グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

ネズミ類(伊豆大島の動物シリーズ2・ジオガイド養成講座より) 

2019年01月31日 | 哺乳類、爬虫類、他
伊豆大島の動物シリーズ2は、伊豆大島のネズミ類について。

まずは講座資料からの抜粋です。

「島内の人家周辺から山林まで普通にみられるネズミはアカネズミである。
大島と新島のものは1938年に形態を本土のアカネズミと比較検討し、体が大きく、後ろ足が長い、また頭骨や脊椎骨数にも違いがあるとして別亜種『オオシマアカネズミ』であるとされた。
しかし後に上記の特徴は佐渡、隠岐、対馬、屋久島などの『島のアカネズミ』にも見られる共通の特徴であることを根拠に、亜種ではなく『島嶼型』のようなものであるという学説も提唱されている」

…ってことで、アカネズミ です。(写真撮影・天野氏)


他の地域では集落のそばにはいないのが普通で「森のネズミ」と言われているようなのですが、
伊豆大島では家の敷地内でも見かけます。

うちの店でも昔、倉庫に住み着いてお客様のメッシュバックをかじったり、シャワー室のスノコの下に現れたりして大変でした。

倉庫で「ミャーオ!」と猫の鳴き真似をして、なんとかネズミに出て行ってもらおうと奮闘した(?)経験もあります(^◇^;)

一方、森で見たのは一回だけです。

昨年7月末に、お客様が樹海で見つけてくれました。
大島では生息数は多いのに、夜行性で小さいため人目に触れることが少ないとのこと。

ごく最近のDNA分析では20万年前頃に何らかの方法で伊豆諸島にやってきたことが判明していて、各島ごとに遺伝的固有性が高いそうです。

20万年前といえば今の伊豆大島は影も形もなく、別の3つの火山が並んで活動していた頃。
その頃からずっと、アカネズミは 命を繋いできていたのですね…。(アカネズミすごい!)

アカネズミの遺伝子は三宅島が一番古く、次が新島、続いて大島なのだそう。
神津島には最近人が持ち込んだのがわかっているそうです。(遺伝子解析の進歩もスゴイ!)

資料によると、その他のネズミについては…
「ハツカネズミは、2008年に元町港で捕獲例があり、それ以前から記録されているものの、島内の密度や分布状況は不明。クマネズミやドブネズミは、過去に数回の捕獲例があるだけで、定着しているかどうかはこれもまた不明」…とのこと。

クマネズミは1kmぐらい平気で泳ぐとも言われ、密航の名人でもあるのに増えないのは、伊豆大島にイタチがいるからかもしれないと天野氏は推測されていました。

大島ではオオシマアカネズミ以外の3種はすべて移入種だそうです。

イタチという捕食者がいる島で、他のネズミは増えないのにアカネズミだけが20万年前から生存し続けているということは、やはりイタチから身を守る術を、長い年月かけて身につけていった…ということなのでしょうか?

生命って本当に不思議で、そして魅力的です。

(かな)
コメント

本当にくっ付いている

2019年01月30日 | 
何が?
って、コレですよ。
コレ。

はい、落ちてるの見つけました。



マイマイカブリの死骸(いろいろ無いの)です。
私的には顔は付いていて欲しかったけど。



向こう側まですっからかん。

で、こんなにいろいろ無いのに何が本当にくっ付いているのかというと。

ここの一番大きな部分、上翅(じょうし)が、です。
甲虫類がこんなにいろいろ無くなって死んでいるとこれがパカっと開いていることのほうが多いのですが、見事にくっ付いています。
地上を歩き回って幼虫時代も含めカタツムリだけを食べる生活をずっと続けてきたため飛ぶことを止めてしまったんでしょうね。
進化すごいなぁ。
・・・いや、退化なのか?

