♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

春なのに

2014年03月28日 | ひとり言
      うららかや乗客多し南紀へと


 ( うららかやじょうきゃくおおしなんきへと )               花桃

                                                      
2,3日休むだけの心算が、約1週間もブログの更新が、出来ませんでした
99歳、中でも小柄な姑に胃瘻は、中々馴染まないのか、色々トラブルが、生じました
23日には、注入したものを吐き、誤嚥からの肺炎を再発してしまいました

再び点滴のみの生活となりました
昨日あたりから、軽く(少量)胃瘻からの食事を再開出来ました

そろそろ他の人は、疲れも出てきたようで、私にお鉢が、廻って来ています
姑と過ごす時間は、それ程、苦労でもありません
結構、 私が居ると眠ってくれますから

余りに寝るので、週刊誌を読んだり、TVを見るだけで過ごしていたら
変な肩こりになってしまいました

家で介護となると、こうは、行きません
病院なら、いざと言う時、ナースコールで切り抜けられますもんね

病院の窓から見える夜景も綺麗なんです
今までは、上から見下ろす夜景しか知りませんでしたが、
横から水平方向に見る夜景も素敵なものです
ビルの航空障害灯が、増えましたね


わたくしは、まあ、疲れも知らずに付き添ってます
多少、家事は、手抜きでアタフタで切り抜けてます
出来るだけ、野菜たっぷりのお弁当持参を心がけております
それだけで、乗り切れそうな気持ちになれます




 袴田さんの釈放に関して、当時取り調べの経過を聞いていると、全く酷い話ですね
DNA鑑定の方法が、確率するまで、よくぞ、死刑にならなかったことです
無実の罪で、48年 独房で過ごした人と
取り調べの証言をねつ造し、結局、今に至るまで、恩給や年金を貰って
暮していた取調官

何だか、納得いきませんね  


 今朝の尻無川で、見つけました
クラゲでは、ないでしょうか?
クラゲって海の物では、無いの?
嫌な感じ 





田舎の海でもクラゲは、居ます
でも、夏の終わり、お盆過ぎの海で見るものでした
春先から、クラゲを見るなんて 

そうそう、海遊館では、綺麗なクラゲが、見られます


 「春うらら」って歳時記にあったと思うのですが、
先週の”俳句サクサクNHKEテレ”で、間違いだって
「うらら」で、春の季語だそうです 

南紀から戻る特急の通過を駅(JR)で待ちます
普段 乗客が、少なくて、採算が取れるのかしら ?
こっそり心配しておりました
春めく陽気とともに、平日でも、乗客の影が、増えていると感じました
南紀は、梅、桜 楽しめる頃でしょう


病院通いの間に、あれこれ気付いたこと、感じたことを 
思いつくままに





コメント (12)

2014年03月20日 | ひとり言
      春の海こぎ出して行く新世界


 ( はるのうみこぎだしていくしんせかい )


今日は、病院の付き添い、お休みを頂きました

でも、
出来れば、晴れの日にお休みちょうだいな


今は、胃瘻からの注入の仕方や、おむつ交換のやり方を
ナースから教えて貰ったりしております

介護のバイト、行けそうよ 
調子にのってます

習うことが、あるって好いですね

それに、いつか我が事ととして必要になるでしょうから

                              

先日、大阪港をブラブラした折、写真のような帆船を見かけました
現在、大阪湾を巡る観光船「サンタマリア号」だそうです
コロンブスが、アメリカ大陸を発見した時、乗っていた船の2倍のサイズのレプリカですって

   コロンブスは、船3隻で、航海に出たそうです
   って、ことは、コロンブスは、思ったより小さな船で航海していたのね
   世界一周は、無理でしたね


大阪湾、45分間のクルーズ・・・
姑が、入院できるようになったら、友達を誘って乗ってみようかなッ

島に橋が着いてから 
    (明石海峡大橋が、建設されてからの事を、島の人は、そう言います
     先に、島の南に大鳴門橋が、出来た時は、それ程には、慨深く表現しませんでした)
船に乗る機会は、無くなりました
フェリーは、無くなりましたし、神戸、大阪に結ぶ航路も廃止されました
    (明石へ向かうラインのみ残っています)

