配です




「臥薪嘗胆」
何故か ふと思い出す4字熟語
漢文の時間に学んだったっけ
今更 私の歳では 遅すぎますね
皮膚に出来た痕、(うたた寝の跡とか帽子を被った痕) なかなか消えません
薪を割る元気も 在りません
獣の肝を嘗めた苦い味は、生きている間に消えないでしょうね

「耐えて・・・」なんて気持ちより「諦め」で誤魔化しているかな 

     ・
     ・
     ・
なんてことを 考える時間もある今日この頃です


コメント (6)

マジッ??

2019年02月18日 | 花、実
         さねかずら裸の王のたたずまい


      さねかずらはだかのおうのたたずまい 


マジか ょ !
16日のお昼のニュースに 思わず突っ込んだ

非常事態宣言を発動したトランプさんが、安×さんから
ノーベル委員会へ送られた推薦状のコピーを受け取ったと宣もうた

はぁ



トランプさんが ノーベル平和賞にふさわしいってか 

あの人なら そんな判断もするかもしれないけど・・・

その後のニュースでも真偽のほどは、 分からず
それこそ フェイクニュースかと思ったりして

そしたら17日のニュースによると
政府も その事実を認めたって


呆れるやら 恥ずかしいやら
多分、このことを知った世界の首脳は、プッと吹き出したことでしょう

そんなこと 国民を代表してしたためて欲しくはありません
手紙の 主語は 「I」か 「We」か
”日本国民を代表して私”となっていたそうだが
代表は おかしいでしょ
多分 その意見に同意する人は、極僅かだと思います
少なくても 私の周囲には おりません 


さて今回のケース

  □ 安×さんもスタッフも至って本気だった

  □ スタッフは、 違和感を持ったけれど、安×さんには逆らえなかった

  □ 安×さんも アメリカ政府に頼まれて拒否できなかった

いずれの状況だったのでしょうか ?

北朝鮮との交渉で 何か具体的な成果得ましたか ?
アメリカ国内も不安定です
トランプさんは、アメリカ第一主義で差別的、何処が、「平和」でしょうか、

翻って、トランプさんが、ノーベル平和賞にふさわしいとして東アジアに平和が 訪れたってことですから
ミサイル防衛体制は 不要ってことですよね
不要な出費は 抑えられるんでしょうね

一応 今晩のニュースでは、北朝鮮との関係は「未だ 正常では無い」と言明したそうですが、
とにかく拉致被害者を一刻でも早く帰国させることにまい進して欲しい

安×さん 本当にトランプさんのこと わかっているのでしょうか
アメリカに恩義を感じるDNAが受け継がれているのか
それとも、アメリカおよび世界の状況をしっかり分析できない人なのでしょうか
<ニュース見ない ?>
短慮の極み

3期目 これが最後となると好き放題、やり散らかす心算なんでしょうか
これが、日本のリーダーとは、悲しいと言うか 残念というか 


                   


サネカズラ(美男葛)

この時期になると周囲のプチプチとした実を啄まれて、身ぐるみ剥された状態です
きれいな花が 咲くそうですが、一度も見たことありません
季語としては、赤い実の生る”秋”だそうです
藤の蔓に絡まって、余計にややこしい



コメント (8)

35年ぶり

2019年02月16日 | ひとり言
        春潮や遠まわりする岩屋まで


       しゅんちょうやとおまわりするいわやまで


申告の準備も整い、10日の朝、田舎へ向かいました
今回は 一人で
湾岸線住吉浜手前は、いつも渋滞してますが、
その日は  その地点も スイスイ
大きな渋滞も無く 快適なドライブ 

3連休でも 皆さん 遠出なさらないんだ 

     
     
     

明石海峡大橋の上で なんか嫌な渋滞です

?? 

これは 島の北端のサービスエリアへ入るのは苦労しそうだ
駐車場も 満車の予感

もういっそ、 次のパーキングへ行こう

?? 徐々に車のスピードも 落ちてきている

で 追い越し車線を走ることにして
お先に行きましょ

おとっと、 真ん中の車線 車が 連なって
これじゃ 追い越し車線をずっと走らなければなりません
ちょっと それは したいくない

2,3台 追い越して 真ん中の車線に入り込んだんです
そしたら右で 何やら言うているのは ブルーの制服を着たお巡りさん 

わたし ?

