小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

瞳の奥の秘密

2010-08-29 | ハ行の映画

EL SECRETO DE SUS OJOS(2009/スペイン・アルゼンチン)【劇場公開】
監督: ファン・ホセ・カンパネラ
出演:リカルド・ダリン/ソレダー・ビリャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディノ

ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──
未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。


本年度アカデミー賞外国語映画賞を受賞。
本国のアルゼンチンでは34週間というロングランの大ヒットを記録。サスペンスとロマンスが入り混ざった物語。
25年前の残虐な殺人事件と秘めた愛を忘れられずにいた男。
見終わってからアルゼンチン映画だと気がつきました。笑


裁判所を退職したベンハミンは、忘れられない25年前の未解決事件を題材に小説を書く。その事件とは新婚まもない女性が殺害され、犯人を突き止めるが取り逃してしまった事件。
いつまでも過去に囚われ、前へ進めなかったベンハミンは、事件の真相究明と自分の人生に決着をつけることになる。

あらかじめ1970年代のアルゼンチンの時代背景を知っておいたほうがよいかも。
外国人を無理矢理犯人に仕立てたり、捜査協力した容疑者を釈放というのはめちゃくちゃな話。
腑に落ちないところがあって、視線だけで容疑者だと決めつけ、何万人もいるサッカー場で容疑者をみつけることは不可能に近いと思うんだけど、、、(映画だからいいっか)


殺人事件の犯人がどうなったかも重要ですが、25年ぶりに再会したかつての上司のイレーネとのロマンスに目がいってしまった。
当時、一緒に事件を追っていた女上司はベンハミンにとっては高嶺の花。
もう一歩が踏み出せず、駅での別れのシーンは不覚にも涙。。
サスペンスではイレーネが容疑者を犯人かどうか確かめるため芝居をうつところや、エレベーターのシーンはドキドキしちゃったな。


事件の顛末は、それほど驚くほどではなかったけど、被害者の夫がこういう手段しかとれなかったことが悲劇かも。
イレーネ役の女優さんが印象的で、衣装やペンダントなど赤がお似合いの人でした。
普通にいい映画なんだろうけど、突っ込みどころもあったかな。

★★★☆(5段階☆は0.5)

公式サイト

ブログ王ランキング


Comments (22)   Trackbacks (34)   この記事についてブログを書く
« 宮廷画家ゴヤは見た | TOP | 赤んぼ少女 »
最近の画像もっと見る

22 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2010-08-29 22:57:46
>見終わってからアルゼンチン映画だと気がつきました

あはは~。アイマックさんてば面白過ぎ~(笑)

この映画上映館が少ないので、混んでますよね(^^;私は面白かったことは面白かったのですが
予想していたよりは普通でしたσ(^◇^;)
と言いながら★4つにして矛盾してる私(笑)

私も駅での別れのシーン、アイマックさんと
同じく不覚にも涙が(笑)

ドキドキするシーンもありましたが、自分が想像していたようなサスペンス映画ではなかった
かな(^^;ツッコミどころもありましたよね(^^;
25年・・・ (kira)
2010-08-29 23:04:00
この25年の時間の経過って、結構ポイントだと思うんだけど、
主人公の25年の背景が見えてこないし、
やっぱりツッコミどころも多々ありましたよね~。
ラブストーリーとしても惹かれるところが無かったのも残念
とっても普通~の作品って感じでした♪
>こんばんは^^ (アイマック)
2010-08-29 23:15:03
ひろちゃんさん、こんばんは!
私アホだよね・・・
サッカーチームもレアルじゃないし、変だなあとは思ってたのよ。^^;
しかし舌がまわるスペイン語って頭にひびいてきますね。特に怒るとき。
自分のところも満席でしたよ。
期待したわりに普通でしたが、駅での別れはウルウルでした。
>25年・・・ (アイマック)
2010-08-29 23:19:49
kiraさん、こんばんは!
確かに25年は言葉だけなので、想像するしかないよね。
ツッコミどころがあったんで、期待値下回ったかなあ。
普通なつくりでした。イレーネがよかったなー。
Unknown (KLY)
2010-08-29 23:24:11
25年越しの事件の謎の話とラブストーリー、この2つを上手く絡ませた脚本だったなぁと思いました。しかもそれぞれに伏線がありつつも、途中で上手いこと回収したかに見せかけてラストでああくる…。この辺り、お見事な作りでした。
ただ強いて言うなら私はパブロの死の部分が良く解らなかったです。親友の身代わりになったんだろうけど、ちと唐突過ぎて「へ?」みたいな。^^;
アイマックさん☆ (mig)
2010-08-30 10:08:43
おはよう~
そうそう、文芸ってよりも思ったよりエンタメだったのがわたしの好みだったのかも。

