グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

ムナグロ

2019年12月07日 | 
先月28日の撮影です。
11月の末にムナグロを見るなんて初めてです。



冷たい雨の降る中、すっかり冬羽になった2羽がいました。
1羽きりでないのにちょっと安心。
どうか無事に目的地まで。

がんま
コメント

トップセールスマンの皆さんと

2019年12月06日 | ツアー
今日は、全国展開の某有名企業のトップセールスマンの皆さんが日帰りで来島。
一緒に、三原山に登ってきました。

私は港からバスに同乗したのですが、バスの中で携帯電話がひっきりなしに鳴り響き、車内が職場と化していたのに、まず驚きました。

「あまりハードではなく、火口や裏砂漠に行けるように」というご希望だったので、戻りたくなった人は途中で戻れるように、舗装された遊歩道を2時間で往復する最短コースを組んでいました。

「まさに冬〜!」という感じの寒い1日でしたが…


しっかり寄り道!

「これは貴重だ!」という声も、聞かれました。

33年前の溶岩流の上に登って火山を体感。

みなさんからは「島では飲み水はどうしているのか?」とか「生き物はどうやってこの島にやってきたのか」とか鋭い質問が続出。

途中で「色が綺麗!」と、イガアザミの花を撮影されていた方もいて…

秋らしい花を見つけてもらって嬉しかったです😀

坂道を登るお仲間の後ろ姿を見ながら、どなたかから「俺たちはいつも超えなければいけない坂だらけだから」との発言が…。

その言葉を聞いて、皆さんが生きている世界の過酷さが身にしみて感じられました(^◇^;)

半数以上の方がしっかり三原神社にもお参りしてくれて…


全員で火口展望所に到着!

「疲れた方はいつでも引き返してください」と最初に話していたのに、結局全員で火口を眺めました。

噴気もなかなか盛大に上がっていました!

またまた歓迎の合図?(…と、いつも思う私です・笑)

皆さんからは「58年生きてきて、こういう風景を見たのは初めて」
「ガイドさんがいなければただの殺風景な風景としか感じなかっただろうけれど、話が聞けてよかった」
など、嬉しい感想を聞かせていただきました。

短い時間でしたけれど、ご一緒できて楽しかったです😀

お仕事に疲れて、火山にパワーをもらいたくなったら、ぜひまたお越しください!
心よりお待ちしております😀

(かな)
コメント

大島の空から=その①

2019年12月05日 | その他
今まで週一でブログを担当していたA・Iさんに代わり
“大島の空から”と題し、K・Yが金曜日を受け持つ事になりました。
根っからの無精者ゆえに出来るだけ避けていたのですが・・・。
A・I=人類を凌駕しそうな人工頭脳に対し  
K・Y=空気が読めない・・・非常に心配ですね~。

それはさておき、いつも見ている景色・・・空から眺めるとどんな風に見えるのか?
ドローンを使い、少しずつ紹介していきたいと思います。

まずは【波浮港】

今から1200年ほど前に大きな爆発で開いた穴、暫くは淡水湖だったとの事。
江戸時代、地震で海とつながり海水が入った。
その後、秋廣平六という方が江戸幕府に願い出て人工を集め大工事。
風待港として使われるようになり、明治・大正・昭和初期に掛け多いに賑わった。

【竜王崎】

波浮港の入り口に有る岬、ここでは朝日と夕日が見られるとの事。
今の時期がねらい目かも知れませんね。左上に小さく見えるのは景勝地“筆島”

【竜王崎灯台】

“灯台女子“という方達が以前TVの番組で取り上げられていました。
大島にも足を運んでくれるかな~?

【筆島】

是非此処を訪れた際は、高い崖の壁面にも注目してください。
地上まで到達せずに閉じ込められた“マグマ”が、黒い筋となって見られます。
潮が満ちていると近づけないので、双眼鏡が有ると良いですね。

島中に点在する”ジオサイト”ガイドと歩くと倍楽しい! 
もっと詳しいお話が聞けますよ~。是非、大島へお越しくださいね~。

(ギバ)
コメント

アオジ

2019年12月04日 | 
先月30日の撮影です。
この冬はたくさんやって来てくれています。



道路脇で食べ物を探している3羽に出会いました。
個体Aと個体Bです。


Aくん。
地面でこうしてじっとしているとどこにいるのかわかりません。






Aくんがイガアザミに飛びついて種を食べています。


そのうしろでボケているのが個体C。
マヒワもまたこういうの撮りたいです。

がんま
コメント

ついに同じ名前の人が!

2019年12月03日 | 火山・ジオパーク
一昨日、同級生2人旅の女性たちと裏砂漠に行ってきました。

天気予報は「11時ごろまで小雨が降ったり止んだり」となっていました。

森の下の道には大きな水溜りもできていましたが、お2人ともしっかり雨の装備をしてきてくれたので、迷わず前進!

雨が大好きなコケたちに挨拶をして…


横から吹き付ける霧雨の中、裏砂漠を歩きました。


私のお気に入りのオブジェに到達。

なんだか形が崩れてきたような…

10月30日の写真を探してみました。

1ヶ月でずいぶん変わるものですね!

その後、以前別のお客様から教えてもらった『富士山ジャンプ』にトライ!

