kebaneco日記

二匹の猫と
二人のシモベ
慌しくも楽しい毎日

恐ろしいものを発見してしまった

2016年06月27日 | 折々の話題
ハッシュタグ#自民党に質問のリンクで、すごいものを見てしまった。ネタ元は不明だしいつのことかイマイチわかんないけど、首相も出席している「憲法改正誓いの儀式」なる怪しい集会の映像。そりゃ改憲を選挙の争点にしたくないよな、だって、北朝以下の国にするつもりなんだから、と目が点になってしまった今日この頃。ぶっちゃけ、政治なんてちゃんとやってくれればどの党だっていいのだけど、この党は「ちゃんとやる」の定義が違う人が多すぎて怖いんだ、と改めて。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

絶賛炎上中(笑)

2016年06月27日 | 折々の話題
参院選に向けてツイッターが実施している「政党と話そう」企画で、第一弾は「#自民党に質問」。広報担当の山本一太参議院議員がみなさんからの質問にお答えします、たくさんの質問お待ちしてます、なんてやったら、鋭いコメントで絶賛炎上中だという。そしてしごく当然なことですが「お答え」は全くなし(苦笑)

問題のツイッターはこちら。楽しいのでご覧あれ。ちなみに23日夜、山本議員がライブで答えるセッションをやったらしいのだが(こちらで閲覧可能だけど、見る価値があるのか不明・・・)、そこでも都合の悪い質問は無視し、安倍政権礼賛コメントで押し通したらしい。批判は黙殺、不誠実の極み、ま、わかってたことだけどこれでネチズンの皆さんにも本質が見えてきたかな、と。

安保関連法案のときにヒゲの隊長とのやりとりで恥をさらした11ヶ月前の教訓もなく、日頃の行いをも顧みず、上から目線で「お答えします」「質問待ってます」なんて、国民を馬鹿にしちゃいかんぜよ〜(爆)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国の投票行動から学びましょ〜

2016年06月26日 | 折々の話題
安倍首相は「伊勢志摩サミットで議長国として、新たなリスクに陥ることを回避するため、あらゆる手段を取らねばならないことをまとめた。準備はすでにしていた」と、英国のEU離脱を予見していたかのような主張をした。菅官房長官に至っては「消費増税先送りの判断は正しかったのではないか」と語った。じゃあさ、ここまで株価が下がってるんだから、当然「くじら」は株式から資金を引き揚げてたんですよね?と聞いてみたい。

なんでもお見通しみたいな、安っぽくいかがわしい易者みたいな発言、っていうか、失笑しかでてこない嘘、やめたほうがいいと思う、一応首相なんだからさ。あ、それから、少々時間が延長したからといってブチ切れるのも、それから自分のことを攻撃されたら「個人攻撃」だとか「レッテル貼りだ」とか喚くのも。人にはそうやってるくせにさ。

というのはさておき、英国では離脱が決まった直後「EUってなに?」というのがグーグル検索のトップになったらしい。あのな〜、って感じだけど、ポンド安とか株安という目に見える結果が速攻で出たから「ぎょえ〜」ってなってるだけで、結局一般市民の政治意識って日本とおなじか〜と、ある意味ほっとした。英国ではそもそもユーロ使ってないし、シェンゲンエリアでもないし、EU加盟国でありなおかつかなり資金を拠出していたにもかかわらず、日常生活にEU的な側面ってそんなに感じられなかったから、トランプ的物言いをする前ロンドン市長のボリス・ジョンソンの発信力に影響を受けたのかも、と。

その辺り日本に似てる。つまり、日常的には投票行動が生活に直結してるって思えることが少ないので、選挙のタイミングでは「自分の1票くらいじゃ何も変わらない」「政治は難しくてわからない」と、権利である投票行為自体を行使しない、あるいは、日頃目にする機会の多い人や有名人の候補に1票を入れる、または自分の属している組織の意志に従った投票行動に出る。政治家も不人気なことを争点にしない(自民党の改憲がいい例だ)。

結果を受けて英国民はようやっと目覚めた。「あたしの票、離脱派の言説に騙されて、盗まれちゃったようなもんじゃない?」「自分の1票がこんな結果になるなんて知らんかった〜」って。で、ググるついでに(?)下院のサイトの「国民投票のやり直しを求める請願」への署名に殺到。24日朝の時点で20万人以上の署名がありサイトがダウンしちゃったらしい(苦笑)。署名は25日朝すでに100万件を超えたらしいし、さっきそのサイト(http://epetitions.direct.gov.uk)にアクセスして確認したら、270万人を超えてた。

