今日も いただきます!

毎日の食事とネコ+あれこれ

居酒屋常連さんのお祝いに

2017年12月31日 | いつもの居酒屋

  

 

いつも行く居酒屋の常連で

47歳の男性が

結婚されることになりました。

 

彼女のお披露目をするので

よかったら来てくださいと

声をかけていただき

年の瀬も押し詰まった昨日、

夫ともども

馴染みの居酒屋に向かいました。

 

 

 

私たちはいささか出遅れて

居酒屋に着いたときには

常連客がすでに集まっており

酒席はかなり盛り上がっていました。

 

そんな中、

九州から上京されたお姉さんと連れだって

婚約者の彼女がみえ、

常連客たちの拍手とともに

ささやかながら

花束贈呈。

 

45歳とのことでしたが

30代と言ってもよいほど若く見え、

心ばえの優しそうな

とても感じの良い女性でした。

 

一緒にいらした一つ違いのお姉さんは

こちらも独身ということでしたが

すこぶる綺麗な方で

お話も面白く、性格もおおらか。

酒席は一気に大盛り上がり。

 

 

主役の男性からの差し入れは

秋田の地酒 天の戸・夏田冬蔵

旨し

 

そんな中、私たちも

食べたいものを注文しましたが

こんな時でも、

いつものこれから

イカのゲソ天

私たちの向かい合わせの席には

婚約者の彼女とお姉さんが座られたので

大きめなのを選んでお分けしたら

お姉さんも彼女も「おいしぃー

てなことで、もう一回頼みました。

 

 

それからは、頼んだものを

四人で食べましたが

東京暮らしの彼女は「おいしい」だったけど

九州のお姉さんは「んめー」を連続。

 

ハムソテー

厚切りのハムは、

どこか昔懐かしい美味しさ。 

 

 

鯨の竜田揚げ

夫の好物。

なので…

お姉さんと彼女と私は一個ずつで

夫が二個。

 

 

アジフライ

お姉さんは、ひときわ大きな声で

うめー

 

 

お刺身二種

マグロ・寒ブリ

彼女たちの前には

大きなお刺身皿が置かれており

これは、夫と私と、

猫のカイ君への持ち帰り分。

 

 

 

宴もたけなわ 

 

茶わん蒸し

お店の大将からの差し入れ。

熱々トロトロで美味しかった。

 

 

〆は

深山そば

全員で〆に頼んだ蕎麦ですが

海老と玉葱のかき揚げも一緒に。

いつもより、

かなり飲み過ぎたので

冷たいお蕎麦が

口当たりも良く美味しかったです。

 

 

主役の男性は舞い上がり

集まった常連たちは大笑いして…

おめでたい席は

とても楽しいものでした。

 

 

今年もブログを見ていただき

ありがとうございました。  

 

 

コメント (8)

京の野菜とコンビーフ丼

2017年12月30日 | 家ごはん

 

 

京都の錦市場で買ってきた

金時人参や万願寺唐辛子、

それらの野菜を使って。

 

 

そんな日の夕食です。

 

金時人参のバター炒め

色も鮮やかで…

甘くて美味しい。

 

 

京漬け物各種

(打田漬物)

白菜漬け・千枚漬け・壬生菜・花大根

冬の漬け物は格別に美味しいです。

 

 

焼き万願寺唐辛子

大きな万願寺唐辛子は

身も厚く味も濃くて美味でした。

 

 

銀ダラの西京焼き

(京都一の傳)

菊の甘酢和え(黒ごま)

酒の肴にもご飯のお供にも…

どちらにもよく合います。

 

 

〆は

千駄木・腰塚さんのコンビーフを使って

 

 

 

コンビーフ丼

粕汁

 

 

少しだけ時間をおくと

コンビーフの脂がご飯にしみてきます。

この脂が…

なんとも美味しくて。

 

 

コメント (12)

遅ればせのクリスマス

2017年12月29日 | 家ごはん

 益子在住の陶芸作家

三宅友子さんの作品です。

長い間壁に掛けて楽しんでいましたが

いよいよ今日、

お正月用と取り替えたいと思います。

 

 

そもそも、今年のクリスマスは

家にいなかったことでもあり

それに…、

我が家はクリスチャンでもなく。

 

