小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私が、生きる肌

2013-01-08 | ワ行の映画

La piel que habito(2011/スペイン)【DVD】
監督: ペドロ・アルモドバル
出演: アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット

あなたは、これを愛と呼べるかー


ペドロ・アルモドバル監督による官能ミステリー。
主人公は天才形成外科医。焼死した妻を想うあまり、他人をさらってきて人工皮膚移植し妻を再現する。
簡単なあらすじからマッドサイエンティストの話だと予想をしてたら、思いもつかない方向へ。。。
とんでもないお医者さんでした
妻の身代わり(理想の女性?)はいったい誰なのか?
ありえないお話なんだけど、復讐といえどあんなことまでするとはっ!
監禁された彼女をカメラでズームインしてみつめる外科医。変態チックです。笑
ネタばれになるんで、詳しくは書けないんですが、6年前の話から俄然ひきこれます。
過去と現在の映像から、外科医の不運な人生がみえてくる。
同じ人物同士のベッドシーンでも最初と最後では見る側の感じ方がちがうというのが面白い。
途中、笑ってしまうシーンもあって、まじめに撮っているからよけいにね。
ある意味、男性からみるとホラーというか、ゾクッとするかも。

外科医役のアントニオ・バンデラスは、ハマリ役。
謎の美女役のエレナ・アナヤは美しくてスタイルもよくて女性からみてもきれいです。
タイツ姿、パーツで区切られたマネキンのような身体など映像がシュール。
ジャン・ポール・ゴルチエの衣装、凝った小道具。パーティシーンのラテン調の歌声がいい。
ミステリーよりもファンタジー、エロティックでどこか可笑しい(私だけか・笑)映画でした。

★★★★(5段階☆は0.5)

公式サイト

Comments (30)   Trackbacks (29)   この記事についてブログを書く
« TIME タイム(新年のご挨拶も) | TOP | ベルセルク-黄金時代篇- I ... »
最近の画像もっと見る

30 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (yukarin)
2013-01-08 13:33:06
復活されたんですねー。
今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

これはすごい作品でしたよね。
アントニオ・バンデラスが本当にハマリ役。
これも究極の愛としたら...恐ろしいですね。
凄いの一言! (mezzotint)
2013-01-08 19:37:09
今晩は☆彡
とにかくあの美しい女性の正体があんな風だとは
驚き桃の木ですよね。それを分かっていて
抱けるというのがまた衝撃的でした。
アブノーマルな愛の物語とでも、、、。
しかし怖いですわ。
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-01-08 20:21:41
ご無沙汰しております。
今年もよろしくお願いします。

この映画は一歩間違えれば、ただの変態映画ですよ。
でもそれを一歩も間違えずに問題作止まりにしているところがこの監督の実力ですよね。
ショウゲキだった! (kira)
2013-01-08 23:42:13
うんうん。
変態で、それが怖くて、可笑しくて、悲しくて、残酷だった
愛というより、執念を感じさせるバンデラスが恐ろしかったですねぇ・・・
もう最後は苦しかったです
謹賀新年 (悠雅)
2013-01-09 00:20:54
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
すっかりご無沙汰してしまっていますが、今年もどうぞよろしくお願いします。

年間で観た作品の中で、とても印象強く残っているのに、
好きな映画ランキングには入れなかった作品でした。
作品自体は凄いし面白いけど、好きかどうかというとちょっと微妙。

>ミステリーよりもファンタジー、エロティックでどこか可笑しい(私だけか・笑)
わたしもそんな感じでした。
こんばんは (ituka)
2013-01-09 00:59:23
ワタシは男でありながらヒロインの激痛がものすごく伝わってきました。
それを知ってから、もう頭フル回転でイメージしまくりで
ある意味、ものすごいエロスだったかも(笑)

続編あるなら(って、ないない!)逆バージョンも見てみたい(爆)
こんばんは~。 (ヒロ之)
2013-01-09 02:05:07
わ~い、アイマックさん、お久しぶりです!
ブログ復活されたのですね。

これを昨年に観なかった事を後悔。
けど多くのブロガーさんがベスト10内に入れてらっしゃった事に感謝。
危うくスルーする所でした。
楽しい映画じゃないですけど、色んな意味で記憶には残る面白い映画でした。
あの真相部分は全く見抜けませんでしたよ。
その点でも面白いアイデアだなぁって思いました。

ブログ、まったりと運営していってくださいね。
今年もどうぞ宜しくお願い致します^^
お久しぶりです! (sakurai)
2013-01-09 13:59:49
でもって、あけおめです!
お元気でしたか?
ブログもなかなか大変ですが、マイペース行きましょうね。