35年ぶりのスピード違反です  

      
     
     


3か月は 法令順守で 行かねばなりません
いえいえ、いつも順守していますよ
”譲り合う心ひとつで 事故はゼロ”が、わたしの信条ですもの

この歳で スピード違反って 


暫くは 悔しいやら情けないやらで 気持ちもざわつきましたが
日も経ちましたので 今日は 落ち着きました

               

岩屋とは、島の北端にある町です
本土の舞子から島の北端まで直線で3㎞弱
潮流が 激しくて最短コースで横断は、無理です
船も海峡を斜めにわたります
昔 泳いで横断を目指す人も居ましたが
今は 航行する船が 多くて、許可は、下り無いでしょう





コメント (14)

金魚の今

2019年02月05日 | ひとり言
        春立ちぬ小さき命色めく日


      はるたちぬちいさきいのちいろめくひ 


昨年 4月29日に upした金魚の幼魚は 全滅でした
その後、再び 結構な数の産卵、孵化が 有りました
しかし、全体に 小さい個体が 多くて、僅かに2匹だけが 年を越しました



11月の様子
同時期に生まれても こんなに大きさが 違うんです
小さい方で 尻尾の先までで 1cm弱ってところ

光線の具合で 赤っぽく見えることもあるようになりました
ところが、 先日の雨の日に小さい方が 息絶えたようです




毎年 生存するのは 1匹って言いうところでしょうか
(前の金魚は、増えすぎて困ったくらいなのに)

何時大人の金魚の水槽で同居させるか?
それが、今の悩み
大人の金魚たちは、3月になると 産卵モードになりますから



さて、 島で運転免許を取るとなると 明石の試験場に行かねばなりません
今でこそ橋が架かったので、往復は簡単ですが、わたしの頃は 1日仕事でした
中学(もしかしたら高校だったかしら?)の遠足で 行った天文科学館でプラネタリウムを見たのも想い出

島の暮らしでは、割と近しい明石市です

そこの市長さんの暴言が、波紋を呼んでいます
市民の安全を考えた余りの言葉だからと 擁護する意見も増え始めていました


??

わたしは、容認できません

「ビル燃やして来い」は、許せません
ビルの持ち主も明石市民(おそらく)
放火は 重い罪です
何より市民の安全、財産を守るのが 市長の仕事
スタッフの手に負えない相手なら、担当者を増やすなり、替えるなり
市長としてやるべきことは あったはず
交渉術に長けた人に協力を仰ぐとかね

兎に角 暴言を吐くってことを 許せないのです、わ・た・し
暴言を吐いている人って 段々自分に酔ってくるみたい
普通じゃない世界に居るような錯覚になるのかな
あおり運転してしまう人も そんなことなんでしょう
あの前市長も日ごろから暴言が多かったそうですね
言うこともコロコロ変わるので、職員が、市長の言葉を録音しておくようになったとか
市長にも、それなりの落ち度は あったんだろうと想像します

昔パートに行って居た時の出来事
私はその日レジの担当でブースに座っておりました
隣のグループのリーダーが 部下を叱っていました
彼は 日頃から怒り出したら止まらない
言葉がきつくなって行くタイプ
その彼が、興奮のあまり私の椅子を蹴飛ばしたんです

わたし関係ないのに 

ところが、 数分後、彼の姿が、売り場から消えました
彼の不運は 椅子を蹴飛ばした時 お偉いさんが丁度通りがかっていたのですって
そのお偉いさんが 彼の態度は 何ぞや
お客さんも居る前で ってことです
・・・これは私の上司から、こっそり聞きました・・・

彼が再び売り場に戻ることはありませんでした
その時 知ったんです
幾ら怒りが正当なものであっても、度が過ぎると、自分の身を亡ぼすんだと

やはり 自分の言動を冷静にチェックする作業は 必要なんでしょうね



コメント (14)