♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

キノコの恋

2012年07月04日 | 写真

 しめっぽい恋しか知らず梅雨の晴


( しめっぽいこいしかしらずつゆのはれ )


     6月26日のひまわりさんの記事
     可愛いキノコが、紹介されております
     お写真が、良い感じなんです
     お名前は、判りませんが、まるで心を持つキノコのような
     姿にフォト575心を刺激されます

     とは言え、刺激されたもののなかなか575が、出来ません

     今日の午後、食器を洗っている時、やっと浮かんだ575をupします

     写真は、ひまわりさんのを拝借しました

コメント (6)

風と風邪

2010年05月18日 | 写真
 若者はキラリひかって若葉風

( わかものはキラリひかってわかばかぜ )

16日は、ツアー・オブ・ジャパンの堺ステージでした
いつも行く公園を周回するコースです
昨年は、生憎の曇り空で、しばしば小雨に悩まされるという悪いコンディションでしたが
今年は、 5月らしく晴れわたった青い空の下
木々の緑も応援しているかのような快適なツアー日和でした



自転車って人気なんですね
当日の会場にも、自転車も服装もバッチリ決めた人が大勢
子供さんも一人前に格好つけてます

ママチャリでウロウロしている自分が場違いな

それに、バズーカ砲のようなレンズをつけたカメラを持つ人も多かった
若いカップルが、お互いにアドバイスしあいながら撮影したりして

これから、順次日本中を巡って、レースが行われるそうです

いつか、ツアー・オブ・ジャパンが初夏の季語になる日が来るかも

        

若者は、風になりました
そして、 私は、風邪をひきました

変な夢を見たのよねぇ
冷害にあって、家の花の蕾が全部凍ってしまったって
その朝は、肩、足首が氷のように冷たくなって
おかしいなと思っていたんです
そのうち喉が痛くなり、決定的な症状が

若い頃は、カアッっと熱が出て、一晩寝たら治ったのに
近年は、熱があるような、無いような
寝込むほどではないけれど
中途半端な状態で、つい無理をしてしまうようです

もう元気になりました
コメント (2)

早起きして

2009年12月13日 | 写真
 龍走る流星群を追いかけし


( りゅうはしるりゅうせいぐんをおいかけし )

田舎では、早起き
でも、 東側に山のある我が実家では、朝日は拝めません
朝明けの気配を感じるだけ

ある日の朝は、 「もう、働いている人が居る」でした
飛行機雲の跡が、ありました
当たり前なんですが、早朝に、飛行機を操縦するって、 エライ!!って
しゃんとお目覚めなんですね

気流が描いたその日の絵(雲)は、龍が、飛んでいるように見えました

今晩、 流星群見えるかしら
大人になってから、一度も見てません

  

昔は、飛行機雲なんて殆んど見なかったのに
ジェット機化したからでしょう、一日中空に飛行機雲が浮かんでます
田舎は、昔から、北西よりの空に、伊丹への飛行機が、見えました
(九州へ行った時、下に、町が見えましたが、家は判りませんでした)
そして、関空への飛行機が、南よりの空を飛びます
こちらは、 尾翼のマークで、エアーライン名が判るほどです

まあ、よく飛んでますね
みんな、何処へ行くのって
音は、聞こえませんが、関空が出来た時は
乳牛が、お乳を出さなくなったり影響は、ちょっとあったそうです

こんなのんびりした空で、基地の在る所の方には、
申し訳ありません


コメント (2)

湯けむり

2009年11月30日 | 写真
 寒き朝空に湯けむり人恋し


( さむきあさそらにゆけむりひとこし )

もう11月も終わりです
毎朝、少しずつ寒さが募っていくのを、肌に感じます
昨日の空です(朝)
西の空に湯けむりが上がって、大きな湯船に浸かっているみたい
「何処か温泉でも、行きたい」気分でした  



コメント (2)

夕暮れ

2009年11月21日 | 写真
 猪狩の寄り道すぎて日は暮れぬ


( ししかりのよりみちすぎてひはくれぬ )

近所に大きなホームセンターが開店しました
駐車場に入るのに、相当時間待たねばならずで様子を見に行って来ました。
公道は、 混んでる気配は無いのですが、駐車場の手前、側道に廻ってからが、
にっちもさっちも動けなくなるらしく、皆 殺気立っている

きれいな夕焼けだったので、カシャっと
相変わらずの無粋な電線です 

     

もっと大事なことが沢山あるだろうとお叱りを受けるでしょうが
山の穴に入り込んで、出られなくなっている犬の事が
気になって仕方ありませんでした
やっと 無事助け出されたようで、

実は、亡くなった父の趣味が、ハンティングで、
一人で遠くの山に行ってました
もう戻って来るまで、心配したものでした
当時は、携帯なんてないし
あっても、圏外だし

犬も1頭、気ままが、性にあってるとかで、帰って来なかったのもおりました
どうしても、車に乗らなかったそうです (紀州犬の雌)
カレンダーを見るわけでもないのに、解禁日になると軽トラに乗ってる犬も
父親を、喜ばせたものでした