筋に沿ってチカラを入れてみると綺麗に開きました。

へぇ。
こんなに綺麗に開くとは。

がんま

コメント

オオシマイタチ(伊豆大島の動物シリーズ1・ジオガイド養成講座より) 

2019年01月29日 | 哺乳類、爬虫類、他
先日のジオガイド養成講座で、10年前の陸ガイド部門の立ち上げ当時にしばらく一緒に活動し、その後も店のガイド仲間の動物に関する疑問にアドバイスをくれている天野氏が、ガイド養成講座で登壇しました。

いつも生物の名前だけでなく、生態や周りの環境との関わりを理論的にわかりやすく教えてくれる天野氏。学生時代から野生生物の調査に関わり、2008年〜2年間の大島在住中には、大島公園ビジターセンターに展示する「鳥、虫、哺乳類」の説明文を作るために、過去に伊豆大島に出現した生物のデータを調べていたため、動物全般に詳しい人です。

しかし養成講座の題名は伊豆大島の動物!

動物って…哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、昆虫、甲殻類、陸生貝など、ものすごく範囲が広いけれど、どうやって1時間半にまとめるのだろう?と、チョットだけ心配していました。

でも資料は、実に素敵にまとまっていました!

「大島が一度も本土とつながったことがない(とする専門家が多い)火山島で、動物たちはなんらかの方法でこの島にやってきた」という切り口で話が始まり、島で暮らすうちに変化した形態や行動、周囲の環境や他の動物との力関係など、特徴的なものをわかりやすくピックアップして教えてくれました。

で、例のごとく少だけ印象に残ったものを取り上げて報告しようと思いましたが…
少しだけではあまりにもったいない…と思い直し、資料にある動物を全て連載でとりあげることにしました!

題して「伊豆大島の動物シリーズ」
で、今日はまず哺乳類の中のイタチのみ。

資料によると「伊豆大島では現在、オオシマイタチ、オオシマアカネズミ、ハツカネズミ、ドブネズミ、クマネズミ、キクガシラコウモリ、コキクガシラコウモリ、イエコウモリ、ユビナガコウモリ、キョン、タイワンザル、タイワンリスの13種の哺乳類の記録がある」のだそうです。

オオシマイタチ
「伊豆諸島ではいくつかの島でイタチの導入による生態系の破壊が問題になっているが、伊豆大島には元々イタチが生息していたとされる。伊豆大島の個体群は1942年に研究が行われてニホンイタチの小型の亜種であると記載され、「オオシマイタチ」とされている。島内では個体数は多くはないが、人家周辺でも山林でも時々見られる。
亜種については諸説有り、屋久島、種子島に分布する亜種「コイタチ」と同じもので、亜種ではなく「島嶼型」のようなものだとする研究者も居る(講演資料より)」

(写真撮影・願法)

イタチについては最近遺伝子による調査が進み、オオシマイタチは東から、コイタチは西からやってきたことがわかっているそう。同じものではないけれど、島で暮らすうちに似てきたとのこと。

ちなみに伊豆諸島の有人島の中で、人の影響を受けずに自力でイタチが島にやってきたのは伊豆大島だけだそうです。(流木などに乗って流れ着ける距離だったらしい)

三宅島、八丈島など人がいなかった島は、ネズミ駆除の目的で人がイタチを放してから、野生動物に深刻な問題が生じているそうです。
(このことについては東邦大学の資料が詳しいです)

また私たちのブログでも過去に数回、イタチの報告があがっています。
昨日のイタチ
イタチ劇場
ムチャクチャかわいい!
交通事故!

「イタチ劇場」のブログでは、オカダトカゲがイタチに4匹も食べられていますが、それでも伊豆大島のオカダトカゲはいなくなりません。

それは共存できるように、トカゲが適応してきたから…
生命の変化や適応って、本当にすごいです。

この辺りはトカゲのところでまた詳しくお伝えします〜😀

(かな)
コメント

島 春の口福

2019年01月28日 | 歴史・文化

椿が咲いたら春?


黄水仙も春っぽい

大島は椿祭りが始まると観光シーズンになり、観光バスが一番活躍する季節です
私も今日から“椿プラザ”に出ています。踊りを踊ったり着付けのお手伝いをしたり勿論椿や山のお話しなどもしたりしています(詳しくは過去のブログを検索ください)

島の春の楽しみは“ふきのとう”

今咲いているのは早い!

