グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

書き換えられる物語

2021年05月06日 | ツアー
5月3日は、3組7人のお客様との1日ツアーでした。


私たちが、周囲を観察しつつノンビリ歩いていたら、我々を追い越す人が次から次にいたので驚きました。

例年の連休よりも、人が多かったかも💦

前日の強風もおさまり、クリアな視界の中で火口を見下ろせました。


火口一周コースをあるいて、


下山前に、好きな場所に腰掛けてランチタイム!

昨今の状況の中で、この広い環境はありがたいです。

裏砂漠では、アメフトのボールみたいな火山弾を見つけました。

「カッコいい!」としばし観賞😊

裏砂漠で、再び思い思いの場所に座って、2回目のティータイム。

この日は、アシタバ茶入りの水筒とお菓子のパックをお1人様ずつ用意し、ツアー開始の時に配ったので、集まることなく距離を取れました。


この後、新緑の溶岩地帯を抜け


木漏れ日が美しい森を抜けて、ツアーを終えました。


途中、溶岩地帯に這っている原始のシダ・ヒカゲノカズラに胞子嚢が伸びていたり



地面から艶々の若葉を伸ばしているカジイチゴを見て、少しずつ進んでいく季節を感じました。


生きものに詳しいお客様が、ダンゴムシの説明をしてくれました。(昔、飼っていたとのこと)

「植物によって、タンパク質の含有量がちがい、ダンゴムシたちはタンパク質の多い葉の方が好き」なのだそう!←初めて知りました💦


ところで、今年も毛虫被害にあっている悲劇の(?)オオシマザクラですが、前日の5月2日は、ほぼ全ての葉が食べ尽くされ

毛虫の数も少なくなっていました。


で、この日も、立ち寄ってみたら…。毛虫の数は、ますます減っていました!

1日で、こんなにいなくなるのですね!
どこか別の木に引っ越したのでしょうか??

昨年は葉も少しは残っていたし、もっと大きくなってからいなくなったような…
(昨年のブログはこちら
これを見ていて「生きもの達の物語は、毎年書き換えられていくのだなぁ…」と思いました。

(かな)
コメント

強風とオオシマツツジ

2021年05月04日 | ツアー
5月2日は、高速船が全便欠航したほどの強風でした。

1日ツアーのご予約をいただいていたお客様には、風で歩けない場所もあることをお話しして、3組のお客様は翌日に変更。
予定が動かせなかったお2人と、強風の中で歩いてきました。

青空に浮かぶ白い雲が、かなりなスピードで流れていました。

大島ツツジは、さらに開花が進み

黒い溶岩の周囲を、華やかに飾っていました。


火口一周は危険すぎるので止め、近い方の火口展望所へ。

写真はあまり強風感が出ていませんが(笑)、実際は、ものすごい風でした。
メガネも帽子も、飛ばされる可能性のあるものは全てしまい、気合を入れてこの場に立ちました。
(しかし、火口を一周している人が何人もいました💦)

いつもお弁当を食べる場所も、ビュービュー風が吹いていたので、昼食は三原山を下山したところにある凹凸を利用。

「草陰+凹み」で、なんとか飛ばされずにお弁当を食べました。


その後は、足元の石のコケに水をかけて、緑の目玉を作って遊んだり(?)、諸々観察しながら裏砂漠へ。


通常よりも標高が低い位置の稜線に出て、ちょっとだけ「黒い砂漠のような風景」を体験。

それでも、かなりな風が吹いていました!(数回、砂が舞い上がりましたが、後ろをむいてやり過ごしました)

ビュ〜!!!

😅

強風アトラクションを終え、森ではのんびり“木漏れ日”を楽しみました。

このところ、ユズリハの若葉が本当にキレイです!

お客様が、森の中の大きな岩に注目して、写真を撮ってくれたので

スケールになってもらいました😊


ベニシダの、ちょっぴりピンク色の若葉が、カワイかったです。


そして、かつて溶岩トンネルだったと思われる場所では、お客様が「ここをこうやって溶岩が流れたんですね!」と、溶岩になりきってジェスチャーをしてくれたので

私も溶岩の気持ちになって(流れている気分になって)景色を眺めました。

これ、かなり新鮮な感覚で楽しめました(笑)

森の中の絨毯のようなコケが、揺れる木漏れ日に照らされて輝いていたので

お客様と「キレイですね〜!」と盛り上がりました。

そして森を抜けたら、美しいツツジが出迎えてくれました!

