♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

亀の冬眠

2009年12月29日 | 花、実
 万年も生きて何のめでたさや


( まんねんもいきてなんのめでたさや )

写真撮りに行けません 
本当にネタが、ございません

秋に実家の裏で撮った亀さんの写真
この目が切なくて、気に入ってます
でも、句がなかなか付かなかったのです

年越しの準備をしながら 
こんなPhoto 575 が、 浮かびました
来年こそ、楽観的な句が、次々できるような年になりますように

亀さん、 今頃冬眠で夢の中  
仮死状態らしいですよ
いい夢見ろよ~  です


コメント (2)

年の市

2009年12月28日 | 暮らし
 にわか建つ年の市かなありがたし


( にわかたつとしのいちかなありがたし )

国産の筍、お正月用のは、ちと高価
中国産は、 ちょっと考える
連れ合いさんは、歯ごたえのあるものは、苦手
購入を思案していた矢先、今日、高知から筍が、長旅を終え、
我家に落ち着くこととなりました

細長いのは、自然薯ですって
初めて見ました
ムカゴが、地面に落ちて、育つのらしいですが
my田舎では、ムカゴのあった場所あたりに
自然薯は、見当たりません

小さな赤いのは、くちなしの実
キントンのお芋さんをきれいな色に仕上げてくれます
これは実家で貰って来ました
こちらでは、実がなる前に剪定されるのでゲットできないのです

他にも、ミカンも沢山頂きました。玄関先に、桜草の鉢と一緒に置いてありました
ミカン大好きな連れ合いさんは、早速食べてしまいました。
お隣の奥様にお礼を云ったら「花はそうだけど、ミカンは違うよ」
他に思い当たる方にお礼を申し上げても、「知らんよ^~」って
一体、誰が~~ 
命に別状はないので、不審なものではなかったのですが、
気味悪い
(その後、何方か判明しました)

等々、入れ替わり立ち代り、お客様です
そして、この忙しい時期にメダカの水槽に卵らしき物が、見つかりました
ご近所のメダカを飼っていらっしゃる方が、見に来てくれました
「何やろう」って
結局、判りません。
こんな寒い時期に卵は産まないし、卵の様子がメダカのそれとは違うようだって
でも、ウチの金魚は、この水槽に入ったことは無いはず
多分、今時の水温では、卵が孵化するのは、無理でしょうから、
判らぬままに、終わりそうです
残念

コメント (2)

あらまぁと言うしかなくて

2009年12月26日 | 暮らし
 先達や教えるやうに骨折りぬ


( せんだつやおしえるやうにほねおりぬ )

今日のPhoto 575こそ、 「何の事か 」でしょう

あのいつも元気な夢子さんが、背中を圧迫骨折していることが、判明しました
今月に入って、何度か転んだらしいのです
一度、 私も田舎でへ連れて行ったのです
診断の結果、その日は、異常も無く
先生に「もうこの年で、骨を折ったらあかんよ」って
はしゃいだ行動をくれぐれも、注意するように言われたのに
その後、又、 転んだそうです

年を重ねると、時間を経てから痛みを訴えるのでしょうか
(私の筋肉痛みたいに)
今週になって、やっとおかしいからと大阪の病院へ
そして、骨折が判明しました
骨折と言っても、トイレも自分で行きます
先程、散歩に行きたいと言って来て、されておりました
あったりまえでしょう
安静第一なのにである
<腰を骨折しても歩けるの?>

改めて「圧迫骨折」に付いて
高齢者の圧迫骨折の殆んどが、骨粗しょう症を起因とするものだそうだ
蹴躓いても、ふとんの上げ下ろしでも、ほんの些細な動作で引き起こされるとある
外見、しっかりしてそうでも、骨の内部が、スカスカになっているらしい

夢子さんの場合、 ジャコなどは、よく摂るのだけれど、好き嫌いが、多い
骨粗しょう症対策に牛乳を飲ませるようにしたけれど
それも、ここ5年くらいの話
飲んだふりして、誤魔化すこともあり
やはり、偏った食事は、ダメですね
栄養を網羅して、献立しなくてはと、しみじみ思いました
して、カルシウムが、ちゃんと骨になるように力添えしなくてはね

驚いたことに、夢子さんと同い年の友人のおばあさんも同じ骨折で、入院中だと、聞きます。
こちらも、元気で入院してるって 
まあ、は、元気なのですね

コメント (2)

2009年12月25日 | 
 無駄なものそぎ落としけり年送る


( むだなものそぎおとしけりとしおくる )

御陵のお濠は、鴨を撮影する日曜(ホリデイ)カメラマンのスポットです
私も、そんな方々から少し離れて、様子を見に
岸で1羽の鵜が、佇んでおります
その姿が、なかなか良いのです
人間で言えば、おじいさんが、来し方を思い出してるような
これから行く道に思いを馳せているような
なんだか、仙人の風情です
こっそり
「年送る」は、少し早いかしら

鵜の繁殖力たるや
琵琶湖の竹生島辺りでも、糞で植物が枯れるとお困りとか
ひまわりさんにもお聞きしていましたので
どうなるかと思っておりましたが、こちらの鵜の数は増えません
横暴でもなさそうです

そうそう、宮内庁様
柵のアルミ棒が1本、固定されてませんでしたよ
下側のボルトが無くなってました?
触れたら動いたので 
子供なら、入れそうです
お濠に落ちたら大変よ


コメント (2)

柿 ?

2009年12月23日 | 
 年の暮渡る世間や渋味増し


( としのくれわたるせけんやしぶみまし )

なんだか名前をおっしゃったんですが、覚えられませんでした
こんな大きな渋柿どうやって、食べるのよ でございます
富有柿の円周で、丈が長~いって大きさです

もう渋味は、抜けてますと言う事ですが
ドキドキしながら、食べました
中には、渋抜きに失敗したのが、あるかもよ
猜疑心の強い私です
渋味は、ありませんが、やっぱり普通の柿の方が
安心して食べられるから、好きかな 

コメント (2)

冬至

2009年12月22日 | 暮らし
 いつもより三個多めに冬至柚子


( いつもより3こおおめにとうじゆず )

昨日より、5℃ほど、気温も上がり、風も静かな冬至です
新型インフルエンザも気になります
免疫力UPを狙って、柚子湯の柚子を増やしましょう

報道されませんが、患者さん、減ってきたのでしょうか?
冬休みになって、伝染する確率が、減る今の時期に撃退できると良いですね

    

桃栗 3年、 柿 8年、柚子の○○○、☆☆年
って、ご存知ですか?

実(種)が着地して、果実がなるまでの年数を表わした数字だそうです
栗は、確かに早そうだけれど、桃って3年で実がなるのでしょうか?
きっと食べられない野生種なんでしょうね

○○○には、 大バカが入ります
☆☆は、18年ですって

りりちゃんのおじさんが、教えてくれました

    

昨日のガソリン価格の問題は、あの通り、鳩山さんが、決定されたので
気が済んだと云えば、気が済んでるのですが、
なんだかねぇ

コメント (2)

年末

2009年12月21日 | 暮らし
 大掃除新た暦に邪魔さるる


( おおそおうじあらたこよみにじゃまさるる )

年末、新聞屋さんから届く「暦」
高島易断さん(?)編纂の、干支やら六曜やら絡めて、暦と占いの記してある例の暦です
私は、余り占いに興味が無いので、熱心には、見ませんが
母などは、貰ったら直ぐ、家族について、調べているようです
暫く用事の手は、止まったままです

そう云えば、 我家には、近所の神社から蓬莱と共に届けられるはずなんですが
今年は、未だ、来てませんね  
どうしたのかしら?

