♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

おつかれさまでした

2010年06月30日 | ひとり言

 六月や寝不足連れて尽きにけり


( ろくがつやねぶそくつれてつきにけり )
負けて日本中が納得している試合も滅多と無い
昨夜、侍ジャパン、対パラグァイ戦は、善戦でした
泣けそうな試合でした
PK戦になった時は、私の方がgive up

負けても「おつかれさんでした
ありがとう」しかありません

結局、興奮覚めやらず、
神経が、高ぶったまま、夜を過ごしてしまった

 日本中の働き蜂が寝不足でしたでしょうね

句に“心地よい寝不足”を織り込みたかったんですが、
叶いませんでした
コメント

須磨浦

2010年06月29日 | ぶらり散歩 & お出かけ

 古戦場二度ほど涼し風吹きぬ


( こせんじょうにどほどすずしかぜふきぬ )
二度は、 2℃のつもり             

「毎日同じ公園ばかりでは、ネタも底をつくやろ
須磨へ打ち合わせに行くけど、一緒にいかへんか」
との優しいお言葉
実は、一人で府外へ出るのは嫌な連れ合いさん
今までは、犬が被害者だったのですが、
彼の亡き今、とばっちりは、私に

須磨か
まツ、久しぶりに行ってみるか
で、昨日の午後、急遽出かけることに
須磨浦公園で車から下ろされた私

1時間では、どう回ってよいやら
第一、木陰を抜けると暑いのだ

何十年ぶりかに乗ったロープウエイから見る
一の谷の古戦場辺り
今は、人々の住まいが、麓から攻めあがっているようです
地震のころからすると、すっかり灯りも戻ってきたことでしょう

神戸の夜景は、 100万ドルって称され
本当に美しい輝きでした

一の谷の合戦は、冬に起きた事らしい
こんな傾斜のところを馬を駆って逆落しで下ったのでしょう
70騎と言う説もあるが、 3000とも云われている、

史実としては、合戦の場所、諸説あるようですが、
山の傾斜は、おおよそ似たようなもの
馬に騎乗してだと、足がすくみます
馬は、騎乗の人を信じて駆け下りたのでしょう

 

海に浮かぶの、釣り公園です
太公望が、大勢
女性も居ました

私は、鳶の釣りを観察
なかなか捕れないものですね
肢でカッと摑んで、山へ帰っていきました
家族の今日の食事、確保できたのでしょうか?
コメント (2)

大雨警報

2010年06月27日 | ひとり言

 五月雨は時も流して空しけり


( さみだれはときもながしてむなしけり )
昨日近畿地方は、随分降りました
シトシト、重い雨でした

早めの夕食を済ませ、本屋をブラブラしたり
新しいスーパーや大型電気店など冷やかして
仕上げにファミリーレストランで、生ビールをキュっと
機嫌よく戻ってきましたら
事務所の前辺りが、騒がしい
警察車両の赤色灯が、五月雨を染めています  

泥棒にしては、時間が早い

案の定です
魔の交差点、車が3台絡んだ事故です

 雨の日は怖いんですよね
 私も、こんな雨の中の事故処理は、絶対に嫌なので、
必要以上に無理はせず、注意して運転することにしている
それに、何より事故処理に費やされる時間がもったいない
相手の不注意は致し方ないけど

(三度、信号待ち中、追突されたことがある。
これが、不思議なのです。
何で、ぶつかる?

問題の交差点、15年の間に何度事故があったか?
私が目撃したのは4回
早朝で、目撃はしなかったが、後日保険会社の調査員が
訪ねてきた死亡事故もありましたっけ。

角のクリーニング店は、もう二度も、りフォームされました
つまり、 15年で二度、車が飛び込んだわけです

事故の写真は、遠慮しました
こっそり、警察車両の赤いライトだけを

今朝見たら、事故当事者が昨夜飲んでいた缶飲料の
空き缶が歩道隅に並んだままでした
そんな調子だから、事故るんだ 
コメント (2)

カンナの花

2010年06月26日 | 花、実

 小気味良く過ごす術あり梅雨ごもり


( こきみよくすごすすべありつゆごもり )
あるんだったら教えてよ!です
出かけようと思うと、雨が降る
つい家の中に篭っております
ちょっと運動不足気味
せめて、雨の合間にゴーヤの蔓を誘導したりしている
朝、思いがけない方向に伸びているのが、面白い

絹の薄布のような花びらのカンナも咲いている
日照りも雨も、「関係ないね 」の涼しい顔で

花後の球形の実(種?)、愛嬌者です

 

因みに、 私の愛用する「花の歳時記」によると
カンナは、秋の季語となっております
意外です 
コメント (2)

