土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

第17回高知県建設技術研究発表会で最優秀賞をいただきました。

2017年01月28日 | 国道493号(北川道路)道路改築工事


一昨日開かれた第17回高知県建設技術研究発表会で

弊社宗崎剛が最優秀賞をいただきました。

ある審査員の方からのコメントです。


「論文の内容もプレゼンも素晴らしかったです。技術のレベルが高いと思いました。さすがです」


論文の一部を引用し、お礼の言葉に替えさせていただきます。


4.おわりに

13ヶ月に渡って従事した当該工事では、「発注者と施工者がチームワークで、エンドユーザーである地域住民のために施工する」という姿勢を一貫して持ちつづけて施工に当たった。ここに記述した施工上の対策や工夫を検討実施するに当たっても、如何にして地域住民の負担を軽減することができるかを第一義に考えて行い、そのことが、工事に対する地域住民の理解と協力も得られて円滑な現場運営につながった。今後も、地域と共に生きる土木施工技術者として、「地域住民のために」を心がけて工事を行っていきたい。


ありがとうございました。

(みやうち)

 

 

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる 

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

           住民のために工事を行う

  (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント