グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

マンモスに見守られて遊ぶ休日

2019年10月11日 | 火山・ジオパーク
先週は、空気感は秋らしくすっきり爽やかでしたが、気温は夏のように暑くなったり肌寒くなったり、目まぐるしい気候でした。

そんな中でも先週土曜日はピーーカンで、外遊び日和でした。

で、行ったのが、ココ。

何かに見えませんか?
鼻が長く、頭にコブがあって、影が目に見えて、あ、手前の草が鼻の先になってる!
完璧にマンモス!!
(たった!)2万5千年程前に地上に顔を出した伊豆大島火山(大島の本体)ではなく、
百万年前〜数十万年前に活動し、その後伊豆大島火山に飲み込まれた行者の窟火山の、その飲み込まれずに残った裾野です。
役行者はマンモスの口の中で修行してた感じですかね。
(あ、現在日本未来科学館でマンモス展やってるそうです)

なんて話しながらさらに進むと枝豆⁈がなってました。

何だろうと一瞬思ったけど、葉っぱがクズ。何気に初めてみました。
ちなみに味は…小さすぎて食べ応えはなかったけど、エグくなく優しい甘みがしました。

決定的な1枚!花と実が同時になってます。



坂を降りきった先には行者浜。で、思いがけず泳ぎました!
いつも玉石の動く何とも言えない独特の音を立てている浜ですが、
この日はとても凪いでいて、音もせず安全に入ることができました。
一ヶ所砂浜になっていた場所の砂がまた足に心地よくて。
そして透明度がすごい!


島外の方は特に、寒くないの⁈と思うでしょうが、海水温は2ヶ月遅れなので10月まで普通に泳げます。
あ、明日からいよいよ来る台風19号の報道で散々言われているので、今回常識になったかもしれませんね。


さあ帰るぞという時、道の脇の草たちの先が奇妙に結ばれていることに気がつきました。

コレではわかりにくいかな。

こんな感じ。


ちょうど道の入り口にだけあった事もあり、おそらく浜の方から吹いてくる台風15号の風にもみくちゃにされて結ばれちゃったのだろうと想像します。

が、こんなのまで!


最初見たときは人が編んだとしか思えなかったです。

あの時よりさらに規格外に強い台風19号!!
ウチもさすがに今回はここまで対策しました。

中にいると昼間なのに暗くて変な感じ…
とにかく皆さま、無事に乗り切れますように!!
生き物たちもみんな、がんばれーー!!!!!!(あい)
コメント

新しい仲間たち!

2019年07月12日 | 火山・ジオパーク
今日はジオガイドの会にて、新しく誕生したジオガイド2期生と1期生の初顔合わせ!歓迎会が行われました。
 
まずは自己紹介を、という事で、
みんなの自己紹介シートをスクリーンに映すために、Tさんが色々な機械を組み合わせて作ったお手製マシンや
 
たくさんの人が参加してくれたので時間厳守!!
という事で、涼しげな演出のタイムキープグッズたちや、
(残り30秒でうちわ登場、終わりー!で風鈴が鳴ります笑)
 
役員のみなさん手づくりでステキな用意をしてくれました。
 
見本のカナさんのシートはこちら
(ほんとは2期生のを載せたかったのですが、恥ずかしいからと断られてしまったので臼井さんのを)
 
全員映りきってませんが、たくさんの人が参加しました。
この写真はみんな真面目な顔してますが、
自己紹介はみんなほんとに個性と才能と想いが爆発していて、
笑いと感心の嵐でした!
 
ジオガイドの会&伊豆大島ジオパークの新しい時代が幕開けしました!
これからが楽しみです(あい)
 
コメント

雨にも負けず 風にも負けず

2019年07月08日 | 火山・ジオパーク
島の道です。

近年“伊豆の踊子ふるさと”として整備されていますが、家の塀はそのままにされているので年季が入っています


ここは、旧甚の丸邸と言い昔の網元の旧宅。その後、宿泊などもしていたと言われてはいるが 短期間で有ったようだ。資料によるとここの塀は大谷石と書かれているが、そうではないらしい では何?と思うのですが、今のところ分かりません
いつ頃この塀を作ったのかもわからないのですが

角から見て!


