♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

秋の水

2010年09月30日 | 

 映す身や刹那羽織りて秋の水


( うつすみやせつなはおりてあきのみず )
今日の公園の池、青鷺君の出番です

やっぱり物思う秋ですね
池の水に映ったわが身に惚れ直しているのでしょうか
ナルシストです

な~んちゃって
いつもの釣りを楽しんでいるおじさんの脇で
おこぼれを狙っているのです

自らも、捕れるものは、無いかと注視しております
本来なら、池に入って、脚で泥をかいたりして
獲物を狙うのですが、基本、楽する魂胆のようです
コメント

芙蓉の花

2010年09月29日 | 花、実

 
芙蓉花深酒さとしまぶしけり


( ふようはなふかさけさとしまぶしけり )
公園の芙蓉が、やっと咲き始めました

芙蓉


写真は、朝10時過ぎの姿です
これも、酔芙蓉なんでしょうか?
朝から赤いのと白いのがあります
普通は、朝、白く咲いて、夕方 赤くなってしぼむとある
そして、一日だけの花だと

            

暑い夏
ついビールを飲みすぎてしまって、反省している
かつて経験したことの無い、夏太りの憂き目を見てしまいました
二日酔いになるほど、深酒をしたことは、ないけれど
余り調子に乗らないようにしようと反省

先日の同窓会でも、女性の方が、亡くなった人が多かった
それも、原因が、癌でした 
コメント (2)

目を疑う

2010年09月28日 | 花、実

 腰抜かすたよりも来たり秋の空


( こしぬかすたよりもきたりあきのそら )
公園で見かけた光景
何か変???
でしょう

思わず、後ずさりで確認しました
辛夷の花と例の苦手な赤い実が、同時に枝に在ります

辛夷って、仲春ですよね、咲くの
これも、「返り花」って云うのでしょうか?

返り花は、冬の季語となるそうです


コメント (2)

ツルクビヒオウギ

2010年09月27日 | 花、実

 技も無く買うてしもうた喧嘩かな


( わざもなくこうてしもうたけんかかな )
<歳時記では、ヒオウギは、夏の花です>

写真の花はツルクビヒオウギ

クネクネの葉が特徴です
花は、普通のヒオウギと同じ
そして、同じく黒い種が出来ます
ところが、その種がなかなか上手く育たないものらしいです
母は、株が増えないと嘆いておりました

今回、花が間に合いません
スクスク伸びて、紫苑くらいの高さになります

     

毎日、尖閣の中国船の問題で悔しい思いに歯ぎしりをしております
というより、ニュースを見ていると、ドキドキ、心拍数も上がります
お役人のすることには、「何をするのん?!」
おじさんに、日本を任せておいて、大丈夫やろか
お偉いさんは、子供の頃、喧嘩してないのかな?
外交力が、一向に育ってないようにお見受け致します
きっと、今お役人さんの頭の中は、上の写真のようじゃありませんか?

小澤さん、今こそ、その人脈力に期待します

大体、厚生省の村木さんの事案にみるように
今の日本で検察が証拠を改ざんするって
想定すら出来ませんでした
村木さんが、毅然としていたのが、同じ女性として救い
コメント (2)

葛の花

2010年09月26日 | 花、実

 懐かしい裏も見抜けず葛の花


( なつかしいうらもみぬけずくずのはな )
父の生存中は、花が咲く前に刈られてしまった葛の花、
最近、畦道を我が物顔に覆ってしまい
花を見るようになった
もっと長くなるものなんですが、今日は、この姿で我慢

別名「裏見草」から「恨み」にかけた歌を詠まれることも多いとか

        

先日のお金を借りに来た同級生のその後のお話

今朝、地元の友人から、報告がありました
あのmy実家を訪ねてきた日、自営業の何人かの家を、
訪ねまわっていたことが、判明しまた

ある友達など、噂が流れて以来、在宅中も玄関の鍵は閉めているそうだ

2年前に地元の理容店(これも同級生)にお金を借りに来たらしいが、
「誰にも、言わんといてね」を真に受けてしまって。
私も、同窓会の折、彼に「●●さん来てないね」って話題にしたのに・・・
せめて、彼がその時、耳打ちしてくれてさえ居ればと、悔しい

ちょっと高い授業料でした
コメント (2)

白いコスモスに

2010年09月25日 | 花、実

 なりふりもかもうてられぬ秋気澄む


( なりふりもかもうてられぬしゅうきすむ )
コガネムシは、夏の季語
田舎に滞在しております間は、もう秋は来ないのかと思う暑さの毎日
彼岸花の気配さえありませんでした

