♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

年の瀬

2011年12月29日 | 暮らし

 来たる年幸福探し浮力満つ


( きたるとしさちふくさがしふりょくみつ )


     家業が、すっきり片付きました
     集金も、支払いも、スイスイ済みました 

     で、急に、田舎に帰ったも良いとお許しを頂きました
     今年は、姑の骨折があったので、家を空けられませんでした
     姑は、一段落
     血のつながった、娘と息子で何とかなりそうです

     久しぶりの帰省です
     年の瀬を、実家の母の助けをしながら過ごせるのは
     何年ぶりでしょう

     ですので、バタバタしております

     今年は、記事のupも間延びで
     納得のいかぬブログライフでしたが
     皆様のコメントを励みに過ごしてまいりました
     ありがとうございました
     又、来年も、お付き合いくださいますよう
     お願い申し上げます

     みなさま、どうぞよいお年を



コメント

寒い

2011年12月25日 | ひとり言

 落葉焚祖父(じい)の話や声ひくし


( おちばたきじいのはなしやこえひくし )


      寒いのです
     雪国と違って、温暖な地方が、冷え込むと
     家の中に居ても、ヒーターから離れられない
     寒さ対策が、手薄なのです

     外に出る気持ちにもなれません
     スーパーに行くのも、車
     自転車だと、風の渦の中に入ったようになり 
     動けない
     「虎落笛」「悴む」を用いて575を作りたい心境

     北国人が見たら、「軟弱~~!」って
     笑うだろうけど

     この冬、しばしば焼き芋を焼く
     昨年、薬屋さんのポイントを集めて
     貰った、焼き芋鍋(?)焼くのです
     法楽が、鍋の形をしているってようなもの

     サツマイモを水にさらして、灰汁を抜く
     30分程したら、キッティンペーパーで
     水分を取り
     焼き芋鍋に並べる
     (私は、底が汚れるのが嫌なので、クッキングシートを、1枚敷きます)
     合間に芋の焼き面を、回転させながら、 弱火で焼く
     芋を2分割したものだったら、40分もあれば
     焼き上がります
     (途中で、火を消して余熱を利用する手もあります)

     サツマイモは、弱火で気長に調理すると
     その甘さが増すとのことですから

     いつもは、徳島産の「鳴門金時」で作るのだけれど
     スーパーで見つけた、大分産の「甘太クン」と云う
     種類で作ってみた
     袋に「甘い」「甘い」が、強調されているから

      少し、水分が残ります
     仕上げに(食べる直前)オーブントースターで6~8分
     焼くと、あのポ~~~の焼芋屋の味になりますのよ
     確かに、甘くて、懐かしい焼芋でした

     昔のように、焚き火で芋を焼くとは、行かなくなりました
     残念です
     子供の頃、落葉や藁を燃やし、芋を焼きながら
     昔話をする祖父の、お話よりも、芋の出来上がりが
     気になったこと、思い出しました
     祖母は、大きな法楽に、薄切りの芋を、いっぱい並べて焼いてくれました

コメント (6)

林檎の蜜

2011年12月23日 | ひとり言

 生真面目や避けて通りし蜜の味


( きまじめやさけてとおりしみつのあじ )


     事務所で仕事をしていると、 午後
     ゆうパック配達の方から、電話です
     自宅に、届け物ですって
     なま物だから、手渡しして、印鑑を貰わないといけないと、おっしゃる
     じゃあ、今から帰ります
     30分後に、彼も、もう一度、来てくれるといいます
     「ところで、何処からですか?」
     「郵便局です」
     「それは、わかってる」って内心
     何度、尋ねてもこれ以上の答えは、ひき出せそうもないので
     自宅に引き返した

     「林檎とラフランスの詰め合わせ(5個づつも)」
     
     差出人は、誰??
     如何探しても、差出人の欄には、、「郵便局」です
     えぇ??
     状況が、直ぐには、飲み込めませんでした
    
     “郵便局のお歳暮カタログ共通・早期お申込みキャンペーン”  
      当せん商品ですって
 

     お歳暮、郵便局のカタログから、送りました
     でも、早期お申し込みだったかと云われたら
     そうでも、なかったのに

     すっごく得した気分です 

     以前、簡保さんから頂いた、林檎が、蜜がたっぷりで
     美味しくて、以来、林檎の贈り物は、郵便局でと決めていたから
     嬉しい
     
     
コメント (5)

ナンキンハゼの実

2011年12月22日 | ひとり言

 耐用年過ぎし我が手やひび刻む


( たいようねんすぎしわがてやひびきざむ )


     年々手荒れが、酷くなる
     コラーゲンたら、ヒアルロンサンたら云う潤滑成分が
     減って来たのは、疑いも無いだろう
     何せ、耐用年数を過ぎ、減価償却も済んだほどの
     付き合いだから

     ただ、 手全体では、無くて、親指だけの先がパックリ割れる
     何かに触れて無くても、シ~~ンと痛む
     なんにもしたくなくなる程です
     両手の親指が、割れた時なぞ、悲惨の極み 

     で、この冬、ついに、水仕事は、ゴム手袋のお世話になることにした
     はいた時のヒンヤリが、嫌だし
     しっかり汚れが落ち、すすぎが出来ているか
     手で感じなければ、信用できないと
     ずっと、使ってなかった

     シャンプーも、髪に優しいのは、手が荒れるで
     長年、悩みの種でした
     介護用の半透明の手にぴっちり装着するビニール手袋を
     使ってみました
     今までは、手荒れが気になって、チャチャっと
     洗って済ましていたが、
     ゴム手袋をして、しっかり洗って、すすぐ
     トリートメントも丁寧にすると
     なんだか、髪の毛も、元気になってきたみたいです
     
      それがね、3回ほどシャンプー、トリートメントに
     使用すると、そのビニール手袋が
     茶色くなってくるの
     意外と、成分キツイのかもね

                     

     写真は、ナンキンハゼの実
     青い空に真っ白な実が、映えます
     この実が生るまで、枝が刈らずに残っているのは、
     珍しい
     遊歩道のものは、刈られてしまってます
     公園に残る2,3本は、
     野鳥の為に、残してあるのかしら?
 

コメント (2)

セグロセキレイ

2011年12月20日 | カシャッと575

 あこがれの君遠くなるダンスの輪 


( あこがれのきみとおくなるだんすのわ )


      公園で出会ったセグロセキレイ
      仕草が、可愛くて
      ステップも軽やかです
 
      ダンスを誘ってくれているのかな?

      脚力は、けっこうあるのか、歩いている姿を見る事も、多い

      水辺が似合うけれど、市街地の交通量の多い道路沿いでも見けます

                                

      高校の時、運動会のフォークダンス
      憧れの人と、やっと踊れるかと
      あと、6人、5人と期待していたら
      曲が変わって、離れて行ってしまったってこと
      ありませんでしたか

      私は、2年間、憧れていた人と、カップルになれたのは
      たったの一度だけでした

      <セキレイは、秋の季語でした 


コメント (4)

師走

2011年12月18日 | ひとり言

 明日から 明日こそはと師走かな


( あしたから あしたこそはとしわすかな )


     履中陵の広いお堀にミコアイサらしき鳥の影が
     しかし、ここは、お濠の土手も幅広だし
     小柄な水鳥は、巧く取れません



     もうひとつ公園の先のお濠だと接近して撮れるので
     足を伸ばしてみたけれど、
     残念ながら、鴨にしか合えませんでした
   
     この御陵を塒にしている狸夫婦が、
     日向ぼっこらしい
     子供たちは如何しているのでしょうか
     草が未だ枯れきってていないので、様子は見えません

     一体、何頭、何家族が、暮らしているのか
     長年にわたって、一定数のまま増えてないように見えます

      夜 床に就くときは、あれして、これして、
     明日の予定バッチリです
     
     日が変わると、予定外の事が、起こり
     段々、気力がデクレシェンドです トホホ
コメント (4)

アジサイ

2011年12月17日 | 花、実

 君知るやときめき心すてし頃


( きみしるやときめきこころすてしころ )


     昨日の事
     写真ネタも探しながら自転車を進めていると
     不思議なアジサイを見つけました
     いつもなら、枯れたアジサイを見る頃です
     私も、今年あたり、渋い一句を、フォト575にと
     思いつつ近寄った

     枯れているとも云えない、微妙な色
     PCに取り込んでみれば
     淡いピンク
     陽が当たると、濃いピンクです

     枯れているようで、熱い血が流れている
     私に、そんな頃があったでしょうか?



