今日も いただきます!

毎日の食事とネコ+あれこれ

ドイツ料理・ドルフィン

2016年06月08日 | 外食

ドルフィン

 (東京都文京区関口)

 

地下鉄江戸川橋駅から

ホテル椿山荘東京に向かう途中にあるお店です。

この界隈は

神田川に沿って大きな公園や庭園があり

とても環境の良い、閑静な住宅地ですが

日本に於ける本格派フランスパンを誕生させた

関口フランスパン」目白坂本店の前にある

ドイツ料理の一軒家レストランです。

 

 

夫は、このお店の前を通るたびに

「気になる」と、言っていました。

他にもそんな店は多く、

こちらは一向に気にしていませんでしたが

どうしたのか…

突然スイッチが入ったようで

行ってみることになりました。 

 

 

店内の様子

 

 

メニューを見て驚いたのは

ちょっと入りづらい外観の雰囲気と違い

随分リーズナブルだったこと。

 

 

とりあえず

ドイツワインを1本お願いして

スタート。

 

ラクレットチーズとじゃがいも

我が家でも、たまーに作るラクレット。

チーズが美味しいです。

 

 

ソーセージ2種

クローベブラート

フランクフルトヴルスト

薄口になれた私達には

些か塩気が強いですが

パリッパリッに焼けた皮に包まれた

熱々のソーセージ。

食感も良いです。

 

 

アイスバイン

(骨なし豚すね肉の煮込み)

付け合わせは

サワークラウト・チーズリゾット

人参のグラッセ・レタスなど。

 

市販のアイスバインしか知らない私には

トロトロに煮込まれた豚足のような食感の

温かいアイスバインは

ちょっとビックリ!!

 

 

アトランティックサーモンのオーブン焼き

サーモン自体に味がなく

卓上の塩や胡椒をかけたものの食べきれず

申し訳ないことに

残すことになりました。

 

添えられた

チーズリゾットは美味でした。

 

 

自家製コンビーフのサンドイッチ

以前、鎌倉のソーセージ専門店で買った

自家製コンビーフが、

あまりにも美味しかったので

もしかして…と、

淡い期待からお願いしてみましたが

あの時のものとも、市販の缶詰とも違い

はじめて食べるコンビーフでした。

どちらかと言えば…

さっきのアイスバインをやや固くした感じ。

 

このサンドイッチは

お肉やピクルスが滑ってボロボロと落ちるので

いささか食べにくく

気取った相手と食べるには

ちょっと向かないかも…。

 

 

どの料理も素朴で、

いかにもドイツの田舎料理といった趣でした。

と言っても、私自身

ドイツの田舎町に行ったことはありませんが…。

 

夫は「メルケル首相が思い浮かぶ」

と、言っていましたが

私は、先日のサミットのニュースで拝見した

独首相の配偶者で

地味な感じの

ヨアヒム・ザウアー氏を思い出しました。

 

 

珍しいドイツ料理も

珈琲でオシマイに。

 

たった一度しか訪れていなくて

しかも…

わずかな料理しか食べていない者が

45年も続くレストランのことを

あれこれ言えませんが

こってりした料理と安価なことを考えれば

若い人にこそ

お勧めできるお店だと思います

 

ポチッとお願い致します。 

↓↓     
人気ブログランキング
 

 

コメント (4)