ちょっとしんみりね
コメント (2)

忘れ物

2009年08月02日 | 写真
 世界中注目集め静かなり
( せかいじゅうちゅうもくあつめしずかなり )

夕暮れ

撮り貯めしてあった写真を整理していると
ありました
そうそう、皆既日食の日、 実家から見た沈む夕陽の写真が、あったのです
その日の午前中、 日本中の注目を集めた陽が、沈んでいきます
いつも通り、静かに、山蔭に隠れていきました
日食は、雨雲に邪魔されて、チラッとしか見えませんでしたが
お詫びのように、明るく美しい夕陽でした
思わず「お疲れ様でした」って心の中で言いました。

  

案の定、
蹴散らして雷雨飛び入る踊りの輪でした
昨夜の盆踊り
遠くの雷鳴とPL花火の音を聞きながら、雨が降りますように 
しかし、願いは、叶わず
諦めて、 遂に浴衣に着替えて待ち合わせの場所へ
メンバーが揃って、 現地に着いた途端

結局、缶ビールを二つ頂いて、戻ってきました  

コメント

男の顔(弥生人)

2009年07月15日 | 写真
 告白は夏の夜の夢現なし
( こくはくはなつのよのゆめうつつなし  )



再び弥生文化博物館です
常設コーナーの「卑弥呼の時代」の展示物の一つ
男性の像です
良いお顔をなさってるって思いませんか
真っ直ぐこちらを向いてる姿に 話かけたくなります
火焔土器にしても、細かい道具にしても、形が美しい
電卓も、 そろばんすら無い時代、 如何 計算して、
デザインして、この素晴らしい造形美が、 生み出されたのか??
妙に落ち着く空間だったのです。

実家の裏、 畑の畦道から「尖頭器の鏃」が出てきました。
裏山には、 古墳もあり、 発掘を見学に行った事もあります
古墳は、 土地の豪族のものらしいです
(myご先祖では、ありません。 海の方から、引っ越してきたから)
日本史は、 とんと苦手ですが、 興味はあります
本当に、 時代の順番が、全く覚えられません
織田信長から徳川家康くらいしか、理解出来ておりません 

コメント

卑弥呼の館

2009年07月14日 | 写真
 
 行く末を占いきれぬ今大和
( ゆくすえをうらないきれぬいまやまと )



部屋のクーラーもストライキだし
思いついて、隣の市にある弥生文化博物館へ行って来ました
主に、弥生時代に関して、発掘された物を展示しているのでしょう
初めて、伺いました
新潟県で発掘された火焔土器の展示を、見に
それと卑弥呼に関する展示もあると聞きました
写真は、 卑弥呼さんが当時暮らしていたと想像される風景です

展示を撮影して良いの って思われるでしょう
勿論、 私もそんな行儀の悪い事は、 思いもしませんでした
ところが、求められたアンケートの項目に
「展示品を撮影できる事に関しての意見」が、あって
思わず、スタッフに確認しました
フラッシュは、ダメですが、どうぞ、ご遠慮なく ですって
<中には、「撮影お断り」の品もありますので、 注意しましょう>

おいおい、写真を致します
コメント

灯台

2009年07月08日 | 写真
 迷い道行く方しめす灯待つ
( まよいみちいくかたしめすあかりまつ )


 NHK BS2で月~金の朝“カシャッと一句!フォト5・7・5”が
始まりました
投稿したいと思いながら、 満足できる作品が、出来ません 
行き詰っております
入選作を見ていると、夫々素晴らしい出来映えの作品です
今朝の、「蜘蛛の巣」の作品など、 感服です

他の方の作品を見るのは、 とても刺激があって
勉強になります
特に、自分に作品が出来ないお題については、教えられる事が多く、
「目から鱗」です

これから、少し私の作風(あつかましい言い方ね)にも
変化が、あるかも 
季語に、拘ってましたけど、 比重がやや軽くなるかもです

    

写真の灯台は、 大阪、堺市にある建設当時から同じ場所に
建っている灯台としては、 日本最古のものです(何でも、日本一を探すものですね)
明治10年にイギリス人の設計によって建設され、 今は、 現役引退しております
国の史跡に指定されているそうです
ですから、待っていても、灯はつきません 
コメント

エゴの実

2009年07月07日 | 写真
 横並び飛び出す勇気風を待ち
( よこならびとびだすゆうきかぜをまち  )


白い小さな花が、整列するように並んで咲きます
残念ながら、 今年は、撮影できませんでした
そろそろ、実がなる頃だと公園へ
この木は、豊作です
西側にある木は、 鳥が食べたのか、
もう、殆んど残っておりません
雨に濡れているところなど、 もっと可愛いです-

可愛い実だけれど、有害物質が含まれているとのこと
口にすると、えがらっぽくなるそうですよ

虫が寄生して、虫こぶを作るらしく
確かに、 この後、身体が痒かったです


コメント