サスペンスでありラブストーリーとして絡めてるのがすごい。
キャストも皆良かったですね☆
KLYさん、こんにちは!。 (アイマック)
2010-08-30 12:22:08
殺人事件とラブストーリーがうまくからみあってました。
自分は腑に落ちない部分があって、期待したわりには普通でしたけどね。
パブロの死の部分は唐突だったよね。
パブロ、いいキャラだったな。
Unknown (アイマック)
2010-08-30 12:23:47
migさん、こんにちは!
てっきり文芸ものだと思ってみたんで、笑いがあったりエンタメだったね。
キャストは良かったよ。
駅の場面。 (BC)
2010-08-31 06:38:03
アイマックさん、おはようです。

>腑に落ちないところがあって、視線だけで容疑者だと決めつけ、何万人もいるサッカー場で容疑者をみつけることは不可能に近いと思うんだけど、、、(映画だからいいっか)

ホント、そうだよね。
脚本の細部の詰めが甘かったよね。。。

駅での別れの場面はフランス映画『男と女』を少し思い出しました。
ヌーヴェルヴァーグ映画(昔のフランス映画)ぽい雰囲気のように感じました。
>駅の場面。 (アイマック)
2010-08-31 15:11:33
BCさん、こんにちは!
視線だけで犯人って、普通なら証拠とか集めるよね。
イレーヌが確信して芝居うったのはサスガでしたよ。
そうそう駅での別れは昔の映画のシーンみたいだった。
アルゼンチン映画ってそういう雰囲気の映画が多いのかな。