メリハリのある、印象深い強風ツアーでした😊

(かな)
コメント (2)

私たち、今、溶岩を踏んでいるんだ!

2021年05月02日 | ツアー
昨日は小学4年生の女の子が同級生という二家族と、三原山を歩いてきました。

最初に足を止めたのが、山頂口バス停向かいにあるアジサイの葉っぱ。

お父さんたちが「2種類ある! 本土とちょっと違う!」と観察されているのを見て、ちょっとビックリしました(普通はあまり注目されない葉っぱなので)

子どもたちも好奇心旺盛で元気いっぱい!

まず4歳の妹さんと一緒に、避難壕の中を調査!

溶岩の上に、数回上り下りし


ナニモノカの横顔に見える岩を、教えてくれたりしながら、元気に遊んで…


「私たち今、溶岩を踏んでいるんだ! この靴一生取っておきたい!」と言い合う4年生たち。

この言葉にはシビレました😊❤️

道を歩いている虫も、みんなで集まって観察。
オオヘリカメムシや(名前忘れていて後で調べた)や…

クサギカメムシが歩いていました。

😊

三原神社で、眼下の人たちに向かって「ヤッホー!!」と叫ぶ子どもたち。

200m下を歩いていた人から「ヤッホー」と返ってきたそうです😊

「4歳女子、火口に向かってジャンプ〜!」という写真も撮れました(え?笑)


予想以上に風が強かったので、風の当たらない場所で休憩。

「暖かい〜」と黒い溶岩の熱を、楽しんでいました。

表砂漠にある「幻の池」には、まだ水が残っていました。

(写真中央に見える三角の部分)

「裸足で入るとプクプク泡が出る」と伝えたところ、「裸足で入りたい!」とチャレンジ。

でもまだ水が冷たくて、夏のようにジャグジーを楽しむことはできなかったようです💦

帰りの森では、前日より華やかなハナイカダを見つけました。


そして、サクラの木に大集団で群がる「天幕毛虫」たちには、お父さんが「生まれて初めて見た!」と、感動してくれていました。
都会では、毛虫がウジャウジャ群がる光景は見ることがないとのこと。(私は毛虫を手乗りにしてもらおうと毛虫GETに奮闘していたので写真はありません)

そして最後のアクティビティは、火山灰の斜面滑り!

最初、お父さんと子供たちで登り、やがてお母さんも続いて…

「眺めいい〜!」「最高〜!」「ここでお弁当食べたい!」と大絶賛されていました😊


お客様は、2回目の緊急事態宣言で一度キャンセルをされた方たちです。
が、今回は「対策をしながら行きます」と来島されました。

マスク越しでも、たくさんの笑顔を見られて嬉しかったです😊

(かな)
コメント

スタコラ

2021年04月30日 | ツアー
今日は2組のお客様と、三原山半日ツアーに行ってきました。


1週間ぶりに訪れた三原山は、ツツジがますます華やかに開花していました。


晴れの日限定のフデリンドウの花も、数が増えたような?


途中から風が強くなり、山を登るあたりで、手拭いを利用して帽子を固定😊

手拭い、役立ちますね^_−☆

白い雲が、猛スピードで移動していきます。

「雲がはや〜い!」というお客様の声に、何度も空を見上げました。

火口展望所は…いつもの強風(笑)


帰路は表砂漠へ下りました!


昨日1日降り続いた雨のおかげで、「幻の池」には水が溜まり…

シマタヌキランの花(茶色のフサフサ)が風に揺れる、この時期らしい風景😊

強風でできる小さな波が、キラキラ輝いて綺麗でした!


葉っぱの真ん中に花が咲く、ハナイカダの雄花。

もうすぐ全て散りそうです。

フワフワの毛が生えたシロダモの若葉に、光が当たって輝いていました😊


歩き終わりのころ、お客様がトカゲを見つけてくれました!
しかも2匹!!

1匹は、まだ尻尾が青い子どもでした。

大きい方は、石の影でじっとしていましたが、私があまりににじり寄ったため、ダッシュ!!

砂地の上をスタコラ逃げる姿に、みんなで笑いました。


良き1日でした(感謝)

(かな)
コメント

2日目ツアー

2021年04月25日 | ツアー
昨日は、前日に1日ツアーをしたお客様たちと、山以外の場所を回ってきました。

最初の訪問先は「椿花ガーデン」。
園長の山下さんが案内してくれました。

皆さんが見ているのは、夏咲き椿の若葉です。
(前日に電話をして、見学をお願いしていました)

3月初旬に伺った時は、まだ小さな芽生だったのに、ずいぶん大きくなっていて感激しました!


