♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

青桐の花

2014年06月30日 | 花、実
      青桐やもとを正せば花ひとつ


       ( あおぎりやもとをただせばはなひとつ )


もう咲いているのだろうか? 青桐の花
ずっと、高い所に小さな花なので、私の目では、判断が、つきかねます
種も小さいけど、花も小っちゃい
小っちゃい花が、何年を経て、あんな見上げるような木になるのだろうか?

で、グッと背が高くなる木花や実ばかりに、関心が、行ってしまって、
もう一つの特徴、”幹もすがすがしい緑色をしている”をとらえた写真が、一枚も無いのに、気が付きました




やっと、青桐の花の写真を撮れただろうと 
気を良くして、帰路に着いた
急ぐ用事があったので、いつもと違うコースで帰ろうとしたところ

???




こんな所に、イスノキが
それに、実が、生っています

来る途中のイスノキに花も見たことは、無いし、実にも気づきませんでした

もう1カ所公園のイスノキを見に行きましたら
そこのイスノキにも実が、なっています

実は、この花を見たくて、公園に来る度、チェックしていたのです
花は、全く見てませんのに  
花の時期が、きわめて短いのかしら

イスノキは、虫えい(虫こぶ)が出来るのが、特徴の木です

   ※アブラムシ等の虫が、葉に卵を産み付けている  

余り沢山虫えいが、出来ている木には、実が、少ないようでした
写真も、見るに耐えられるものをupしました
なるべくなら、近づきたくない木なのです
でも、珍しい表情をいろいろ見せてくれるので、興味は尽きない木です

今日は、単に観察日記みたいな記事となりました

本日のおまけ: 三つ葉の花です
          撮影会をもう3日も試みましたが、これで精一杯です
          小さ過ぎる花です




コメント (8)

ハラダのラスク

2014年06月28日 | カシャッと575
      傷つけず傷つかぬよに七竃


       ( きずつけずきずつかぬよにななかまど )


季語とするならナナカマドは、実の生る”秋”です
白い花は、鑑賞の対象では、ないのでしょうか ?
この繊細な花も好きなのです

最近、気になるCMがある
仕事をしていても、手を止めて見入ってしまう

一つ目: アサヒ飲料の「なないろwater's」

NHK”ごちそうさん”の悠太郎さんが、失恋してしょんぼりしているところに
不思議な少女3人が、出てきて
説教するってCM

「自分の悲しみを知って、他人の悲しみが、分かる」って

セクハラヤジの犯人に聞かせてあげたい



2つ目: J:COMのZAQちゃん

ZAQがネギ背負ってくるCM
まな板の上のネギから逃れようとする姿が、可愛い
いつも新しいZAQに合うのが、楽しみ

                                                  




先日来、ずっと心の隅にいる「ハラダのラスク」
バジルさんに教えて頂きました
大阪に出る度、大阪北のデパートに寄ろうと思っているのですが
何だか、用事が出来たりして、ままならず
昨日も、お迎えが、帰りを急ぐものですから
当市のターミナルにあるデパートまで戻ってきてしまいました

目的の買い物をして、レジが済むのを待っていると

♪♪~~ 「お呼び出しをもうしあげます
      先程2階、 特設会場の 「ガトー △*▼※ ハラダで、お買い求めのお客様・・・」って
店内アナウンスが、聞こえて参りました

      

あの放送が、無かったら、知らずに帰ってしまっていました

思わぬ奇跡でゲット出来ました
暑い時期、チョコレートコーティングのは、チョコレートが溶けるということで
シンプルな昔懐かしいタイプのラスクのみの販売です
バジルさんは、ホワイトチョコが、コーティングされたのをお勧めでした

バジルさんのおっしゃるとおり、very

お隣にも持って行ってあげたら、奥様、 私の顔を見るというより
ハラダの袋を見るや、「ありがとう」って
今まで見たこともない様子で喜ばれました




コメント (10)

のっぽのひまわり

2014年06月25日 | ひとり言
ひまわりは言い訳もなく影に咲き 熱く闘う侍もまた


  ( ひまわりはいいわけもなくかげにさき あつくたたかうさむらいもまた )


今日は、少々蒸してました

気が付けば、わたくし、結構日焼けしています
洗濯物を干す時、取り込む時は、帽子もなし、手袋もなし
短い時間だからと油断していました

夏本番は、これからなのに

公園では、もうひまわりが、咲いていました
皇帝ダリアと背を並べるくらいに背の高いひまわり
もう大人のひまわりだから、花が、太陽を追いかけたりは、しません

                        

今朝は、心臓が、痛くなりました

サッカーです

侍ジャパンの試合運びは、スマートでした
わざと、相手を傷つけようとしたりは、決してしませんでした
あくまでも、紳士的でした

今回、アフリカ、中南米チームのゲームを目の当たりにして
こりゃあ、日本には厳しい状況だと判断が、つきました
スピード、パワー、彼らに比べて小柄なアジアのチームでは
太刀打ち出来ませんわ

チームが、好きというより、好きな国が、殆ど脱落してしまいました
スペイン イタリアが、決勝に、行けないなんて
イングランドも、ポルトガルも

それ程、サッカーって何が起こるかわからないスポーツなんですね

ギリシャ、国の中でも経済は、破たんしているし
チーム内は、まとまっていないし
なんて甘く見ていたら、しっかり決勝トーナメントに駒を進めています



どう贔屓目に見ても、フィジカル面では、日本は、まだまだ発展途上
それを如何開発して、行くか ?
サッカーに限らず、海外で競うスポーツ全体に言えることです
アフリカや中南米のチームに比べ、”がむしゃら”が、余り感じ取れませんでした
頭脳プレイに徹して、シュート力の向上を図りますか


世界中200以上の国から選ばれたわずかに32チームに入ったのですから 

お疲れさまでした

   オーストラリアは、アジア枠から
   ニュージーランドは、オセアニア枠から出場だそうです 

ブラジルは、遠い


ブラジルって、ブリックスって新興経済大国の一国に名を連ねていたのに
意外と内情は、そうでも無いようですね



コメント (10)

舌禍

2014年06月23日 | カシャッと575
      吐いた棘巡り我が身の傷となり


           ( はいたとげめぐりわがみのきずとなり ) 
 


意外と、マスコミの反応が、薄いなって感じていた都議会のセクハラヤジについて、

今日は、犯人のひとりは、明らかになりました

海外でも非難されているって言うのが、効いたようです
日本人は、海外の評判を気にしますから



歳のいった議員のヤジだとおもっておりましたのに
意外と若い人でした
こんな若い男性が、あのような問題発言をするのが、信じられません
お勤めしたことないのかしら?
女性が社会進出している環境に、身を置いたこと、ないのでしょうか ?

正に石原環境大臣が、あるまじき呟きが、原因で、頭を下げているこの時期にです
学習してないってことです


私が、パートに行っていた折、セクハラについて
男性社員や役職のある人にレクチャーがありました
会社側は、ピリピリしてました
女性にそっぽを向かれたら、デパートは、やっていけませんものね

議員さんは、そんな点はきっちりしていると云う前提なのか
当選後、レクチャーなんか受けてないのでしょう
しかし、特に自民党さんは、お勉強する必要が、ありますね

とにかく、ヤジは、品が、無い
ヤジっても、何の得にもならんって、学習して欲しいです

素直に 名乗り出るのが遅い
中○氏以外にも
きっと、言った本人は、自分が、批判されているって分かっているのに
今頃、何を思っているのでしょう?
ドキドキしているかなぁ
黙って、騒ぎが治まるのを待っていようって魂胆でしょうね
中○議員の他に、何人かは、居ますよね
夕方のニュースでみると、中○議員も事件直後は、すっ呆けていたみたい
潔くないなぁ

