今日も いただきます!

毎日の食事とネコ+あれこれ

夏に涼やか『ちらし茶碗蒸し』

2016年06月24日 | 家ごはん

 

 

 

先日、嬉しいいただき物がありました

それが、これです。

熱海市網代にある(株)丸藤さんの

昆布4種類と鰹節。

 

そんな昆布と鰹節を使って

まず、だしをとることに。

 

私が月に1回通っている

和食教室の先生は

だしには並並ならぬ拘りがあります。

ま、お店を持つ調理人でもあり、

当たり前と言えば当たり前かも知れません。

そんな先生から教えて頂いたとり方で。

 

まず、昆布は水出し法で。

昆布を水につけて一晩置きますが

(夏場は6時間以上置かないこと)

あとは火にかけて沸騰前に昆布を取り

削り節をいれて漉します。

 

そうすれば

こんなだしが出来ます。

↓↓

水…1000cc ・ 昆布…10g ・ 削り節…30g

ただ、我が家は塩分を控えるため

だしは濃くとっていますので

上記分量より

多めの昆布と削り節を使っています。

 

 

そんな

だしをたっぷり使った日の夕食。

 

まず、

だしとは関係ない一品から。

水茄子の生ハム巻き

水茄子は

切ったあと3%ほどの塩水に暫く浸し

水気を拭ってから生ハムを巻きます。

 

サクッと食感の良い水茄子と

塩気のある生ハム。

ワインにもビールにも良く合います。

 

 

ちらし茶碗蒸し

夏場に相応しい冷たい茶碗蒸しです。

具のない玉子豆腐のような

茶碗蒸しを作って冷蔵庫で冷やしておき、

具をのせたあと、

冷やした銀餡をかけ回します。

 

上から見れば…

↓↓

カニかま・甘海老

たたきオクラ・枝豆・わらびの穂先

家庭用なので、安価な食材や

家にあるものを使っていますが

おもてなしには

湯葉やうに、本物の蟹などを使うと

いかにも豪華に見えます。

 

具材に下味をつけないので

温かい茶碗蒸しに比べると

ずっと手間がかからず簡単です。

暑い時期にオススメの一品です。

 

 

彩り野菜の煮びたし

南瓜・茄子・タケノコ・いんげん

茗荷・赤パプリカ

各野菜には薄く小麦粉をはたいて

油をひいたフライパンで焼き、

別鍋で湧かした煮汁に入れて

5分ほど煮ました。

 

少し大きく

↓↓

やっぱり、

だしが決め手だと実感します。

美味しい煮汁を吸った野菜たち、

美味しく出来上がっていました。

 

 

 

〆は

こんなのを使って手っ取り早く

ひじき 炊き込みご飯の素

静岡市清水区・小倉食品(株)

 

 

ひじきごはん

ひじきだけじゃなく

人参やごぼうも入っています。

 

 

お吸い物「茗荷の卵とじ」もそえて。

やっぱり、

だしが利いていておいしい

 

ポチッとお願い致します。 

↓↓     
人気ブログランキング
 

 

コメント (6)