小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー byシルク・ドゥ・ソレイユ

2013-05-27 | エンターテイメント


欧米熱狂のアリーナツアー、遂に日本上陸! 
「彼」が、そこにいる―


先週の土曜日にシルク・ドゥ・ソレイユの「ザ・イモータル ワールドツアー」の名古屋公演にいってきましたー。

今年のはじめにドイツ公演の映像をTVでみて、これは観ねばっ!と思い、楽しみにしてました。
18,000円のS席は超高いんですが、私たちの席はアリーナの上!あらら。。
ステージが意外に小さくて奥に深い感じ。近くで観れるVIP席にすればよかったと後悔。(ちなみにVIP席は25,000円・・)
行って知ったんですが、生演奏、生コーラス付なんですよね。もちろん歌はマイケル本人でマッシュアップされた曲はノリ易い。
マイケルファンじゃなくても有名な曲ばかりなので十分楽しめると思う。

前半後半と分かれていて(休憩30分)、パントマイム、ダンス、アクロバットと盛りだくさんで目が離せない感じ。
星空を背景にキラキラ光る空中フラフープの「ヒューマン・ネイチャー」、男女の宙吊りダンスの「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」、大きい本の上でパフォーマンスする「イズ・イット・スケアリー」が美しかった。
「デンジャラス」のポールダンスも凄い。パフォーマーたちのレベルは高いです。
日本人新体操チームの「スクリーム」はみんなぴたりとあってて、見栄えもよかった。あんな狭いステージで宙返りをよくできるなと感嘆。片足ダンサーのパフォーマンスも素晴らしかった。
映像、ライティングなど演出も凝ってます。
久しぶりにマイケルの歌声を大音量で聞いて、感慨深いものがありました。
終盤の「アイル・ビー・ゼア」をバックに子供時代のマイケルの映像は涙が出そうに。。
「キャン・ユー・フィール・イット」からはアリーナの人たち、総立ち!
バブルス君も登場しました。笑
アクシデントがあってソロ演奏でチェロ(?)の音がスピーカーから聞こえなかったこと。アーティストの方が可哀想でした。こんなこともあるんですねぇ。
それでもはじめて観るシルク・ドゥ・ソレイユのステージは大満足でした。

イモータルの意味は不滅、永久、不死。
まさにキング・オブ・ポップは永遠です!
また来日ツアーがあったら、今度はVIP席で観たいなあ・・・お金貯めないと・・
Comments (10)   Trackbacks (6)