洗って刻んで炒めて

私は“蕗味噌”を作るのを常としています。友人の中には蕗味噌を冷凍して季節外れの時期に食べるといいます。私はそのまま食べ、無くなったら来年の楽しみに我慢します

“ツワブキ”も有って(生えて居る所は過去のブログをご覧ください)

作るのは筋を取るのが面倒


水に晒したらひと段落。この後水切りして炒めて味付けします

でも、

指先が・・・


こんなに成ってしまう!翌日踊りに行く時には要注意です(出もやってしまいました しっかりと洗いましたが、爪の中は黒かった)


島に嫁いできて今まで出会うことが無かった食材を自分で摘んできて作れてしまう、なんて素敵なことでしょう。自然に感謝(しま)
コメント

景色との出会いは…

2019年01月27日 | ツアー
あるお仕事の2年間の研修卒業旅行の皆さんと、2日間一緒に歩きました。

1日目のツアー開始は牧場から。

本当は牧場となりの野菜直売所に食材を買いに立ち寄ったのですが、みなさん牛を見てとても楽しそうだったので、一緒に写真を撮ることにしました。

しかし牛たちは…
「お〜い牛さん〜!」と呼んでも、餌に夢中でなかなか顔を上げてくれません(^◇^;)

そこへ、素晴らしいタイミングで、(株)大島牛乳の社長でジオガイドのS氏が登場!

「人間にマイナンバーがあるみたいに、日本の牛には一頭一頭にナンバーがある」など、色々教えてくれました😀

両耳のタグが一頭ごとに違う牛のナンバーとのこと。

それにしても牛って…舌が長い!
「舌を鼻に入れるなんて真似できないな〜」と、実は密かに感心しておりました(笑)

なんともホンワカ気分だったツアーの始まり…

午後の裏砂漠も、曇ってはいたものの風が弱く、レジャーシートを広げてお茶が飲めるぐらいでした。

(でもちょっと寒かった・笑)

この後、裏砂漠第2展望台のある櫛形山に登りたいと、お客様から希望が出ました。

で、もう1人のガイド(柳場)と一緒に先に登ってもらい、私は後片付けをしてから追いかけることになり「いっていらっしゃ〜い!」と見送ったのですが…

突然風が強くなって、雪が降り出しました!

雪は横殴りに吹きつけて、視界をさえぎり…

黒かった裏砂漠は、あっという間に灰色に変化しました!

櫛形山を目指していたチームは途中で引き返してきてくれたので良かったですが、今まで体験したことのない天候の急変に、とても驚きました。

さらに驚いたのは、帰り始めたらアッと言う間に風が止み、青空まで現れたことです。

そして1時間後ぐらいには再び大粒の雪が降り、短時間で止みました。

日没を見にいった海岸で、富士山や夕日に見とれていたら…


雷がなって、またまた大粒の雪が降ってきました。

この日、3回目の雪です!
地面にいっぱい小豆サイズの雪の粒が転がって、不思議な雰囲気の写真になりました。

あまり見たことのない雰囲気の南の島々。


なんとも迫力のある上空の雲。


みんなでピンク色のもやに包まれて、日没を見届けました。

何者かにマジックをかけられたようにも感じた1日でした。

そして今日は、昨日の天気が嘘のような晴天&微風!
湯気はほぼ真上に上がり…


南の海に浮かぶ火山島が、御蔵島までしっかり見え…


上空の小さな雲のおかげで、海のキラキラが素敵なデザインになっていました。


昨日の雪のおかげで火口壁にはバラの花(?)のような模様が現れ…


昨日、雪に阻まれた裏砂漠も、雪で模様が描かれていました。

そして…

どこにいっても、美しい富士山が楽しめました。

1日目は雪❄️2日目は晴天☀️と、全然違う天気だった2日間。
改めて「目の前の景色との出会いは一期一会」だと感じました。

ツアーにご参加いただいた皆様、ありがとうございました😀

(かな)


