♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

仙人掌

2019年09月16日 | カシャッと575
         姿良し椅子に隠さる針の数


         (すがたよしいすにかくさるはりのかず)


公園脇の植物園の庭にあったサボテン
形がよろしい
針さえなければ 座ってみたい
<サボテンって漢字 知らんかったヮ>


世の中、座り心地の安定しない椅子が あります
特に権利や 利権の厚い役職の椅子は、何時振り落とされるか分からない

新しい組閣で 任命された大臣たち、大臣の椅子 座り心地は 如何でしょうか ?
今のところ IT担当大臣にチェックが 入っているみたいですが

地元(島の)選出の代議士さんも大臣の末席に座らせてもらえたようだ
故郷のおばさん連中は 大喜びでしょう
結構な人気のようです
わたしとしては 彼の前のポスターが チャラかったので 少々心配している

総理や財務大臣の椅子は どうかしら
長い間 座っているから 少々傷んだ部分も出来ているのじゃないでしょうか

それにつけても、ドラマを地で行くお隣の国です
お国の法律を詳しくは存じませんが、
突けばあれほど傷の出てくる人が 法律を司る大臣になるのも不思議だし
それを国民の半分が 許しているのも信じられない
それこそ 大臣の椅子の座り心地を伺いたいものだ

家族のことを思えば 身を引くと思うけど

他に人材が 居ないのか ?
正直「反日」という言葉は 聞きたくない
あの大統領及びそのグループと後何年かやっていくのは、日本としても難儀なことだろう

その一方で 北の金さんは、仁川空港を攻撃する事が可能となる基地を計画しているとか

もう 訳が 分からん

日本の新しい内閣についてより、韓国の話題が 続くのも



俳句・短歌ランキング
写真俳句ランキング






 
  
コメント (6)

歳を重ねるってこと

2019年04月25日 | カシャッと575
       我が道に得体の知れぬ影さしぬ 


           わがみちにえたいのしれぬかげさしぬ  


実家の畑にたった1本ある桑です
花が 咲きました
初めて見ました
食べられる実が なるそうなんですが、それは、未だ見たことありません
6月頃が 楽しみです


クマザサにカタツムリが
虫も居る
それで 浮かんだ575です 

3月末の蕾です*




さて、毎日 高齢者が、加害者となる交通事故のニュースが続きます
池袋の事故で、奥さんと娘さんを亡くした遺族の会見を見ました、 昨夜。
もし傍に居ても慰める言葉も見つかりません
簡単な言葉では、表現できない悲劇です

その一方で 加害者の家族の心境や如何に
無念でしょうね
誰も送れないなら 何故 タクシーで 行かなかったの ?

運転するのが、億劫になります
後 何年可能だろうか ?

教習所で 「驕るなかれ」と教えられました
「上手いもんだ」と思ったら、事故のもとと
常々、運転は怖いと思ってハンドルを握れ と

何事も 驕る心が、恐ろしい

今年、認知機能検査を受けねばならない連れ合い
仕事から戻って来るまで、心配です
今のところ、車庫入れは スイスイですが・・・
身体の何処かに支障を来したら、速やかにトラックの運転は 止めようと決心している
仕事も辞める

もう次回のタウンページ掲載の契約は しない心算です
  
                                   

話は 横道にそれますが
4月の初め、オスプレイが伊丹空港へ 緊急着陸しました
機体の具合が、悪くなったのでしょう
あんなに、人口密集地を通過しながら 

確か 岩国から 豊後水道を抜け、飛行して太平洋上を飛行して
厚木に向かうと聞いておりましたが、
当該機は どのようなコース辿ったのでしょう
調子悪くなってから、四国を越えて伊丹まで飛行可能だった 

高知空港や白浜空港もある、徳島も
(そこなら良いって意味ではありません)
何だか 住民の反応を観察する為のように見えてしまったのは、 私だけ?