     これも、かえり花でしょうか?
     いつか、かえり花が、季語から抹消され
     それが、不思議な現象でなくなる日が、
     近いうちにありそうではありませんか

コメント (4)

青桐

2011年12月15日 | 花、実

 解けやせぬかたくな心北風じゃ


( とけやせぬかたくなこころきたかぜじゃ )


    青桐の実(?)は、プロペラの羽根のような形です
     このプロペラの中に、直径5mm程の黒い種が、数個づつあるそうです
     (私が見る時は、何故か1個です)

     上手いこと風に乗れると、プロペラがクルクル廻って
     遠くへ飛ぶらしい

     今年は、未だ良い風が、吹かないのか沢山木に残ったまま

     青桐の花の写真も撮りたいのですが、
     とっても背が高い木で、未だ間近に花を見たことはありません




コメント (2)

季節はずれ

2011年12月14日 | 花、実

 自分時迷うことなし帰咲 


( じぶんどきまようことなしかえりさき )


     
     昨日は、気持ちよい冬晴れでした
     動いていると、身体がポカポカしてきます
     午後、久しぶりに公園へ行ってみました
     最近、余り良い風景に出会えません

     やっぱり・・・
     諦めて帰ろうとしたら
     出口前で、こんな花に出会いました 

     かえり花の ハナミズキです
     ちょっと小ぶりですが、堂々と咲いてます
     当たり前なら、あの可愛い赤い実も
     すっかり鳥に啄ばまれて後なのに

     すくっと伸びた姿が、凛として
     本人が、納得して、今 咲いているのよと
     云わんばかりです

     いろいろ、返り花も見ますけど、ハナミズキとは珍しくありませんか
     


コメント (6)

防災訓練

2011年12月12日 | 花、実

 被災地に届け声援湯気のぼる


( ひさいちにとどけせいえんゆげのぼる )


     昨日は、町内の美化運動
     ポイ捨てゴミ、缶などを集めて清掃活動です
     その後、防災訓練
     AEDの操作、消火器の使い方、避難所の立ち上げ準備など
     3班に分かれて、消防署員や市役所職員のレクチャーを受けました
     これは、今年が初めての試み

     婦人会は、期限の近づいた非常食を用いてお昼の用意です
     写真のは、お湯を注いで、20分まったら炊き立ての
     五目御飯が出来上がります

     もうひとつは、ダンボールに備え付けのビニールに入っている
     五目御飯の材料に同じく所定量のお湯を入れて
     20分待つと云うタイプ
     量としては、1升かな
     <お箸や、プラスチックのケース、輪ゴムetc.
      ばっちり揃えてありました>
     お味は、程よく、濃くも無く、薄味過ぎず 
     250人分用意しました

     その20分の寒いこと
     すっかり身体が冷え切ってしまいました

     もっと無機質な印象で、ただお腹を膨らます為のものかと
     思っておりましたが
     被災者の人が困らないように、気配りがあって
     心も温かくなるような、五目御飯であったのは、確かです

     でも、考えてみれば、3.11、当日は、被災地は
     もっと寒かったのですものね

     阪神淡路大震災の時、神戸、海沿いの高層マンションに住んでいた
     友人は、夕方6時まで、何も口にできなかったと言います

     万一、わが町が、被災した時は、そんなことの無いように
     段取りを、細かくチェックです
     訓練でしたが、本番で使うことがありませんようにと
     心の隅で思いつつ

     心丈夫に思ったのは
     若い人の参加者が、多かったこと
     わが町も捨てたもんじゃないわ
     <若しかしたら、召集に渋々参加しただけかもねだけど>
     「ご馳走様でした」って帰るところなんぞ、
     頼もしく感じました
コメント (2)