手前から


中程

奥まで行くと太陽が当たる時間が短いようで苔も生えています



手前は
塀がすり減っている ではないけれど穴が開いています

同じような模様がある様な~


元々の製品は少しひっかき傷のある様な模様が入っていたのですね


なぜ、手前の痛みがひどいか?答えが有ります

手前に家があり風除けになっていたようです
こちら側が風が強いのでしょうか

裏口です。(横に回りました)

結構傷んでいます

ここも傷んで居ます。後から補修したのでしょうか?


正面玄関に行ってみましょう(初めの塀の反対側)


正面の門です


左側の門柱です 一応模様は分かりますが、 


右の門柱 こんなに綺麗なひし形(なんという形か分かりませんが)

苔が生えているので太陽もあまり当たらないのでしょうか?

門柱は3メートルほどしか離れていないのですがなぜこんなに違うのでしょうか?向きもさほど違わないのに。先の塀とは反対側に向いています


門の前のこの名碑の石のせいですね。ここ波浮の上の山は東からも西からもどこからも風が強いことが分かります。以前、我が家の木を切ったら隣家の方に『切っちゃダメでしょ、風が当たるようになった』と怒られてしまったことが有りました。島は多かれ少なかれ風と仲良くしなくてはいけないようですね(しま)
コメント

ガイドトレーニング@ジオガイドの会

2019年07月04日 | 火山・ジオパーク
伊豆大島ジオガイドの会では、今年11月の関東地区大会でのツアーにむけて、「TORE」4項目に沿って、トレーニングを実施中です。

何度かこのブログに登場していますが、ガイドにとって大切な4つの要素「TORE」とは…
(T)テーマ=メッセージがある
(O)構成がある=整理されていてわかりやすい
(R)受け手と関連性がある
(E)楽しい
…の4つ。

ガイドの会では、月に1度の例会の機会に、毎回3人が5分間プレゼンを発表。
評価シートを作って互いにチェックしあい、アドバイスをしあうトレーニングを続けています。

前回(6月18日)が、3回目のトレーニングの日でした。

プレゼンは3つ。

アシダカグモはえらい!
大島では家の中でよく見かける大きなクモ!

彼らは「軍曹」と呼ばれており、1日約20匹のゴキブリを食べ、家のゴキブリを食べ尽くすと他の家に移動するとか…「へー!」がいっぱいで楽しいお話でした^_^

島人は質素ながらも助け合いながら、火山と共に暮らしてきました
元・保育園の園長先生だったkさんは、語りがとても上手。
抑揚のある話し方に聞き惚れました。

手作りの資料も素敵でした!

火山と波が筆島を作りました
絵とジオパークキャラクターを使ったお芝居を使って「今目の前に筆島が見えるのは火山と波のおかげなんです」と言うことを表現!

メッセージも伝わり、笑いもいっぱいの、楽しいプレゼンでした。
皆さん、表現方法もテーマも様々なので、毎回本当に楽しいです😀

そして人のプレゼンを見たり、自分のプレゼンを振り返る時、4つの要素(TORE)に当てはめてみると、何が足りなくて、どこをどうすれば良いかが、とても分かりやすいです。

評価表も、毎回みんなの意見を聞いて修正を重ねています。
ただ修正していくとだんだん形が変わり、基本からずれていく恐れがあるような…

それが気になったので、TPREの提唱者の本を取り寄せてみました。
(届くまで40日もかかり、首を長くして待っていて、ようやく手にしました)

さーて…空き時間にどこまで読み込めるかな?
睡眠薬代わりにならないよう、しっかり活用しないと (^^;;

… ってことで、ガイドトレーニング、さらなる高みを目指します!😀😀😀

(かな)
コメント

「ジオツアーで「楽しく地球を伝える」ために必要なことは?」

2019年06月13日 | 火山・ジオパーク
先月の26(日)に行われた“2019日本地球惑星科学連合大会 ジオパークパブリックセッション”の口頭発表の動画が公開されました。

