グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

ヒメシロモンドクガ

2022年10月05日 | 
10月1日、三原山に向かう遊歩道で、道路を這っている派手な毛虫に出会いました。(ここから先は、毛虫嫌いの方は読まないでください・笑)

黒、白、黄色、オレンジ…鮮やかなな色使いだけでなく、毛もフサフサでカッコイイ毛虫です。

すぐには名前を思い出せず、帰宅してから調べたら「ヒメシロモンドクガ」が一番近いようでした。でも…

ネットや図鑑に出ているものは背中の毛がクリーム色なのに、この毛虫はこげ茶だったのです!

10月2日、裏砂漠の観測機器の上を這っている同じ色の毛虫に遭遇しました。

やっぱり背中の毛は「こげ茶色」!
お客様が同じ日に見た別個体も、同じ色使いだったそうなのです。

「もしや黒い溶岩の島だから、背中の毛が黒っぽくなったのでは?」と仮説をたて、過去のブログを調べたら、2011年6月のブログに願法が写真を載せていて、その写真の毛虫はきれいなクリーム色の毛でした。

??

ってことは、たびたび噴火の影響を受け、黒い地面が多い三原山周辺や裏砂漠の個体だけが、背中の毛が黒っぽい色になったとか??

10月4日、三原山に向かう遊歩道で、またまた出会いました!

あら?…クリーム色っぽい😅

こげ茶は、ただのカラーバリエーションだったのかな?
それとも、成長段階で色が変わるとか??

どなたか、詳しい方に教えていただきたいです。

それにしても、ツアーに行くたびに出会うヒメシロモンドクガ。
今年は特別多い気がするのですけれど、皆さんの周りではいかがですか…?

(かな)












コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

不思議の共有

2022年10月04日 | ツアー
一昨日、島内在住の森林インストラクターの方が、お友達と一緒に、裏砂漠ツアーに参加してくれました。

森を抜け、開けた所(いつか森になる道)で出会ったのは…

小さなカナヘビ!

フリーズしたようにピタッと止まっていたので、ゆっくり写真を撮れました。

もしかしたら、巨大生物(人間)に出会ったのは、生まれて初めてだったのかもしれません😅

その後、みんなでススキの花の香りを楽しんだり(この日はちゃんと甘い匂いがしました)


むき出しになったイタドリの根を観察したり


地形の変化に見とれたり


青く光る石の“色”を楽しんだり


植物がほとんど生えない環境で、その理由を考えながら遊んだり

もちろん、マグマのしぶき(スコリア)の寝心地も試してもらいました😊

森林インストラクターの方は、緑化を研究されていたそうで、「同じ年の噴火で裸地になった場所でも、その後のちょっとした環境の違いで、植物の再生スピードが大きく異なる不思議」を共有しながら歩きました。

帰りは「溶岩の森」と、「つつじ園」に立ち寄りました。

天気が良かったので、森の中にも光が届いて、倒木に守られるように生えているシュスランを照らしていました。

小さなキノコのオレンジ色も華やかでした。


クルンクルンに巻いているシチトウエビズル(ブドウの仲間)のツルを見た時には、「なんでこんなに巻いちゃったんだろう?」と話題になりました😊

素晴らしい巻きっぷりに見とれながら、「光に透けている葉脈もきれいだなぁ」と思って写真を撮ったら

“クルンクルン”にも光が当たって可愛かったです☺️💖

ハギの花には、ウラナミシジミが訪問中❣️

秋晴れの日の“光”とともに、生命の輝きや不思議を、お客様と一緒に楽しむことができて、幸せな時間を過ごしました😊(感謝)

(かな)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

気になる庭木です

2022年10月03日 | 植物

私が学生の頃居た所は島とはかけ離れた所(植物の少ない無機質な処)ですが庭では少ないながら植栽が数々ありました。そんな中

島では見ることが少ないな~と思っていた木  見つけた

   

これ!結構好きなのですが、好きと言うと決まって『人の血の味がするんだ』と言われます。

鬼子母神の言われですが、私の血の味とは違っている?こんな血だったら飲んでも良いのに! なんて思っていました。

 

これなんだ?

 私の記憶の中には無い生も図鑑にしても 青リンゴ?まだ熟してない梨?木の周りを廻って観察しても答えは出ない。それから2~3回訪れて 何かな?のパレード家人に尋ねようか?ウズウズ    

ある日、答えが突然現れた      カリン

去年ずっと見ていたがザクロもカリンももぎ取られることも無く風に落ちて行きました。

 今年もザクロとカリンが成ってます(しま)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ススキが主役の季節

2022年10月02日 | ツアー
昨日は、島に住むお友達の紹介でツアーに申し込んでくれた女性と、火口〜裏砂漠を歩いてきました。

つい最近まで、ハチジョウイタドリの花に見惚れていた1986年溶岩の上は、風に揺れるススキが主役の座を奪い、

登山道のススキもゴージャスになってきました!


お客様が、カーリーヘアのようなススキを見つけて教えてくれたので、「きっと、出てくる時に苦労したんですよ〜」と話していたら…

目の前に「苦労しているススキ」が、見つかりました!(笑)

「うまく出られないんですけど〜!!」って声が、聞こえてきそうですよね😊

交尾中のツマグロヒョウモンが地面から飛び立った時も、驚きました!
とても警戒心が強く、3mぐらいまで近づくと飛んで逃げたので、撮れたのはこんな写真💦

(ブレブレの2匹が中央に写っているんですが…心の目で見てください😅)

仕方がないので、吸蜜中で動かない個体を撮影!

食べ物に夢中だと、警戒心が薄れるんですかね?(笑)

火口一周コースは、やや風が強かったけれど、とても爽やかでした。

海と空と雲のブルーのグラデーションが美しく、お客様と2人で見とれました💖


1箇所からしか上がっていなかった噴気も、目の前で増えて火山らしさが増し

三原山さんの気遣いに、「ありがとう〜!」とお礼を言いました。

😊

雲ひとつない秋晴れ!!

このシンプルさが好きです❣️


逆光に輝く、ガラス細工のようなススキの小山。

もう、ハートを奪われっぱなしです💘

「再生の1本道」も、柔らかい光に照らされていました。


森に差し込む光が綺麗で、この景色にも、お客様と一緒に見とれました。

光に透ける落ち葉が、本当に綺麗でした。

たくさんの美しい風景を、お客様と共に楽しんだ素敵な時間でした。
ツアーにご参加いただいたお客様に感謝です💖

おまけ
裏砂漠の櫛形山の側面に、ハハコグサが花を咲かせていました!

道端や畑などに見られる草が、この荒地に入ってきたことに驚きました。

みんな、たくましいです😊

(かな)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イルカふたたび

2022年10月01日 | 哺乳類、爬虫類、他
8月中頃から伊豆大島にイルカがまたやって来ました!
以前のイルカはもう12年も前です。

今回私が見たのは今週火曜日の朝8:40頃。
和泉浜(いづみはま)と赤っ禿(あかっぱげ)の間でした。
車で走っていて海を見るといたのです。
すぐさま緊急停止。

で、これです。

おー。
4頭いる。


情報によると全部で5頭いるそうです。


ぷしゅ!


イルカってやっぱ見られると嬉しいですね。

5頭は個体識別されていて名前も付いています。
動画も多数UPされているので興味のある方は検索してみて下さい。

がんま
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする