♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

悲しい

2012年06月29日 | ひとり言

 ハーモニーひとつは欠けて夏の星


( はーもにーひとつはかけてなつのほし )


     悲しい
     ショック
     何と表現すれば良いのかしら?
     物心ついて、最初に好きになった歌手
     情熱の花
     恋のバカンスよく歌ってました

     ザ・ピーナッツ、
     シャボン玉ホリデーのテーマ、歌詞は朧ですが、
     メロディは、忘れてません

     あの美しいハーモニーは、天性のものだったそうです
     音楽のセンスが、際立っていたとか

     きっと今晩のカラオケあたりでは、盛んに歌われることでしょう

     ここ2,3日 亡くなった方の年齢が、お若くて
     死が、少し近くなった気分です 

              

     昨日は、びっくりしました
     仕事でPCを使っている時、連れ合いさんが、呼ぶので
     よそ見した途端、それまでアルファベット入力していたのに
     言語バーが、日本字入力になったまま復元しません
     こんなこと初めて~~
     連れ合いさんのPCで確認しながら
     ああでもない こうでもない

     一時は、どうなる事かと 
        言語バーから筆の先に赤いボールがあるみたいなアイコンをクリック
        プロパティーから修正できました

コメント (6)

浜木綿

2012年06月25日 | ひとり言

 数ばかり指を折るかなまつりごと


( かずばかりゆびをおるかなまつりごと )


     どうでも良いことなのですが
     実は、 私の右手の小指が、超短い
     第一関節と第二が、くっついている感じ
     突き指したのかな?

     数字の“3”を表す時、親指と小指をくっつけて
     人差し指、中指、薬指を立てますね
     アレが、出来ないのです
     
     日常生活、特別不便も無いのです
     
     この浜木綿の蕾、私が”3”を作れなくて
     苦労している時のようです
  
     この浜木綿は、インド浜木綿と云う名前で知られていますが
     正確に言うとアフリカ浜木綿だそうです

     575は、勿論 今の政治です     
     マスコミは、Oさんが、勝つか負けるか?にばかり終始する
     虚しくて、悲しい~~

     赤い花は、未だ咲いておりませんので、白い浜木綿を






コメント (6)

棗の花

2012年06月24日 | 花、実

 棗花われに失せたる冒険心


( なつめはなわれにうせたるぼうけんしん )


     見っけた~~!!


    
     韓国ドラマ「チャングム」から波及して
     韓国料理に興味を持つようになりました
     度々、登場する「ナツメ」
     薬効のあるものとして、挙げられている
     サムゲタンにも乾燥させたものを入れるらしい

     昔、実家にもあったのです、棗。
     緑の実が、赤茶になった頃、摘んで食べたりしました
     で、母と二人でその場所周辺をさがしましたが、
     見つかりませんでした
     知らぬ間に、枯れてしまったのか?
     母も長い間、気にもかけなかったことを後悔しておりました

     今、私の周囲にある棗の木は、
     御陵の近所の病院脇にあるものだけ
     金網で囲まれた畑もどきの隅にあります
     勿論、見るだけ
     欲しいけどね
     
     昨日、スーパーへ行く途中で見つけました
     これが、棗の花??
     小っちゃ!!
     お行儀良く列を成してます
     背の低い若い木の枝が、金網から通せんぼするように
     伸びてきていて、気がつきました

     昔、私も、この棗の枝のように、 枠から
     はみ出そうとしたこともありましたけど
     今は、そんな気力も失せて、現状安定を望むばかりです

     今の若者には、この枝のように
     しなやかに「はみだして」(あくまでも善意に)ほしいものです
     今の日本では、夢も持てそうにありません
         


コメント (6)

山桃

2012年06月22日 | 花、実

 
山桃の庭を訪ねてシャツの赤


( やまもものにわをたずねてしゃつのあか )


     熟れてます
     公園で見つけました

     丁度、今頃 雨の続く頃食べごろです
     実家の裏のヤマモモは、沢山生りました
     それに美味しい
     親戚中に配ります
     いつの頃からか、子供達には、登れないほど
     大木になり、父が登って採ってくれるようになりました

     稀に、父の叫び声が
     幹が濡れて滑りやすくなっているので
     さすがの父でもツルリ
     下草が、茂っているので安全でしたけど

     このヤマモモの熟れた実を見ると
     子供の頃の雨の日が蘇ります

     今は、大きくなり過ぎて、1mくらいの所で伐採されました
     でも、直ぐ新しい枝が伸びてきます
     まるで植毛の途中みたいなひょうきんな姿
     生命力溢れる樹です



     事務所の前にも、ヤマモモの街路樹が、ありますが
     実のなる♀の木は、減りつつあります
     あの実の汁が、服につくと、最悪
     嫌われものです
     
     去年、連れ合いさんが、殺人現場に居たのかと思うほど
     作業服を汚して戻りました
     アレがスーツだったらと思うとゾ~~

コメント (2)

海紅豆

2012年06月20日 | ひとり言

 順風の吹かぬ日多し海紅豆 


( じゅんぷうのふかぬひおおしかいこうず )


     ♪ ♪ あらびき○○ごてあらポ~~
      ソーセージのCMソング
     ここ最近、私の頭の中でrefrain
     ふと音の無い世界が訪れると
     あのメロディが、襲ってくる
     あの女の子が、可愛いからなのか?
     
     他の曲でも、朝鼻歌として、きっかけがあると
     一日その歌が口をつくことはありますが
     10日もそんなことが続くのは、珍しい
     少々恐怖ですらあるほどに何度も浮かぶので、困っている

     これって私だけ??

