版画草子 All That Print Work

自作版画作品と日常の写真を日記形式で紹介してゆきます。
(画像の無断使用は固くお断りします。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

じじ話

2013-10-28 06:02:31 | その他 Other




ついつい 篠笛の絵付け作業に追われて 更新が滞ってしまいました。


気がつくと世の中 秘密保護法とか 集団自衛権確立とか 容認とか
何だか きな臭いニュースが流れていますな.....
その内 少子化・人口減で 孫世代には徴兵制なぞもひかれたりして.....
爺ぃの杞憂か.....


今様のある若者の会話にすると こうでしょうか。

「なんかさぁ やばくねぇ~」
「何が.... 」
「ニポンってさぁ アメ公のダチじゃなくて なんかパシリみたいだよね....」
「おめぇみたいなヤンキーが 云う事じゃねぇよ」
「でもさ 俺 まじ思うんだ.... そのパシリがさぁ ヤスクニに行くって おかしくね?」
「じぇ じぇ! いうじゃねぇか!」
「だろっ ニポンが負けたアメ公のパシリやってて ヤスクニに 何しに行くんだ?」
「みんな ごめんっ てか..... 」
「言われた方は 辛いぜ きっと..... 」

「だからさぁ 憲法変えるって 騒いでるんだべ」
「でもさぁ 所詮 パシリが変えても ピシリとしないべ..... なぁ~んちゃって」
「バァカ さむいギャグ 飛ばすんじゃねぇよ!」 
「あぁーー 寒いのはギャグだけじゃねぇよな.... ニポンは..... 」
「これって やっぱ まじやばいかも.... 」


(一部 不適切かもしれない表現がありますが 何となく 修正しませんでした)




今回は画像も無く 短い ただの「じじ話」になってしまいました。
最後に言うのは変ですが 読み飛ばして下さい。

次回は自作品を紹介します。




<業務連絡>
先生 なんか写真ありません?


コメント

六白大安鍋

2013-10-16 12:47:41 | 食品 Food



今朝の台風26号はまたまた各地に被害をもたらしたようです。
皆様の地はいかがでしょうか。
今年は台風が多いですね。




この台風で 大量に落ちた我が家の「どんぐり」
餌が少なくて街に出没する北海道の熊に送ってあげたいくらいです。



秋も漸く深まってきました。



近所の柿

渋柿なのでしょうか 誰も穫らないんですね。
皮を剥いて干し柿にすると 美味しいのですが....
我が家の柿なら作りますな。




毎年恒例の我が地区の獅子舞も無事終わって いよいよ本格的な秋です。

それにしても昔懐かしい田舎の「村祭り」そのもので いい感じと思いませんか。
この場所が東京まで小一時間なんですよ。
鎮守様の境内 地区の人々の豊作万年踊り 若者の獅子舞 いつまでも残しておきたい情景です。





さてさて タイトルの鍋のお話

私は家で食べる料理は 
どこかに「面白み」あるいは「おふざけ感」がなければ どうも物足りません。
そこで一般的には少々変な総菜・料理が並ぶ事になります。
今回も同様で すべて白で統一した鍋を作ってみました。



しろ醤油のだし汁に 鮭の白子(前出の) 豆腐 ネギ 卵の卵白 うどん
すべて「白」で 「六白大安鍋」





出来上がり

もちろん お味も結構でした!

まっ 手前味噌的な 自己満的な面白みではありますが.....


また妙な料理を思いつきましたら ご紹介します。

 








コメント

二つの版画展

2013-10-10 17:28:48 | 作品 Works



今年のヤクルトスワローズは惨憺たる結果に終わってしまいました.....
小川泰弘投手はルーキーで16勝をあげて最多勝&最高勝率を獲得したのにもかかわらず
バレンティンが輝く60本ホーマーを達成したのにもかかわらず..... です。
ファンとしては寂しい限りです。
打てずに打たれる1年だったんですね.... しょぼっ.....
来季は無理をしてでも神宮に応援に行かねば!


と云ったところで
今回は二つの版画展のお話です。

まず 上野都立美術館で開催中の「日本版画協会展」

このところ上野公園は悪い意味で すっかり整備されてしまいました。
煙草を楽しめず ローストし過ぎの不味いコーヒーを出すスタバなぞが 進出したり
妙に小戯れたcafeもできて(もちろん禁煙)
なんか 気取ってんだよねぇ.....
良い意味でのざっかけない公園が姿を消してしまいました 嗚呼.... しょぼっ....


さて 版画展

入り口です



今年は特別企画などが無いので いまいち盛り上がりに欠けていた様に思いますが
それでも圧倒されるような超大作が がんがん出品されていましたね。
若い作家の意欲を感じますが いやいや 制作はさぞ大変だろうなと察します。
(お金も体力も)



会場の一角で恒例の「小版画チャリティー販売」が行われていました。
なんか あまり売れていない様な.....

で 私の出品作



この2点に関してはいずれこのブログで詳しくご紹介いたします。




版画協会展と時期を同じくして「CWAJ現代版画展」も開催されています。
9日のレセプションに行ってきました。


開会式

2年前に建て直された新装アメリカンクラブに 総勢188人の版画作家の作品が展示されました。
相変わらずセレブな雰囲気の中で ワインなどいただきながら 
出品者は 招待客・版画コレクターの方々とお話して さりげなく自作をアピールします。



やはり そうそうたるメンバーの作品が並んでいるので 同じ作家の立場でも見応えがあります。

最近の不景気のせいか 売り上げも少なくなったそうですが
それでも3日間で二千万円くらいは売られるようです。



自作「猫姫」の前で (老けたなぁ....)


このCWAJ展は10月18~20日まで神戸外国倶楽部でも開催されます。
機会がありましたら是非ご覧いただきたいと思います。



てなわけで
日本現代版画を網羅する「版画協会展」と「CWAJ版画展」のご紹介でした。





次回は季節的にもぴったりの「鍋」のお話





 



コメント