なんだか可笑しいっての、わかる。すごくわかる。
バンデラスが哀れで可笑しくて、結末知っちゃうと、ますます可笑しく感じた。
いつもだったら、即効選ぶ変態作品なのですが、今回は、自分二やさしい作品をえらんでました。
年取ったかな・・・。
ジャンル超え。 (BC)
2013-01-09 20:15:59
アイマックさん、こんばんは。
ウッカリしてトラックバック2つ打ってしまったので、お手数だけど1つは消しておいてね。m(_ _)m

エレナ・アナヤはお肌がキレイだよね。

笑うに笑えないようなコメディでもあり、愛とは言いきれないメロドラマでもあり、
シュールなホラーでもある感じかな?
ジャンルを越えているのが面白かったですね。
お久しぶりです。 (rose_chocolat)
2013-01-10 08:22:29
お元気でしたか?お忙しそうですね。

これは映画としての面白さを存分に味わえた作品でした。
昨年のmyランクに堂々入れてます。
とぼけた感じでもあり、怖くもあり、あり得なくもあり。不思議な魅力でしたね。

post a comment

Recent Entries | ワ行の映画

30 Trackbacks

私が、生きる肌~仮面のかけら (佐藤秀の徒然幻視録)
ザ・ピーナッツをオマージュ? 公式サイト。スペイン映画、原題:La piel que habito。英題:The Skin I Live In。ペドロ・アルモドバル監督、アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・ ...
私が、生きる肌 / La piel que habito / The Skin I Live In (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click 楽しみにしていたペドロ・アルモドバル監督最新作 今年も9/15~19まで開催中(東京上映)のラテンビート映画祭にて鑑賞  京都、横浜でも続いて開催☆ 原作はティエリー・ジョンケ Thierry Jonquet 「蜘...
私が、生きる肌 (あーうぃ だにぇっと)
私が、生きる肌@ブロードメディアスタジオ試写室
『私が、生きる肌』 2012年5月7日 ブロードメディアスタジオ試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『私が、生きる肌』 を試写会で鑑賞しました。 とんでもない研究者がいたもんだ 【ストーリー】  最愛の妻を亡くして以来、完ぺきな肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)。あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、ある人物を監...
『私が、生きる肌』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「私が、生きる肌」 □監督・脚本 ペドロ・アルモドバル □原作 ティエリー・ジェンケ □キャスト アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット、       ロベルト・アラモ、ブランカ・スアレ...
私が、生きる肌 (to Heart)
あなたは、 これを愛と呼べるか―― 原題 LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN 製作年度 2011年 製作国・地域 スペイン 上映時間 120分 原作 ティエリ・ジョンケ『私が、生きる肌』/『蜘蛛の微笑』(早川書房刊) 脚本 ペドロ・アルモドバル 、アグスティン・ア...
私が、生きる肌 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN】 2012/05/26公開 アメリカ R15+ 120分監督:ペドロ・アルモドバル出演:アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット、ロベルト・アラモ、ブランカ・スアレス、スシ・サンチェス あなたは...
試写会 『私が、生きる肌』 (2012.5.26公開) (理性と感情の狭間で)
Twitterでお世話になっているcocoさんの独占試写会で「私が、生きる肌」(5月26日公開)を観てきました。 衝撃の変態映画!上半期必見の一本です。 あらすじ 天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)は、完璧な人工皮膚の研究に取り組んでいた。医学界ではタ...
私が、生きる肌(2011)*LA PIEL QUE HABITO (銅版画制作の日々)
 あなたは、これを愛と呼べるか―― 好き度:+5点=85点 ノルウェーまだ~むさんのお薦めで、鑑賞して来ました。5日東宝シネマズディということでこの日は1300円。 久しぶりに凄い映画を観た!って感じです。ところがその後が、良くなかった(>_&l...
〇『私が、生きる肌』〇 ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督、ティエリ・ジョンケ原作、アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ヤン・コルネット、ロベルト・アラモ。
〇『私が、生きる肌』〇 ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督、ティエリ・ジョンケ原作、アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ヤン・コルネット、ロベルト・アラモ。
『私が、生きる肌』 (こねたみっくす)
これってあり…なんですか? あのペドロ・アルモドバル監督なんである程度の衝撃は予想していましたが、これはその予想幅を大きく振り切ってます。なので「やられた~!」という ...
形成外科医の異常な愛情~『私が、生きる肌』 (真紅のthinkingdays)