コメント (6)

2012年06月18日 | 花、実

 喜雨の朝息の緒つむぐ波紋かな


( きうのあさいきのをつむぐはもんかな )


     今年は、未だ見てなかったのです
     お濠のアサザ

     おお!なんと言うこと
     お濠は、干上がる寸前
     地面の表面がひび割れるほど、乾燥しているところも
     やっと咲いているアサザも僅かに数輪
     それが15日の事でした(下の写真)

     やっと一雨の後、昨日のお濠は、満々と水を蓄え
     穏やかな夏の風景でした
     
     しかし、お目当てのアサザの花の姿は、ありません
     今年は、このまま終わってしまうのだろうか

     そんな時、1匹のギンヤンマが、飛来
     小さなアサザの葉にしがみ付いて
     お尻を水中に刺し込んでます
     もう産卵でしょうか?
          
     トンボは、孵化し、ヤゴになってから1年から数年を過ごし
     羽化した後、数ヶ月、交尾、産卵して命を終えるそうです

     このトンボは、この後命が消えるのだろうかと思うと
     切なくて
     そして、細いトンボの身体から発せられる波紋が、
     明確に波打って拡がって行く様子に感動しました

     こんな崇高な情景に添える575が・・・
     浮かびません




コメント (8)

合歓の花

2012年06月15日 | ひとり言

 合歓の花それより軽ろきものあるや


( ねむのはなそれよりかろきものあるや)


     一夜明けた合歓の花
     花の命は、儚いようだ
     今朝気がついたのですが、匂いが
     芳香とは、言い難い 

     脳死状態の幼児からの臓器移植が、為されたとのニュース
     酷な言い方ですが、殆どの臓器が、移植されるようです
     決断された親御さんのお気持ちを思うと、胸が締め付けられるようです
     何より重いわが子の命ですもの

     まだお若いであろうご両親の
     立派なコメントに涙腺が、緩んでしまいました

     今朝、この件に関して否定的な意見も示す番組もありましたが
     「今、それを言うこと無いのではないか?」と思った
     今は、その決断をした親御さん
     また、移植を待ち焦がれていた患者さんが、居たこと
     その現実だけを受け入れて、淡々と報道してほしかった

     海外での移植に際して、そんなこと挙げて、問題視したことないのに。
     海外のドナーにだって親御さんは居たはずですから

     ただ、″子供からの移植が、子供に”では、無かったのには驚きました

     私も、万一の場合、提供しても良いと考えているが
     臓器によって、年齢制限があるようです
     私の場合、肺と腎臓が、可能らしい

コメント (4)

紫陽花

2012年06月14日 | ひとり言

 あいまいの中に真実紫陽花や


( あいまいのなかにしんじつあじさいや )


     昨日は、プリンターのインクカートリッジを
     交換しようとして、一騒動
     カートリッジが、入らない~~
     
     量販店に走って行って相談したり、慌てました
    
     でも、 戻ってきて、再び交換作業を始めたら、アラッ!!
     私が、カートリッジの入れるべき場所を
     間違って(別の色を外していた)いたのが
     原因と判明


   
     ブルーとライトブルーを間違えていたのです
     おお 恥ずかしい

     間違った色のカートリッジが、装着されないように
     爪の部分の形状が違っているのですわ



     しかし、パソコンやカメラ、電気器具を使っていると
     ここまで、気配りするかと思うほど、間違いが起こらないよう工夫されていて
     感心することが、多い
     うっかり人間の私も救われる事が、多い
     時々、頑として言うことを聞かないこともあるけど
     おしなべて、キメの細かい気配りに目を見張る

     きっと原発だって想定される事に関しては
     出来る限りの対策が採られているのだろう
     ハード面では
     
     電力会社には、それを越えた事態が起きた時
     対応できるスキルをしっかり整えておいて欲しい
     いちいち、上にお伺いを立てなくて
     的確に、瞬時に反応できるようなシステムをです
     topに立つ人は、原発に関する知識があり
     行動力、責任感のある人     
     何か起こったら、病院に入るような人では困ります

     どんな説明を聞いても、「本当?」って疑問を消し去れない
     かと言って、「停電」と云う言葉には脅迫感もある
     最近、殆ど停電って経験してないので
     
     紫陽花は、雨を待っているかのようです



コメント (4)

家族愛

2012年06月11日 | ひとり言

 一かきは愛のみでないカルガモも


( ひとかきはあいのみでないかるがもも )


     もうすっかり鳥たちの渡りの終わった後、
     小さな御陵のお濠や公園の池で鴨を見かけるようになりました
     どちらかが、怪我で渡りが出来ないので
     カップルで残っているのかと思っておりました

 

  
     じっくり見るとカルガモのカップルです
     一緒に居るようで、ある程度距離をおいて
     つかず離れず
     なかなか好ましい距離感でお過ごしです
   

     今頃は、雛が居るのではないでしょうか?
     ずっと二羽で居ます
     卵を抱えている様子も無く
     雛もお見かけしませんが?

     スイスイ水を進む鴨
     水中の鴨の足の振り払い方が、面白い
     まるで顔には出さないけど腹が立つことを、
     足蹴にするかのように、動かしている



コメント (2)

泰山木の花

2012年06月09日 | 花、実

 六月の嫁にひとつは秘密あり


( ろくがつのよめにひとつはひみつあり )


     ちょっと早いです
     もう咲いてました
     真っ白な泰山木の花

     傷つきやすい花
     真っ白なままで居られるのは、極短い時間です

コメント (2)