♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

アメリカ悌梧(海紅豆)

2009年06月30日 | 花、実
 しべ先に慰霊こめたる海紅豆
( しべさきにいれいこめたるかいこうず )



この花のイメージは、戦争
沖縄戦線で亡くなった人を思ってしまう
花の咲く頃と戦争終末の時期が、重なるからでしょう

ここ何日かは、この花の写真を見ると、
「スリラー」の音が、鳴ってくる
毎日、マイケル・ジャクソンの死に関する報道と共に
曲が聞こえる所為か
じっくり見ると、 シベの形が
バックダンサー達の手の形に見えてきます

    

彼の死は、意外と言うのが、一般的な感想のようですが、私は、
遂にか・・・ って印象です
もう最近の彼の様子には、 只ならぬものがありました
やっと重圧から開放されて安らかに暮らせるねって

天国では、 昔 ジャクソン5の頃のように、歌って踊っていられますように
 

コメント

イチョウ

2009年06月29日 | 社会
 
 あれこれと思惑あおる青銀杏
( あれこれとおもわくあおるあおいちょう )

イチョウ


今、イチョウの木は、葉も若い実も緑で、美しい
実のなるメスの木の花を撮りたかったのですが
気がつけば、 もうこんなに大きく成長しておりました。
うっかりタイミングを逸してしまった

風が吹くと緑の葉っぱが一斉に波打ち、心地良い
実もフラフラそれについて揺れる様が可愛い

フラフラ揺れるといえば、麻生さん
煽られて舞っている銀杏の実のよう
揺らす風や葉はマスコミ
枝の実は、自民党議員達か? <派閥??>
ニュースの度に「あれッ 」って注目してしまう
「この前云うたことと、違うやん」
「そう言う意味やったん??」等など

見ている方も、
お相手するの疲れましたぞ

だからといって、 最近のエンターテイメント政治
役者の割りに過激で、よく判りません

面白そうだけど、 サスペンスです

私達の生活が、かかっているのよ
コメント

トケイソウ

2009年06月28日 | 花、実
 デザートは年金のこと婦人会
( でざーとはねんきんのことふじんかい )



昨晩の会食、 もうひとつでした  
各自に感じていた不審が、他のメンバーも感じていると判ってきたようだ
そう言う白けた思いを抱えて、盛り上がりませんでした
早々に、散会となりました

結局、諸先輩のの年金の話を、 伺いつつお開きです。
今回は、年金の話に向かわないよう、舵を取っておりましたが
お一人、年金命のように、必ずその話題へ引っ張っていく方がいらっしゃいます
遂に、首根っこを引っ張られたかのように引き込まれてしまいました

7月の町会のあと、浴衣を借り出して
8月は、 5回ほど盆踊りに参加するようになります
もうあれから、 1年経ったんです
早ッ

季語が、入りません。
トケイソウに季節を語っていただきます
命を刻む時計かも

コメント

ブルーベリィ

2009年06月27日 | 花、実
 来ぬ人が主題になりて草刈るや
( こぬひとがしゅだいになりてくさかるや )



今晩は、婦人会関連の食事会です
今年の役員と、昨年の役員
そして、隣の婦人会とご一緒です
ですから、早めの

町内の美化運動など、参加してないと、
噂話に上げられる可能性ありですね
ブルーベリ、 噂してる口元のような形です
声を潜めてね

    

実家の母は、目が良くない
網膜はく離を、患っている
全く物を識別できないって程では無いが、
これ以上進まないように、投薬治療している

目に良いと聞くので
ブルーベリーのジャム(コンフチュール)を作って
持って帰ったりしておりました
効果があるかどうか、しかとは確認できませんが
結局、庭にブルーベリィの木を植えてしまいました
水遣りをしながら、実を摘んだり
気持ちだけは楽しそうです。

ブルーベリーは、2本以上、複数本を植えないと
実がならないのだそうです
受粉のシステムが、 複雑なんでしょう

コメント

亀の甲

2009年06月26日 | 自然
 命継ぐ年の功より亀の甲
( いのちつぐとしのこうよりかめのこう )



睡蓮の咲く小さな堀に暮らす亀です
蛙やザリガニ、めだかと同居です
睡蓮の葉に隠れてるつもりでしょうか?