その「請願」とはなんぞや?ってことなのだが、5月24日にウィリアム・オリビエ・ヒーリーという男性がこの請願サイトに登録した「投票率が75%未満となった国民投票で、離脱または残留いずれの得票率が60%未満だった場合、国民投票をやり直すルールの導入を英国政府に対して求める」との請願のことである。今回投票率は72.2%。昨年の総選挙の66.1%を大幅に上回ったものの、この誓願書の設定した75%というハードルは超えておらず、さらには2014年のスコットランドの独立を問う国民投票の84.6%を大幅に下回った。そしてその国民投票で離脱支持の得票率は52%。基準に満たないのでやり直しじゃ、と、請願に署名する人が殺到した、というのだ。

英国では、以前からあった請願制度(住民が政府や自治体に意見を述べる制度)を2011年からインターネットでも行えるようにしている。その請願を扱う組織である英国下院の請願委員会は、署名が1万人を超えた請願には委員会として回答せねばならず、10万人を超えたら下院でその議題を審議せねばならないことになっている。本件絡みでは、ロンドンのカーン市長にロンドンのイングランドからの独立とEUへの加盟を宣言することを求める請願もあり、10万人以上の署名が集まっているらしい。

とはいえ、仮にこのルールが導入されたとしても、現行法の元で合法的に行われた国民投票に遡及的にルールを適用して「やりなおし」というわけにはいかない。少なくとも署名が10万人に達している以上、議題は審議されることとなる。それによって、EU離脱条件の国民投票をすることは可能になるかもしれないけど、離脱自体の賛否を問う国民投票はすでに終わっており、これから2年間をかけて長い「離脱作業」に入る。というのが現実路線のようだ。

日本のメディアでは「離脱ドミノ」ばかりを取り上げてるけど、あたしは「自分の1票をどう使うか、使うか使わないか、で取り返しのつかないことになる可能性がある」っていうのを学ぶ、いい機会として取り上げてほしい。離脱派は「独立」とか「移民反対」いう大衆迎合的なメリットの遡及で票を集め、残留派はそのリアクション的に離脱したときのデメリットを遡及するしかできなかった、それがこういう結果になったことを取り上げてほしい。手中にあるものは、不満を持つことは可能だけど、それがもたらしているメリットは実感しにくいもので、失って初めてわかるものだ、ってことを、取り上げてほしい。改憲にもそっくりそれが当てはまるのだから。だけどまぁ、政権擦り寄りメディアにはそんなことできないね・・・。

さて、翻って日本。「日本国憲法の改正手続きに関する法律(国民投票法)」は、その成立過程で最低投票率制度の意義や是非について検討を加えた形跡がない。今回の英国の例では投票率72.2%のうち51.9%(17,410,742票)が離脱を選んだ。投票した有権者の約37%、英国の総人口約6,557万人の約27%の賛成で離脱する。しかも、ぶっちゃけ投票率の高い高齢者の意見で、若者の将来が決まるという構図で、である。これは当然「準備していた」からそうなってんでしょうね、安倍さん(苦笑)。低投票率も賛成は賛成、有権者には寝ててほしいってふうに持っていきゃいいや、て。ってか、英国国民投票の結果を見て今まで以上に「今回の選挙では、口が裂けても改憲を争点化しないし、今後国民投票法に最低投票率制度は絶対導入しね〜」って決意を新たにしただろうなぁ、とほほ。

しかし仮に誰が何といっても我が道を行く安倍首相が、この国民投票の結果から「教訓」を学ぶのであれば、有権者も少なくとも彼と同等の学びをせねばならない。この英国民の慌てぶりを見てやっぱり今まで通りだとまずいんじゃないか、って思うべきなんじゃないのかな、特に若い人たちは。というわけで、「めんどくさいし」みたいな意識という意味では、英国民とたいしてかわらないスタート地点に立ってるあたしたちは、彼らの国民投票の結果とその後の動きを学んで、一体ど〜するべきでしょうかっ?!というクイズにでも答える感じで、候補者と比例に票を投じたいkebaです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

たるんたるん進化中・・・

2016年06月25日 | 猫ら&家族
最近マロの足が隠れている。何の陰に?お腹の皮の陰に(苦笑)。

マロは決して太ってはいないんだけど、若い頃から「毛皮が余ってる」感じがあって「おと〜さんの伸びたラクダの股引はいてます」みたいな状態だった。それが最近加速しているようなきがする。ついつい触りたくもなる。


よぉ〜く見るとこういう状態。なんか、いい(笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マジかよ〜

2016年06月24日 | 折々の話題
今日はマジか?と思うニュースが日本と英国から飛び込んだ。で、東京と大阪に離れてた我が一族は、こんなやり取り。(クリックすると大きくなるのじゃ)



首相の度重なる残留への呼びかけに反して離脱を選択した英国と、70年守り続けてきて「生まれる前からこの憲法だった」国民が大半を占めるのに、首相が「押しつけられたものだから変えたい」って言うもんだから、それを可能にする国会構成にしてしまいそうな日本。英国のEU離脱は楽しくないニュースだけど、日本国民の成熟度と比較すると、ましなのかもと思わないでもない。

それにしても、英国の離脱を歓迎してるのが、トランプとかルペンだって、なんか不安だよな〜。EUの終わりの始まりとなりませんように。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

どこまで仲良し(笑)?