発表の題名は以下の6つ。
・景色を何倍も面白く見せるガイドの役割
・”ジオ”の理解に難しい説明はいらない。~地質現象はモデル実験で伝えよう~
・外国人スタッフから見た日本のジオパークの魅力と課題
・ジオツアーで「楽しく地球を伝える」ために必要なことは?
・地域住民に地球活動を伝える際に大切なこと ~地球科学系ポスドクから学芸員(補)へ転職して4年間の気づき~
・「ブラタモリ」案内人が大切にする地球活動の伝え方

私はこの中で「ジオツアーで「楽しく地球を伝える」ために必要なことは?」という題名で話をしました。

内容は、ガイドにとって必要な4項目について。

メッセージがあって
あちこちに話が飛ばずシンプルに構成されていて
お客様と関わりのある内容で
楽しいことが大切!

…ということを、できるだけ私自身の体験や実例を交えてお話しした…つもりです😀

例えば、4年前の同じ大会で印象に残ったプレゼンは、4つの項目を満たすものであったこと。

この時の私の発表は内容盛り込みすぎで早口で全然ダメに感じたけれど、何やら本人が楽しそうだと思ったこと(笑)

たまたま9年前に作った「山頂ジオパーク展」用のバーチャルジオツアー を見返したら、お客様と共有したいと思っているメッセージは10年前と変わらないとわかったこと。


明確なメッセージを心に持っていることが、とても大切だと思ったこと。


4項目にそって互いに評価・分析しあうトレーニングが、とても役立つと感じていること。


伊豆大島のジオガイドが、今年の11月に行われる「関東地区大会」のジオツアー に向けて、練習をしていること。


ジオガイド仲間の意見を聴きながら、内容の修正を続けていること。


大切なことが4つに絞られているので、心に留めやすいこと。


11月の「関東地区大会」のガイド分科会で、4項目のトレーニングを行う予定なこと。


学んだら実践し、実践から学ぶことを繰り返す必要があり、そのために全国のプロのジオガイドで「Geo-Biz」というチームを作り、活動を始めたことなどをお話ししました。

30分のつもりで資料を作ったら実際には発表25分+質問5分だったので、かなり早口で聞き苦しいと思いますが(^◇^;)、お時間のある方は聞いてみてください。

今回の発表者は、事務局、専門員、研究者、教員、ガイドと、立場も地域も様々でした。
みんな表現の仕方は違うけれど、ほぼ同じことを語っていたのが嬉しかったです😀

同じ方向を向いて共に歩んでいるたくさんの仲間の存在を感じ、勇気づけられました💕

(かな)
コメント

ジオガイド認定式と、ドカンとザブンとヒラリ!

2019年06月06日 | 火山・ジオパーク
今日は「第2回・伊豆大島ジオパーク ジオガイド認定式」の日でした。
式の中でジオガイドの会会長が会の説明をすることになっていたので、応援に行ってきました。

21回の講座のうち必須講座(座学17回、フィールド1回)を全て受講した人が、初級。
さらにテストを受けて8割以上正解した人が、中級に認定されます。

今回ジオガイドに認定された人は初級・中級合わせて36名。
私たち1期生35名と合わせると約70名。

これって、島の人口が約7600人であることを考えると、なかなかの割合です😀

2期生の皆さんの職業は、町や都の職員、学校の先生、バス・タクシーの運転手さん、高校生、宿経営、会社員、主婦など実に様々。

それぞれの立場で互いに学びあいながら、伊豆大島の魅力を伝えていける仲間が増えたようで嬉しいです。
認定されたジオガイドの皆さん、ガイドの会でお待ちしています〜💕

さて今日はもう1つ、「ジオパークって楽しいなぁ」と思った出来事を紹介します。

伊豆大島ジオパークのキャラクター、ドカンとザブンとヒラリ。(ジオパークHPより)

島の中で公募して、名前が決定した3人です。

ドカンが火山(玉ねぎみたいだという噂もあり・笑)
ザブンが海
ヒラリが森
…を表しているようです。

先日この3人が、島でゲストハウスホライゾンを運営しているTさんのフェイスブッックに、手製の可愛い人形となって登場しているのを見て、目が釘付けになりました。

そこには、こんな会話が書かれていました。

ドカン 「おーい!ザブン久しぶり!」
ザブン 「荷物が重たくて。やっとたどり着いたよ」
ドカン 「今からヒラリを探しに行こう!」
ザブン 「行こう!」
ドカン「ヒラリを見つけたら、ジオパークの旅に出ようよ。伊豆大島がどうやってできたのか、この目でたしかめてみよう!」
ザブン 「わー、なんだかワクワクするよ!楽しみだね!」