危機をラッキーに変えるって発想が、無いとダメですね
それと、男は度胸

大体、男性の方が、うっかり一言多いように思います

                                   

写真の植物は、アーティチョークだと思っているのですが
ブルーメさんの ブログのお写真のアーティチョークの方が、明らかに美味しそうです
わたしの見つけたのは、単に「大きなアザミ」かしら
もっとも近所にこれを料理しようなんて、小粋な人は、おりません



コメント (14)

裏切り

2014年06月21日 | カシャッと575
      眠れぬ夜怒りのたがのゆるむ音


       ( ねむれぬよいかりのたがのゆるむおと )


皆さんは、お気づきでは、無いかもしれませんが
小さく報道された事件がありました
79歳の妻が、79歳の夫を撲殺したってニュース
40年前の女性関係が、原因で喧嘩になった行き着く先だったとか

ニュースキャスター(男性)は、いくら腹を立ててもそこまで、するか ?
って言ってました
最初聞いた時は、認知症??と思いました

どうも、40年前、夫が、急に会社を辞めたのは、その女性問題に絡んで
退職させられたらしく、それを最近になって夫が、妻に打ち明けたらしいのだ

私なら、殺すまでは、行かないだろうけど、妻としては、凄く悔しいだろうなと思いました
きっと妻は、夫が、急に職を失って、収入面でも苦労したのでしょうね
今まで、じっと耐えて来た辛抱が、夫の火遊びが、原因だったとは
40年前のその時に、打ち明けて貰っていたら、こうも憤らなかったかも

男は、自分が、妻を選んでずっと傍に居たから、文句は無かろうって
その程度にしか、考えずに、口にしたのだろう
ご近所でも、仲が良いとの評判のご夫婦だったそうです

残った妻もこれから辛い日々です

                    


裏切られたと言えば、何の為の消費税値上げだったの
年金の支給が、75歳からになるかもなんて
冗談じゃありません
今の年金支給を保持する為に消費税を上げたのでは、なかったの?(私の誤解かな)
男性の平均寿命からして、そんな年齢から年金を支給してもらって、元が取れますか?
これでは、若い人も、年金を納付する気にもなれないでしょう
大勢、政治家が、集まって、そんなアイデアしか出ないのでしょうか?
あまりにもお粗末
雇用を安定させ、子育て環境を充実させる
企業は、年金にあてる資金を増やしたくないから、非正規社員が増えるのです
国民が、安心して、年金を納付したくなるようなアイデアを出してほしいです

病気になったり、介護施設に入ると、まあそこそこの支援は、あるようですが、
元気で長生きするのが、辛い時代って変です


 苧麻蘭の花、 咲いてます




 青桐の蕾を見つけました
週末、雨だったら・・・、どうしましょう
花を見ることが出来るでしょうか ?
ちょっと心配


コメント (14)

ワールドカップ サッカー

2014年06月18日 | ひとり言
      夏の夜や戦の音聞く人もあり 


       ( なつのよやいくさのおときくひともあり )



イラクには、ワールドカップなんて関係ないのだと、ニュースを見て、感じたままの575です

合歓の花も、綺麗な花を撮るのが、難しい
直ぐ汚れた綿菓子のようになってしまいます

                           


やはり ワールドカップともなると、サッカー、面白いです
ボールが細かくあっちへ、こっちへ
ドリブルでグラウンドを走るのは、醍醐味が、あります
シュートだって、シャープです
(なにせ、スポーツ音痴のおばちゃんの説明ですから、 こんなもんです
  ご勘弁を)

ボールすら楽しく蹴られていると見えるような試合もあり,
世界中が熱狂するのも、理解出来ます

各々の国を背負って、選手も大変です

ブラジルなんて優勝しなかったらどうなるか?
決勝トーナメントへいけなかったら、国家転覆しそうな様子です
もうすでに大統領の支持率が、急降下だそうですから

昔、ブラジルが、日本に負けて、後で何か事件が、起こった記憶が、あります
ブラジルにとれば、日本のサッカーに敗北するなんて、正に「青天の霹靂」だったのでしょう


日本からも大勢のサポーターが、行っているのが驚きです
正に地球の裏側、遠いですよ
そして、犯罪の多いところへです
全試合、観戦するご予定でしょうか ?
みなさん、ご無事で日本に帰られますように



