♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

どっちもどっち

2017年09月27日 | ひとり言
      しがみつく棘は鋭し秋の乱


       ( しがみつくとげはするどしあきのらん )


先週から 気づいていました
アスパラガス (茎を食べるのでは ありません)
アレンジメントで用います
正式な 名称は 何でしょう ?
私が 通った教室の先生は アスパラガスと言ってました

葉先が 白ッぽくなっています
新しい葉が 出てくるんでしょ (羊歯みたいに)
って 思っていました



これ 花じゃないの ?
食べるアスパラガスも 白い花を咲かせます

この茎についている 棘が痛い !
バラより 痛い
痛い時間も より長い
バラの棘は 虫を寄り付かせないように あるそうですが
このアスパラガスの棘は 壁などにくらいついて茎を伸ばす為にあるのだろう
猫の爪のように湾曲している

赤い実を 生らせるのかしら ?

      
      
      


うんざりです
もうしばらく 政治のことは記事にしないと 心に決めていたのですが
ここ数日のことには

実に浅ましきは 政治屋たち

「国難突破解散」って安×さんが 命名した時
「国難は あんたや」って、TVにツッコミを入れましたけど
「丁寧に説明した云々」には、なんと 国民の意識から距離が あるかと

そして 今週の野党のゴタゴタと言ったら

どっちも どっち
一体 このドラマの主人公は、何方さん 

北の暴れん坊将軍さんの暴走を止めるべく 世界中にメッセージを届て協力してもらわなければならない今
肝心の日本の議員さんは自分のことしか 考えていません

自分たちの事に奔走するように 国民の為に 働いて下さいねぇ






コメント (10)

モミジバフウ

2017年09月19日 | ひとり言
      秋の風君の心のうらおもて


       (あきのかぜきみのこころのうらおもて )


来たる24日は 当市の市長選です
お彼岸 田舎に帰ります
2つの家の墓掃除もしなければなりません

多分 24日は こちらに戻って来ている予定ですが
必ずとも言い切れず
昨日 不在者投票に 行って参りました

意外と人は、居ません
関心が 無いとは 思えませんのに
<夕方のローカルニュースで 関心が、低いって言うてました >

投票所に わたし一人で 係りの方が 約 10名

建物の入り口には 出口調査の人が 二人

ああ、これでは 帰りに 捕まるなぁ

放送関係と 共同通信社とのこと
共同通信社は お初です
2社のアンケート項目を比べてみれば
共同通信社の内容の方が より当市の市長選に沿った 質問のように
見受けられました

私は、注視しています
どうなることやら 



国会に 解散総選挙の風が 吹きそうだとなると
例の暴言女性議員が 会見を開いたようですね
どうせ 言い訳に終始するだけだろうと 会見の様子は
見ておりません

議員さんって 恥を知る人では 務まらない職業かな
     首相からして
     森友、加計の件  全く無視
     自分の在り方について 全く分析してないってことでしょう

自分の行動の善悪は判断が つかないのか
頭を下げたら済む
頭くらい いくらでも下げてやる  って精神かしら

あんな暴言テープが 明らかになったら
わたしなんて 恥ずかしくて 表を歩けません
ですから あんな言動は 絶対 あり得ません

ついでみたいな選挙で 憲法改正まで 行ってしまうのか ?




というような次第で 週明けまで お休みします 









コメント

台風18号

2017年09月17日 | ひとり言
       台風の過行く夜に昔のこと


       (たいふうのすぎゆくよるにむかしのこと )


台風により被害に遭われた地域の方々にお見舞い申し上げます
大分県の方は、もう何度も 記録的な大雨に見舞われ お気の毒です
もう少しで刈り取り出来る筈だった稲田を 濁流が、流れている様子には
胸が 痛くなります

夕方のニュースによると 故郷 淡路島はいずれにしても 直撃の様子です
母によると ちょっと風は あるけど・・・ って程度だそうです ≪6時30分≫

夜の9時に 鳴門市の辺りにあり、北上するとあります
島を縦断するのか
何せ 島に母ひとりですから ヤキモキしました
それに 第2室戸台風と似たようなコースなのも 嫌な感じで
(それも 18号でした)
やっと 10時20分 明石市に再上陸と速報が 出ました

島の上は通らず 西の海上を進んだようです
(満潮を過ぎてからですから 高潮の被害は 起きなかったようです)

こちら 雨は そうでも ありません
10時頃から 強風が、家を揺らしましたが なんとか耐えられそうです




アベレーダーよき風見るに長けるなり


まさかねぇ
北のキムさんが 暴走している今 解散って
安×さん ちょっとそっとの事では揺るがないぞって自信ないのね
底が 浅いの 見えてしまいました

森友 加計に関して 何も説明も、無いまま
まずは 自分の事なんですね  










コメント (12)

フェイジョアの実

2017年09月15日 | カシャッと575
      やり込める言葉を詰めて夫の家


       (やりこめることばをつめてつまのいえ )


