小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スター・トレック

2009-05-31 | サ行の映画

Star Trek(2009/アメリカ)【劇場公開】

監督:J.J.エイブラムス
出演:クリス・パイン/ゾーイ・サルダナ/ザッカリー・クイント/サイモン・ペッグ/エリック・バナ/ウィノナ・ライダー/カール・アーバン/レナード・ニモイ

なぜ挑むのか

TVシリーズや映画でおなじみの「スター・トレック」を再構築したスペース・アドベンチャー。監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』のJ・J・エイブラムス。
「めざましTV」でおすすめしてたんで観てみたら、いや~おもしろい!!
「スター・トレック エピソード1」というところか。
初めて見る人も楽しめるんじゃないかな。




時代は23世紀。主人公ジェームズ・T・カークの出生はドラマティック、わんぱくな子供時代を経て宇宙艦隊入隊。英雄であった父の面影を知らずに育ち、自由奔放なカークはトラブルメーカー。
そんなカークと対照的なのが人間とバルカン人の混血のスポック。
理性的なスポックと熱血漢のカークは当然衝突するわけ。
このふたりを中心に展開していき、迫りくる危機にクルーたちはチームワークを発揮する。
転送シーン、ワープシーンなどTVシリーズそのまんまだし、隊員たちのださいユニフォームはレトロ。(笑
それにしても最新のVFXを駆使した映像は迫力あるし、緻密できれい。宇宙空間がすばらしいね。俳優さんもはまっているし、青臭いカークもいいけどスポック(サガリー・クイント)かっちょいい!


細かいところでよくわかんないところもあったけど、
ラスト、ブリッジに皆スタンバイし、出発。ナレーションがはいって有名なテーマ曲が流れるところは感動的でしたよ。拍手したくなった♪
忘れてはいけないのはオリジナルのスポックことレナード・ニモイがでていること。
おじいちゃんになっちゃったね~
ウィノナ・ライダーがスポックの母親役で出演してるとは知らなかった。母親役をやる年になったんだなあ、、

宇宙に可能性を求めて船出するUSSエンタープライズ、新たなシリーズ誕生でしょうね(続編決定!)
見応えあって、もう一度みてもいいなあ。

★★★★☆(5段階☆は0.5)

公式サイト

ブログ王ランキング

Comments (42)   Trackbacks (58)

天使と悪魔

2009-05-24 | タ行の映画

Angels & Demons(2009/アメリカ)【劇場公開】
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス/ユアン・マクレガー/アイェレット・ゾラー/ステラン・スカルスガルド/ピエルフランチェスコ・ファビーノ/ニコライ・リー・カース

「ダ・ヴィンチ・コード」から3年
新たな歴史の謎が暴かれる。


久しぶりの更新で、映画の感想書きの仕方忘れてしまいました。笑
TBもいただいてるのにお返しもできず申し訳ないです。ペコ・・・
ぼちぼちと前のペースに戻していくつもりなので、またよろしくお願いいたしまーす!


ダン・ブラウンの世界的ベストセラーを映画化した「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。ハーバード大教授ロバート・ラングドンが歴史の闇に隠されたさまざまな謎を解き明かしていくサスペンスミステリー第2弾。
ロン・ハワード監督の映画は好きだし、前回もよかったんでほぼ2か月ぶりの劇場鑑賞楽しみにしてました。


前作よりもわかりやすくスピード感があって、エンタテイメントな仕上がり。
舞台になるのはローマとバチカン市国。
破壊力を持つ“反物質”で、バチカンを脅かす秘密結社“イルミナティ”と、陰謀を阻止しようと奔走するラングトン。
科学と宗教の対立。仮説でも物語として成り立っているところがおもしろい。

“イルミナティ”とは実際に存在し、400年前にガリレオを中心とする学者たちが創設した秘密結社。
前作もテンプル騎士団がでてきたけど、歴史の裏側は興味をひきますね。
枢機卿4人の命をすくうため、今回のラングトン教授は走り回るしアクションも満載。
図書室で窒息しそうになるところはハラハラ、教授大活躍!
あまり頭脳を使う場面は少なかったような・・笑
4人目の枢機卿を助けるところは涙ぐみそうになっちゃった。


キーパーソンの教皇に仕える侍従(カメルレンゴ)役のユアン・マクレガーがよかったな。静かな話し方とか衣装も似合ってた。クライマックスの天に昇っていくところは、予想外の展開で唖然だったけど。笑
それでも空の爆発シーンや、冒頭の反物質の生成はビジュアルがきれいでぜひ映画館でみてほしい場面。
バチカンやローマの景観も楽しめて行きたくなる。
やっぱロン・ハワード監督は演出がうまくて、特に中盤から後半、まとめるのがうまいですね。
音楽(ハンス・ジマー)も盛り上げてくれたし、登場人物たちもそれぞれ人間味が感じられてトム・ハンクスほか俳優たちもよかった。

宗教と科学、どちらも天使にも悪魔にもなる。
世界を変えることができるのは、人間の心次第ってことかな。


★★★★☆(5段階☆は0.5)

公式サイト

ブログ王ランキング

Comments (59)   Trackbacks (71)