その後、太鼓や踊りを披露してくれる大サービス!

(かっこよかった〜❤️)

椿の花はほぼ終わっているものの、小さなピンク色の椿を紹介してくれたり


まだ咲き残っている大きな花が「眉間が一尺もある大男の物語(中国)から来ている名前」であることを、教えてくれたり


三宅島で見つかったという紫陽花を教えてくれたり

花が少ない時期なのに、「一つ一つ丁寧に見ていくとこんなに楽しいのか!」と、そのことに感動しました。

お客様からも質問続出で、滞在時間の1時間はあっという間。

お茶を飲む計画は、後半に延期となりました(笑)

続いて立ち寄ったのが「泉津切り通し」

光の具合がちょうどよくて綺麗だったし

なんとイズノシマダイモンジソウがまだ咲いていて、とても驚きました。

晩秋の花がまだ見られるとは(植物に詳しいお客様も驚かれていました)

一部の葉は紅葉し、これもラブリ〜❤️でした😊


野菜の直売所と牧場に寄った後、最後は海岸でお茶を飲みました。

火山の島にいらした皆さんに、短時間でも海の景色を楽しんでいただきたかったのです。

石に座ってお茶を飲む人、遠くを眺める人、岩場を探索する人など、思い思いに時を過ごして午前のツアーは終了しました。

都会に戻れば人が多くて、緊張を強いられるお客様たち。
3日間お天気が良く、伊豆大島でのんびり過ごしていただけて本当に良かったです。

とはいえ、皆さんツアー中はずっと、しっかりマスクを着用されていました。
はやくマスクを外して、笑い合える日が訪れますように!!

(かな)
コメント

1日のんびり

2021年04月23日 | ツアー
今日は、旅行社の企画ツアーのお客様たちと、火口〜裏砂漠〜樹海を歩いてきました。
1年以上前から何度もツアーを計画し、何度もコロナで中止になり、ようやく実現したツアーでした(明後日から3回目の緊急事態宣言が発令されますが💦)

歩きはじめは、やや風が強かったものの、爽やかな青空が広がりました。

皆さんが注目されていたのは…やっぱり富士山!(笑)

お客様が、岩に向かって写真を撮られていたので、「何を撮っているのですか?」と聞いたところ…

「溶岩と富士山」との答え。

「な〜るほど!」と、思ったので、私もマネして撮ってみました(笑)

なかなか良いかも〜😊

富士山が空に浮かんでいるような風景が、まるで絵画のようでした。

この後も、のんびり景色を楽しみながら火口一周。

お客様は「風の谷のナウシカの王蟲みたいな岩」や


「おはぎみたいな岩」


そして「オニギリみたいな石」など、色々見つけてくれました。

あまりにもオニギリそっくりだったので…

「梅干」を乗せてみました(笑)


別のお客様が景色に見惚れていたので、何をみているのか聞いたところ

植物の根が長く伸びて、地面が崩れるのを防いでいることを実感されていたようです😊

時間の余裕があったので、裏砂漠では、みんなで昼寝しました。

久しぶりに、ゆっくり空を見上げました❣️


個人的に気に入ったのは、今が旬の、ブーケのようなサルトリイバラの花と

元気色の若葉たちでした!

葉に映る影も様々で

個性豊かで面白かったです😊


火口一周コースの一部で、わりと広範囲にイタドリが枯れていたり

(私が気にしていたら、お客様も気にして教えてくれました)


葉の真ん中に花が咲いたハナイカダが何者か(たぶんキョン?)に食べられてなくなっていたりなど

ちょっぴり心配なことはありましたが、とても楽しい1日でした😊

一緒に歩いて、いっぱい発見をしてくれた、お客様に感謝❣️😊

(かな)
コメント

2時間半ツアー

2021年04月22日 | ツアー
今日は、2人のお客様と「溶岩体験ツアー」に行ってきました。
三原山には登らず、裾野の溶岩流までのんびり往復し、お茶を飲んで戻ってくるツアーです。