完璧です!

そして、これは新たなアイデア!

富士山の上に、さらに高い山ができました〜(笑)

本当はこの近くで休憩したかったのだけれど、小雨が降り続いているためさらに先へ。


もちろん元気なアシタバたちは注目の的でした!


雨がやんだので、この日のティータイムはここにしました。

台風でダメージを受けたイタドリたちが再生していく『今ならでは』の景色を見ながら飲むお茶は、美味しかったです。(喫茶店候補地が、だんだん増えてきました😀)

そしてこの後、驚きの出来事が!

台風15号後に、黒い地面が白い石の丘に変貌し人の名前が現れたことを、説明しながら石を探してもらったところ、お客様から「私『ちか』っていう名前なんですよ」という発言が!!

「え〜!本当ですか??」と、ビックリしたのは言うまでもありません。
台風後のツアーで何度かここを訪れていますが、「ちかさん」または「ちかこさん」が参加されたのは初めてなのです!

で、こんなスペシャルな写真が撮れました。

三原山と33年前の『ちか(こ)』さんと現代のちかさん!💕😀
素敵です!!

すっかり雨も上がり、青空も姿を現し始めました。

雲が途切れた瞬間に、ススキキラキラを堪能〜。

樹海の中でも美しいキラメキを、楽しむことができました。


人形みたいなキノコも健全でした。


小雨〜青空に変化した半日ツアー。

色々な表情を楽しんでいただけて良かったです😀

ツアーにご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

(かな)


コメント

歩いて歩いてガイドして!

2019年12月02日 | その他
ジオの関東大会が終わったので都内に何か月ぶりかで出かけました

あ“~泣き   なぜって? 都内の(23区)公園は大島よりきれいに紅葉していました
この時期紅葉の便りが聞かれますが、大島は待てど暮らせど紅葉しないで葉が散ってしまう。紅葉する木は沢山あるのですが寒暖差が無くて赤く成らないのは悲しいところ

今回は都内で堪能?

で!帰島

体操しているのはウォーキングの面々 全国から募集 東京ウォーキング主催。220名の皆さまが大島にやって来てくれました。われら大島ウォーキングクラブはスタッフとして参加



まだまだ     スタート


ゆっくり歩いて大島を楽しんでもらいましょう


富士も顔を出して


長閑なおおしまを堪能してもらいましょう

夜の懇親会は
フラあり

私は踊りませんでしたが


あさ~ぁ~
翌日です
昨日の晴天とは変わり 雨あり青空少しあり 霧あり

虹も有りの目まぐるしい天気でしたが 風もあまり無く南寄りの風で良しとしたいと思います

“ガイドはしなくて良いよ”なんて言われていましたが 『守れるはずないじゃん!』(しま)
コメント

3世代家族の旅行の皆さんとの1日ツアー

2019年12月01日 | ツアー
昨日は、神奈川県と静岡県在住の家族旅行の皆さんと1日ツアーに行ってきました。

伊豆半島のジオガイドさん率いる、3世代11人の皆さんだったので…

まず最初に、伊豆半島や富士山を背景に記念写真😀

小学校1年から5年生の子供達が、とにかく元気でした!

溶岩に興味津々。

「縄のような形の岩を見たことある?」と聞いたら、小学生の男の子が「ある!!」と元気よく答えたので「どこで?」と聞き返したら「ここ!!」と、足元を指さしました。

そこには…

本物の縄が…(いや〜もう、完全に1本取られました!笑)

この後子ども達は『溶岩が流れてできた縄模様』に登り…


ゴツゴツの溶岩(アア溶岩)にも、いち早く登ってポーズ!


「ガイコツみたい」な石も見つけてくれるし…

全く疲れを見せずに元気よく火口を1周しました。

三原山も楽しかったのか、気前よく噴気を立ち上らせてくれました😀


見下ろす景色の中にどなたかが「小さい大室山みたいな山」を見つけてくれた時は…

「さすが伊豆半島のジオガイドさんが率いるチームだなぁ」と感心しました。

裏砂漠では、イタドリが作った小山をジャンプで飛び越え、障害物競争開始(?)

と〜っても楽しそうでした。

そして、ここでシャボン玉をやってみたところ…

最初は子供達が「シャボン玉を割る」遊びに夢中になっていたのですが、やがて…


お祖父さんや、お父さん、お母さんも加わり…


「3世代シャボン玉大会」で盛り上がりました!


帰り道の斜面では、1人の子どもが、大の字になって大地を体感!

数人の大人も真似て、寝転がっていたところ…

1人の男の子が「斜面をゴロゴロ転がる遊び」を編み出しました!

すぐに他の子供達も参戦し…

みんなでゴロゴロ、ゴロゴロ!!

「楽しかった〜!!」とのことでした。
(このゴロゴロ遊び、いただきます〜😀)

『顔をハメて遊べる岩』も、自分たちで発見!

パワー全開の子どもたちを見ているのが、楽しかったです。

大人の皆さんも自力でナニカを見つけて、楽しまれていたようでした。


そして、ツアーの締めはやはり…

この時期ならではの、キラキラのススキ!

ってことで、ススキに埋もれて写真を撮りました。

とても楽しい1日でした。

ツアーにご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

(かな)
コメント