今日も いただきます!

毎日の食事とネコ+あれこれ

剥きタラのフライと鶏の南蛮漬け

2016年06月29日 | 家ごはん

 

 

 

なんでもない日の

なんでもない夕食です。

 

 

茗荷の白和え

京都の

おばんざいが沢山置いてあるお店へ

有名人が行って食事をする。

そんなテレビ番組を見ていたら

「茗荷の白和え」が映りました。

 

そのお店の白和えは

たっぷりの茗荷だけでしたが

家庭のこととて私は

冷蔵庫にある野菜なども入れました。

 

茗荷のスッキリした味わいと食感が

まさしく夏向きです。

 

※ 作ってすぐに食べる場合は

問題ありませんが

時間をおくと茗荷から水が出てくるので

その場合は塩をあてた方が良いようです。

 

 

長芋とオクラとたたきサーモン

まったくもって料理名の通りで

おろした長芋

茹でて刻んだオクラ

叩いた刺身用サーモン

これらを順番に器に盛っただけ。

 

食べるときには

わさび醤油をかけて。

 

 

鶏手羽の南蛮漬け

油で揚げた鶏手羽を

南蛮漬けにしたものですが

南蛮ダレの中には

薄く切ったニンニク・玉葱・黄パプリカを

輪切りの赤唐辛子とともに

混ぜ込んでいます。

 

魚の南蛮漬けなどと違い

鶏肉は長時間漬け込むと固くなります。

早くから作り置きしない方が

美味しくいただけます。

 

 

剥きタラのフライ

キャベツのせん切り・パセリ・レモン

剥きダラを一口大に切り、

フライにしたものですが、

食べるときにはタルタルソースで。

 

安価にもかかわらず

とても美味しくて…

 

ポチッとお願い致します。 

↓↓     
人気ブログランキング
 

 

コメント (6)