スタート地点の山頂口駐車場からの眺め。


クッキリした富士山がとてもキレイで、お客様が大絶賛されていました😊


新緑が美しい今の時期は、葉っぱを見るのも楽しみです。

シマシマがナイスな、オオバヤシャブシの葉っぱ。
私が「素敵だな」と思っているものを、お客様も「素敵」と言ってくださるのが嬉しかったです😊

オオシマツツジが華やかに開花していました。

私が知る限り、こんなに早くツツジの開花が始まった年は無かったと思います。
(この先ものすごく暑い夏とか、大型台風が来ないことを祈ります💦)

前回「花のようだ」と思っていたツツジの若葉は、縦に葉が伸びて、ちょっと大人っぽく(?)なっていました(笑)


日当たりの良い荒れ地は得意だけれど、噴火後の焼け野原はあまり得意ではないと思われる「アカメガシワ」が、元気に赤い若葉を伸ばしていました。

きっと年々土の中に、アカメガシワの成長に必要な養分が補われてきているのでしょうね!

ところで一昨日のブログで、三原山の南〜東にかけてイタドリが枯れていた話を書きましたが…全然場所が違う、この場所も枯れていました!

う〜ん…

一体、なにが起きているのでしょう??

さて、のんびり散歩をした後は、私のお気に入りの溶岩に座ってのティータイム。

ここでもツツジの花が、彩りを添えてくれていました。

お客様に「サッカーボールのような模様の岩」を教えてもらったり、

楽しくいろいろなことをおしゃべりしていたら、あっという間に2時間経過!
12時のチャイムの放送に、名残惜しい気持ちで溶岩を後にしました。

山頂口に戻ってきたら、富士山が霞んでいました!

わずか2時間で、ずいぶん違いますね。
美しい景色は「その時」見なければ…ですね!

それにしても、この、あまり歩かない2時間半のツアー、気持ちに余裕ができてかなり楽しいです。(私には合っている気がします)
リクエストしてくださったお客様に感謝!😊

(かな)
コメント

高速船到着後の1日ツアー×2

2021年04月16日 | ツアー
4月10日〜11日は、どちらも午前の高速船で到着後〜夕方までの1日ツアーでした。

10日は20歳代の娘さん、息子さんとご両親と。

11日はご夫婦と歩きました。


両日とも気持ちの良い青空で、火口底に光があたり、鮮やかな色を見ることができました。

2日間とも時間帯、天気、季節がほぼ同じだったことで、火口以外にも同じように楽しめたものがたくさんありました。

オオシマツツジが毎日少しずつ開花し、蕾も膨らんできました。

花だけでなく、なぜかひときわ高く伸びた枝先の葉も大いに目立っていました!

まるで花みたいでした😊


太陽の光が当たらないと開花しないコケリンドウも、元気に咲いていました。


カジイチゴの花も、あちらこちらで開花。

11日はコアオハナムグリも食事にやってきていました!(今季初の出会いです!)

ユリの若葉が元気に伸び


イタドリの赤い若葉が根から生えている様子は、オブジェのようで楽しめました。


裏砂漠に着いた時の太陽の位置も、両日とも同じぐらいで


ギザギザ影絵が楽しかったです!

(影絵には5人の人間が写っていますが、見つけられるでしょうか?😊)

裏砂漠から森に向かう頃には、太陽がかなり傾いてくるので「斜めからの光」が素敵でした。

サルトリイバラの若葉が透けて見える景色や

ユズリハの葉の虫食い穴から光が漏れる風景は、「ステンドグラス」みたいだと思いました😊


オオモミジの重なり合う若葉が影を作る、この時期ならではの風景も綺麗でした😊


樹海の中を歩いているうちに、太陽はカルデラの壁に沈み、森は暗くなりました。

2日目のお客様は、この光景を見て「白雪姫に出てくる森みたい」とおっしゃっていました。
そう言われてみると…、白雪姫がこの森にいたら、かなり似合うかも!?(笑)

2日間ともほぼ同じ、この時期、この時間らしい風景とともに、お客様の感性ごとに違う「物語」を楽しみました😊
ツアーにご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

(かな)
コメント

森林インスタラクターの皆さんと(3日目)

2021年04月15日 | ツアー
森林インストラクター東京会メンバーの皆さんとの3日目は、巨木の森を求めて愛宕山に登りました。(約3500年前の噴火でできた標高120mちょっとの山です)

歩き始めてすぐ、登り口まで行く途中の土手で、早々に観察が始まりました。

最初に話題になったのは、土手の縁に伸びるツル植物の芽生えたち。

みんな並んで空に向かって伸びていて、整列ぶりが面白かったのです。(正体はテイカカズラだったようです)