負けてもゴミを拾って帰る
なかなか素晴らしいことです
って言うか、そんなに大騒ぎすることかしら
日本ならごく当たり前のことですよね

そんな文化の熟した日本が、好戦的なわけないでしょ
何処かの国に言ってやりたい

選手たちのtatooが、気になります
拒絶反応を示すのは、日本独特のものでしょうか
tatooをしていると、CTやMRIの検査を受けられないって聞いたことが、あります


コメント (12)

梔子

2014年06月17日 | ひとり言
わだかまり抱えし朝の梔子や花咲く時にためらいもなし


( わだかまりかかえしあさのくちなしやはなさくときにためらいもなし  )





わたしの頭の形に問題があるのか
上手い具合に頭にフィットする帽子が、なかなか見つかりません
首が焼け無いように、”つばひろ”であることも、必須条件です

やっと見つかったこの帽子も、自転車に乗って走ると、脱げてします
スーパーで買った帽子ですから、高価なものでは、ありませんが、
今のところ、これが、一番頭の納まりが良い

もう一つ、あります
それは、細かく編んだような生地で、自転車に乗って走っても
飛びません

工学的に考えて、帽子は、風を受けると飛ぶって事ね



おじいちゃんの帽子に小さな穴が、開いてました
あれは、何 ??

ふと思ったのです
あれって風が、抜けるようになっているのじゃないかしら?

¥100.-ショップで小さなレースのアップリケを見つけましたので
帽子に穴をあけてそのレースで飾ってみました
レースの穴も少し広げました

被って出かけてみました
風の無い日でしたら、行き来とも無事飛ばずにmy頭に
のったまま戻って参りました

穴の位置は、もう少し外側が、良かったかも


コクチナシ、これも公園の香りの木のコーナーに咲いていました
蕾が、解けるように咲くのは、八重のクチナシとおなじです
クチナシの花、綺麗なのを探すのは、難しい



コメント (13)

公園で

2014年06月15日 | カシャッと575
     言の葉やゆっくり醸さる蕾にて 


       ( ことのはやゆっくりかもさるつぼみにて )



先日公園で花の写真を撮ったけれど、満足のいく出来上がりでありませんでした
暑い時間でしたが、公園へ一っ走り  



公園を自転車で走っていると
若い母親と10歳くらい、未だなってないかも、のお嬢さんとすれ違った
道に落ちている土色の塊を見て
女の子が「これ、 何?」
おかあさん「草や落葉が、枯れた後、土みたいになっているんじゃない」って
腐葉土のことを説明しているらしい
女の子が、可愛い声でしみじみと「かわいそう」って(わたしは、背中で聞いた)

「かわいそう」って、自然に言葉に出てくるって、すごく素晴らしいことだなって、感じました

あの娘は、素敵な人になるだろうなって







銀梅花 咲きました、
公園への遊歩道に、たった1本の木です
大きくなると刈られてしまうので、花も、少ししか咲きません
濃紺の実も、見たことないのです、最近

我が家の鉢でも1本育っていますが、花が、咲くのは
いつの日のことかしら ?
田舎の花瓶から、実を一粒持ってきたのが、根付きました


フェイジョアの花
久しぶりに会えました
近所の遊歩道のは、とんと花を見なくなりました

写真の花は、公園の香りの木のコーナーで、みつけました
わたしの好きな花の多くは、フトモモ科のようです







緑の実は、見たことありません
今年見られたら幸せだけど・・・
偶々、枝に残った実とその残骸を写したのが

こちら
残骸も面白い姿でしょ

575を添えたのは、フェイジョアの蕾です



コメント (12)

