♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

それぞれの夕方

2013年06月30日 | ひとり言

ふたり連れささいな諍い夏日暮る 


( ふたりつれちいさないさかいなつひぐる )


     従姉の中でも、元気者
     小さな身体でトラクターも動かし
     米を生産
     レタスから玉葱を出荷する
     町や市の活動にも、参加する
     超働き者の従姉が、脚が、痛いと言う
     キツイこむら返りが、起こるのだそう
     彼女は、けっして太っては、おりません

     母くらいの年齢、
     車の運転は、しない年齢層
     出かけるには、自転車か、歩く、
     遠くへ出かけるには、ちゃっかり誰かの車に乗せてもらう
     そんな年齢層の人に比べ
     従姉のように田舎道を車をかって、あちらへ、こちらへ
     行く人に、そのような症状を訴える人が、多いように感じる
     農作業をしているから、歩いているようだが
     不自然な姿勢で行う作業は、負担なのかもしれない

     従姉も、脚が、悪くて、庇うから背骨が、歪んだのか
     背骨が、歪んだから、脚、骨盤と大腿骨の具合が、悪くなったのか?
     どちらかは、はっきりしないらしい

     彼女の兄の嫁も同様に足腰が、弱ったと嘆く

     滅多にこむら返りなど、経験しないわたくしめも
     この夏は、何度か軽度なのに襲われた
     それこそ、加齢とともに起きる回数が、増えるものだそう
     原因、要因は、多くあり
     放置しては、いけないらしい

     今日は、脚を使いすぎたなあって思う日は、脚のストレッチをしてから
     寝ると良いそうだ
     ゆっくり足を温めて休むようにしましょ

     そう云えば、お隣の奥さん、1年中、素足で過ごすって人も
     大腿骨から背骨を傷めて、手術したって     
     

     意識して、歩く必要をヒシヒシと感じた
     で、僅かな時間でも、早足で歩くようにした
     可能ならば、買い物に行く時も、片道は、歩いて行く
     連れ合いと待ち合わせて、荷物は、車に乗せて、わたしも
     乗って帰ってくるようにしている
     いずれ、往復歩くようにしたいものです

     姑の通院で、僅か5分程ですが、早足で歩くと
     気持ちよいのです

                          

      
     そんな昨日の夕方です
     もう夕焼けもそろそろ The end を迎えようかという頃、歩いた
     途中にある回転すしのお店の前
     駐輪場のカップル、女の子が、泣いている
     自転車を出しながら、泣いているのだから
     お寿司は、ちゃんと食べた後でしょう

     一体何があったのでしょう
     でも、正直、 なんだか可笑しくて

     今頃、喧嘩しては、微妙に具合の悪い時間帯だ     
     何を食べるか 喧嘩になったのだろうか

     喧嘩しながらも、満腹になるほど食べたのだろうか

     回転寿司に、涙は、合わないなぁって考えつつ、歩いたわたしです
  
     ふたり仲直り出来ると良いですね

      写真は、石榴の花の蕾(たぶん)
     この木の実は、大きくなりません


コメント (8)

夏の夜の出来事

2013年06月29日 | ひとり言

 夏の夜無罪に出来ぬ不始末や


( なつのよるむざいにできぬふしまつや )


     スーパームーンでも無いのに、訳の分からない事件が、続きます
     昨日も、練馬では、小学生が、男に刺され
     東京駅でも、事件があったとか

      近所のファミレスでも、警察官が大勢出て
     高齢の男女のグループの喧嘩を仲裁していた

      そして、深夜3時前になろうかという頃
     我が家の前の道路で、誰かが大声を上げている
     奥まで聞こえるから、相当大きな声
     「戻って来い」
     「何もせんから」
     「冷静に話しよう」って