post a comment

Recent Entries | ハ行の映画

34 Trackbacks

瞳の奥の秘密 (LOVE Cinemas 調布)
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。25年前の未解決事件をモチーフに小説に書き始めた主人公が、当時に置き忘れた事件の真相に迫ると同時に、とある女性への愛を思い出す。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督はフアン・...
『瞳の奥の秘密』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:スペイン+アルゼンチン合作映画、フアン・ホセ・カンパネラ監督、リカルド・ダリン、ソレダー・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ出演。
★瞳の奥の秘密(2009)★ (CinemaCollection)
THESORCERER'SAPPRENTICEELSECRETODESUSOJOSTHESECRETINTHEIREYESブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。上映時間129分製作国スペイン/アル...
瞳の奥の秘密 (あーうぃ だにぇっと)
7月5日(月)@都内某所で鑑賞。 この日は、本作を観たあと帰社して仕事を片付け、再度渋谷へ「ぼくのエリ」を観るために出かけた。 某所での鑑賞後、建物の外に出ると雨が降り出した。 一時は土砂降りのような雨でめげました。(笑) どこか天候がおかしく感じる今...
瞳の奥の秘密 (to Heart)
ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。 原題 EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES 製作年度 2009年 製作国...
映画レビュー「瞳の奥の秘密」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
El Secreto De Sus Ojos◆プチレビュー◆殺人事件が浮き彫りにするのは壮絶な愛と哀しみ。サスペンスとしてもドラマとしても一級の傑作。 【95点】 刑事裁判所を退職したベンハミンは、25年前の未解決事件を題材に小説を書き始める。1974年に起こった残忍な殺人事件は...
映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 アルゼンチン映画は二ヶ月くらい前の「アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち」以来。 だが、アチラは音楽映画なのに対し、こちらは現代劇。 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にな...
瞳の奥の秘密 (風に吹かれて)
目は口ほどにものを言う 公式サイト http://www.hitomi-himitsu.jp2010年米アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画定年退職した元検事補のベンハミン・エスポシトは、2
瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞受賞{/m_0151/} ええもうそれだけの理由で、全く内容も知らないままで観て来ました~ アルゼンチンアカデミー賞17部門ノミネ...
映画「瞳の奥の秘密」 (今日の素敵さがし)
 あえて画像を不鮮明にした幾つかのシーンで幕を開ける。そのイントロでワクワクしてくる。とりわけ、心をひっ掻くのは、男と女が駅で別れるシテュエーション。それは後で重要な意味を持つのだが。
『瞳の奥の秘密』 現代史の中の愛と犯罪 (Days of Books, Films )
考えてみれば、本格的(?)なアルゼンチン映画を見るのははじめてだ。面白そうだった
瞳の奥の秘密 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
闇に葬られた事件を小説にすることで、失われた過去と向き合う男の物語。本年度アカデミー賞で最優秀外国語映画賞を受賞し、アルゼンチンのアカデミー賞でも13部門を制覇。物語:刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、25年前の殺人事件を題材に小説を書こうと決意す...
「瞳の奥の秘密」 (碧草の風)
「瞳の奥の秘密」 (2009年 スペイン・アルゼンチン映画 監督フアン・ホセ・カンパネラ) 見終わった感想は、サスペンス映画というより愛についての映画だと思った。 愛する人間を失った者は、その不在にどのようにして耐えるのか? 愛する人がいるのに、愛を告げ...
瞳の奥の秘密・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人の目は、心の窓とも鏡とも言うが、なるほど本作の登場人物は皆「瞳の奥の秘密」を抱えている。 これは、社会全体に不穏な空気が充満する、...
瞳の奥の秘密 (メルブロ)
瞳の奥の秘密(原題: EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES) 328本目 2010-32 上映時間 2時間8分 監督 フアン・ホセ・カンパネラ 出演 リカルド・ダリン(ベンハミン・エスポシト) 、 ソレダ・ビジャミル(イレーネ・メネンデス・ヘイスティングス...
「瞳の奥の秘密」 熱い国から来た映画   (アタマにシャンプー、ココロにシネマ。)
☆☆ 好き好きだとは思いますが、この主人公の顔、ちょっと暑苦しくないですか。ひげもじゃのラテン系の顔って、クソ暑い夏に見る顔じゃないよなあ、と思ったのは、ぼくだけ?そんな邪心に満ちた気持ちで観たものだ