コメント

ルリビタキ 再挑戦

2019年01月26日 | 
23日にUPしたルリビタキがあんまりだったもんで、今朝同じ場所に行って再撮影してきました。
結果は・・・

落ちツバキと。



真ん丸~。
ピンポン玉に足が生えたみたい。

そのあとは、

向かいの擁壁に飛んで行ってかわいい仕草を見せてくれました。






寒い中、車中で40分待った甲斐がありました。
こうなると美しい瑠璃色になったオス成鳥にも会いたいですね。
チャンスがあるといいです。

がんま
コメント (2)

一緒に歩くと見えてくるくる

2019年01月25日 | 今日の大島
先日ジオガイド養成講座で「伊豆大島の動物」について講義された、元グローバルスタッフのA氏。
翌日はスタッフとフィールドを歩こう!ということで、温泉ホテル脇から樹海を歩き始めました。
冬なので、生き物見つかるかな、、、と思っていたのですが、
開始早々生き物の痕跡を見つけて教えてくれました。

ヒサカキの葉に潜り込んで、一生に食べるだけの食べ物と住処の両方を一枚の葉っぱの中だけでまかなうエコなこの子は「ヒサカキハモグリガ」

よく見るとちゃんとおトイレの場所を決めているところがかわいらしい!
その名の通り、ヒサカキにしか卵を産まないそうです。
そして「私ヒサカキしか食べません」なハモグリガがなんと4種類もいる、ということを知りました。
やー生き物って多様ですね。

産み付けられたばかりの小さかった頃の食痕が残る一枚も。

絵かき虫として、そして若干害虫としても知られるハモグリさんですが、
暖かくなって会えるのが楽しみになりました。


さらに歩いて行くと、タイワンリスの新しい食痕が残る木を発見!

「逆さになって齧ってるのがわかるね」と言われて、??でしたが、
アップで見ると、わかりました。わかりますか?

下の方がかじり始めなので浅くて、上の方が深くなっています。
そして横に横にスライドしながら齧っていってます。
どのくらいのスピードなのだろう?齧っているところを見てみたいです。
それにしてもここを通ると毎回思うのですが、齧られている木といない木が極端に分かれている気がします。
一匹ずつ、お気に入りのマイ爪研ぎならぬマイ歯研ぎの木があるんじゃないかな?
と思っているのですが、正解を知ってる方いますか?


さあやっと樹海を抜けました。
いつもはこのまま裏砂漠を目指すのですが、今回はAさんに溶岩も生きて動いてるって伝えたい!
というカナさんの熱い願いで笑、目指した先は


1986年に側噴火した溶岩流の跡!

目の前の黒い部分、ここの溶岩だけなぜかフレッシュなまま残っているので、
溶岩も生きてる動いてるように感じられるはず!ということで行きました。

途中、ブッシュの中にはなぜか貝殻がいっぱい落ちていました。

左はシモダマイマイ。今までミスジマイマイと思っていましたが、ミスジマイマイの亜種だそうです。
今回の講座で初めて知りました。
右はヒダリマキマイマイ(逆におけばよかったですね^^;)
カタツムリは普通は右巻きなのですが、突然変異の左巻きの個体が、生き残ってかなりの数繁殖している、
その理由は蛇やマイマイカブリなどの捕食者の顎や歯が右巻き用に進化(変化?)しているから、
との事です。なるほど!!

溶岩流の麓に着きました。ここでティータイム。


この溶岩だけなぜフレッシュな感じなのかの謎はとけませんでしたが、
この溶岩の上にもヨークシャテリアやいろんな生き物(の形)を発見できました。

そして帰りぎわに、こんな人?を発見!


だれかが鼻○ソをほじってるみたいと言い出したので、
みんなでほじりポーズとってみました

Aさん、溶岩が生きてるの実感できましたか?笑

そんなこんなで全然進まないので笑、裏砂漠の端っこの風の丘にはいかずに戻りましたが、
とっても楽しかったです。

他にも鳥は(も)ほんとにわからないのですが、聞き分け方見分け方を教えてもらって、
少しわかるようになりました。感謝!
また一緒に歩ける日を楽しみにしてます(^^)(あい)






コメント

"あんこ猫"と巡るジオツアー

2019年01月24日 | ツアー
一昨日、 "あんこ猫"と巡るジオツアーに行ってきました。

前日にツアーに参加されたお客様が犬猫好きで、「“あんこ猫”の絵葉書が可愛くて、お友達に送るつもりなんです」とおっしゃっていたのがきっかけとなり、“あんこ猫”とのツアーが決定したのです。

あんこ猫の人形は、伊豆大島に伝わる歴史文化を残そうと、根気よく活動を続けられている藤井工房さんから、お客様が貸してもらいました。(藤井工房さんの、あんこ猫の紹介ページはこちら

急に風向きが変わって予定変更などしながら訪れた場所は…

2万年の噴火の歴史が刻まれた崖!