乗ったとしても、観光地で観光船に乗るか?
ランチクルーズするか ?くらいです

船に頼るしかなかった時代、2時間前後の船中を余儀なくされました
その時間が、長くて苦手でした
1時間ほどの船の旅が、程よいです


船には、「丸」では、ないの?
丸を付けるのは、日本だけなのですって
外国の船は、「号」を付けて呼ぶのだそうです
(アルファベットでは、名前だけ標記してあります)

この記事を書くにあたって、いろいろ確認しておりましたら、
クイーンエリザベスⅡが、昨日、神戸港に停泊していたとのニュースを見つけました
優雅な姿を観たかったなぁ
30年ほど前、大阪港に寄港した前のクイーンエリザベスⅡは、外から見たことが、あります

2,3日 ブログは、休刊とさせていただきます 


コメント

さくら

2014年03月17日 | ひとり言
      腹くくり介護をつくす春うらら


 ( はらくくりかいごをつくすはるうらら )


病院とその行きかえりだけが、社会とのつながりのような生活が、続いております
皆さんのブログから季節の移り変わりを感じる日々です

ひまわりさんのところで河津桜が、満開の華やかなお写真を拝見しました
いつもの公園の河津桜も咲いたと、噂が、あります

病院へ行く前に自転車を駆って走って行ってみた

公園の入り口の大島サクラが、咲き初めておりました
メジロも遊びに来ていました




春の息吹を感じる朝でございました
川津桜は 
もうこの桜とメジロが、撮れたから、帰ってきました 




公園の山茱萸
公園内の山茱萸、どの木も赤い実を沢山付けます
赤い実と黄色い花のコントラストが、鮮やかでございます
コメント (10)

不気味なこと

2014年03月14日 | カシャッと575
      カモメ飛ぶスマホの君よ顔上げよ 


 ( かもめとぶすまほのきみよかおあげよ )

殆ど毎日電車に乗るようになりました
今日は、 1か月ぶりに家で過ごしました
なのに、雨
写真を撮りに行く心算だったの・・・

明日からは、しばらく休みは無しでしょう

最近の電車の中って異様です
優先座席だろうが、人を押しのけて、若者(社会人)が、占有
直ぐに、スマホを取り出して ゲームです
男性も女性も
あれって、短い足を精一杯延ばしてやりたいものなのか?
ドテ~~ッって座るから、足が、邪魔です

お年寄りが乗って来ても、気が付かないのか?
気付かないフリなのか ?
道徳心も、ありません  (古~~ッ)

余りにも酷い
ちょっと啓蒙活動、必要じゃありませんかね


??

女の子は、スマホを見ながら、前髪を直したり、アイメイクをチェック
何をしているのだろうと思ったら
カメラ機能を利用して、モニターしているらしい

スマホが、普及して、何だか「恥じらい」って言葉が、死語になる予感です

病院の傍を流れる川にもカモメが、来るようになりました
カモメって、上昇して、まるで猛禽類のように
羽ばたかず旋回しながら餌を探すようです






先日、大阪湾に行った時、見つけました
水上署って警察が、あるのは、知っていましたが
水上消防署もあるのですよ

 
    今日の雨は、菜種梅雨と言えるのか?
    調べておりましたら「菜種河豚」って言葉が、あるのを見つけました
    春の季語ですって
 
    菜の花の咲く頃の河豚のこと
    産卵期で毒性が、強いのだそうです
    てっちり(河豚鍋)は、美味しいとは思いませんが
    テッサは、時々食べたくなります
    ああ、長い事、河豚なんて頂いておりませんわ



コメント (8)

3.11

2014年03月11日 | カシャッと575
      茅渟の海優しきばかり3.11


 ( ちぬのうみやさしきばかり3.11 )


もう3年も経っているのに、「復興」は、眼に見えません
やはり「阪神淡路大震災」とは、範囲、大きさ、全然スケールが、違うのですね
それに原発事故も加わっています

近い将来起こると予想される東南海トラフ大震災
津波に関する情報が、TVで紹介される時 
必ずと言っていいほど、流れるのは、尻無川をさかのぼって津波が大阪ドームに向けて襲ってくる図です