2016年06月23日 | 携帯から(旅先からも)
昨日のケバさんの写真、な~んか既視感があるなぁ思ったら、マロのこの写真のせいだった。

先週末、飲んでもいないのに酔っぱらいのおっさんみたいになってたので、おもしろ~い、と一枚撮ったのだった。

「同じような」というとケバさんに叱られるかも知れないけど、仲良しはこんなところにも現れるのか、と曇の大阪の空から、お猫様のこと思いを馳せておりまする。シモベの鑑じゃ~(笑)
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

あたい、ここで待ってるわ

2016年06月22日 | 猫ら&家族
ケバさんは「ついていってあげてもいいのよ」と、布団の上に広げた荷物整理グッズにもたれ掛かって何度も聞いてこられました。何でだろ?って考えるに、単にこの場所がケバさんのお気に入りだったのではないか、つまりはあたしの勘違いでは、と、ちょっと悲しいことに気づいてしまった。

気を取り直して、のぞみでgo。ちょいと大阪まで出稼ぎに行ってきま~す
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ついていってあげてもいいわよ

2016年06月22日 | 猫ら&家族
今朝は朝から、出張準備でドタバタ。今日中に前泊するホテル到達できれば良いというスケジュールなので、朝から泥縄になってしまった(笑)。

マロはクローゼットのなかに入りたがり、油断もすきもあったもんじゃないけど、ケバはなんだか気配を消して何処にいるんだか。

と思ってたら、居ましたケバさん。スーツケースを整理するグッズに同化しすぎてて気づかなかった~。「あたい、さ、ついていってあげてもいいわよ」と仰せであった。かわいいの~。が、トイレからなにから持参は無理なので、マロさんとシモベ一人体制で留守番をお願いすることにしました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ミーレの親方

2016年06月21日 | 仕事&いろんなお道具
ミーレさまを購入してちょうど1ヶ月たったので、設置に来た方から「時々インテンシブコースという高温のコースを使って、ホース内部などに脂分が蓄積するのを防いでください。食器を入れて洗いつつで構いませんから」と言われていた、そのコースをやってみた。

どうせハードな洗い物をするコースにするなら、と、あまり洗ってない魚焼きグリルを投入してみることにした(ルクルーゼのグリルパンは使うごとに洗ってるけど、グリル本体はいつ洗ったか覚えてない、ぷぷぷ)。まったく人使いの荒いあたしであることよ。

2時間半のラウンドが終了し、パカッと扉が開いたところにたまたま居合わせたので「出来映えはどうだろう?」と早速確認してみた。それにしても、魚焼きグリルの扉から受け皿からいっさいがっさい一番下の段に収まり、なおかつ中段には鍋やらボウルやらが入るというこの容量は、あいかわらず凄いとしか言いようがない。


油汚れが落ちてステンレス部分がピカピカじゃ〜


いつもと同じ洗剤でこんなにも取れるのは、やはり75度という高温のなせる技なのかな。こびりついてどうしようもなくなって洗い残った部分も、触ってベトベトするあの脂特有の感触がない。これ以上綺麗にしようとするなら、こうやって洗い終わった後割り箸の角でゴシゴシやるとか、プラスアルファの作業が必要だろうなと思った。けど、、、


とりあえず、今日は元の位置に戻して終わり(笑)


窓の部分がこんなに綺麗になってるのは、久しぶりに見た。あたしは外して食洗機に投入しただけで何もしていないのに、である。この仕上がりはもう職人芸、マイスターじゃ。というわけで、ミーレさまは今後「親方」とお呼びすることにいたします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今週のお惣菜

2016年06月20日 | おうちでご飯&生協
先週はハードだったし今週は国内出張が入っているので、今日月曜日はお休みにした。出張=お弁当作りをしない、ってことなので、主人が朝起きて詰め物するときに少しでも楽なようにと、ちょっと多めにお惣菜を準備した。

オクラと仙台麩の煮物、きんぴらゴボウ、薄切り大根と仙台麩の煮物、和風ラタトゥイユ。いつもは2種類くらいしか作らないけど、今回はちょいと頑張ってみた。揚げ物のおかずは生協で買った冷凍食品があるので(フライドチキンとか、一口カツとか)、あたしが作るのは揚げ物以外。


シャケも焼き貯めして冷凍する


野菜は洗ったり切ったりして、原型を留めたものは数少ない状態で野菜室へ。これだけやっておけば安心じゃ〜
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加