今朝は 秋  ??  って感じる程に 涼しかった
空も秋の雲が 広がっていました

なのに である

再び ミサイルが日本上空を飛んだんですね

彼との「対話」なんて事を収めるに 効果あるでしょうか
話が 通じる相手では ありません

    あの国の人々は、食べることにも 窮しているのに 彼は、自分と軍備開発にのみに
     お金を使っているかの如く言われていますが
     少なくとも平壌で 暮らす人達は そんな風には 見えません
     痩せすぎの人も居ない

     ただ 多くの軍人さん 軍服の袖から 下のシャツが 見えないのが 私の謎です






わが親族にも居ますのよ
似たように話の通じない人

やり込めたいところですが、話が通じないから
事が 大きくなるだけと見通せます
だから 黙っています
用事が済んだら 

先日も姑の施設に「お礼」に伺いました
初めて聞く出来事もあり 頭を下げるばかりでした
姑より 彼女の精神的介護をしてもらっていたみたいでした





写真は、公園のフェイジョアの実です
大きくなるのが 楽しみってところですが、きっとそれまでに 枝は 伐採されるのでしょう
これほどの実が 残って居る方が 珍しいのです

出来れば 籐のカゴに入ったような 枯れた実を見ることが出来たら嬉しいのだけれど
期待薄  



フェイジョアの実に詰められる文句 愚痴なんて知れたものですヮ





コメント (12)

さんま

2017年09月12日 | ひとり言
         焼きサンマ今年の皿の余白かな


       (やきさんまことしのさらのよはくかな )


 去年のサンマは も少し 大きかったヮ~~

我が家では サンマをロースターで 焼きます
2年ほど前までは 半分にカットしなければ、納まりませんでした
ところが、昨年あたりから 1匹 丸まんまでも 焼けるようになりました
例年なら この皿にのびのびと横たわるサンマが、載る筈なんですが

特に 今年 不漁なんだそうですね

焼いている間に ロースターの受け皿に落ちる脂の量も 少ない感じ

残念です
秋の味ですのに
我が家では 2日と開かずに 食卓に載りますのに・・・

中国で人気が 出ると なんでも やたらと 消費されて
先のことを 考えて無いんですから
サンマや鰯の数が 減ると 海の生態系だって 変わって来ちゃいますよ




暑くて 未だに粘っこい汗が噴き出す今日この頃なのに
公園の樹が、秋モードを進んでいるようです



泰山木の実
真っ赤な実を優しく包んでいます
もう直ぐ 真っ赤種が、顔をみせるでしょう






さんま喰う骨抜き上手しねこまたぎ  

なんかね
安保理の制裁決議 効果あるのでしょうか

結局 思った(期待した)よりは、緩い決議でした




コメント (18)

9月

2017年09月08日 | ひとり言
       月見月道をはずれた恋重し


       (つきみつきみちをはずれたこいおもし )


毎日 毎日 「不倫」って言葉を目にしない日は ありません

不倫は、要注意 ?
それとも、不倫は バレないように要注意なのか ?


地方、国会に関わらず、議員さんて 時間あるのですね
神戸の若き市会議員のセコイこと
国立大学の歯学部に進んで 議員と歯科医の2足わらじ
ご両親には 自慢の息子だったでしょうに
することが、 セコイ

ニュースの度 「I議員と不倫報道のあった神戸市議」ってプレーズがつく
彼も お相手が お相手だから 舞い上がってしまったのね
この際 有名になるチャンスと考えたか ?

I議員と不倫さえなければ、静かな議員人生を送れたろうに
そのうち 国会への野望もあったんだろうね

これからの長い人生どう生きて行くんだろう ?


そして 今は離党した 元民進党の山●女史
鋭い切り口が 爽快でしたが、 その裏では ・・・

不倫に一々云々する気は ありません
ただ、彼女の場合 やりくりして作った時間、
その時間 子供さんと過ごそうとは 思わなかったのかしら
昨日の会見で ”子供を持つおかあさんと仲間”風に言うてましたが
おかあさんは 一緒にせんといて って感じたのでは 無いでしょうか 

議員さんは 地元に帰ったり 勉強したり 忙しいものと思っていたけど
全く違うんだ 

恐れ入りました

国会で 質問などすると気分が 高揚して そんなことになってしまうのかな
まあ、43歳で9歳年下とか・・・ 

ふくよかな自分のお腹周りをゆすりながら 「不倫は 無いぞ」と思ってたけどなぁ、 わたし



9月9日

秘め事の置きところなし月見月      






コメント (14)

J-アラート

2017年09月04日 | ひとり言
  陽当たりの良きことのみが売りの家無理難題の警報流る      


 (ひあたりのよきことのみがうりのいえむりなんだいのけいほうながる)


狭い我が家
窓の無い部屋 なんてありません
殆どの部屋 無駄に陽当たりが よろしい
風通しだって

もし ミサイルが 落ちてきたら 何処へ隠れる ??