     どうも相手は、逃げ腰のようだ
     「なにも、せえへんから、戻って来い」を繰り返しています
     興奮しています
     とても、冷静に話せるようには思えませんが
     誰の声か
     声の主は、おおよそ見当が、つきます
     まるで特定のグループの人みたいな口調です
     うちのシャッターに当たるような音もして、怖い 

     連れ合いが、こっそり覗くと、「が、停まっているぞ」

     家の電気は、消したまま、
     ダンボの耳になって、様子を窺うと
     声の主は、酔っている
     そして、救急隊員に絡んでいる
     どうして、そんな状況になるのか、理解を越えています
     そのうち、ガラス瓶を割るような音が、聞こえます 

     どうしよう
     110番しようか?
     わたし達は、すっかり目が覚めてしまいました

     そうこうする内に、おまわりさんも駆けつけた様子
     最初は、下手に出て、収めようとしていたが、酔っ払いは
     ますます、図に乗って来る

     結局、お巡りさんが「あんたが、悪い!
     銃刀法違反もあるぞ」
      包丁を振り回したらしい
     「署に来て貰おうか」
     酔っ払いは、一瞬ひるんだ声になりましたが
     それでも、警察の仕事しているとか 御託を並べている
     ついには、お巡りさんに連れられて、何処かへ行きました 
     きっと警察署でしょう

     救急車を、拘束して長時間説教すれば、威力業務妨害に
     ならないのかしら ?

     小1時間、ザワザワしておりました

         

         

         

     いくら何でも、もう酔いは醒めているでしょうね
     今朝は、留置場でお目覚めかしら
     起きてどんな気持ちだったのでしょう
     週末、留置場に入れられたら、月曜日まで出られないと聞きましたが
     金曜日の夜が、それに当てはまるのかどうか?

     ああ、嫌だなぁ
     これから、その人に会っても、あんな姿を知ったら今までのように
     対応できるかした

     お巡りさんも、大変ね
     理屈の判らない人と、対応するのだもんねエ
     お疲れさまでした
     5年ほど前、110番に連絡したことが、ありましたが
     親切に対応してくれましたよ
     
コメント (6)

迷信

2013年06月28日 | カシャッと575

 罪あるや思いあたらぬ罰当たり


( つみあるやおもいあたらぬばちあたり )


     実のなる木は、家の門から内側には、植えないほうが良い
     柑橘類とか
     枇杷も
     わたしの田舎では、そう言われております

     実家の台所に前の納屋の前
     何処から来たのだろうか? 
     種から根付いたらしい枇杷の木が、1本
     切った方が、良いよと言いつつ、3,4年経ちました
     もう平屋屋根に達するほど、背が伸びました
     今年は、ついに実が、なりました
     いい加減、切らねば、納屋が倒壊の危機です、いつか

     葉にも薬効が、あるとか
     従兄の奥さんは、葉を持って帰る
     乾燥させて、お茶にも出来るそうですが・・・

                         
   
     迷信、余り気にしないほうです
     迷信そのものを詳しく知りません
     友人にやけにこだわる人が、居ますが、そんなに気にしていたら
     何にも出来ないよ  です

     スティービー・ワンダーの楽曲に”Superstition(迷信)”ってあります
     洋の東西を問わず、気にする人って居るのですね

     いけないことを、ついやってしまったら
     何処の誰にって言うことも、ないけれど
     「ごめんなさい」とか
     「怒らんといて」って呟くくらいです

 

コメント (9)

風習

2013年06月25日 | ひとり言

 青葉闇団子投げ入れ餓鬼の道


( あおばやみだんごなげいれがきのみち )


     5月末に亡くなった伯父の35日の法事で
     田舎に戻っておりました

     淡路島では、 35日の法要に、高い山に登ると言う風習が、あります
     わたしの郷里では、島の中央にある千山(せんざん)の
     千光寺(せんこうじ)と言う古刹に参ります
     高い山と云っても、450m弱でございます
     殆ど頂上まで車で行くことが、出来ますが、駐車場から
     山門、閻魔さまをお祀りしてある六角堂まで、急な階段を登らねばなりません
     子供の頃、段数を数えたことが、ありますけど・・・、憶えてません

     運慶の作かもしれないとと云われている仁王像が、迎えてくれます
     大きなわらじも飾られております
     
     まず、お堂の裏、谷に向って、小さな握り飯を後ろ向きに投げます

     これは、亡くなった人が、極楽への旅の途中、出会う餓鬼さんの注意を
     そのおにぎりに向け、その間に黄泉の国への旅を進める為ということです

        

     閻魔さんにお参りするのは、故人の少々の罪は、お目こぼし願うためでしょう

     そして、本堂で、ご本尊の千手観音さんを前に、読経していただきます

     この法要の風習を話すと、みなさん、驚かれます
     

     このお寺は、大猪に化身した観音菩薩に導かれた狩人が開基したとされ、
     境内の狛犬は、犬ではなく神使として猪が置かれているのです



     こちらの狛犬ならぬ、狛猪は、左右ともに口は、閉じて
     角は、ありません
     
     今回、カメラに納めようとしてビックリ
     先の、4月13日の淡路島を震源地として発生した地震の影響で
     境内にある石灯籠や、石像が、ずれたり崩れたりしているのです
     浮島への橋も壊れかけていました
     あちこち、立ち入り禁止の看板で、ロープが、張られていました

     阪神淡路大震災の時より、被害が、大きかったのでは、無いかしら
     丁度、このお寺、活断層に乗っているのかもしれません
     
     大きな重機でも持ってこないと、修復は困難でしょうね
     でも、狭い山頂で、作業出来るかしら?


     
     山から降りてくる途中です
     108歳、 市内で一番の高齢者(?と聞きました)であった
     祖母の姪、母の従姉が、亡くなったという知らせが、入りました
         祖母は、姉と歳が、ズ~~ンと離れて生まれたので、姪と5歳しか
         歳が、離れておりません
     昨年、施設で会った折は、お話も通じておりました
     千山でも、お寺の階段を登りつつ、親戚の間でも、
     あのおばあちゃまは、元気だよって、話が出たばかりですのに
     わたしが、幼い頃、祖母の実家の傍のお寺の夜店や、ツツジ祭に、
     連れて行ってもらいました

     100歳を越えても、カクシャクとしていたのに

     先日、足に血栓が、見つかり、その後、一気に身体が、弱っていたとか

     実は、わたしが、実家に帰ると、誰か お葬式が、あります
     過疎化で高齢者が、多いとそんな偶然も重なるのでしょう
     あまり良い気分では、ありません
     

コメント (8)

週末

2013年06月22日 | ひとり言

     皆さんの地方
     雨は、如何でしたか
     雨が、止んでからも地すべりとかが、心配なほどの
     降雨量だったようです

     どうぞ、お気をつけください   

     辛坊さんも、無事救助されたようで、良かったです

     週末、ブログ、お休みします
    
     写真撮って来ます

     すみません
     どうしても、575を作る時間が、ありませんでした



コメント

梅雨前線

2013年06月20日 | ひとり言

 目薬のじんわり苦し梅雨籠


( めぐすりのじんわりにがしつゆごもり )


     やっと待ちに待った雨が、降ってくれました
     ただ、梅雨前線と台風が、相まって、雨量が多く
     困ったことには、ならぬかと案じられます

     ドライ・アイには、嬉しいお湿りです
     この雨のもとでは、写真を撮りに行けません
     やりくりに頭を絞っております  

                         

     最近、病院か 介護ネタが、続いています
     それしか、ありませんもの仕方ありません     

     眼科で初診を受けてから2週間が、経過しました
     投薬の結果を見ますと言われた予約の日です

     目がコロコロするのは、改善されました
     充血は、残っています  って言うか
     もう人生の殆ど、わたしの目は、充血しています

     前回、全く患者の私に眼もくれなかった先生
     今日は、そうでも無かった

     「あの白い薬、苦かったでしょう
     あれ胃薬やから」 っておっしゃる
     わたしは、驚いて、おおきく瞬きを2度するって感じで

     胃薬を目に 

     冗談言っているの
     どう 切り替えしたらよいの ??
    
