グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

台風15号被害

2019年09月09日 | 今日の大島
台風15号は大島に、たくさんの被害をもたらし、駆け抜けて行きました。

島で生まれ育った何人もの人が「生まれて始めて体験した」と評する強風で、道路はあちらこちらが倒木で塞がれ…


ミラーも倒れていました。


私自身も倒木で避難先から家へ戻れなくなり…

木を切ってもらうところから、1日が始まりました(^◇^;)

店の2階の壁にも穴が空き、屋根が剥がれました。

何かぶつかったのでしょうか?

14時過ぎの岡田港には、大きな水溜りができ、風で波だっていました。

これらの被害はまだまだ小さい方で、屋根が全て飛んだり、窓ガラスが全て割れたり、建物が倒壊したり…という大きな被害が複数出ているようです。

被害にあわれた方々に、心からお見舞い申し上げます。

実は今日のブログ担当だった嶋田の家は、現在も停電中。
私(西谷)の家は、現在断水中です。

停電も断水も不便ですね(~_~;)
日頃の生活の便利さを実感します。

復旧に向けて働いてくれている方々に感謝しつつ、明日は今日より良い1日になるよう祈ります!

(かな)

コメント

山の上の白い雲

2019年08月12日 | 今日の大島
近頃の三原山は晴れ続き

里の方から山を見るとこんな感じ

少し前は

外輪山を隠してしまうぐらいの霧


山頂を目指す道は日蔭が少ないのですが、少しの木陰を選んで進みます


「下りの同じ道を登りますよ」の声に心持「え~⤵」
「必ず 凄いっておもってもらえますから」

三原神社です

空は青空 雲は某アニメに出てきそうな白い雲

山は里よりも少し涼しく快適ですが、坂道を歩くとやはり汗が出てしまいます

山の日のイベント歩きも良い天気で


前回来た時はデジカメのバッテリーが無くなってしまった所

今日は百合も

山に咲いているハマナデシコ(浜や磯付近に咲くであろう花)

そのハマナデシコの色変わり白いハマナデシコ

もカメラに収めることが出来ました

最近話題のアカダレにも寄って


途中、雨にも遭いましたが
ゆっくりと大島の山を楽しみました。でも疲れた
次に山へ行く時は又霧か?晴れか?心地よい風が吹くことを願っています(しま)
コメント

新しい命が…

2019年07月29日 | 今日の大島
この先霧あります


山は濃霧 せっかく山に来ても展望は良くないの ですが、霧の中を行くのも乙な物それにあまり暑く無いから許して


河童橋に降りてみたのですが、山は変わらずの霧のようですね いつもならもう少し上まで外輪山が見えるのです

夏の山は霧が出る時が多いいです

しかし、
里には
シジミチョウもやって来て


待っていたゴーヤも可愛い姿を見せました


ん?
卵産んでる?


やはり卵が有りました


キラキラの卵です


ガムテープで捕獲


本日誕生


これからこの子たちどうしよう?育てる気はないきっぱりと。誰かいる人いませんか~(しま)
コメント

海の日

2019年07月15日 | 今日の大島
本日は海の日。では、海に行ってみよう

家から2キロの筆島です
霧雨が降る中、目を左の山側に移すと
靄が優しく移動していました。

差木地漁港に移動。ここは本来の使われ方をしないままです

手前に“テングサ”が干してありますが長い間雨に打たれている為か少し溶けているような気がします。製品になるのかな・・・

春に行った“カミノネ”今日はモノクロのような風景となっています。モヤモヤ

鳥の頭に見える?嘴が少し長い

少し遠くからの神の根は

え!嘴の形が違う なぜ?
差木地漁港の擁壁が手前にかかっていたのですね

一番近い利島も見えないし、新島三宅もすべて見えません

晴れていれば三宅の先の御蔵島まで見えるのですが

波浮港の神社の階段に来ました。海から直接神社に来たのかな・・・(誰に聞いてみようかな)


社殿、振り返ると右手(先の海からの階段の上)鳥居が大きい、中央は車道からの道。右の鳥居より小さいのは脇の意味合いがあるのではないかと思っています

ホントはどうなんでしょう?