侍ブルー

2010年06月25日 | ひとり言

 日の本は同じ夢見る短夜や



( ひのもとはおなじゆめみるみじかよや )
まだ日本中、夢から覚めてないようです
ワールドカップ、対デンマーク戦、久しぶりに鳥肌が立ちました

しかし今回のW.カップは、驚きの結果がでております
強豪、イタリアもフランスも決勝トーナメントには、進めませんでした
何が起こるか判らないW.カップを実感です

侍ジャパンにも何があるかわかりませんよ

ワールドカップって良いなって思うのは
対戦相手の国について、改めて知ること
オリンピックでは、特別な選手の記録の事ばかりですが
国対抗だと、小さな暖かい情報など紹介されているのを
目にするのも楽しい

今夜は、ブラジル vs ポルトガル
ハラハラせずにゲームを楽しめます

 

額紫陽花の額じゃない部分の花
小さいのに、元気ハツラツって感じ
生麩みたいな姿が、可愛い
懐かしい飴のようでもあります
コメント (2)

アメリカ悌梧

2010年06月24日 | 花、実

 人魚姫惑わして得る勝利かな


( にんぎょひめまどわしてうるしょうりかな )
いよいよです
起きていられるかな
普段は、不眠症で3時なら一度目の覚める時間なんですが
意外と、こんな夜は、爆睡で朝が明けるものなんです

今夜(?)の対デンマーク戦、余りマスコミの実態以上の盛り上げに惑わされる事なく
冷静に観戦しようと思っております

ゴールのバーを、見方にするか、相手チームにするか
運命の分かれ目です

アメリカ悌梧、蘂の形が、「ゴールは死守するぞ」ってキーパーのようです

   


コメント (2)

洪水警報

2010年06月23日 | 自然

 気がかりな降雨グラフや梅雨出水


( きがかりなこううぐらふやつゆでみず )
九州では、記録的な降雨量なようで
皆さま、どうぞ警戒なさってくださいませ

今朝も、大雨の予報でしたので、久しぶりに
一人で暮らす母に電話して安否を確認した次第です

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
エゴの花、今年は、見逃してしまいました
もう実が揺れております

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
タイミングよくコムラサキの花をみつけました
もしかしたら、初めて見たのかもしれません
いつも、行儀良く並んだ小さな実に気づくだけです
句を作るのに、持て余しておりますので、写真だけUP 



コメント (2)

似たもの

2010年06月22日 | 花、実

 似たものをそれぞれ愛でる人ありぬ


( にたものをそれぞれめでるひとありぬ )
金糸梅と未央柳(びようやなぎ)
違うものだと知ったのは、つい2,3年前
向かい合って咲いている花を見て、???
で、気が付いたわけです

共に、オトギリソウ科の花だそうです

句を添えたのは金糸梅
下の花が、未央柳
 

未央柳は、華やかですね
「いどみしも華に欠けたり我が身かな・・・金糸梅」
も作ったんですが、それでは、金糸梅が可哀想
充分存在感ある花ですのにね

多少、欠点はあっても(多くても)
自分に自信を持つ事も忘れずに生きるべきです
それが、自分を大事にする事
自分自身を嫌いでは、とんでもないことをやらかしてしまうかも
知れないから

コメント (2)

銀梅花

2010年06月21日 | 花、実

 父の日やほんの短い夢ごとし


( ちちのひやほんのみじかいゆめごとし )
みつけました
銀梅花
昨年12月11日の記事下で名前のわからなかった実
その後ひまわりさんに「銀梅花」と教えていただきました

公園への遊歩道の花壇に小さな木が可愛い白い花を咲かせておりました
  これって、正に夢にまで見た銀梅花じゃございませんこと
高さ50cm足らずの幼い木に
思ったより小さな花でした

 

コメント (3)

あめんぼ

2010年06月20日 | 昆虫

 ご法度は八百長なるや水黽


( ごはっとはやおちょうなるやあめんぼう )
公園の池が、汚れていました
せっかくの睡蓮の写真も、使うにも憚れるような様です
アメンボたちは、スケートリンクかのようにその赤潮(実際は緑色)
の張った水面をスイスイ
(だから、写真に撮れたのですね)
中に、 組ず解れづ、と言うか組んだままの2匹が、水面を移動します
アメンボって縄張り意識が強いのでしょうか
他のメンバーは、他のものには「我 関せず」の風です
もしかしたら、肢が絡まってしまったけれど、外れないのかしら?
そのまま、2匹、何処かへ流れるように消えて行きました

大相撲、あんなに野球賭博をしてたってことは、
相撲も八百長があったと考えるほうが自然ではないだろうか?ね!

白鷺も安全な餌を捕獲出来るのでしょうか?
 

釣りをしているおっちゃん達、「こんな状況でも釣りしますか?」
たかが、公園の池の釣りなのに、装備が立派なのが、可笑しい
コメント (2)