     「まぶたの裏の粘膜って胃壁と同じ構造なんやで
      だから、成分は、胃薬と一緒」 ですって

          3種類頂いた目薬のうち、ひとつ
          点す直前にスティックを指で弾いて、液体と
          粉を混ぜて使用します

     先生、前回は、機嫌が悪かったのかしら、2回目は、能弁でした
     一応、治療は、終わり
     具合が、悪い時、行くということに落ち着きました
     患者が、少なく空いているので、わたし向きの医院ですね

     20年ほど前に行った女医さんの眼科医院
     おもむろに、器具のカバーを外したのには、びっくりしましたぜ
     久しぶりの患者だったようでした
     その先生、中学生のジャージみたいな赤いズボンを穿いていたのですよ
     もう二度と行きませんでした


      「近所で、深夜ガス工事をします
     騒音で迷惑をかけますが・・・」と工事関係者が、 ご挨拶に見えました
     ラグビーでもやっていたかと見えるガッチリ、マッチョな男性です
     でも、仕草が、とてもしなやかなのです
     口調も、女性的
     女性より、男性が好きなタイプでしょう
     外見とのギャップが、可笑しくて

     笑いをこらえるのが、辛かった・・・
     だって目の前で、笑ったら失礼ですものね
     でも、嫌ではなかった
     最近は、 NHKでも、オネエが、登場する時代
     嫌悪感は、無かったです


      クンツエア・エリコイデス: 咲きました



     この花の蜜を集めたマヌカ蜜です
     父は、ピロリ菌を持っていました
     結局、胃がんになって、亡くなったのです
     この蜂蜜の事を、知っていたら、摂らせたのに と悔やまれる

     ただね、 公園のこの花に、飛んでくる蜂も虫も、見たことは
     ありません     
     


コメント (5)

今時の若い人

2013年06月16日 | ひとり言

 空梅雨や白い歯キラリよき男


( からつゆやしろいはきらりよきおのこ )


     昨日、姑を連れ合いに任せて、かねてから約束の
     伯母(実父の長兄の妻)のお見舞いに従姉と行って参りました
     神戸まで
     生憎の雨ですが、まっ 日照りよりは、良いか  です

     新しく替わった施設に、伯母も慣れず、少々気分が、イラついていると
     聞いておりました
     しかし、2ヶ月も経ち、落ち着いて来た様子で 一安心
     施設のスタッフとも上手くやっているようだった
     90歳を過ぎても、手紙の文章もしっかり、文字もわたしなどより
     乱れずにきれい、そんな伯母です
     時間の概念が、ちょっとずれている様子ですが
     それ以外、各親戚の事もちゃんと憶えていた
     短い時間の訪問の予定でしたが、けっこう長居していまって
     今頃疲れが出ていないか心配です

       

     最寄の私鉄のプラットホーム
     いつもの午後の付き添いより少し早い時間です
     私の前で電車を待つ青年の腕から上着(ジャージ)らしきものが
     落ちて、地面を引きずっている
     言ってあげようか
     でも、小さな親切大きなお世話で、嫌な顔されるのが、オチかも
     しれないし、知らん振りしてようか

     エ、エ~~ィ ダメでもともと
     で手を出すと、意外や意外
     その青年が、爽やかな笑顔を向けてくれるでは、ありませんか
     深夜のバイトの後、急に頼まれて別のバイトに向う所
     つい疲れてしまって・・・とおしゃべりが、続いた
     一緒に電車に乗って来た
     介護ケアに携わる勉強をしているとか
     いずれは、ケアーマネージャになりたいとのこと

