今日も いただきます!

毎日の食事とネコ+あれこれ

神楽坂 別亭 鳥茶屋

2016年12月31日 | 外食

別亭 鳥茶屋

(新宿区神楽坂3-6) 

 

 

一年の早さには驚かされます。

夫の仕事納めの日には

外食をすることにしていますが

あっと言う間の一年でした…。

 

 さすがに大晦日も近くなると

チェーン店以外のお店は

営業されているところも少なくて。

 

そんな中

神楽坂にある別亭鳥茶屋さんへ。

 

 

 お店では、予約の際希望した

カウンター席に通して頂きました。

 

最初のお通しは

ほうれん草のおひたし

 

お酒は蔵出しの

「土佐鶴」 新酒

スッキリと口当たりが良いです。

 

 

これもお通しですが

左から

バイ貝・豆腐の酒盗のせ

海老の明太和え

 

さすが、

お酒がすすむ肴ばかりで

早くもこの段階で

二合の酒器が空になりそうなくらい…。

 

 

刺身盛り合わせ

鮪・ヒラマサ・サーモン

イカ・帆立貝柱

 

 

鶏の唐揚げ

南部どりが使われています。

以前「チューボーですよ」に、

この唐揚げが登場したことがありますが

何が凄かったって…

筋をすべて取り除くという作業でした。

 

ジューシーでやわらかくて

とてもとても美味しいです。

 

 

ねぎま煮

赤葱と鮪を煮たもの。

なんたって、つゆが美味しい。

そのつゆで煮込まれた

茨城県下妻産の赤葱が

甘くてやわらかいです。

 

 

月見つくね

鶏つくねの中には、

松の実が練り込まれています。

これが香ばしさと良い食感を生み出して

より美味しく感じられました。

 

予約の際、

アラカルトは時間がかかるため

出来ればコースにして欲しい旨を

伝えられましたが

コースは量が多い気がしたので

あえてアラカルトにしました。

 

時間が過ぎるほどに

どんどん建て込んできて

たしかに…

お願いしたものに

時間がかかるようになってきたので

お店を出ることにしました。

 

 

だけど…

夫は、「もう少し食べたい」そうな。

そんなことで

近くの安価なお鮨屋さんに入って

少しだけつまみました。

 

私は

赤海老・北寄貝・中トロ

これでお腹いっぱい。

夫は

光り物を4種類ほど食べていました。

 

 

お鮨屋さんをあとにして

いつものバーへマスターの顔を見に。

 

私がお願いしたキューバリブレ。

「お正月らしいから」と、

マスターがわざわざ

小さなランの鉢を置いてくださいましたが…

なんかヘン…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年最後の外食。

飲んで食べて

神楽坂の夜を楽しみました。

 

今年もブログを見ていただき

有り難うございました。

 

ポチッとお願い致します。

↓↓     
人気ブログランキング

 

コメント (4)

おでん

2016年12月30日 | 家ごはん

 

 

埼玉県浦和市のおでん屋さん

「増田屋」さんのおでん種を

毎年いただいていますが

今年も届いたので

早速いただくことに。

 

 

そんな日の夕食です。

 

他におかずは一切なく

いさぎよくこれだけ。

 

おでん

 

 

大根・海老芋・こんにゃく・たまご・花麩

あとは、練り物各種

 

 

青物が足らないので

春菊も用意しました。

各自勝手に千切ってしゃぶしゃぶします。

 

 

練り物は勿論美味しいですが

海老芋と叔母手作りのこんにゃくが

とりわけ美味しい。

 

ずっーと前のことですが

友だち二人と私一人の会話の中で

「おでん種で何が好きか」という話になり

私と一人のともだちは

たまごや練り物が好きと言いました。

すると、もう一人のともだちが

「練り物はダシよ」と、言い

おでんは、そんなダシを吸った

大根が一番だと言って譲りませんでした。

 

遠い昔のことですが

おでんの大根を見ると

いまだに

あの時の会話を思い出す私です。

 

 

今日のお弁当もおでんですが

夫はおでん好きなので

「毎日でも良い」と、言っています。

ちなみにウチの夫も

おでんの大根が大好きです。

 

ポチッとお願い致します。

↓↓     
人気ブログランキング

 

コメント (2)

おでん弁当

2016年12月30日 | お弁当

ちりめん山椒混ぜむかごご飯

漬物(壬生菜・梅干し)

栗の渋皮煮

 

 

おでん

練り辛子

 

ポチッとお願い致します。

↓↓     
人気ブログランキング

 

コメント

しらたきの塩昆布炒めと手作りこんにゃく

2016年12月29日 | 家ごはん

 

 

毎日毎日同じような料理ばかりで

作る方もいささか飽きます。

そんな訳で

笠原将弘さんのレシピから

新しい惣菜を仕入れました。

 

 

そんな日の夕食です。

 

京のお漬物三種

千枚漬・壬生菜・大根

東山・八百井)

こんな年末になって

京都旅行をされた方からいただきました。

 

 

焼き油揚げ

焼いた油揚げに

晒した白髪葱をのせ

醤油と

煙が出るくらい熱した胡麻油を回しかけ

一味を振りました。

酒の肴にピッタリです。

 

 

笠原将弘さんのレシピで二品

その一

しらたきの塩昆布いため

しらたきに

しっかり塩昆布の旨味が絡まるよう

汁気がなくなるまで炒めるのが

コツのようです。

レシピとは若干違いますが

家にある人参とかぶの葉を加えました。

 

 

その二

厚揚げそぼろ煮

鶏挽肉と葱、そして

煮崩れしにくい厚揚げを

炒め煮にしたものです。

だし汁と鶏肉から良い味がしみて

厚揚げが美味しい。

 

鶏挽肉が少し食べにくいので

ご飯にのせて

丼にして食べるのが良いようです。

 

 

 

暮れになると毎年

鳥取の親戚から丸餅が届きますが

その荷物の中には

叔母手作りのこんなのも…

手造りこんにゃく

こんにゃく芋を育てて作ったもの。

 

切ってみれば

さしみこんにゃく

おろし生姜

粘着力が強く、一枚持ち上げると

二枚目三枚目もくっついて上がるほど。

手作りのこんにゃくは

例えようがないくらい美味しい。

 

 

これも叔母の手作り

栗の渋皮煮

大きな栗です。

程良い甘さでとても美味しい。

 

荷物が届いたときに

お礼の電話はしたけれど

こんにゃくも渋皮煮もとても美味しくて

食後に再度電話をしました。

 

手間をかけて作ってくれた叔母に

直接お礼を言いたかったものの

肝心な叔母は入浴中で

叔父に、その旨を伝えました。

 

叔父は

「うん、うん。わかった、わかった」

と、言っていたけれど、

ちゃんと伝わっただろうか…。

 

ポチッとお願い致します。

↓↓     
人気ブログランキング

 

コメント (6)

おにぎり弁当

2016年12月29日 | お弁当

しらたきの塩昆布炒め

ブロッコリー・玉子焼き

揚げボールの生姜醤油和え

(浦和・増田屋)

アメーラルビンズ・渋皮煮

 

 

おにぎり

(左) ちりめん山椒

(右) シジミの佃煮

 

ポチッとお願い致します。

↓↓     
人気ブログランキング

 

コメント