一応、毎年、

昔のランチョンマットなどを出して

クリスマスらしいことをしてみてはいるけれど…

「ま、今年はいいや」なんて思っていましたが

夫が、たとえ遅れても

クリスマスらしいことはしたいと言います。

 

そんなことで…

若くもない二人と猫一匹、

唄ったり踊ったりするわけでもなく

静かに、泡を飲みました。

 

 

そんな日の夕食です。

 

 

 

 

 

 

 

泡、泡

冷えた泡はスッキリして

喉ごし良くておいしい。

 

 

 

 

 

 

野菜いっぱいのポテトサラダ

アボカドのスモークサーモン巻き

イタリアンパセリ・レモン

レタスや胡瓜や人参や玉葱など

野菜をいっぱい混ぜ込んだ

ポテサラが美味しくて

冷蔵庫にしまって置いた分も

追加して出しました。

 

 

 

 

買ってきた出来合いの

食用かたつむり(フランス)

我が家では、

おろしにんにくも更にのっけて 

あとは、

オーブントースターで焼くだけ。

 

焼いてみれば

↓↓ 

エスカルゴ バターガーリック

(ブルゴーニュ風エスカルゴ)

パンにのせたり

パンでソースを拭ったりして。

 

 

ランチョンマットやお皿の柄が

クリスマスらしいってだけで…

結果的には

クリスマスとは何の関係もない

料理になりました。

 

だけど…

泡とエスカルゴとパン、

気持ちは遅ればせのクリスマスで

楽しくて美味しい夜でした。

 

食後には頂き物の

紅まどんな(愛媛)」を食べましたが

まるでゼリー。

メチャクチャおいしい。

 

やるなぁー愛媛!!

 

 

コメント (6)

焼き鮭弁当

2017年12月29日 | お弁当

ご飯・梅干し

焼き鮭・だし巻き玉子

つまみ揚げ(牛蒡・いかげそ)

漬け物(壬生菜・二十日大根)

栗の梅酒煮

 

コメント (2)

六角堂と蛸薬師の「雪梅花」

2017年12月28日 | 京都

六角堂(紫雲山頂法寺)

 

京都旅行最後の日は、

あまり無理をしないで

のんびりすることに決めていました。

 

そんなことで、

ゆっくり朝食をすませてから

ホテルを出て、

「六角堂」に行きました。

 

平安京以前に

聖徳太子が建立したと伝わる寺です。

 

 

御堂が六角形なので

六角堂とよばれているとのこと。

(お隣のビルから撮影しました)

 

 

 

六角堂をあとにして

界隈をゆっくり楽しみながら散策。

 

 

そうこうしているうちにお昼時となり

蛸薬師にある

中国料理のお店に入りました。

 

 

中国家常菜 

雪梅花 xue mei hua)菜根譚

(京都市中京区柳馬場通蛸薬師)

 

 

 

このお店は、築100年の町屋で

おくどさん、天窓のある火袋、坪庭など

今も当時の姿が残されています。

 

 

 

 

 

この階段を上がったお部屋で

お食事をいただきました。

 

 

 

「本日の御弁当」と

紹興酒のロックをお願いして

ランチのスタート 

 

湯 白菜ときのこのスープ

やさしいやさしい味で

冷えた体に染み渡りました。

 

 

御弁当

 

 

主菜 蝦のチリソース

点心 韮菜饅頭

温菜 大根の蟹肉あん

冷菜 イカとセロリの葱ソース 

 

 

温菜 油淋鶏

冷菜 押し豆腐と水菜のあえもの

 

味は濃すぎず薄すぎず。

どれもこれも美味しいです。

 

京都旅行最後の食事が

想像以上に美味しいものだったので

とても嬉しく思いました。

 

 

昼食の後は、

いつものように錦市場に。

錦市場では、

東京ではなかなか手に入りにくい乾物や

夕食の総菜などを買い込み

いつもの日常に戻るため

新幹線に乗りました。

 

 

東京の自宅に戻って… 

夕食は

錦市場で買ったあれこれで。

津の弥の焼き鯖

丸常のつまみ揚げ

三木鶏卵の特上だし巻き玉子

打田漬け物の花大根

越後屋嘉兵衛のいなり寿司

 

京都の美味しいものを

最後まで楽しんだ一日でした。