  

貿易収支のニュースを聞いていたら、只今原油価格が、安値だと
単純に、 正月帰省用に、車のガソリンの補充を頼んだのです
早めに頼んでおかないと、なかなかお尻の重い連れ合いさんです
今日に限って、早速アクション
「入れて来たで~~」って元気に部屋に入ってきた彼の手に、
持たれていたのは、
『暫定税率廃止』「もしかしたらガソリン1ℓあたり5円下がるかも」
って記事のある夕刊でした  
まいった まいった

コメント (2)

寒木瓜の花

2009年12月19日 | 花、実
 「アホ」「ボケ」が隠しきれずに赤く咲き


( 「あほ」「ぼけ」がかくしきれずにあかくさき )

今日も、“愚痴りっ句”になってしまいましたね 
なんだか、すっと浮かぶのですよね、まず。
勿論、心で思っても、口には、しませんよ

関東の方は、「アホやなあ」って云われたら、すごく傷つくのですってね
「ボケ」って云われたら、ショックですか?
河内弁は、きついから、若い女性は、でしょうね

私は、云われる相手や言葉の調子だと思うのですが、如何でしょうか?
可愛い女性に、上目使いに言われたら、男性軍は、メロメロでしょう?

確かに、標準語で「君は、馬鹿だ」と云われたら、根に持つかもねえ 

     

枯野の中にチラホラと咲いている寒木瓜の花
可愛いのですが、もの悲しくもあります
このような可愛い花は、 緑豊かな季節に咲かせてあげたい
(木瓜は、晩春の季語だそうです)
多分、これは、草木瓜って種類だと思います
枝にくっついて、実がなるし、その実に筋がないですから
7月9日の写真をご参照下さいませ

可愛い花の割りに、ごっつい実です
実に芳香があるそうですが、私は、気がつきませんでした
コメント (2)

2009年12月18日 | 
 他人の事我関せずの師走かな


( ひとのことわれかんせずのしわすかな )

御陵のお濠にも、 長旅を終え、この冬を過ごす鴨たちが、羽を休めております

旅の疲れも癒えたのか、今日の鴨達は、元気
忙しそうに、泳いでます
珍しく大きな声で鳴いたりもしてます

それにしても、この手前の鴨は、爆睡です
すっかり、安心しきってます
首、こんな風にして、楽なんでしょうか?
ひっくり返りそうなのが、可愛い
師走で、バタバタしている私をよそ目に、昼寝している誰かさんみたい

ここから巣立った鴨は、皆ここに帰ってこないのでしょうか?
毎年、一定の数以上には、増えないのです
子供のうち、北帰行して戻って来れるのが、僅かだってことでしょうか?
親鳥は、何度か、この濠に来ているのでしょうか?
おしゃべりできるものなら、お訊ねしたいですね

そろそろ、写真ネタが切れそうです
公園への舗道は、葉を落とした木とすっかり剪定された木
枯れた花ばかりとなってしまいました
モデルさんが、 居なくなりました

コメント (4)

ほっこり

2009年12月17日 | 暮らし
 届けらるほっこり温し弁当や


( とどけらるほっこりぬくしべんとうや )

実家の在る町は、ご多分に漏れない、超過疎地です
独居老人が占める割合が、極めて高い

コンビニなんて、町内に3軒あるかな?
スーパーは、車で行かねばなりません

町内のボランティアが、 自宅で採れた野菜などを持ち寄ったり
行政の支援も得て、独居老人に、月に一度、お弁当を届けつつ
ご機嫌を伺うサービスがあります
母も、ボランティアに参加し、お弁当を配達しております。
そして、そのお弁当を届けても、貰ったり

ボランティアさん、夫々の得意な才能も活かしてます
特に、お弁当の包装に添えられている心のこもったお手紙は、素晴らしい
母は、毎回、大切に残しております
お人柄がしのばれる温かい文章に美しい文字
絵も素敵です
(写真は、 11月中旬のお弁当の分です)

これを見ると、ウルウルするほど、感動するのです、毎回。

そして、地域の皆様に甘えて、母を任せてしまっている私です
コメント (2)