     私も姑のことで、ケアーマネージャーにはお世話になっていると申しますと
     何か困っていることありませんか  と言われる
     薬の事や、立ち上がらせ方にアドバイスを頂いた
     98歳の姑に通用するかどうか? ですが、
     理屈は、分かりました 

     「では、また会いましょう」とわたしより先に降りて行った
     
     短い時間だったけれど、今時こんな若者が、いるのかしらと思った
     こんな孫が、居たらおばあちゃん、きっと嬉しいでしょうね
     介護のお仕事に携ろうと思う人は、相当 歳の離れた人との会話も
     成立するんだ
     今時、そんな若者に出会ったことは、無かったので 衝撃的でした

     最近、若い人にすることが、続きました
     久しぶりに好印象の人に出会った
     友人の友人の息子さん、介護の道に進みましたが
     結局、環境や仕事内容が、苛酷で辞めたと聞きました
     実際、離職率が、高い職種だそうですね
     電車で一緒になった彼は、 天職として介護の仕事を選んだのでしょう
    
     もしかしたら、わたしももう直ぐ介護を受ける人に分類されたのかな

     更に、神戸からの帰りのJRでも、笑顔の素敵な駅員さんに会えました
      
                              

     姑の肘の包帯を、 1日に一度交換する
     包帯など、自分でもしたことが、ないので、ずれないように上手く
     巻けるか不安でしたが、看護師さんのやり方を見よう見まねで、なんとか
     出来るものですね
     姑は、作業を始めると「あんた上手やね~」とか、云いながら嫌がって暴れる
     交換し終わると、姑が、拍手してくれた
     妙に人を喜ばす技を持っている姑である
 
     今日も、肩が凝ってるってジェスチャーをしたら
     元気な左手で肩を揉んでくれた
     なかなかに上手でしたよ

                              

     写真は、 公園にあるグラウンドフラワーです
     名前が思い出せません
     前のブログの時、掲示板さんで、名前を教えていただきました
     しかし、その時の資料が、全く残っておりません
     もう一度、尋ねるのも憚られる・・・     


  * ひまわりさんに教えていただきました
   575を添えた花は、ヒメイワダレソウです
コメント (6)

空梅雨

2013年06月14日 | ひとり言

 口かたし人の勝ちたる暑さかな


( くちかたしひとのかちたるあつさかな )


     ご無沙汰しております
     毎日 PCには向うのですが、
     落ち着いて座っていられませんでした
     実は、この記事も3日かかりです

     なんだか細々用事が起きてまいります
     実は、今も姑が、来ているのです
     同居する義理の妹が、風邪をひいたから      


     暑いのでございます
     梅雨明けのタイミングさえ考えなければ、「暑中見舞い」を出したくなる程です

     雨が、降らないので、余計に暑く感じております
     昨日の夕方なんて、近くの交差点に砂埃が、舞っていました

     天気予報を見ては、今日こそ、明日こそと思いつつ
     肩透かしにあうばかりです

     松の盆栽、一つ、ダメになりました

     ツイッターって?

     何とかナウとか、SNS( social networking service )で呟くんでしょう
     どうも、私には、ついていけないネットの世界です
     何か行動する度に、自分の行動や思いを紹介するって
     楽しいのかな

     私には、じっくり記事をupしたりコメントできるブログの方が、性に合っている


     !と思って、直ぐ文字にするから、つい変な事
     呟いてしまうではないかしら
     手紙のようにアナログの世界なら、書いているうちに
     これは、不味いぞと気がつくのだろうけど
     ツイッターを更新したくて、たまらなくなると
     頭の中の回路を巡らせて、しっかり判断しない間に
     upしてしまって  になるのでしょうね

     橋○市長も、そんなことだったのでしょう
     そして、今回の復興庁のキャリアさんも
     つまらない事つぶやいてしまいました

     アイドルからメールが来たと思わせる詐欺も摘発されましたね
     それもただならぬ金額です
     あんなことあり得る訳ないでしょう と思うけれど
     メールを貰ったファンならひっかかってしまうのでしょうか