コメント (16)

遠慮のかたまり

2019年03月06日 | カシャッと575
        悔しさや遠慮のかたまり譲りしは


       くやしさやえんりょのかたまりゆずりしは


先日 ちょっとしたお礼に手ぶらって訳にもいかず
デパートで イチゴを買った
それなりのお値段でした
何せお礼ですもの、 近所のスーパーともいきませんわね
申告も納税も片付きましたので 我が家のご褒美にもう1パック


連れ合いに申しましたら 「そんな高いイチゴは 食わん」
「罰が当たる」と申します

勝手にしろ 

わたしゃ 遠慮なく頂きます

油断してましたら 数が、減ってる  
「食べない」って言うてたやん
 
「美味しいぞ」だって


どの口で 
舌の根もかかぬうちに
口腫れとるか ??



佐賀県のブランド  「いちごさん」
翌朝 ローカルニュースで ブランドイチゴが、紹介されていて
「いちごさんも」登場しました

確かに 濃厚で美味しいです
懐かしい味

実は、 田舎のミカン畑に石垣が あり
そこになっていたんです
子供たちは、孟宗藪やミカン畑の草刈りの時 ついて行って摘まんで食べていました
小粒でも 甘いのです
イチゴさんは、 その味で粒が、大きく豪華版です

今の時期 いろんなところで イチゴのイベントが 真っ盛り
こんな年齢になっても イチゴは 気持ちを してくれます




ところで きょうの575を作るにあたって、「遠慮のかたまり」って言葉は、使いたかったのです
ちょっと調べたんです 
そしたら「関西の方言」って

例えば大皿に並んだ料理で 一つ残った物
「誰か 遠慮のかたまり 食べて~~」
とか
「いっただき 遠慮のかたまり」って使います

普通に使いませんか 

私は、「遠慮のかたまり」は 我慢します
好きなものであっても
恨まれたくないもん



コメント (10)

河津桜

2019年02月26日 | カシャッと575
         終幕は桜をつなぎ平成や


       しゅうまくはさくらをつなぎへいせいや


ブルーメさんからは すでに川津桜開花の記事が upされました
公園にも 未だ若い木が 数本あります
過去のブログをめくってみたら、 公園にデビューして 8度目の春です
昨日今日 暖かくなりましたから もう少し咲いているでしょうね
一番先に春の訪れを実感させてくれる花です


寒緋桜が 咲くまでは 今暫く待たねばなりません

いよいよ、平成から次へ
退位と即位に連なるイベントの報道から 現実として感じるようになりました

いえね、 大したことではないのですが、あくまでも私見で

1月28日 天皇陛下のご臨席のもと、国会が 開会されました
その時の安×さんのコメントが、ちょっとね
「平成は、 災害も多かった
 大変だった

 次の元号の下では、前向きに 頑張ろう・・ 」的な言葉だったと思います

気持ちは 分かりますよ
でも何だか陛下が 聞いて どんなお気持ちだろうかとふと考えた
被災地を訪ねて 被災者をどんなに励ましてくださったか
ちょっと言及が あっても良かったんじゃないでしょうか
・・・ わたしも 端から端まで 聞いたわけでは、無いんですけど・・・
<TVでは、そういう風に切り取られていたかも知れません>

平成のいかなる時も、両陛下は、ご立派だった
政治が どうであれ、日本は、概ねしっかり動いているって、思います

思うに、今の天皇が ご退位なるに 5月って良かったかな
桜の花を見て 平成を振り返る
沖縄から北海道、様々の桜の種類を鑑賞して、5月ってことですわね
わたしなど、もう「平成最後の河津桜」なんてつぶやいている



じつは、 この1,2週間の間に 仕事で 関連のある人の おかあさん
年齢は、 70代後半から80歳代の方
お二人が、お風呂で 倒れたってことです
お一人は お風呂の中で

寒い夜、風呂嫌いの主人は、 「風呂で 死ぬ人はいるけれど、風呂に入らんと死ぬ人は おらん」
と豪語する

かもね  とも 考える今日この頃である

母にもくれぐれも注意するようにと電話した



 