映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 アルゼンチン映画は二ヶ月くらい前の「アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち」以来。 だが、アチラは音楽映画なのに対し、こちらは現代劇。 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にな...
『瞳の奥の秘密』(2009)/スペイン・アルゼンチン (NiceOne!!)
原題:ELSECRETODESUSOJOS/THESECRETINTHEIREYES監督:ファン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、ギレルモ・フランチェラ、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ鑑賞...
瞳の奥の秘密 (心のままに映画の風景)
刑事裁判所を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前の事件をテーマに小説を書くことにした。 かつての職場を訪ね、当時の...
情熱の行方~『瞳の奥の秘密』 (真紅のthinkingdays)
 EL SECRETO DE SUS OJOS  THE SECRET IN THEIR EYES  裁判所を定年退職し、孤独な日々を送るベンハミン・エスポシト(リカルド・ダ リン)は、2...
瞳の奥の秘密 (シネマ大好き)
裁判所を定年退職したベンハミン・エスポシト(リカルド・ダリン)は、25年前に起きた事件を小説に書こうと、久しぶりに昔の職場を訪れ、かつての上司だったイレーネ(ソレダ・ビジャミル)と再会した。当時判事補で婚約者のいた彼女は、今は判事に昇進し、二人の子持...
瞳の奥の秘密 (映画的・絵画的・音楽的)
 本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼ら...
瞳の奥の秘密 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:EL SECRETO DE SUS OJOS、英題:THE SECRET IN THEIR EYES。フアン・ホセ・カンパネラ監督のスペイン・アルゼンチン合作映画。今年の米アカデミー外国映画賞受賞作品。リカルド・ダリン、ソレダー・ビリャメル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ、ギレ...
映画「瞳の奥の秘密」 (Andre's Review)
  el secreto de sus ojos アルゼンチン 2009 10年8月公開 劇場鑑賞 アカデミー賞の外国語映画賞は毎年良い作品が多いので、今年の受賞作であるこの作品もとても気になっていました。 ブエノサイレスの裁判所を定年退職したベンハミンは25年前の事件を小説にしようと執...
瞳の奥の秘密(2009) (銅版画制作の日々)
 EL SECRETO DE SUS OJOS 9月25日から、京都でも公開開始されました。数々の賞に輝いた「瞳の奥の秘密」を先日鑑賞して参りました。本国アルゼンチンで封切られた本作は歴史的な大ヒットを記録。34週にわたってロングラン上映されたらしいです。もちろん本国の...
瞳の奥の秘密 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年10月3日(日) 16:20~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:700円(買っていない) 『瞳の奥の秘密』公式サイト アカデミー外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画。 ミステリーであり、ラブストーリーである...
『瞳の奥の秘密』 (こねたみっくす)
瞳の奥に秘められたのは愛が隠した正義という名の狂気か、それとも正義を貫けなかった後悔が隠した真実の愛なのか。 第82回アカデミー外国語映画賞に輝いたこのアルゼンチン映画。静かで上質な大人のサスペンスドラマが最後に辿り着く2つの秘密に、まるでビターコーヒー...
瞳の奥の秘密■情熱の様々な顔 (映画と出会う・世界が変わる)
巧妙に出来た映画とはこういうものを言うのだろう。物語を映像で見せることに徹したというべきか、鑑賞者への挑戦とでもいうべきか非常に見応えがあり、もう一度見たいと思わせる。...
瞳の奥の秘密 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
瞳の奥の秘密’09:スペイン、アルゼンチン◆原題:EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES◆監督:フアン・ホセ・カンパネラ◆出演:リカルド・ダリン、ソレダー・ビヤミル、パブロ・ラ ...
「瞳の奥の秘密」、「ノルウェイの森」、「... (映画と出会う・世界が変わる)
「瞳の奥の秘密」、「ノルウェイの森」、「シングルマン」と続けてみたが、いずれも愛する者を失った悲しみにどのように向かって生きていくのかを描いた作品であった。こうした映画...
瞳の奥の秘密 (晴れたらいいね~)
すご~く観たかったんです。ようわからんままにね(あらすじとか読まないようにしてたんで)。10’アカデミー賞外国語映画賞受賞作品であり、去年のベストの中にあげておられる映 ...
瞳の奥の秘密 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
どれほどの歳月が巡ろうとも,いかなる境遇の変化が起ころうとも変わらないもの,それは秘めたる「情熱」瞳は時に雄弁に語りかける・・・・ 2010年度のアカデミー賞外国語映画賞受賞作品。製作国はアルゼンチン。サスペンスと人間ドラマとラブストーリーが巧みに絡み...
mini review 11520「瞳の奥の秘密」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き出すものの、過去の思い出に支配され苦悩するサスペンス・ドラマ。アルゼンチンを代表する名監督ファン・J・カンパネラが1970年代の祖国の姿を背景に、過去と現在を巧みに交差させ、一....
瞳の奥の秘密 (LIFE ‘O’ THE PARTY)
秋だね。 昨夜は「初冬?」って位冷え込んで わたくし初カイロ