彼岸花は、温度じゃなくて、日照時間で咲くんだと思っていた私は、あれれ???です。

コスモスも、チラホラ
まだまだ夏の勢力に支配されておりました

なのにでございます
昨日、今日の冷え込みと言ったら
丁度良い頃合って、無いのでしょうか

せっかくの白いコスモスにしがみ付いているコガネムシ
急に冷えた秋の風に、きっと焦っていることでしょう
コメント (2)

おもしろカボチャ

2010年09月24日 | ひとり言

 ほろ苦いビールもありぬ秋の味


( ほろにがいびーるもありぬあきのあじ )
写真のかぼちゃは、従姉妹や、ご近所(実家の)から巡ってまいりました
「水っぽくて、もうひとつ美味しくないけど」の言葉を添えて
<だったら、けっこうよ>って云いたいところだけど
面白い形なのでと、母が棚に転がしたままにしておりました

従姉妹は、「ピーナツ・かぼちゃ」と呼んでおりますが、
どうも正式な呼び方ではないようで、
色々調べたところ、やっとアメリカ原産、
食用のおもしろかぼちゃと言う事だけは、分かりました

 一緒に、実家に戻ってきた妹が、
皮を剥いて、厚さ1cmほどにスライスし
ささっと、IHのロースターで他の秋の野菜と
焙ると、まあその美味しい事
甘さが濃厚で、 思わずおかわりするほどでした。

もし、このかぼちゃが、お手元にある方、
一度 お試しあれ

        
  


同窓会は、楽しかったです
でも、その後、驚きの展開が

二日後、夕暮れの実家を同窓会には参加しなかった
友人が訪ねてきたとのこと
母より電話が入りました
狭い田舎です
母も知っている同級生
同窓会に出席できなくて残念だった
しまそだちに逢いたいわというので
母は住所と電話番号を教えたと言う

そして、その翌日、昨日である
丁度、ブログを書こうと編集ページを開いた処に
ピ~ンポ~ン
見れば、40年ぶりのその友人です
懐かしい
なにより親友でもなかった同級生の私を訪ねてくるとは
余程、残念だったんだなあ です
それに、自宅ではなく、事務所に来たのにも

もうお分かりですね
借金のお申し込みです

ウチだってそんな大金、右から左へは、無理です

お金は戻ってこない覚悟で、ちょっとだけ、交通費くらいで
ご勘弁頂いて、お引取り頂いた

小学校、中学校、成績は2番の彼女でした
もうひとり、越えられない1番が居ました
字も上手いし、絵も上手い
何でも、そつなくこなした彼女の後ろ姿に
人生、60年もあったら、いろんな事が、あるもんだなあ

何故、自宅から事務所に来れたか?
自宅前のお節介おばさんが、わざわざ親切に教えてくれたんだって
反対の立場、あの後姿が、私だったら、どうしよう 

 
コメント (6)

同窓会

2010年09月18日 | ひとり言

 同窓会今は昔の芋の子ら


( どうそうかいいまはむかしのいものこら )
田舎の中学の同窓会(学年)に出かけて来ます
暫く実家に滞在して来る予定です

高校の同窓会は、時々ありますが、中学のは、久しぶりです
仲良しは、殆ど、一緒の高校へ行ったので、何とか
判るでしょうが、 問題は、その他のメンバーです
失礼の無いように、しなくっちゃね
おっちょこちょいの私、それが、心配です

パートに行ってる時、ただ太っている人に
出産予定を聞こうとして、
寸でのところで、
友達が「お口 チャック!!」してくれた事があります


写真は、家のムカゴです
来夏は、ゴーヤより、ムカゴを日除けにするつもりです

コメント (4)

何だかねぇ

2010年09月17日 | ひとり言

 武士や散りゆく道のむら芒


( もののふやちりゆくみちのむらすすき )
やっと菅内閣の組閣が、終わりました
内政に本腰を入れるには、未だ暫く待たねばならないのかしら?
外野が、うるさいことです

敗戦の将も武士にも、シコリが残っているようですね
特に、武士の方は、国民の真意を分析、受け入れる
センスに、欠けてるように見受けられます

そんなにゴネていたら、党は消滅してしまうぞ!

負け戦、戦いが終わったら、潔く
グズグズ云わない
退いていく後姿は、あくまでも背筋を伸ばして
夕陽に向かって、まっすぐ歩く!!
脂ぎった顔のおじさんが、でしゃばって来ると、見苦しい
コメント (2)

エゴの実

2010年09月16日 | 花、実

 エゴイスト恋の資格はなかりけり


( えごいすとこいのしかくはなかりけり )
 6月23日ブログ
に過ぎる雨量を、案じながらの句に 写真を添えたエゴの実
今は、こんな姿です
チョコレート色の種とライトベージュのコンビネーションが
おしゃれな秋色です

あれから、わずか3ヶ月で、雨が欲しいって
云ってるんですから



 苦い恋風に飛ばしてしまえたら
コメント (4)