 LA PIEL QUE HABITO  THE SKIN I LIVE IN  皮膚移植の世界的権威である形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス) は、郊外の豪邸に全身タイツを纏った美女ベラ(エレナ・アナヤ)を...
私が、生きる肌 (映画的・絵画的・音楽的)
 スペイン映画『私が、生きる肌』をTOHOシネマズシャンテで見ました。  (本作はサスペンス映画のため、ネタバレの部分はできるだけ注記といたしますが、まずは映画館に足を運んでから本エントリをお読みいただければ幸いです) (1)予告編で面白そうだなっと思い、さら...
「私が、生きる肌」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La piel que habito」…aka「The Skin I Live In」 2011 スペイン ロベル・レガルに「ファム・ファタール/2002」「ボーダータウン/報道されない殺人者/2006」のアントニオ・バンデラス。 ベラ・クルスに「アラトリステ/2006」「美しすぎる母/2007」「ジャック?...
「私が、生きる肌」まさに究極の問題作 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
「きゅ~~~~きょくの」問題作である。 これは宣伝文句に偽り無し。 薄い一枚の肌に覆われているけど、その中に息づく『私』 モダンで美しくあたかも高尚な画像の奥に隠された『変態』 人権も無い、倫理観もない、男とはどこまで愚かなのか・・・・
私が、生きる肌 (♪HAVE A NICE DAY♪)
天才的な形成外科医ロベル(アントニオ・バンデラス)は 最愛の妻を亡くし、ある一人の女性ベラ(エレナ・アナヤ)を監禁し 妻そっくりに創り上げる・・・ バンデラス!でサスペンス。 面白そう~!と前から観ようと楽しみに していた。。。 あ、あらあら・・・余りに...
私が、生きる肌・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
復讐のスパイスは、狂気。 最愛の妻を亡くした天才形成外科医が、密かに創り上げた妻そっくりの女。 一体彼女は何者なのか。 「トーク・トゥーハー」などで知られるスペインの鬼才、ペドロ・アルモドバル...
私が、生きる肌 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2,5点】(18) フランケンシュタイン男爵、現代によみがえる(おいおい)
私が、生きる肌 (だらだら無気力ブログ!)
あの人的には、ある意味ハッピーエンドで結果オーライなのかな。
映画『私が、生きる肌』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-51.私が、生きる肌■原題:La Piel Que Habito(英題:The Skin I Live In)■製作年、国:2011年、スペイン■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:6月23日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:ペドロ・アルモドヴァル□脚本:アグスティン・アルモド...
私が、生きる肌 (悠雅的生活)
眉墨。ヨガ。花柄のドレス。
私が、生きる肌 (銀幕大帝α)
あなたは、 これを愛と呼べるか―― -感想- OH! シンジラレナーイ!! アブノーマルな世界が渦巻いてるね~。 観ている途中までは「監禁マニア医師による変態観察」な内容だと思っていた訳よ。 ところが真相が明確にされた所でもっとぶっ飛んだ作品なんだと知らし...
私が、生きる肌 (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞私が、生きる肌/LA PIEL QUE HABITO 2011年/スペイン/120分 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: アントニオ・バンデラス/エレナ・アナヤ/マリサ・パレデス/ジャン...
『私が、生きる肌』 (・*・ etoile ・*・)
'12.05.27 『私が、生きる肌』鑑賞@シネマライズ これは見たかった! 試写会応募しまくったけど、ハズレ・・・ お友達のmigちゃんとtomocoさんから、急なお誘い! 行くー!!ってことで、見てきたー☆ *核心部分はできるだけ避けますが、基本ネタバレありです! 「郊外...
私が、生きる肌 (迷宮映画館)
なんと申し上げたらいいか・・・
私が、生きる肌 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年6月5日(火) 20:00~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:1200円(レイトショー料金) 『私が、生きる肌』公式サイト 佐清(スケキヨ)みたいな女が出てくるアルモドバル姐さんの怪しい新作は、怪しい予告編を遥かに超えた狂気につつまれた妖しい話だった。 謎が...
『私が、生きる肌』 (2011) / スペイン (Nice One!! @goo)
原題: LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: アントニオ・バンデラス 、エレナ・アナヤ 、マリサ・パレデス 試写会場: ブロードメディア・スタジオ月島試写室 公式サイトはこちら。[2012年5月26日公開] 映画レビューサイ...
私が、生きる肌 (Memoirs_of_dai)
復活アブノーマルなアルモドバル 【Story】 最愛の妻を亡くして以来、完璧な肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)。あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、あ...
私が、生きる肌 (心のままに映画の風景)
ロベル・レガル(アントニオ・バンデラス)は、最先端のバイオ・テクノロジーを駆使した人工皮膚開発の権威として知られる世界的な形成外科医。 トレドの屋敷には、メイドのマリリア(マリサ・パレデス)...