続いて現れたのが、ギザギザのきれいな若葉。

スポットライトのような光が当たっていました。(こちらは、サネカズラの若葉だったそう)

ヒモミノガがたくさん、木の幹についていたので紹介しました

この面白い生き物を、皆さんに見ていただけて良かったです。

ヒモミノガの横には、紅葉したテイカカズラの葉っぱ。

虫が葉の中を這った痕が白い模様を描いていて、なかなか素敵なデザインでした😊

そしてこの時期になると、あちらこちらの森で見かけるウラシマソウ。

大島では至るところで見られる植物ですが、「他の地域にはこんなにたくさん無いですよ」と教えてもらい、ウラシマソウへの認識がちょっと変わりました(笑)

百数十段の石段を上がり、お社へ。

お社は、かつての火口の中に建っています。

さらに山を登って見下ろしたら、タブノキの赤い若葉が彩りを添えていました。

春ですねぇ〜。

どなたかが太くて大きなツルを見て「これなんですか?」。で、観察開始!

「この葉を見る限りツルアジサイではないか?」とのこと。(こんど梅雨時に見にこなければ)

スダジイの巨木が生きる森を抜け


標高120m少々の山頂に出ると、そこはナツトウダイの群生地!

久しぶりに見ました😊


我々の周りを飛びまわるハチも、注目の的でした。

「オスだから捕まえて触っても大丈夫」ということが話題になっていました😊

他にもコモチシダの若葉を見つけたり


季節外れのアシタバの花を観察したり

他にも、行く先々で色々見つかりましたが、キリがないので、今回はこの辺で(笑)

皆さんと歩いていて「知識は楽しむためにある」ということを、しみじみ感じました。
私も、もっとフィールドを歩かねば〜😊

(かな)
コメント

森林インストラクターの皆さんと!(2日目)

2021年04月11日 | ツアー
森林インストラクター東京会のメンバーの皆さんとのツアー2日目(4月8日)は、裏砂漠と海岸を歩きました。

もちろん歩き始めから、1つ1つの植物をじっくり観察。


ミツバアケビの花をはじめ

アオキや、メギの花など!(写真はボケていたので省略します💦)

今まで何気なくみていたイネ科植物が、「メリケンカルガヤ」という外来植物だということも、教えてもらいました。

「早く抜かないと、はびこる」とのこと😅

小さな芽生も見つけて教えてくれました。

(これ誰でしょう? もしやメリケンカルガヤ??)

皆さんの中には、学生時代に地学を学んでいた方もいて、足元の石もじっくり観察。

特にグレーの縞の入った黒い石が、かっこよくて素敵でした!

😊
こんなダイナミックなものも、見つけて教えてくれました。

ギャオ〜〜!(笑)

皆さんにぜひ見ていただきたい景色があったので、通常のツアーコースを外れて裏砂漠の斜面を下りました。

イタドリの赤い若葉が彩る小山の間を歩いて…、目的地へ!!

見ていただきたかったのは、台風の暴風で樹皮が半分剥がれた樹木たちが、残った樹皮から再生している姿です。

樹皮がなくなった部分は、1年前には白っぽかったのが、やや緑色になっていました。

皆さんが熱心に観察してくれたので、嬉しかったです😊

こちらは、「なんだろう?」とみんなで協議した植物。

ほどなく「センニンソウでは?」と謎が解けました。
普段見ない場所に生えていると「??」となりますね😅

皆さんは、花だけでなく虫も観察対象でした。

今季初のイボタガ。

「まだ羽化したばかりで飛べないのでは?」ということが話題となりました。
もちろん手(指)乗り!

全員が嬉しそうで、「かわいい!」と絶賛していたのが、面白かったです😊

裏砂漠の後に立ちよった海岸では、オオシマハイネズを、じっくり観察しました。

数ミリの雄花は、いっぱい花粉を飛ばし

数ミリの雌花は、“実”になる準備を着々と進めているようでした。


クロマツの小さな芽生も教えてもらいました。

メチャ可愛かったです😊

そしてツアー最後に「ある場所」に立ち寄ると、なんと11月の花のはずの「イズノシマダイモンジソウ」がしっかり咲いていました!

伊豆大島ならではの花を皆さんに見ていただこうと、三原山がサービスしてくれたように感じました😊💕(続く)

(かな)
コメント