今日も、その川面は、春の光を受けてキラキラ優しく光っています
いつか、この穏やかな川が、あの3.11、TVで見た惨劇の場面のようになるのでしょうか

第2室戸台風の時、川沿いの家屋は、高潮の被害にあったそうです



今日は、昼間時間が出来たので、大阪湾へ、行ってみました
久しぶり
突き当りで車を降りたところ、まるで巣を変える蜂のように
移動する鳥の群れを見ました  
その岸の端までは、150mほどあります
走って行きましたが、間に合いませんでした

鳥の群れは、大阪湾を南から北東方面へ移動していきました

何の鳥かしら
せめて、3分早ければ、もっと近くで撮影できたのに  残念






姑は、胃瘻の手術を無事に終えることが、出来ました
術後、痛みを訴えています
そりゃあ、そうよね


また、明日も行きます
今度は、 私たちが、胃瘻から食事を与える手順の訓練です


※ 茅渟(ちぬ)の海とは、大阪湾の古い名前です
  淡路島のホテルで会席を囲んだ折、お品書きの隅に書いてありました
  島の西側の海の事は、  ああ  思い出せない 
  今度、調べておきます
  それもホテルの会席のお品書きに書いてあったの・・・



コメント (8)

もうエエわ

2014年03月10日 | ひとり言
      決断に揺らいで迷い春寒し


 ( けつだんにゆらいでまよいはるさむし )


すっかりご無沙汰しております

姑が、入院して1か月以上過ぎました
毎日、付き添いに行っております

今週は、1日お休みを貰う心算ですが・・・

お昼ごろから、夕方まで
時々夜の注入が、終わるまで、付き添います

お部屋は、空気清浄が、効いているので、花粉症知らずで過ごせます

明日、いよいよ胃瘻の手術です
それが、無事に済めば、1週間程で退院の運びとなります


病院では、事あるごとに、相談員さんが、説明に来てくださいます
それも、説明上手
今は、何処の病院でも、そうなのでしょうか?

術後、栄養士さんの講習が、あるそうです

「もうエエ」って姑が、盛んに言うようになりました
わたしは、もう家に帰りたいって事だと思っておりました

でも、本当にそう言う意味なのだろうか

実は、実家の隣組の一軒のおばあさまが、亡くなられました
1〇〇歳を超えていらっしゃいました

TVが登場したころ、周囲では、そのお宅にだけTVが、あって、ご近所誘い合って
そのお宅にプロレスを観に行っていた記憶が、あります
お嬢さんが、某TVを作っている会社の創業者の一族に嫁いでいたので
早い頃からTVが、在ったのだでしょうね

愛嬌のあるお顔の優しいおばあさま、
おじいさまは、ハンサムでした

そのおばあさまは、「胃瘻」を拒否なさったのだそうです
「今まで充分にしていただきました。
 もう安らかにおじいさんの所に行きたい」とのこと

つい先日、母から知らせを受けてから、姑にしっかりした意識が、あれば、姑ならどうしただろうか と
考えるようになりました

姑は、なかなかに欲深い人
一昨年から病院に付き添った時も「死にたくない」としきりに申しておりました
だから、今回も、皆、何の躊躇もなく「胃瘻」を選択しました

「もうエエ」

「早く家に帰りたいのか?」
首を横に振ります

話が通じないのだなと思っていたわたしです

鼻にチューブ、車いすに座って、2時間に渡る注入も、シンドイに違いない
オシメを交換してもらうのも、情けない思いをしているのかも
今でも、出来れば、トイレに行きたいと言います

しっかり思いを告げて欲しいものです、
もし出来るものなら



コメント (8)

男前について考える

2014年03月03日 | カシャッと575
      他になく麗し男にメス任す


 ( ほかになくうるわしおのこにめすまかす )


来週、姑に胃瘻を付けることになりました
施術して下さる先生から説明を受けました

部屋に入ると、そこに居たのは、30代の若いDoctor

少々の男前で、びっくりした事のない私
要は、びっくりするような男前が、周りにいない訳です
「胃瘻の施術に関して説明」をして下さる若いDoctorの爽やかなことと言ったら

説明も誠実で、よく解る
質問にも、しっかり目を見て答えてくれます

世の中に、頭も良くて、ハンサムで、嫌味が、無い
そんな男性が、居るんだ~~  

言うならば、85% of 水嶋ヒロって感じだった
(水嶋ヒロのファンでは、ありません
 歌手絢香さんのご主人って事以外、ドラマも見たこと無し
 あくまでも、外見)

整形外科の先生も、頼りになる誠実な若い医師ですが、
ハンサム ??
まあ、中にはそう思う人もいるだろうな ってところ
私には、こちらの方が、話易い

Doctorだから、ひときわイケメンに見えるのか ?