     SNSの世界は、相手の顔もプロフィールも全く分からないのですもの
     安易に信じたらダメなんですね

     大阪人は、「オレオレ詐欺」、新しく”なりすまし詐欺”って言うのですか、
     には、ひっかかりませんが、「還付金」には、とんと弱いようで、
     被害も多いのだそうです


コメント (7)

2013年06月07日 | カシャッと575

 だれかれも容量足らずの涙壺


( だれかれもようりょうたらずのなみだつぼ )



     目薬、3種類
     一度にまとめては、点せません
     1つづつ、間隔を5分以上空けるように注意を受けました
     
     眼が、吸収できる液体の量には、限りがあるのだそうです
     涙は、あんなに出るのにである

     溜めて置くことが出来ないから、あふれるのかも

     生まれて初めて処方箋で、自分の薬を頂きました
     何故、こんなシステムに移行したのでしょうね
     そして、今度は、ネットで、容易く薬を買えるようになるって
     何なん??

     薬剤師さん、難関大学に通って、難しい国家試験を受かって、大変な
     努力の末、任命された資格なのに、ちょっと同情する環境でもある



コメント (9)

バイカウツギ・エトワール

2013年06月05日 | ひとり言

 眼を病みてさらにもの見え梅雨晴れ間 


( めをやみてさらにものみえつゆはれま )



     バイカウツギ・エトワールにとまるアゲハチョウ
     
    モンシロチョウと姫女苑    



                             

     昨日は、朝から左目が、コロコロ、気持ち悪い
     睫毛が、入ったのかな
     何度もシャバシャバ、目を洗ったけれど、一向に改善されません
     こんなことは、日常茶飯事ですから、深刻には、感じてませんでした

     昼過ぎ、違和感が余りに続くので、鏡でチェック
     まぶたの裏側、睫毛との縁に小さな、小さな水泡がひとつ
     原因は、これだな

     放っておいても、かまわないけれど、ひどくなったら嫌だなあ
     水泡を潰すか? 消す薬でも、貰ってくるかな  です

     近所に腕が良いと評判の眼科が、あります
     調べたら、火曜日の午後は、診察ありません
     翌日、つまり今日は、5日、バスが、何処まで乗っても\100.-の日(65歳以上)
     病院は、凄く混む日です
    
     で、ネットで見つけた、ターミナルにある眼科へ
     空いていて、直ぐ診察してくださいました
   
     視力やら眼圧やら、測定
     白内障も緑内障も指摘されませんでした
     黄班変性も大丈夫そう
     ただね、3拍子そろってました、
         近視、乱視、老眼
         近視は、少しも改善されず、老眼になってました
         そんなもんなんですね 
         若い頃は、車を運転する時、近視用のメガネをかけていましたが
         老眼の今は、裸眼で運転できます
     

     で、 先生は、即座に「アレルギーですね
     水泡は、脂肪ですから心配ない」 ですって

     何にアレルギーが出ているのでしょうね?
     また、何か飛んできているのでしょうか?
     毎朝、起きて、1時間ほどは、クシャミが止まりません
     早朝に冷えているのかと思っておりましたが、それも
     アレルギーかも知れませんね

     目薬を3種類頂いて、帰ってまいりました

     その目薬が、なかなか上手く入らないもんですね
     右目に点す時は、ちゃんと目の上に目薬の口が、見えるのですが
     左目の場合、どうやっても見えなくて、的が、微妙にずれます

     おまけに、3種類の薬のうち1つは、一日に2度点す目薬ですのに、
     他の薬と同様に、お昼までに、2度点してしまいました 
  
     元々、目が、余り丈夫な方では、無かった
     久々にすっきりして、気持ちよい
     
     バイカウヅキ・エトワール: 花の中心部、ほの紅が、さしているのが特徴だそうです



コメント (6)