火口の中の港町!


海岸の爆発的な噴火で飛んできた石は---


ネコにとってちょうど良い座布団になりした😀


大島の岩場を這って伸びる“オオシマハイネズ”

本当はネコにショールのように巻きつけたかったけれど、体に擦り傷ができても嫌なので、この程度で😀

体を隠すのにちょうど良い溶岩のシワ。

本当にピッタリサイズでした!

他にも、荒々しい溶岩の磯や---


巨木の根など、伊豆大島らしい風景を"あんこ猫"と一緒に楽しみました。

"あんこ猫"とは数年前に2回ほど、三原山や裏砂漠を歩いたことがありますが、海岸を歩いたのは初めてでした。

目線が変わって、とても楽しかったです😃

お客様との楽しい時間と、快く撮影用の猫を貸し出してくださった藤井工房さんに感謝💕

(かな)
コメント

ル、ルリビタキです・・・

2019年01月23日 | 

います。
いますよね?
画面中央にメスタイプのルリビタキが・・・



ほらー。
道路に降りて食べ物を探していました。
かなーり遠かったです。
えーっと、もっとちゃんと撮れるように精進いたします。
(1月21日撮影)

がんま
コメント

マンホール好きのお客様と

2019年01月22日 | ツアー
昨日〜今日、最近火山が好きになったという、ひとり旅の女性と一緒に島を回りました。

地域ごとのマンホール蓋を見るのが好きとのことで…

水準点や火山観測機器も、写真に撮られていました。

登山道途中にある丸い3つのミラーの用途も即答・正解!
(写真だとわかりませんが、指で指し示されている方向にミラーがあります)

ほとんどの人が答えられないシロモノなのに…すごいです😀

更に驚いたのが、割れ目噴火の火口の中に「金庫がある!」と教えてもらったこと…。

「え?金庫??」
「ほら、あそこにありますよ」

…という会話の後に、火口壁をよ〜く観察すると…
ありました!

新発見!、「金庫」(笑)

いつもは広い風景を見ながら過ごすティータイムも、この日は火山観測機器を見ながら(笑)

あれこれ観察しながら飲むお茶も、美味しかったです😀

“溶岩顔ハメ”では、私も写真を撮ってもらいました(笑)

お客様は“マンホールナイト”というマンホールの蓋がテーマのイベントに行って、日本各地で顔ハメ写真を撮っている“顔ハメ兄さん”の話を聞いてとても面白かったのだそう…(本当に趣味の世界は多様ですね〜)

山は、やや風が吹いていたものの快適に歩ける程度で、青空が気持ちよく…


生き物のように変化する、山肌の黒い雲の陰を楽しんだり…


季節を勘違いしているとしか思えないカジイチゴの葉の元気な緑に、見とれながら歩きました。


1ヶ月ほど前に青々とした葉をあちらこちらで広げていた明日葉の若葉は、寒さがこたえたのか多くが枯れていました。

でもその横で、元気な若葉が生え始めていたり…

花が咲き終わったばかりの株があったり…

タネができているものがあったりと、春・夏・秋・冬がゴチャ混ぜになってしまったような光景が見られました。(ど〜なっているのでしょう??)

山のツアーが終わったら、ちょうど夕日が沈む時間でした。

で、もちろん見に行きました😀

波頭がピンク色に染まるのに見とれていたら…


夕日が雲と雲の間に挟まれて…


2つに分かれ、このあと更に細かく分かれて沈んでいきました。

あまり見たことのない夕日で、面白かったです。

お客様と過ごした美しい時間に感謝…

ありがとうございました!

(かな)


コメント