堂島ロール

2014年06月13日 | ひとり言
      人知れず別れる朝や霧雨が


       ( ひとしれずわかれるあさやきりさめが )


一昨日の夜半
隣組の中の1軒のお宅のおじい様が、亡くなられました
お元気だった奥様が、急に逝かれてから4年
闘病中のおじい様も奥様の元へ旅立たれました

で、お通夜、ご葬儀とお手伝いに行って参りました
お手伝いと言っても、殆ど会場に居るだけでしたけど

わたしよりずっと若いご夫婦と息子さん、お嬢さんのお宅となりました

普段は、回覧板を回すくらいの交流でした
奥様も、控え目で、子供会以外では、地域には、馴染みが無いようでした
他所から来たお嫁さんだから
今回、いろいろのしきたりを先輩たちに訪ねるうち
少なくとも隣組内の距離が、ちょっと縮まったように感じました

昔から、結婚式やお葬式を通じて地域の縁が深まっていたのだろうなと
改めて、感じました

結婚式は、二人で海外 もしくは、友達中心で・・・が、多くなりました
お葬式は、家族葬でという風潮、残念ですね

とか言うけど、いざ自分の問題となると
他所さんに迷惑を掛けたくないと、思ってします

”おたがいさま”という言葉も消えていくばかりか・・・


会場から、ふと外を見ると、霧雨が、降っていました
いつも言葉少なくいらしたおじさんを送るかのように
空は、明るいのに・・・梅雨っぽくない
「霧雨」は、秋の季語です



 あの堂島ロールが、遅まきながら、我が家に届きました
ターミナル駅のデパートのお菓子売り場の
今週のスイーツは、「堂島ロール」です
老夫婦ふたりには、丁度良いハーフサイズです
しかし、
どうも、あの生クリームの量が、恐ろしくて
買うのは、諦めておりました

ピンポ~~ン 

届きました

中のクリームは、超あっさり 絶妙なお味です
でも、正直、ちょっとクリーム多過ぎと云う印象は、拭えませんでした



13日は、朝から姑を病院へ、付き添って行ってきます



コメント (10)

時の記念日

2014年06月10日 | カシャッと575
      あの世まで持ってく秘密はふたつまで


       ( あのよまでもってくひみつはふたつまで )


昨日は、DNA鑑定で血縁が、無いことが証明された父子の場合の
戸籍云々のニュースが、何処の局、どの時間でも報道されていました
来月、最高裁の判断が出ます

血縁上の父親と現在一緒に暮しているのなら、法律より血縁が、優先されるべきとも、考えます
科学の進んだ現代、 DNAが、一致してない事が、後々判明するより
子供が幼いうちに正しい親子で暮らすのが、正解と思います

実の血縁が、判明する時期によっても、違った判断が、あると思います

父親も愛情が、あると、言ってますが、将来再婚して
その人との間に子供でも出来れば、その愛情もどうなるか分かりません
だって、実の子供でさえ、新しい母親に遠慮して・・・なケースもあるそうですから

しかし、女性も堂々と請求するのですね
自分の反道徳的な行動で、この事態を招いているのに
(別居中だから不道徳では、ないか?)


昨夜、連れ合いに、ふと尋ねてみた
実際は、子供に恵まれなかったのですが、
もし、子供が、他の男の子供だったと分かったらどうするって

連れ合い「知らぬ間に大きく育っていたら、そのまま親子として暮す
次男が、本当の子供としても、その長男を長男として
財産(そんなもの無いけどね)も渡す」と申しました

そこで、でございます


「実はな・・・」と云うのです 

ン  他所にアンタの子供居るんかいな ??

まさか、そんなことはございません

若い頃、友人から打ち明けられたそうです
昔交際していた女性が、結婚を前に彼を訪ねて来て、関係を持った
そして、結婚後出来た子は、彼の子だと

今となると、その子も40歳くらいらしい
どうしているだろうと申しました

そんな小説みたいなこと、あるんだぁ


コメント (11)