グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

シロテンハナムグリ

2019年08月24日 | 
今年の夏は全体的に虫類が少ないように感じます。
スズメバチやアシナガバチの仲間は飛んでいる姿をあまり見ません。
アゲハの仲間も然り。
ノコギリクワガタも全然見ないし(とは言っても5個体は見たな)
カミキリ類も少ないです。
でもまぁ全然いないというわけではないのでそれなりに楽しんでいます。

一昨日見つけたシロテンハナムグリ。



イヌビワの実に来ていた別個体です。
どちらも似たような色合いですが微妙に違います。
このメタリック感、本当に大好きです。
死骸を集めていたのは4年前
また集めようかな?

がんま
コメント

生物部合宿…というかカメムシの報告

2019年08月23日 | 
先日カナさんがお伝えした生物部の合宿、2日目は三原山を去年に引き続きガイドさせてもらいました。
去年は火口展望台→表砂漠でしたが、今年は火口→裏砂漠→樹海のフルコースです。

色んな生物に出会ったのですが、その中でもインパクト大だったのが、これ!


山頂の同じ場所に毎夏突如現れるのですが、今年はこの日初めて出会いました…大量に!

セアカツノカメムシです。
この一本だけでなく10本近くにこんな風にビッシリいました。
しかしなんでこんなところに??と思いますよね。カルデラ内から上昇気流に乗って飛ばされてきたと前に詳しい方から聞きました。
数奇な運命のカメたち、ガンバレ!
(しかしカルデラの中はもっと大量のカメムシ??調査に行かなくては!)

樹海の中ではごく一般的なクサギカメムシも見つけました。

「カメムシは臭い」のイメージを作り上げた立役者(⁈)
カメムシのなかでも最も臭気の強い種の一つだそうです。
ま、私は全く臭いと感じない、というかむしろちょっと好きです!

と書いていたら、最近会った他のカメたちも紹介したくなってしまいました。

お庭がステキなとあるカフェで見かけたハリカメムシ(だと思う)。

シュッとしててステキでした。

カナさんがこの前コウモリに突撃された、ナイト候補だった場所では、これもごく一般的なチャバネアオカメムシとの出会い。

こちらも臭気は強いですが、触ったりしなければ無臭です。カワイイ。
去年いたアカスジキンカメムシを期待したのですが、いませんでした。

山頂ではハサミツノカメムシもいなかったし、と思いながらみんなが帰ったあと過去のブログを検索したら両方とも6月の記事でした。
あれ、記憶が…💦
まぁでも異常気象のせいでいなくなっちゃった、とかじゃなくてよかった。

合宿では、カナさんもお伝えしたように、
ショウリョウバッタの産卵やカマキリのダンスなどなどが見れました。
3日目昼には、思いがけないところで思いがけない人気者にも出会った!(売られちゃうらしいので載せませんが)
ナイトで見せられなくて残念に思っていたのでホントによかった!です。
そして何より今年も楽しい3日間をありがとうございました!(あい)
コメント

セスジスズメ終齢幼虫

2019年08月21日 | 
今日の朝、ナニモノかが道路を歩いているのを発見!
すぐさま車を停めて正体を確かめます。

おぉっ!これはセスジスズメの幼虫ではありませんか。


もう終齢でサナギになる場所を探しているのでしょう。
このままでは車に轢かれてしまうかも。


葉っぱに乗せて~。
この時車がやって来ました。
運転していた人は一体何をしているのか不思議に思ったかもしれません。


彼?彼女?が行こうとしていた道路を渡った先に置いてきました。
無事に成虫になれるといいです。

がんま
コメント

今年の夜の虫

2019年08月18日 | 
とある理由で、山ツアーは別のスタッフに任せ、自宅仕事中心の数日間^^;
とはいえ2日連続で、ナイトツアー下見に行ってきました。

昨日は海岸へ。

毎年この時期になると必ず観察できるショウリョウバッタの産卵は…

ようやく1個体!

そしてカップル1組!

メスもオスも、草そっくりなのが凄いです(笑)

いつもたくさん見つかるナナフシも1個体のみ。

今年は少ない気がします…草刈りでのせい?