  
コメント (10)

春めいて

2019年02月23日 | カシャッと575
         私だけあなたの良さがわかる春


      わたしだけあなたのよさがわかるはる 


日差しも春めいて、洗濯物を高い物干しに広げるようになりました
そこからあのオシドリが居る御陵を臨むことが出来ます
今までだと こんもり深い森が 黒く見えておりました
??
久しぶりに見ると その森が少し透けています


遠いスーパーに行きがてら 水鳥の様子を見に正面に廻ってみました

ビックリ 御陵の森、 木が倒れたり 岸が、崩れていたり

例年集っている ミコアイサや カンムリカイツブリの姿も消えていました

昨日、公園内の他の御陵も訪ねてみたら、殆どに倒木の被害が あったようです




公園のどら池に オオバンのカップル(多分)が
この池で オオバンを 見るのは 初めて
写真を見る限り そっくり
カップルになる相手を決めるポイントは、何処なんでしょうね

鳥は 同調性を重要視するそうですね
人間のように 真逆の性格(?)同士の結婚ってないのでしょう



言われてみれば 水かきが無い分、動きがぎこちない かも
逃げるって程ではないのですが、こちらをチラ見しながら、一応離れていこうとする
誰か 餌付けしたのかしら
間近で見ることが出来てラッキーでした

この鳥 氷の上を歩くのも得意だそうです
バンとオオバンの違いを確認していたら そんな記事を見つけました

バンの鼻筋(嘴から額)は、白くて 恋の季節だけ 赤になるのだと思っていました
共にバンで 形の大きなのが オオバンだと
しかし、正しくは、バンとオオバンは 違う物

って 言うことは
実家の下の池のは 鼻筋が 赤いそうですからバンなんですね
新婚の時 父が教えてくれたんだとか
母は バンの鼻筋は 赤だと頑なです
私は 未だ 鼻筋を確認するほど 近くで見たことは ありません







 


コメント (8)

桃の古木

2019年02月20日 | カシャッと575
         遅すぎた臥薪嘗胆桃の花


       おそすぎたがしんしょうたんもものはな


最近ブログupをお休みされたブログ友さん
長いお付き合いです

彼女は、ブログに臥龍梅を何度かupなさっていました
鹿児島県薩摩川内市の藤川天神にあるのだそうです
一度見たいなぁって思っていました
なんてったって、樹齢1000年を超え、菅原道真お手植えのものと伝わっています



実家の裏畑の片隅に桃の木が何本かあります
昔は 2月になると花屋さんが 活け花用に枝を持って帰ってました
曾祖母や祖母が世話をして、 わずかのお小遣いにしていました
勿論 私が生まれた頃には、既に ありましたから
樹齢は、 1000年には 及ばずとも、 相当重ねたものと思います

ついにそれらも寿命なのでしょうか
幹が傷んでまいりました




先日帰省した折 みましたら 倒れた木に寄りかかって
横たわった幹から、枝が伸びて蕾をつけていました
臥龍梅ならぬ臥龍桃って姿

しかし 根っこを見ると怪しいキノコも取りついて、いよいよ
弱って来た気配です




「臥薪嘗胆」
何故か ふと思い出す4字熟語
漢文の時間に学んだったっけ
今更 私の歳では 遅すぎますね
皮膚に出来た痕、(うたた寝の跡とか帽子を被った痕) なかなか消えません
薪を割る元気も 在りません
獣の肝を嘗めた苦い味は、生きている間に消えないでしょうね

「耐えて・・・」なんて気持ちより「諦め」で誤魔化しているかな 

     ・
     ・
     ・
なんてことを 考える時間もある今日この頃です


コメント (6)

お盆の交通事情

2018年08月17日 | カシャッと575
          黄泉からの客に遅れる盆の路


       (よみからのきゃくにおくれるぼんのみち)


いつもなら サービスエリアの休憩も含めて 3時間ほどで ここから 実家に帰ることが 出来ます
8月 13日のことです
その前に土日もありましたから お盆の渋滞も大したこと無いだろう
一番混雑するのは、 12日(日曜日)の予測でしたし
朝9時前に 出発
湾岸線から 阪神高速神戸線に入るポイントも まぁ 渋滞知らずと言える程度の混みよう
「今日にしてよかったね」なんて言いつつ進みます

須磨の料金所も すんなりと通過

???