か、かわいい…
それにジオパークの旅に出るって…😀💕
(もう完全に❤️を奪われました・笑)

やがて3人は無事出会い(揃い)…


ジオパークの旅を、楽しんでいたようです。

(ここまでの人形の写真は全て、Tさんからいただきました!)

そして、ドカンとザブンとヒラリは、今、ここにいます!

町役場の観光課前のカウンター!!
会いたい人は誰でも、会いに行けるようになりました。
(Tさん、ありがとうございます!)

皆さんも機会があったら、元気な火山の島から生まれた3人に、会いに行ってみてはいかがでしょう?

きっとパワーをもらえると思います💕

(かな)
コメント

崩壊斜面モニタリング調査2019年6月

2019年06月04日 | 火山・ジオパーク
昨日、表題の調査に参加しました。

およそ4ヶ月前の2月5日にはこの状態だった現場は‥


すっかりモサモサに!

先に調査現場に降りたメンバーから「毛虫がいっぱいいる!」という声がしました。

確かに周りを見渡すと、そこかしこにマイマイガの幼虫が這っていました!

他の毛虫は見当たらず、全部マイマイガです!

毒がないことをお知らせすると、手乗りにチャレンジする方も!

昔、水生昆虫を飼っていらっしゃったとのことです😀

それにしても、本当に沢山いました。

調査していると、頭上から降ってきてボードの上を這ったり…

ズボンの上を猛スピードで歩いてきたり…

毒針を持たないとはいえ、しっかり掴むとちょっと痛かったです(^◇^;)

調査は1時間半ぐらいかかったので、毛虫嫌いな人にとっては、つらい作業だったかもしれません(^◇^;)


モチロン私は、逆立ち(?)して茎を這う毛虫の、足のキュートさに見とれたり…


ウン○をしている毛虫を教えてもらって、喜んでいましたけれど(笑)

今年は三宅島でもマイマイガが異常発生しているようですが、他の地域はどうなのでしょう?

ところで調査に参加していて面白いのは、現場にいかないとわからない様々な「!」や「?」に、毎回出会えることです。

昨日も、毛虫以外に色々な発見がありました。

4年前にヘリから撒いた種子には入っていなかった「ドクダミ」が複数出現し…


花を咲かせていました!


イタドリの仲間の若葉が、あちらこちらで出ていたのにも驚きました。

噴火後の焼け野原に一番乗りして生えるイタドリは、暗い森は苦手だと思っていたのですが、わずかな木漏れ日でも生きられるようです。

ただ、もしかしたらこれは、散布した種子に入っていた、大島産以外のイタドリなのかもしれませんが…。

そして不思議なことに、4ヶ月前には樹高148cmまで成長していた(はずの)アカメガシワが忽然と姿を消していました。

枯れ枝さえ残っていなかったのですが…何が起こったのでしょうか??

「?」以外では、小さな旬の花たちの存在に、心が和みました。

こちらは、自力でやってきたコナスビ。

小さな花を、咲かせていました。

ヘリから種子を撒いたコマツナギも、かわいい花を咲かせていました。


ところでこの調査では、土砂災害専門家、環境省、大島支庁、ジオパーク推進委員会が協力して樹種、樹高、雨量、風速、流出土砂量など様々なデータを集めています。

観測機器の修理点検やデータの収集には、東京農工大学 の若原先生が毎回来島してくれています。

若原先生は2週間前の砂防学会でこの調査を口頭発表されたそうです。

発表内容の要約が公開されているのを、教えていただきました。
http://www.jsece.or.jp/event/conf/abstract/2019/pdf/165.pdf
わずかな場所の違いで、風速が違い、それによって雨量も影響を受けることがわかって、とても興味深いです。