昼は葉裏などに隠れているらしいのに、夜になると網を張る蜘蛛・ワキグロサツマノミダマシ。(右のほうに写っている緑の丸です)

トベラの実とそっくりなので「昼はトベラの実の陰に潜んで獲物を待っていたのかな?」と想像しました😀

そして今日は、カエル狙いで“ある場所”へ!
足場は良いけれど、なかなかスゴイ藪で“ジャングル探検”をしている気分でした。

ちょっと恐々歩いていたら、突然コウモリが私に向かって飛んできて超・ビックリしました!
私が照らす懐中電灯の明かりに向かって飛んでくる虫を、食べに来たみたいです。
(もちろん、動きが速すぎて写真はナシ)

そして道幅いっぱいに張り巡らされた、芸術的な…コレ!

あまりに美しく、しばらく見とれました。
まるで別世界への入り口のようでもありました。

明日からは、昨年ご利用いただいた高校の生物部合宿を、3日間3名のスタッフで案内します。

火山と、海と、巨木の森を、安全に歩きながら、皆でいっぱい楽しいものを探したいと思います!

(かな)
コメント

オオカマキリ、アブラゼミを捕らえる

2019年08月17日 | 
珍しいことではありませんが、まだ幼虫のオオカマキリだったのでちょっと驚きました。
昨日の撮影です。

アブラゼミが弱っていたのかもしれません。
それにしても自分とほぼ同じ大きさの獲物を狩るなんて凄いです。


かなりカメラを近付けても気にする様子なくまだ動くアブラゼミを食べ続けていました。

がんま
コメント

コカブトムシのホワイトアイ

2019年08月14日 | 
先週の金曜日に見つけました。
というか、私の虫好きを知っている友達が「こんなのいたよ~」と教えてくれたのです。
アリガトゴザマス。
ぱっと見「コクワのメスか・・・」と思い、しかしよく見るとアゴがないし白いヘンなものが付いてる・・・
あれ!?コイツ目が白いんじゃん!
ホワイトアイか!!
でもってコカブトムシじゃん!
って、ちょっとコーフンしましたよ。





ほらね~。
メスです。
カブトムシやクワガタ類でのホワイトアイって結構有名で繁殖も盛んですよね。
コカブトムシにも発生するんですねぇ。
撮影のあとは放しました。
またいつか会えるといいな。

がんま
コメント

軍曹、アブラゼミを捕らえる

2019年08月10日 | 

えー、タイトルそのまんまです。
5日の朝、玄関を出たら郵便受けと壁の間にいました。
突然現れた私に驚いて一旦は姿を隠しましたが待っているとすぐに出てきました。
折角獲った大きな獲物を簡単には手放しません。
こんなところにいないで家の中に入ってゴキブリを捕まえて欲しいんだけどなぁ。
(虫好きのワタクシですがゴキブリとムカデとカはやっつけちゃいます。ごめんよ~)
あ、軍曹とはアシダカグモのことです。

がんま
コメント

お腹パンパン!

2019年08月03日 | 
とにかく御覧ください。



見事にパンパンです。
カラスハエトリのメスでいいと思います。
チガヤの上をゆっくりと移動していました。


キラキラのお目目が超絶カワイイです。

でも私はこっちの仕草のほうがグッときました。

なにか気になるものがあるのか下を覗き込む姿。
ほえ~。
動物っぽいというかニンゲンっぽいというか。
お腹がパンパンなのは卵が入っているからです。
無事に産卵できますように。
(一昨日撮影)

がんま
コメント

コクロコガネ

2019年07月31日 | 
一昨日見つけました。
全国的にはそんなに珍しくなはいそうですが、大島ではあまり見かけません。
クロコガネだと思って調べてみたらコクロコガネのようです。
・・・知らなかった・・・

水の上に落ちていたのを救出、さっそく撮影です。

はい、定番の死んだふり。
おーい。
ちょっと前まではあんなに動いてたじゃないかよー。




ツヤ消しでマットな質感がいいですね。


触角を見たかったのですがいじくり回していたので畳んでしまっていました。
ごめんよ~。
撮影のあとはもちろん解放。
元気で暮らすのだよ。

がんま
コメント

さて、どっちだ?

2019年07月27日 | 
昨日から車の中に入っていて逃がそうとしていたガ。
昨日はどこかのスキマに入ってしまい、見つけられませんでした。
今日、ダッシュボードの上に出てきていたので写真を撮ってから逃がすことに。

はいコレ。
昨日はフクラスズメかと思ってたけどなんか違う・・・あ、カラスヨトウのどっちかだ。


って、どっち?
お腹が白と黒のシマシマになっていればオオシマカラスヨトウ。
そうでなければナンカイカラスヨトウ。
確認するのを忘れて逃してしまいました。
確か何年も前にも同じことで同定できなかったんだよなぁ・・・学習してない(涙)
次、がんばろ!

がんま
コメント