入った途端に 車は 停止したまま
遅々として進みません

高倉山のトンネルの入り口で 12時30分を過ぎてしまいました

交通情報ラジオも聞きました
「この渋滞を抜けるのには 25分ほどかかります」だって

しかし
高倉山のトンネルを抜けて1.2km進むのに 1時間もかかりました

連れ合いは トイレに行きたいと申します
彼のトイレは 待ったなしなので 私が 焦ります
互いに イライラして来ます

坂になったポイントで 動きませんから、 500m先の分岐点で
割り込みする車が 目に入るのです
多くの車が 割り込んでいきます
日本人には あるまじき 残念な光景です
余計にイライラ

もう 堺に戻るか
いずれにしても 空いている車線を走って 一旦高速から出ようと
実家にも 「赫々云々 堺へ帰る」って連絡

神戸の垂水で 高速を降りて、ランチすることに
お腹を満たすと 連れ合いが もう一度 挑戦するって言うのです

舞子トンネル内の事故ですから 神戸から入る道も超渋滞



写真は 午後 4時半 未だ 神戸なんです

もう 何時間 車の中

後で 調べると 車 8台も絡んだ 事故だったんですね
私たちは ”10時半ころに 大きな事故が あった”とは 全く情報を得られませんでした
ラジオは 甲子園中継ばかり聞いていました
丁度 (TVの)電波状況が 悪い場所なのもアンラッキー

おまけに 5時頃 舞子トンネルを通過していると 再び 車 2台が 絡んだ事故が 起きていました


実家に着いたら 6時を廻っていました

ヘロヘロ 

人生で 一番酷い渋滞を経験しました

お盆の頃って 帰省と阿波踊りとが 重なって ひどい渋滞になります
それに重ねて事故ですからね   





コメント (16)

酷暑

2018年07月17日 | カシャッと575
        炎天下ふたり気づかず風の道


         (えんてんかふたりきづかずかぜのみち )


コンチキチン 祇園祭の頃は 暑いもの
しかし 
それにしてもこの暑さは 異常です

ここまでの暑さに覚悟が 出来ていませんでした

こう暑い日が 続けば そろそろ夕方の雷雨が、ザぁ~っとあっても
良さそうなもの
しかし、 一向に雨の気配も 無い
 水害の地の方には 不謹慎な言葉かもしれませんが)

ザ~~ザ~~ 降っては、カラッカラッになる
短い周期の雨季と乾季が、繰り返すのか

熱帯のスコールとも 又違う気候のように思えるのです

昨晩 日付も変わる頃 クラーの無い部屋へ行ったその暑さ 
思わず温度計を持って行きましたら 31℃を示しました

夜中ですよ

水害の地の皆さま 
 
復旧に向けて 気は急くし、かと言って熱中症にも気をつけ
休憩しながら 作業をなさらねばなりません
 わたくしなど 想像も出来ない心持でお過ごしのことと存じます
一刻も早く 日常が戻って来るよう お祈り申し上げます




コメント (14)

FIFAワールドカップ 2018 ロシア

2018年06月24日 | カシャッと575
         梅雨晴れや肌の白さも今日までか


        (つゆはれやはだのしろさもきょうまでか )


”半端ねぇ”は 今年の流行語大賞になるでしょうね
盛り上がってます
いよいよ明日は 対セネガル戦です

ドキドキ
多分 最後まで よう見ないでしょう

セネガルチームの身体能力は 凄そうです
「勝利の舞」を踊っている様子からしても 日本で あんな風に身体を動かせる人は いるかしら ?
かっこいい
お笑いの人の踊りと一緒だと言う人も居ますが
下半身の伸びは 全然 違います