虫も、植物も、雨も、風も、大地も、全てが微妙なバランスで繋がる“地球(ジオ)の物語”は、不思議がいっぱいで本当に面白いです💕

(かな)
コメント

地球惑星科学連合大会2019

2019年05月26日 | 火山・ジオパーク
幕張で開かれた地球惑星連合2019年大会と、前日に行われたジオパークの会議に参加してきました。

25日は、新規認定申請地域や世界推薦地域の公開プレゼンと、日本ジオパークネットワーク(JGN)の運営会議に参加しました。


運営会議では、JGNの防災ワーキングググープが、防災科学技術研究所とJGNが協定したことを報告。日本ジオパーク委員会(JGC)の中田委員長が、防災科研の立場から、ジオパークの露頭で地震発生状況をみることができる「地震だねっと」を紹介する話の中で…

「じしん」という言葉を言ったところで、いきなり震度4の揺れがあり、あまりのタイミングにビックリしました^^;

26日は、連合大会の「ジオパークで地球活動をイメージする-ジオ多様性の大切さを知ろう」というセッションでは…


「ジオツアーで「楽しく地球を伝える」ために必要なことは?」というタイトルで発表をしました。


ポスター発表会場では‥


伊豆大島ジオパークの事務局メンバーがまとめた「住民科学による離島航路就航予報とその評価:伊豆大島を例に」というタイトルのポスターが発表されていました。

元高校教師で気象予報士の中村先生の「伊豆大島 気象と交通」のデータをまとめたもので、的中率や欠航率などの興味深い情報がまとめられています。

いずれ、町役場でジオパークコーナー?に展示されると思うので、ぜひ見てください😀

(かな)
コメント

オカダトカゲ

2019年05月20日 | 火山・ジオパーク
先日(5月5日)ジオパーク主催の催し「トカゲのしっぽはなぜ青い」が開催されました。トカゲは好きなのですが鈍くさい私なのか、少し怖い?のか そのせいで捕まえることが出来ませんでした。この日はそんな私でも目いっぱいトカゲを見ることが出来る?

捕まえるのは な なんと 釣る! 竹の棒に針を付けてエサはミルワーム(こちらの方が苦手かも)掴むことは出来てもそれを針に付けなくては やはり無理なので他の方にお願いしました。釣り方のレクチャー後
いざ!釣るぞ!

近くの石垣に

石垣と石垣の間にはきれいにコンクリートで詰め物がしてあります。これだとトカゲの入る隙間が無いのでトカゲは現れないとの事。
人間が作った石垣は時間をかけ雨風で石と石の隙間の土が流れ出してその隙間にトカゲが入り込む。

トカゲにとってこれがベスト
なぜ石垣に居るかと言うと 変温動物のトカゲは日の当たるところで太陽熱をチャージし温まったらエサを取りに行くと言う。でも、中々現れてくれないトカゲ君

あら、お城のように積んである塀も有りますね

それでもトカゲの入る隙間は少なそう

時々姿を見せる

釣竿を出してトカゲの出現を見守る 早く出ておいで!

トカゲの痕跡に“う〇こ”があると言う それが

初めて見た 知った。こんなの今まで捜した事が無かった

時間が経って集合時間 私ボウズです(トホホ)


今回の催しの表題にあったように『トカゲのしっぽはなぜ青い』の解明 プリズムで光の可視化

幼いトカゲのしっぽが青く大人になると茶色になる。光の反射により青色が目に届く(青く見える)

次に、太陽に当たらなかったトカゲと沢山浴びたトカゲの違いの実験
スタート


この実験では確たる違いが見られませんでした

大島のオカダトカゲもっと南の島のトカゲ君よりすばしっこいのだそうです。それは大島にトカゲを捕食する動物が居ること(イタチ)猫なんかも食べているのを見たことが有るけれど、もっと南の島にはイタチが居ないので大島より“ボーッとしている”との事

今回の参加人間は約50名 捕まえたトカゲ20匹(私0匹)今回講師をして頂いた長谷川正巳先生ありがとうございました。
今度自分でトカゲ釣ってみよう エサのミルワームはやめて何か考えなくては(しま)
コメント