海の日 海の波はなくうねりも無いものの海に入る気が起こるわけでは無い中途半端な日。
でも、島では船が順調に運行されるだけで幸せですね。三連休終わりの日 
観光の皆さん無事に家に帰りつきましたか?(しま)
コメント

椿祭り 終わりが近づきました

2019年03月18日 | 今日の大島
私の冬の一大行事“椿祭り”が終わりました。椿祭りは24日までですが、私の椿プラザ出勤は終了しました。

こんな踊りを8日間出ました

私の希望は踊っている時にウグイスが鳴いている。又は、桜の花びらがハラハラと散っている。 この場面に遭遇したいと思っています。今年は少しかすったのかな?
今日はウグイスが鳴いていたし、先週は寒桜が少し散っていましたから

夜祭は2晩出ました(そのうち1回はサボってしまいましたが)



椿祭りが終わるともう春

裸枝だったこずえに芽吹きが 頼りなさげの緑です

裏砂漠側の都道


近くには 何故か脈絡はないけれど

“モアイ”1年ごとに草木に埋もれてきています(見えますか?)

桜だって 咲き始めています(寒桜はすでに終わってしまい 葉桜になっています)


今年は椿の花の写真が少なかったのですが3月に入りいよいよ花の種類が多くなってきました

わ~~~椿を出したらきりが無い。何と言っても大島公園には1066種の花が有ると言われています。もう終わっている花やこれから咲く花が半分(もっと多いはずですが)としても500もの花が有るかもしれません(撮れない)

考えただけで あら 幸せなことですね 
椿園にある香りのある椿も好きです。昨年気が付いた品種は1月からずっと見つめていましたが、数日前から開花して癒されていました。
“椿祭り”終わる前に行ってみてください。椿もまだまだ沢山咲いています。品種も数えてみては?香り楽しんでみてくださいね。(しま)
コメント (2)

自然は偉大

2019年03月11日 | 今日の大島
『3日遅れの便りを乗せて~』昭和の時代の歌ですが、波で手紙を乗せる船が出ないのか3日に1回の船便だったのか分かりませんが、この時代『島で3日も遅れないぞ!』と近くの郵便局長が嘆いていました(歌の文句ですから)
しかし、本日の大島は爆弾低気圧の通過で未明から台風並み(台風は熱帯低気圧ですからあまり変わらないのです)の風がびゅんびゅん吹きまくりました

風はどの位吹いているの?
NHKによると5m、10m、なのですが いやいやもっと強いはず。
大島空港では最大26.2m 今の風速を知りたいのですが、中々情報の入手先が分からないのです

筆島を見に行きました

やはりすごい波です。車で行ったのですが、歩いて行くのは強風で枝や葉が当たりそうで危険でした

いつもはこの下に磯が有るのですが、今日は大潮なのか磯が波に覆われています


私の住んで居る当たりの崖も半分ぐらいの波が打ち寄せています(地なりが聞こえていたのはこの為だったのですね)


今日の船便は
朝、早朝に着岸する大型船は遅れて午前9時頃に入港したそうで(facebookにて)
昨日の島内放送では今日の各島行き大型船は欠航と放送があったのはこの低気圧の事かと納得したのでした

歌のころより50年近くたってはいます。通信網や交通の利便さは格段に良くなっていますが、自然は変わらず 自然の真っただ中の大島は波任せ・風任せの生活です(しま)

コメント

一緒に歩くと見えてくるくる

2019年01月25日 | 今日の大島
先日ジオガイド養成講座で「伊豆大島の動物」について講義された、元グローバルスタッフのA氏。
翌日はスタッフとフィールドを歩こう!ということで、温泉ホテル脇から樹海を歩き始めました。
冬なので、生き物見つかるかな、、、と思っていたのですが、
開始早々生き物の痕跡を見つけて教えてくれました。

ヒサカキの葉に潜り込んで、一生に食べるだけの食べ物と住処の両方を一枚の葉っぱの中だけでまかなうエコなこの子は「ヒサカキハモグリガ」

よく見るとちゃんとおトイレの場所を決めているところがかわいらしい!
その名の通り、ヒサカキにしか卵を産まないそうです。
そして「私ヒサカキしか食べません」なハモグリガがなんと4種類もいる、ということを知りました。
やー生き物って多様ですね。

産み付けられたばかりの小さかった頃の食痕が残る一枚も。

絵かき虫として、そして若干害虫としても知られるハモグリさんですが、
暖かくなって会えるのが楽しみになりました。


さらに歩いて行くと、タイワンリスの新しい食痕が残る木を発見!

「逆さになって齧ってるのがわかるね」と言われて、??でしたが、
アップで見ると、わかりました。わかりますか?

下の方がかじり始めなので浅くて、上の方が深くなっています。
そして横に横にスライドしながら齧っていってます。
どのくらいのスピードなのだろう?齧っているところを見てみたいです。
それにしてもここを通ると毎回思うのですが、齧られている木といない木が極端に分かれている気がします。
一匹ずつ、お気に入りのマイ爪研ぎならぬマイ歯研ぎの木があるんじゃないかな?
と思っているのですが、正解を知ってる方いますか?


さあやっと樹海を抜けました。
いつもはこのまま裏砂漠を目指すのですが、今回はAさんに溶岩も生きて動いてるって伝えたい!
というカナさんの熱い願いで笑、目指した先は


1986年に側噴火した溶岩流の跡!

目の前の黒い部分、ここの溶岩だけなぜかフレッシュなまま残っているので、
溶岩も生きてる動いてるように感じられるはず!ということで行きました。

途中、ブッシュの中にはなぜか貝殻がいっぱい落ちていました。

左はシモダマイマイ。今までミスジマイマイと思っていましたが、ミスジマイマイの亜種だそうです。
今回の講座で初めて知りました。
右はヒダリマキマイマイ(逆におけばよかったですね^^;)
カタツムリは普通は右巻きなのですが、突然変異の左巻きの個体が、生き残ってかなりの数繁殖している、
その理由は蛇やマイマイカブリなどの捕食者の顎や歯が右巻き用に進化(変化?)しているから、
との事です。なるほど!!

溶岩流の麓に着きました。ここでティータイム。


この溶岩だけなぜフレッシュな感じなのかの謎はとけませんでしたが、
この溶岩の上にもヨークシャテリアやいろんな生き物(の形)を発見できました。

そして帰りぎわに、こんな人?を発見!


だれかが鼻○ソをほじってるみたいと言い出したので、
みんなでほじりポーズとってみました

Aさん、溶岩が生きてるの実感できましたか?笑

そんなこんなで全然進まないので笑、裏砂漠の端っこの風の丘にはいかずに戻りましたが、
とっても楽しかったです。

他にも鳥は(も)ほんとにわからないのですが、聞き分け方見分け方を教えてもらって、
少しわかるようになりました。感謝!
また一緒に歩ける日を楽しみにしてます(^^)(あい)






コメント

あの空は夢??

2018年11月01日 | 今日の大島
リハビリで、三原山の麓まで歩いてきました。

歩き始めは曇り空。

空全体が白い雲に覆われていて、歩いているとちょっと手が冷えるような気温でした。

足元には、秋を飾るツワブキの花!

元気な咲きっぷりに、こちらも元気をもらえそうな気がしました😀

一方、すごくひっそりと咲いていたのが、アキノキリンソウ。

このサイズのが2株しか見つかりませんでした。
昔はもっと、花をいっぱいつけた大きな株があった気がするのですが…??

骨折後2ヶ月ぶりに歩いたので、周囲の景色が新鮮に見えます。

グミの木が、すごく成長して大きくなったように感じました。
(それとも忘れているだけ?)

私の身長をはるかに超える、白っぽい葉をつけた枝を見上げていたら…

西の空に、と〜ってもカッコイイ雲が浮かんでいることに気がつきました!

