土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

四万十コンクリートの「ガーディアン」が高知県地場産業大賞受賞(のおまけ)

2017年01月27日 | 国道493号(北川道路)道路改築工事

 

今朝の高知新聞。

「構想10年 土木工事に革命」という見出しとともに、四万十コンクリートの大型ブロック「ガーディアン」が高知県地場産業大賞に選ばれたという記事が載ってました。

 

 誰でもできそうなことでも最初にやるのは難しい。土木業界にありそうでなかった「コロンブスの卵」のような製品が、県地場産業大賞に選ばれた。控幅自在耐震性大型ブロック「ガーディアン」。四万十コンクリート(高岡郡四万十町床鍋)の矢野武志会長(74)が10年ほど前から構想を温めてきた。(2017.1.17.高知新聞より)

 

ん?

この現場には見覚えが・・・

そしてグリーンのヘルメット・・・

ん?

こりゃNくんとOくんじゃないか!

間違いなく当社の現場です。

すぐさま、どこかヤバイところはないか、何かヤバイものは写ってないか、と鵜の目鷹の目で写真を見るわたし。

そのあと我に返り、「どうなんだろう、この性分は」とひとり苦笑い。

 

ともあれ、四万十コンクリートさん、

高知県地場産業大賞、おめでとうございました!

「おまけ」、

ありがとうございました!!



 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる 

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

           住民のために工事を行う

  (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。


 

コメント