梅雨の頃、卵を産みます
(海がめと同じ頃)
何の目隠しもない庭に産むのです
そして、 が、たちまち、それを狙って登場します

毎年、 気が気でありません
「もうちょっと、場所を選んだら、良いのに」とか、
ネットでも張って、 保護しようかと

 はたと気が付いたのです
これぞ、生きる知恵だと

毎年、一定の数の亀の赤ちゃんは育っているようです
庭にこれ見よがしに産む卵は、捨て卵なんです
最初から、蛇に食べられるのを想定して、産んだのです
こうやって、 本当の卵を守っているのです

お見それしました


コメント

アガパンサス

2009年06月25日 | 花、実
 雨ごとに暑さ増すましうらみかな
( あめごとにあつさますましうらみかな )



夜半に雨が、降りますが
日中は、
夕立の後の、涼しさを知らずに梅雨が、進みます 
台風も発生しているらしく、 生暖かい風も吹きます
今年の夏も、厳しいのでしょうね 
ザ~!!と降る男らしい夕立が恋しい

アガパンサス

大好きな花です。
花の形も色も 
和名は、紫君子蘭とか

汗もかかずに
なんだかシャクにさわるほど、涼しげです。

そんな気持ちも読み込んで、一句と思うのですが、
満足のいくものが出来ません。(2日かかり 

コメント

沖縄慰霊の日

2009年06月23日 | 花、実
 沖縄や慰霊尽くせぬ如何にても
( おきなわやいれいつくせぬいかにても  )




戦争は、経験しておりませんが
お勤めしていた時、 沖縄出身の人が居て
色々聞きました
私が、働き始めた頃は、 沖縄へはパスポートが必要だったらしい
日本とは違う国だったと記憶している

夏には、 台風が多数襲来する沖縄
台風でお役所の資料が流失していまい
彼女のお父さんは、 生年月日を誤魔化して
長く働けるようにしたとか、云ってましたっけ

先日、 夢見る夢子さん状態の伯母を見舞って来ました
戦死した弟を、殊更懐かしんでおりました
若くして亡くなった兄弟への想い、特に、 
戦死した兄弟に寄せる思いには、一方ならぬものがあるようです

いつか、 戦争の記憶を持つ人が、無くなる日が必ずや来るでしょう
その時、 平和の願いをどう伝えていくのか

写真は、合歓の花。 未だ咲き初めたところです
コメント

黄金虫

2009年06月22日 | 暮らし
 
 金まみれ迷路深入るかなぶんや
( かねまみれめいろふかいるかなぶんや)




西洋アザミの花(*)が、咲きました
よく見ると、花粉にまみれて
なお、 花の奥へ潜り込もうともがく黄金虫が1匹
政治家や官僚の誰かさんを見るようです
悲しくもあり、 可笑しくもあり
で、ございました


(*)   (*)    (*)

(*) この花、 ずっとアーティチョークと思って(教えられた)おりました。
お気に入りのブログを拝見していたら、あら 
アーティチョークの棘って、 もっと丸味があって、優しいと知りました 

コメント

夏グミ(茱萸)

2009年06月21日 | 花、実
 茱萸紅し濃くグロス塗るいつもより
( ぐみあかしこくぐろすぬるいつもより )



幼い頃は、可愛い実
ちょっとすっぱい実をつまみ食いしたものです
(余所のお宅の茱萸より、この茱萸は甘いですよ)

可愛いとは思いますが、今はもう、手が出ることはありません
ただ、 この実を撮影した後、 化粧が念入りになりましたね 
特に口紅、濃くなりました

茱萸って夏の季語だと思いましたが、 『秋』だそうで
今の季節は、 夏グミというべきらしいです。



コメント

ナナカマドの花

2009年06月20日 | 花、実
 頬にあて誇らしくもあり夏の露
( ほほにあてほこらしくもありなつのつゆ )



昔信州の山で見たナナカマドの赤は感動的でした
こちらでは、あんな見事な赤にはなりません

こんな初々しい白い花が、赤い実になるのですね

偶に早起きして、裏山に行くと、朝露に足元が濡れます
しかし、それもまた得した気分です
何より、早起きの証しです

枝がはねて、露が頬に当たった一瞬は、鳥のオシッコを疑ったりして


コメント