なにより あの監督の目力
まるで 獲物を狙う豹みたい


ところで

サッカーと言えば、海外選手のタトゥが、気になって仕方ありません
私が働いていた頃お目にかかる海外からのお客さまにタトゥーをした人は 居ませんでした
もっともお堅いお仕事に方ばかりでしたけど
もしかして スーツの下には タトゥーが  ??  まさか

海外旅行の時も そんなに目にしなかったと憶えております


いつ頃から 何を契機に これほどの広がりを見せているのでしょうか
ベッカム氏だって凄かった

刺青が あると MRI検査も受けられないのでしょう
何の得が あって タトゥーを入れるのでしょう

サモアを始め 幾つか文化としての歴史が あるのは、理解してますが
首筋からタトゥが のぞいているいる人とは お近づきには なりたくないと
思っちゃいます

これって 私の偏見でしょうか ??

こちらに引っ越して来た時 近所に彫師さんが 居ました
「倶利伽羅紋々」ってやつです
あくまでも噂で 私は その人を見たこともありません
周辺で そのお客らしきを見かけたことも無く、
いつしか そのお宅は 建て替えられて新しい住民が 住むようになりました

お祭りでは 刺青を見せてはいけない (刺青のある人は 参加出来ない)と言う
規定は あるけれど
最近は 小さいタトゥーを入れた若者は 見かけます
シールかもしれないけど







コメント

雨の高速道路

2018年05月25日 | カシャッと575
         覚悟して霧立ちこむる道行かん


        ( かくごしてきりたちこむるみちいかん )


雨の朝 母の様子を見に帰省しました
食料品は 充分かしら ?
野菜や卵は ご近所さんが届けてくれます

仕事を兼ねて トラックで
運転は 主人です

島へ 渡って さぁ 何分くらいかしら
霧が 立ち込めています
雨上がりだとこの辺りでは 余り珍しいことでは ありません
ひどい場所では、視界は 5mくらいしかありません
でも 速度標識は 100kmです

以前 視界 0でも 標識は 100kmとなっており
それはそれは 怖い経験をしたことが あります

この状況が 20年 放置されています
気になっているのは 私だけなんでしょうね



日本の霧も晴れませんねぇ
日本大学の アメリカンプットボールの事件は ひどすぎる
反則を実行してしまった選手も ある意味被害者
      私が その立場ならどうしたかしら
       気の弱い私なら 断るか 退部したかもしれません

チームメイトも複雑な立場でしょう
保護者が怒るのももっともなこと
大勢の学生さんの将来が 心配です
なのに 自己保身に走る上層部の姿は、観るに堪えません
卒業生も 嫌な思いでしょう
付属高校の生徒だってこれからの事 どう考えましょうね



森友 加計問題
いい加減にして欲しい
国会運営に費やされた無駄な税金は、いか程でございましょうか

安×さんの後には引けぬ気持ちも 分かるけど
ここまで引っ張る大義は何ぞや
ひとつ蓋をしても 他の鍋の蓋が 開く ようなものです

官僚に 何を聞いても 「記録は破棄した」 「破棄した」
大体 直ぐ破棄するような記録なら 取る意味ないじゃろが
直ぐに破棄するのは やましいことが あるからに違いない

あの20歳になったばかりで会見をした日大の選手の方が 余程 共感できます

きょうの575: 霧は 秋の季語です
しかし この日の視界からすると 靄では 無くて 深い霧だったのです

何だかねぇ
最近のニュースを見ていると、いいえ 見るのもウンザリなんですけどね
これから 日本はどうなるのだろうかと 不安です
わたくし、今も高齢者ですけど 他人様の助けが必要となるこれから、 私たちはどうなるの ??
今の社会、政治に温かさを感じられません


コメント (14)