傾国の美女って言葉が、あるが、傾国の男前って表現は、聞かない

時々、居ます
男性でも、女性でも
こんなに素敵な人、どんな人生を送るのだろうって考えてしまう人

美人だから、必ず幸せな人生ってことも、無いみたい
男前だからって、生活力が、無いのは、困るし・・・

「生き方美人」って言うなら、吉永小百合さんかしら  ?

私が、長い人生で色々見てきた印象では、
余り野心溢れる人は、結局、上手くいかないのでは、無いかと思うのです
野心だけでは、ダメですよね
努力や運が、なければ、空回りだけです

働かずにあぶく銭を稼ごうなんて人は、大抵、悲惨なことになるような気がする
コツコツが、一番です

例のビットコインの事件だって、何度聞いても意味が、分かりません
リスクも納得して関わりを持った人も居るようですが

面食いの女性も多いが、私は、イケメンの後ろに苦労が、見えてしまうのです
もっとも、イケメンでは、無いのに苦労が、くっついてきた人も居るけれどね 




コメント (11)

気付けば、三月

2014年03月02日 | ひとり言
      菜の花の味もわからず妻の口


 ( なのはなのあじもわからずつまのくち )


病院の付き添いに明け暮れている間にお水取りも大松明の頃と
なったのですね
ニュースで見て、もうそんなに季節は、進んでいるのか と
気づく今日この頃です

姑の付き添いに行くのは、昼前から夕方まで
本当は、お昼、2時間ほどって言われてましたが、
なかなかそうは単純に物事は、捗りません
今日だって、ランチにあたる注入()が終わったのは、夕方の5時でした

  担当の看護師さんが、 忘れて昼の休憩に行ったのではないかと推測
  始まったのは、2時30分

注入が、終わっても、なかなかチューブを外しに来てもらえません

余りに、度々、こちらからお願いすると嫌な顔をされるので
終わっても、30分は、じっと耐えて待ちます

看護師さんでも、明るく気をつけてくれる人と
家族と目も合わさず、淡々と処置する人が、居ます
やはり、長くお世話になっていると、色々見えてきます

   ()栄養を鼻から通したチューブで注入する
     けっこう時間が、かかる


写真を撮りに行けなくて、困ります
出かける前、それはそれで忙しいし、夕方も同じく
一応、カメラを持って行ってはおりますが、病院とJRの往復に終始している。


姑が、眠ったら、575でも考えましょうと思ってますが、
それもままならず

病室の窓から見える風景に、季節を感じさせるもの、無し

季節を感じるもの、季節を感じる物 
お弁当に入れた菜の花のおひたし
これくらいかな
   
最近、病院から戻って小さい缶ビールを、キュッと飲むのが、まず
ストレス解消のスタート
休肝日、しばらく取っていません(量が、少ないので、油断していた)
で、シジミのお味噌汁を写真バージョンに添えました
これを見て、連れ合いさんが、「最近、飲みすぎているのか ?」だって

そりゃあ、気苦労なことあるのよ
あらッ、気が付きませんかね 

病院の病棟階に、大きな窓に面し、大阪の街を見渡しながら、食事をとることのできるコーナーがあります
お見舞いの人も、飲み物を飲んだり、出来ます
患者さんは、点滴を受けたり、食事の介添えをしてもらえます
姑も、そこで春の日を浴びながら、注入を受けるのです、たまに。

中には、苦労しながら食事をとる患者さんもいらっしゃいます
じっと見ては、失礼です
でも、気配で、嫌々食事をしていらっしゃるのを感じます

食べるって事が、本能だと思っていたわたしは、、
食べることすら苦行となることもあるのだと知りました

そんな中にご主人が、奥様をずっと支えていらっしゃるカップルが、あります
いつもお二人だけ
今日、日曜日も、お見舞いの方は、いらっしゃいませんでした
お子さんは、居ないのかな
気になるご夫婦です
あのご主人の爪の垢を入手し、煎じて、連れ合いに飲ませてやろうかと思うこともあるわたしで、ございます



コメント (6)