帯状にのびるウロコ雲の右の縁から、刷毛で描いたような筋状の雲が伸びていました。

あまり見たことのないデザインの空!

素敵〜💕

ウロコ雲をたどって行くと、私の頭上で色が変化しました。

これはこれで良い感じ〜。

…って感じでさらに体を反らせたら、雲はこんなふうに見えました!

本当に、蛇や魚のウロコみたいですね〜(感心)

あんまり体を反らせたので、苦しくなって元の位置へ!(笑)

いや〜、やっぱりカッコイイです!!

空を描こうとしたとき、こんなデザイン浮かばないです。

惚れ惚れ〜💕(え?くどい??笑)

三原山の方に目をやると、これまた豪華なうろこ雲!

なんだかドキドキしてきました(笑)

そして、なんとススキも輝き出しました!

秋のキラキラに間に合いました〜!(嬉)

スペシャルな空!

最高〜でした😀

このあと引き返して山から離れたら、なぜかうろこ雲も薄くなり、歩き出しと同じの全体が白っぽい空に戻りました。

なんだろう…?
あの空は夢だったのかな??

不思議で幸せな1時間のリハビリでした💕

(かな)

コメント (2)

火山島の風景

2018年10月30日 | 今日の大島
南西からの強風がビュ〜ビュ〜吹き続けていた今日の伊豆大島。

でも、数10万年前の古い火山の残骸が高い崖になっているおかげで、島の北東部にある“秋の浜”は…

こんなに静かでした!

「訪日外国人の方々に向けて東京の様々な魅力を紹介するための動画」の撮影のお手伝いのために、柳場が海に入っています😀

元、水球の選手だったというモデルさんは、空き時間にバリバリ泳いでいました〜😀

水中シーンを撮った後は、風を避けてドローンを飛ばせそうな東側の海岸へ。


黒い溶岩と青い海の火山島らしい風景を上空から撮影しました。

どんな映像が撮れたのでしょうか?

午後からは、三原山へ!

ススキのなびき方で、風の強さがよくわかりますよね。

柳場と撮影隊の皆さんは、強風の三原山へ向かって行きました。

私は、みんなを送り出した後、筋トレのため(?)ゆっくり坂を降りてみました。

今までは何とも思わなかった遊歩道の凹凸が、足が不自由だと歩きにくく…
ちょっとウラメシク思ったので、凹凸を主役に写真を撮ってみました(笑)

骨折しなければ、この角度から写真を撮ることはなかったかも…
なかなか新鮮な景色でした(笑)

強い南西風は1日中続きました。

夕方の西側海岸です。

見事な吹きっぷりですね😀

撮影チームの皆さんは、雨のため2回延期して今回来島。
天気は良いものの、こんどは風の中での撮影となりました。

自然の中での撮影は、なかなか思うようにはいきませんが…
でもきっと素敵な映像が撮れたと思います!

今回の映像は来年以降、成田空港のほか都内の数カ所で流れるようです。

大島は30秒ほどみたいですが、どこかで見かけたら足を止めて“火山の島の風景”を、お楽しみいただけると嬉しいです😀

(かな)
コメント

今日で5年

2018年10月16日 | 今日の大島
今日で平成25年土砂災害から5年が経過しました。

土砂災害の現場で、メモリアル公園を作るための工事が進行中の伊豆大島。

12時30分には全島で1分間の黙祷。
午後からは追悼式、献花、キャンドルナイト献灯式が行われました。

災害を忘れないための特別な日。

庭の小さな生き物たちが、いつもより輝いて見えました。

秋を彩るノコンギクの白が眩しかったし…


セイタカアワダチソウの花で虫を待つハナグモもとびきり綺麗でした。


外の階段ではカナヘビがくつろいでいました。

ここ数年、野外で出会うトカゲは全てオカダトカゲで「もしやカナヘビは絶滅状態なのでは?」なんて勝手に思っていたので、再会が嬉しかったです。

今日1日の出会いに感謝💕

(カナ)

コメント