昔の農家だったら 蔵が あったんですけど
実家にも 元防空壕 あります
今は入れなくなってしまいました

戦後 平和を享受してきた日本に 果たして 身を守るに
充分なビルなんて 容易には 見つかりません
最近の新しい家の壁 昔に比べても 頼りない
建て替えが容易に出来るように 出来ているらしいから

首相の周囲は ちゃんと準備は、整っているのだろう

あの国に 厳しく制裁を加えたら 爆発しそうだし
相手を立てたら、調子にのりそうだし
どう対処するのが 良いのやら



コメント (11)

乳酸キャベツ

2017年09月03日 | カシャッと575
           よき味に時間をかける秋の恋


       (よきあじにじかんをかけるあきのこい )


ザワークラウト
昔々、阪神デパートの下のビヤホールで 食べたザワークラウトが 今も忘れられません
ちょっと甘かったけど

色々 レシピを試してみましたが イマイチ 納得の出来上がりは ありませんでした

本屋さんでみつけた 「乳酸キャベツ」の本
今度も 残念な結果かもと思いつつ 「効果効能」に惹かれて買っちゃいました
ポイントはジップロックの袋に入れ、よく揉む
密封してそのまま発酵を待つってところです
それに最近 ジップロック様の密封袋 彼方此方で頂きます
それもきっかけでした

常温で 発酵を待ちます

一度目は 大成功でした
甘い !!ってことは無いのですが 微妙な甘さも出ました
極少量、キビ砂糖を使います
瓶に詰めて 冷蔵庫で保存すれば けっこう日持ちします


2度目は 前回の半分の量で作ってみました
田舎のやわらかいキャベツで

       
       ?



調味料を半分にしても 3日目の味チェックでは ちょっと塩味が 濃い感じです
キャベツの性格によっても、塩の量は 調整しなければいけないようです
(こちらは 気温が 高いから 塩少な目で 作ったんですけどね)

まッ 何度か経験を積めば、自分のレシピになりそうです
気温が 下がって来れば 発酵時間も 今までより 長く設定しなければ 行けませんね


後ろの本を参考に大豆の黒酢漬けも作りました
実家のレシピだと 醤油を使うのに酸味が 出るって品です
こちらは 黒酢を使う

これもgood でした

歯が 丈夫なうちに食べなくちゃね



眞子さま ご婚約 おめでとうございます
素敵な恋を なさっていらしたみたいで 




コメント (10)

日本の海

2017年09月02日 | ひとり言
           秋の海国守せわし潮速し


       (あきのうみくにもりせわししおはやし )



最近 連れ合いの仕事の関連で 島へ 帰ることが 続きました
姑のお寺の用もありましたし
犬が 居る時は、主人に付き添うのは 犬の任務でした
しかし その犬も 今は 亡く
私も姑の世話が 無くなってしまい 実家に立ち寄ると言う甘い罠にはまって
付き合うようになりました
第一 歳も重ねてますから ちょっと運転も心配
とか言いながら、トラックに乗ると わたし、ぐっすり眠ってしまうんですけど
まッ その方が、喧嘩にならずによろしいのです

北からのミサイルが 日本上空を通過した翌日も

高速道路を走っていると、海上自衛隊関連の物に幾つか 合いました

これで 2度目の巡り合いです
一度は 40年も前に 島の測候所の見学をしている時
紀伊水道を行く潜水艦を見ました

訓練中なんでしょうか


掃海艇らしき 船も 見ましたが 場所が 判別できるので upは 辞めておきます
国家機密かもしれませんから  なんてね

時が時だけに ドキっとしました






8月26日の 朝
大阪港を訪れる大型クルーズ船を歓迎する放水でしょうか
 


大阪港に入港する スーパースターヴァ―ゴです
7泊で大阪から横浜 上海を廻るツアーから帰って来ました
大阪を観光した後、お客さまを 横浜まで お送りします



♪♪♪     ♪♪♪      ♪♪♪      ♪♪♪     ♪♪♪      ♪♪♪

さて 日野皓正さんが 中学生に手をあげたとニュースになっています

キレル高齢者 かと思ったのですが

彼が、手を上げるとは 中学生に余程の問題が あったのだろうと言う意見が、多いかな
しかし、 わたしは、他にやり方が あったのでは 無いかと 思っています

どうしても あるラインに引っ張り込めない人が 居るのが 現実です
個性と言うのも違う
発達の過程で ちょっと 不足の部分が ある
その一方で 素晴らしい才能を持っている
(持って無い人も居るけど)

こちらも そんな人と社会生活を共有していかねば なりません
拒否するばかりでは、無く
「術」を 見出す努力は、必要ではないでしょうか

実際 件の中学生にも問題が あったのでしょう
事前に分かっているなら 対策を講じる時間は あったのでは
まして ジャズです
事前に 合図を決めて、リーダーが 次の演奏者を指名すれば 上手く廻って行ったと思えます

いかなる理由があっても 暴力を受け入れることは 出来ません
当事者でなくても 目にすると 気分が 悪いでしょう



コメント (10)