有珠でのツアー、ちょっぴり報告

2019年04月25日 | 火山・ジオパーク
有珠でのガイド有志の会議の際に参加した4つのツアーをまとめようと思いつつ、日々忙しくてアッというまに時間が経ってしまいました。
「このままでは勿体なさすぎる!」と思いつつも、まだ連休準備が終わりません^^;

なので今日はごくごく簡単に(?)有珠での私の「!」をまとめてみようと思います。

1・昭和新山登山
国の特別天然記念物の昭和新山に、特別な許可をもらって入山。

昭和新山は地下のマグマが少しずつ地面を持ち上げてできた山(溶岩ドーム)で、大島のように溶岩が流れてできた山と形が違うのが面白いです😀

赤い地面からモクモク立ち上る噴気が、生きている火山を感じさせてくれました。


周りに遮るものがないので、とにかく眺めが良いのです!

気分最高〜💕

青い水を讃える美しい湖も、湖の真ん中の島も、遠くに見える白い山も、人が暮らす大地も、みんな火山噴火が作ったもの…

「火山は時に人に災害をもたらすけれど、それよりもずっと長い期間、たくさんの恵みを人に与えてくれる」ツアー中のガイドさんからのメッセージに、大いに共感しました😀

2・モーターボートで洞爺湖の中央の島「中島」に上陸するツアー

青い湖は火口で、真ん中の島が溶岩ドームです。

このツアーは、ボートで飛ばす爽快感と…


エンジンを切った時の静かさの対比が印象的でした。

海の中にある溶岩ドームの頂上付近が、水面下に現れました!
水の中に岩が見えているのがわかるでしょうか?

通称「ゼロポイント」と言われるこの場所は、風が弱く湖面がフラットな時ではないと見られないそうです。

ドローンも登場し、私たちの船を撮影してくれました!(横山氏撮影)

ステキすぎる…💕

そして…

再び先へ!(洞爺ガイドセンター小川氏撮影)

ステキすぎる…💕(2回目)

とにかく、なんだか、夢のような世界でした😀

船の上から島にこだまする音を楽しみ、島の溶岩を観察し…

島に上陸した後は森を歩きながら…

この時期ならではの花を楽しみました。

(エゾエンゴサク)

地面に落ちていた大きな木の実を、ガイドさんが見つけて説明してくれました。

湖に負けず劣らず、森の中も楽しかったです😀

3・西山山麓火口群の災害遺構を巡るツア
最初にガイドさんのバックから、手作りの“折りたたみ式ホワイトボード”が出てきて驚きました!

これなら、たくさんの資料を持ち歩かなくても、書いたり消したりできます!(素晴らしい!)

災害にあった建物をはじめ…

コース中には様々な災害遺構が保存されていましたが…

草刈りをして、噴火で飛んできた石を見やすくしているエリアと…


人が手を加えずに、植物の再生を見守ろうとするエリアが分けられていたのに感心しました。

考えて、工夫して、保存できていることが素敵ですよね😀

4・善光寺
昔、有珠山の山頂部が崩れた時に転がってきた大きな岩が、趣のある風景を作っていました。

「ジオパーク友の会」の皆さんと、のんびり交流するはずが、結局ガイドしていただきました(^◇^;)
皆様ありがとうございました!

モクモク噴気が立ち上る赤い山も、美しい湖も、噴火で埋もれた建物や道路も、雰囲気のある公園も、全て火山が作ったもの…人の暮らしが火山とともにあることを、有珠ではどこに行っても感じることができました。

本当に楽しくて充実した時間でした。

そして短時間で中身の濃い火山の物語を楽しめたのも、全てガイドさんの存在のおかげ。
有珠に行かれる方はぜひ、ガイドさんを頼んでみてください!
何倍も充実した時間が過ごせると思います💕

SOTOASOBU(今回最もお世話になった江川さんのお店)
http://www.mushanavi.com/member/?SINO=1358

洞爺ガイドセンター(オープン後17年になるベテランガイドの小川さんのお店)
http://www.toya-guide.com

三松正夫記念館&ジオパーク友の会
(有珠の皆さんを❤️の部分でまとめている三松三郎さんに会えるかも!)
http://www005.upp.so-net.ne.jp/usuvolcano/eco77/mmuseum.htm

(かな)
コメント (2)